小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

バトル作品と伏線の回収 (No: 1)

スレ主 鬼の王の墓標 投稿日時:

どうも如月千怜です。前回で最後にするとか言っておきながら、またスレッドを立ててしまいました。
ただ今後は荒れる可能性が極めて高いキャラクターに関する相談は控えるつもりです。
(もちろんストーリーに関する相談では必要最低限の範囲で触れざるを得ませんので、そこは了承ください……)

今回相談したいのはバトル作品における王道展開の一つ、主人公に敗れた敵が実は生存しているというものです。
今考えているプロットで、主人公の敵になるキャラクターの一人が敗北後生存しているというシーンがあるのですが、その後の展開をどうするか悩んでいます。

基本的に大体のバトル作品では敵が生きていた場合、相手が改心していない限り再戦をすることが多いと思います。
ただ生きていた敵と再会した後、改心したわけでもないのに再戦をしない敵というのはどういうイメージを持たれるのでしょうか?
病気やケガで戦えなくなったとか、そういう背景がなかったら読者は消化不良に感じてしまうような気がして少し不安です。

状況の詳細としてはこんな展開です。

主人公は自分の住む島の平和を脅かす敵を倒すため、旅に出ることになった。

島を出るために海賊を説得し、敵の拠点がある大陸まで連れて行ってもらう。

しかし船旅の途中、海賊船内で殺人事件が起こる。

海賊達は絆が固く、他の船員を疑うことはない。そのため主人公が殺人鬼として疑われる。

しかし主人公は真犯人を見つける。そいつはヴァンパイアであり、犯罪者を中心に捕食を行うというポリシーを持つ個体だった。
自分のエゴで善悪を決めつけ命を奪うという行為に怒った主人公は戦いを挑む。(この思想はデスノの夜神月などから着想を得ました)

主人公は毒を塗ったナイフでヴァンパイアに襲い掛かるが、毒が効かず絶体絶命の危機に。

しかし無実な主人公を疑ったことを恥じた海賊達が改心し、各々が武器を持って戦いを挑む。

さすがに分が悪いと判断したヴァンパイアはたまらず逃走。海に飛び込み離脱。(遺体は発見されない)

失った仲間を悔やみながらも海賊達は目的の街に無事たどりつく。主人公は本来の敵を倒すため、彼らと別れる。

この後、このヴァンパイアが主人公が本来倒すべき敵の基地で再登場し、共闘するとかそういうクライマックスを考えています。
ただこのヴァンパイアは、犯罪者をターゲットに殺人及び捕食を行うという考えは相変わらず改めていないという設定です。
最初の戦いは偶然勝てたから、再戦すれば技を見切られている主人公にもう勝ち目はないという状況なので、共闘後の再戦も躊躇われます。
こういう時、相手が改心せずに去っていったら一般的な読者はどのように感じるでしょうか?

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

追記です (No: 2)

スレ主 鬼の王の墓標 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

ちなみにヴァンパイアが海賊船に乗っていた理由ですが、こんな経緯です。

ヴァンパイアはこの海賊団を粛清のターゲットにした。

海の上で一人ずつ殺していけば、互いが疑心暗鬼になって労力を節約できる。そう考え海賊船に乗り込む。

乗り込むための条件として「食料と水は自分で用意しますから乗せてください」と頼み込み侵入成功。
(ヴァンパイアだから人間の血以外の食べ物は必要ない。最大で一週間は絶食に耐えれる)

海賊達から信頼を掴むため、いい子のふりして雑用などを手伝うなど、下準備に勤しむ。

しかし最初の一人を殺す前に主人公が船に乗り込んでしまったので、微妙に計画が狂う。だけど主人公の存在はやりよう次第でいくらでも罪を擦り付けれるコマでもあったため、嬉しい誤算でもあった。

しかし主人公が正体を見破ったため、計画は失敗。実力行使に……

バトル作品と伏線の回収の返信 (No: 3)

投稿者 s.s : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ドラゴンボールのフリーザが悟空と共闘しても、フルメタル・パニックで何回も殺したと思った敵が改心せずに復活してさらに病気で戦えなくても、私は気になりませんでした。
重要なのは読者がそのヴァンパイヤに好感を持てるかどうかだと思います。確かに人を殺すのはいけないことですが、ヴァンパイヤなりの美学があり、その美学に多少の理解の余地があれば読者としては改心しなくても良いと思えます。
例えば、ヴァンパイヤの両親が犯罪者により殺されたから、犯罪者を殺して自分みたいな境遇を増やさないようにしている、みたいなキャラだったら、私は別に改心しなくても良いと思います。
それと、殺される海賊の方に落ち度を作るのも良いかも、その海賊は子供に暴力を働いたとか、そういうのが有れば読者はその海賊が死んで欲しいと思うので、間接的にヴァンパイヤに共感できるかもしれません。
共闘後の再戦を避ける方法は、その本来倒すべき敵によりヴァンパイヤは負傷し戦えず「また会った時がお前の最後だ」みたいなセリフを言わせ、ライバルキャラにするのも良いかもしれません。
読者に消化不良感を与えない方法は考えれば幾つでもあると思うので、頑張ってください。

バトル作品と伏線の回収の返信の返信 (No: 4)

スレ主 鬼の王の墓標 : 0 No: 3の返信

投稿日時:

s.s様、レスを頂きありがとうございます。

>>重要なのは読者がそのヴァンパイヤに好感を持てるかどうかだと思います。
>>例えば~~

犯罪を憎む経緯に関してはある程度考えています。
このヴァンパイアは父親が母親をレ〇プして生まれたという設定でして、病弱だった母親が子育てに耐えきれず病死したという経歴があったりしますね。
粛清のターゲットも明らかに重犯罪を犯している犯罪者ばかりです。今回の海賊達は強盗を理由にターゲットにされました。
ちなみに海賊団の方針はワンピースで例えたらアーロン一味が比較的近いです。(明確に悪事を働いているが、仲間を見捨てるような非情な組織ではない)

>>殺される海賊の方に落ち度を作るのも良いかも、その海賊は子供に暴力を働いたとか~~

主人公が海賊達の表面的なところしか見れていないという展開ですね。
プロットの都合上、主人公と彼らは付き合いが浅い内に別れないといけないから、描写として不自然な面はなさそうです。(一応倒すべき敵を倒すまでにタイムリミットがあるという設定なので)

>>共闘後の再戦を避ける方法は~~

例示された方法なのですが、主人公は犯罪者ではないのでそのような展開にはならないと思います(汗)
むしろ私のイメージではヴァンパイアの方から再戦を避けると思います。
粛清する必要はない、安い恨みで私闘を挑むのも面倒、だからと言って友達を殺されて怒っている相手と仲直りできるとも思えない、みたいな感じです。
あと主人公の気持ちとしても「追手が来る前に故郷に帰りたい」という気持ちが勝つと思うので、戦いは挑まないと思います。最終決戦だから主人公もかなり疲弊していると思いますし……

繰り返しになりますが、レスを頂きありがとうございます。

バトル作品と伏線の回収の返信 (No: 5)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

まったく問題ないんじゃかろうか。
例えばそのヴァンパイアがライバル的なポジションであるならモヤモヤが残るけど、でも、おそらく作者のキャラクターに対する考えが引っかかってるだけじゃないかなと。
言ってしまえば「海賊船でのヴァンパイアとの一戦」は、これって単に「ヴァンパイアのキャラクター性を紹介する場面」であって、総じて展開はライバルや仇敵のような「かつて敵であった人物が味方になる」という展開ではないですね。
ヴァンパイアと主人公の間に何の確執もないし、因縁もなさそうだし、これと言ったドラマも取り逃がすラストとは言え海賊船のシーン内で完結してるし。
つまり、「主人公が本来倒すべき敵」の前ではヴァンパイアと主人公は戦う理由もないし、その必要もない状態。
なら、逆に理由も必要もないのに戦い始めたら、それこそ変じゃないかな。
ヴァンパイアというキャラの性質は「海賊」の一件で説明されているから、「主人公が本来倒すべき敵」を前に共闘を選択するのは十分ありだろうと思う。

「相手が改心してない限り」と書いてあるけど、別に主人公が絶対正義というわけではないので、これは逆もあるって考えれば選択肢が増えるんじゃないでしょうか。
すなわち「主人公がヴァンパイアを理解する」というもの。
だって、ヴァンパイアにとってはただの捕食行動だもの。人間にとっては脅威だけど、人間社会の害悪を率先して狙ってるならいいヤツじゃん。
むしろ、捕食行動ですらなく敵を倒そうとしてる主人公のほうが生物的にはおかしくて、それを正当化しようもんならエゴイストでしょう。
でも人間はそこまで達観して割り切ることも出来ないんで、最初は対立するけど終盤ではヴァンパイアに論破されて主人公は考えを改めることになる。
とまあ、
スレ主さんはことさら主人公さげに拒否感があると感じるので、これは単なる一例でディスではないですよと念を押しますが、
「相手が改心」ではない方法もあるし、今回の例は「主人公の考えが変わる」ですが、そのどちらでもない場合でも、「共闘して目的を達したあと、逃げられた・逃げた」とか、相手が人間を超越する存在であった場合は上の立場から「目的を達したら貴様を殺してやろうと思っていたが、興ざめだ」とか一方的に戦闘を回避させられるし、最初に書いたとおり、ライバルや仇敵なポジションではないキャラクターに見えるので、「決着」という意味での戦闘は不要だと思う。

ただ、再会していきなり共闘ってのも不自然かなぁと思うのであれば、
>最初の戦いは偶然勝てたから、再戦すれば技を見切られている主人公にもう勝ち目はないという状況なので、共闘後の再戦も躊躇われます。
前述した通り戦闘はヴァンパイアが一方的に終わらせられる(こともできる)ので、
技も見切られ勝ち筋はなく、絶望的な状況で主人公は成す術なくヴァンパイアに止めを刺されそうになる。しかし最後の一撃は主人公の前で静止しヴァンパイアは「私は害悪なる人間しか食わぬ」と言って戦いを切り上げる。
つまりヴァンパイアも「主人公が本来倒すべき敵」を狙ってるのだと悟って、主人公は食い下がり妥協点として共闘することになる。
って感じで、戦闘させたいなら一度戦闘させちゃえばいいんじゃないかなと。その勝敗は別にどうでもいいものなので負けても何も問題ないのでは。

また、主人公を不自然無く勝利させたい場合は、状況を利用するのが良いのではないでしょうか。
以前は船上でしたから、まあ設定を何も知らんし魔法があるかどうか使えるのかどうかもわかりませんが、船上での戦闘と洞窟内での戦闘では違う結末になっても不自然ではないでしょう。
「前は船上だから使えなかった」という奥の手でもあれば、それで問題なく勝利させられるのでは。

バトル作品と伏線の回収の返信の返信 (No: 6)

スレ主 鬼の王の墓標 : 1 No: 5の返信

投稿日時:

サタン様、お久しぶりです。今回もお疲れ様です。

>>つまり、「主人公が本来倒すべき敵」の前ではヴァンパイアと主人公は戦う理由もないし、その必要もない状態。

まあ、大体その通りです。共闘に関しても、たまたまターゲットが一致したという経緯ですからね。

>>とまあ、スレ主さんはことさら主人公さげに拒否感があると感じるので、これは単なる一例でディスではないですよと念を押しますが、

今回に関しては、その例示を採用しても全然構わないと思っています。
主人公より敵の方が明確に格上なので、戦っても勝てるわけがないし、ディスとは思いません。

共闘の前に戦わせるのも、良い提案だと思いました。
殺す必要がないなら手加減するだろうし、勝てなくても問題ない戦いなので、それでいいと思います。

>>まあ設定を何も知らんし魔法があるかどうか使えるのかどうかもわかりませんが、

……確かに、そこはちょっと雑に説明していましたね(汗)
今回の主人公は「愛されなかった勇者(以後前作と表記します)」という過去作のキャラクターを使いまわしたもので、その作品での失敗を反省してストーリーを組んでいます。
三月頃鍛錬室で掲載した作品なのですが、今までで一番ハデにコケた作品でした(汗)
ストーリーを雑に説明すると「転生者の主人公がゴブリンの討伐指令を受けてなめてかかり、死んでしまう」というものです。まあありきたりな「反なろう思想」から生まれた失敗作です。
この主人公を倒したゴブリンが今回の主人公で、主人公昇格を熱望された方が複数人いたので、実際に主人公化することになりました。(ちなみに女の子です)
一般的なゴブリンと比べるとかなり善良で、人間に危害を加えず狩猟で食料を確保しているようないい子です。
それでも群れの仲間を殺せば物凄い殺意を持って戦いを挑むという、強い仲間意識を持っています(これは前作で描写できなかった隠し設定です)

彼女の設定を組んだ理由として、当時久しぶりに北斗の拳を一から読み返したら「北斗百裂拳みたいな必殺技を描きたい」という衝動に突然駆られ、それに任せたまま前作のプロットを作りました。
ただ書きあがった原稿で彼女を主人公にしなかったのが災いし「こういう必殺技は主人公のものにしましょう。あるいはこの子を主人公にしてください」と批判が来たんです。
それを受けて「本当にその通りだ」と思ったので、今のプロットを作っている最中です。
(ちなみに毒を塗ったナイフを使うというのは、鬼滅の刃の胡蝶しのぶの要素が混入したみたいな感じです)

サタン様のご意見を受けて、大体問題が解決しました。これで安心して執筆に移れます。
繰り返しになりますが、レスを頂きありがとうございます。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

モチベのためのロボットの趣味アンケートにご協力ください!

投稿者 大野知人 回答数 : 19

投稿日時:

 お久しぶりです。大野です。  大体の内容はタイトルの通りなのですが、いわゆるガンダムみたいな戦争ロボットものにおける『こういうロ... 続きを読む >>

作風の変化を実感したら

投稿者 鬼の王の墓標 回答数 : 3

投稿日時:

どうも度々お世話になっております。マリン・Oと申します。 最近プロットの候補を多く作るように意識し始めました。 というのも実は最... 続きを読む >>

シノアリス

投稿者 リイド 回答数 : 6

投稿日時:

どうも、初心者リイドと申しますシノアリスをモチーフに小説を書こうと思うのですが、かいてもだいじょうぶですかね? まだ使い始めたばか... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:バトル作品と伏線の回収 投稿者: 鬼の王の墓標

どうも如月千怜です。前回で最後にするとか言っておきながら、またスレッドを立ててしまいました。
ただ今後は荒れる可能性が極めて高いキャラクターに関する相談は控えるつもりです。
(もちろんストーリーに関する相談では必要最低限の範囲で触れざるを得ませんので、そこは了承ください……)

今回相談したいのはバトル作品における王道展開の一つ、主人公に敗れた敵が実は生存しているというものです。
今考えているプロットで、主人公の敵になるキャラクターの一人が敗北後生存しているというシーンがあるのですが、その後の展開をどうするか悩んでいます。

基本的に大体のバトル作品では敵が生きていた場合、相手が改心していない限り再戦をすることが多いと思います。
ただ生きていた敵と再会した後、改心したわけでもないのに再戦をしない敵というのはどういうイメージを持たれるのでしょうか?
病気やケガで戦えなくなったとか、そういう背景がなかったら読者は消化不良に感じてしまうような気がして少し不安です。

状況の詳細としてはこんな展開です。

主人公は自分の住む島の平和を脅かす敵を倒すため、旅に出ることになった。

島を出るために海賊を説得し、敵の拠点がある大陸まで連れて行ってもらう。

しかし船旅の途中、海賊船内で殺人事件が起こる。

海賊達は絆が固く、他の船員を疑うことはない。そのため主人公が殺人鬼として疑われる。

しかし主人公は真犯人を見つける。そいつはヴァンパイアであり、犯罪者を中心に捕食を行うというポリシーを持つ個体だった。
自分のエゴで善悪を決めつけ命を奪うという行為に怒った主人公は戦いを挑む。(この思想はデスノの夜神月などから着想を得ました)

主人公は毒を塗ったナイフでヴァンパイアに襲い掛かるが、毒が効かず絶体絶命の危機に。

しかし無実な主人公を疑ったことを恥じた海賊達が改心し、各々が武器を持って戦いを挑む。

さすがに分が悪いと判断したヴァンパイアはたまらず逃走。海に飛び込み離脱。(遺体は発見されない)

失った仲間を悔やみながらも海賊達は目的の街に無事たどりつく。主人公は本来の敵を倒すため、彼らと別れる。

この後、このヴァンパイアが主人公が本来倒すべき敵の基地で再登場し、共闘するとかそういうクライマックスを考えています。
ただこのヴァンパイアは、犯罪者をターゲットに殺人及び捕食を行うという考えは相変わらず改めていないという設定です。
最初の戦いは偶然勝てたから、再戦すれば技を見切られている主人公にもう勝ち目はないという状況なので、共闘後の再戦も躊躇われます。
こういう時、相手が改心せずに去っていったら一般的な読者はどのように感じるでしょうか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ