小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

テーマを優先させる(葛藤を狙う)のか、どんでん返しを狙うのかの返信の返信

元記事を読む

テーマを優先させる(葛藤を狙う)のか、どんでん返しを狙うのかの返信(元記事)

はじめまして。あまくさと申します。

自作をめぐって似たような悩みをかかえているため、興味を持ちました。

私の場合は、5年以上前にラ研に投稿した作品がベースないなっています。そのストーリーがやや単純すぎたかと反省し、ヒロインの正体をめぐるドンデン返しを追加して全面改稿を試みました。ところがラストにそういうのを仕込むと、中盤までの主人公のヒロインへの想いや葛藤が迷子になってしまいかねないことに気づいてしまい……。
有効な解決策が思いつかないままその作品は一旦封印し、時々思い出しては考えている状態が続いています。

そういった自分の体験も踏まえて、主人公の葛藤とドンデン返しのどちらかを優先しなければならないとしたら、葛藤をとった方がいいのではないかと考えます。

ただ。

どちらかを優先するということではなく、設定を見直すことによって葛藤とドンデン返しを上手く両立させる道はないでしょうか?
お悩みのようなケースにかぎらずドラマに葛藤を仕込んだ場合は、ラストに何らかの着地点を用意する必要があります。それがないと読後感がモヤっとしてしまいますから。
ならば、ドンデン返しを葛藤解決のキッカケとして有効利用するような持っていき方(序・中盤の流れや伏線も含めて)はないか? ということです。

そんなことを念頭に置きながら、御作の粗筋を拝見しました。で、気になった点がいくつかあります。

(1)
呪いは人間に対して恋をすることによってのみ発動するということですね?
ところがサフィア=ラムズは人間ではないのに、呪いがかかってしまっています。その理由づけも気になったのですが、それについては後述します。
まず確認したいのは、

・主人公はラムズが人間ではないことと、姿を変えられることを知っているのかどうか?

・読者にもラムズが人間ではないことを早めに知らせるのかどうか?

この2点です。
ご質問の文面を読んだかぎりでは、どれも早めに知らせることになっているように思いました。
ここは、以下の4つの要素が絡み合っていて、けっこう複雑です。

ラムズは人間ではない。 → 人間に恋をすると~という呪いとの関係。
ラムズは姿を変えられる。 → ラムズは実はサフィアであることがバレバレにならないか?
主人公はそのことを知っているかどうか?
読者はそのことを知っているかどうか?

この4つの組み合わせを変えるだけで読者の印象が大きく変わる可能性がありそうなので、慎重に考慮する必要があると思います。

(2)
最終的にサフィアとラムズのどちらが主人公にとって「本命」なのか?
サフィアとラムズは同一人物(同一悪魔?)なわけですが、ドンデン返しを狙うからには主人公も読者も物語の終盤近くまでそれを知らないわけです。ということは、主人公(読者)の心の中ではそれまでは二人は別人ということのなるので、どちらに強い想いがあるのかはけっこう重要なポイントじゃないかと。

一案としては、中盤の流れの中で主人公の想いがサフィアからラムズにしだいに移り、そのことがラスト前の主人公の葛藤の最大値に繋がり、ドンデン返しで葛藤解決のキッカケが見える、というプロセスが考えられます。これなら、葛藤とドンデン返しの両立が図りやすいのではないかと。

(3)
サフィア=ラムズは人間ではないのに、呪いがかかってしまった。その理由づけは?

この件は、(1)(2)のどちらにも係わってきます。だから、ここは実はかなり重要なポイントなのではないかと思います。
で、考えていらっしゃる理由づけですが、

>ちなみに、この呪いは神様がメアリにかけたんですけど、神様が間違えたんです。

これでしょうか? だとすると、安直すぎるかもしれません。だって、これだけで葛藤も何もすべて一気に解決してしまいませんか? 一番決定的な解決にポッと出感があるのは、どうかと思います。
また、ラムズは人間ではなく変身できるなどの情報は伏線として機能するので、読者も色々考えてくると思うんですね。それが、神様の間違いでは拍子抜けされてしまう気がします。

なので、

・呪いの設定そのものを見直す。

あるいは、

・呪い発動が間違いと気づくことに、主人公自身の知恵や行動が関与しているように描く。

・神様の間違いで最終的に解決するにしても、そのまえに主人公自身が苦しみながら葛藤に立ち向かい、何らかの決断をする姿勢は示しておく。読者がその姿勢に共感・同情し、「もう、神頼みでも何でもいいから、彼女を助けてやりたい」という願望を起こさせるのが狙いです。人事をつくして天命を待つ、という感じでしょうか?

そういった要素を入れた方がいいのではないかと。

方向性としては、こんな感じかなと思いました。

テーマを優先させる(葛藤を狙う)のか、どんでん返しを狙うのかの返信の返信

スレ主 楽隅 投稿日時: : 0

(2)
>最終的にサフィアとラムズのどちらが主人公にとって「本命」なのか?
>一案としては、中盤の流れの中で主人公の想いがサフィアからラムズにしだいに移り、そのことがラスト前の主人公の葛藤の最大値に繋がり、ドンデン返しで葛藤解決のキッカケが見える、というプロセスが考えられます。これなら、葛藤とドンデン返しの両立が図りやすいのではないかと。

たしかにそうですね……。
なるほど。葛藤の仕方を変えるってことですかね……。終盤まではラムズorサフィアっていうところで悩み続けるということですか……。
ただそう、前の方も仰っていたんですが、「愛した人を殺すかどうか」をテーマにしている以上、葛藤するポイントはやはりそっちのほうがいいような気もしたんですよね……。
でも、両方を使うならそのほうがいいですよね……。

(3)
>サフィア=ラムズは人間ではないのに、呪いがかかってしまった。その理由づけは?
>この件は、(1)(2)のどちらにも係わってきます。だから、ここは実はかなり重要なポイントなのではないかと思います。
で、考えていらっしゃる理由づけですが、
>ちなみに、この呪いは神様がメアリにかけたんですけど、神様が間違えたんです。

これはですね、これもまた複雑な話になるんですが……。
さっきも話した通り、サフィアは宝石をこよなく愛する悪魔です。そしてサフィアは、「ドラウプニル」という神様が世界に8つ落とした金色の腕輪を自分のものにしようと画策しています。
悪魔という種族は、七年に一度ドラウプニルに触れることができます。その時だけ、ドラウプニルを腕にはめ、神様と会話ができるようになります。
ラムズにとって神様との会話はどうでもいいんですが、とにかくこの宝石の煌めくドラウプニルを、毎7年ごとに自分が触りたいと思っているんですね。

これまでは、悪魔は自分の好きな物以外興味が無いので、ドラウプニルはサフィアのものでした。ですが次の七年目に、サフィアのライバルが現れたんです。
これが、「神が好きで好きでたまらない悪魔話」です。
彼は神様が大好きなので、当たり前にドラウプニルを自分のものにして、神様とお喋りがしたいんです。彼は最近生まれた悪魔なので、初めてサフィアと神好きの悪魔でとっちがドラウプニルを貰うか競争になったわけです。

そうするとですね、悪魔たちは多数決でどっちがドラウプニルを触る権利を持つか決めることになったんですが、
「より自分の愛するものに愛を注いだ方を勝ち」
にすることになったんです。

まぁ言ってみれば、どっちが多く宝石を集めるか、神様への信者を集めるか、みたいなところですかね?
そしてサフィアは、このために「人間を凌駕する筋力を持つ人間」を神に作り出してもらおうと画策します。そんな人間ができ、彼らを自分の仲間にして海賊団(盗賊団でももちろんいいんですけど)を作れば、必ず戦に勝つことができる最強の海賊団を作ることが出来るって思ったんです。
それで手っ取り早く宝石を集めることができるって考えたわけです。

途中で話してた、「神力を神様があげること」っていうのはよく起こるんです。「憑依を見抜く力」も神力の一つです。
それでサフィアは、「神様の一人を怒らせて、人間に対する怒りを作ってもらい、人間を超える力を持つ"元人間"を大量に作ってもらおう」と考えます。(人間が1番人口が多いのです)
それで出来上がったのが、ルテミスです。

ルテミスは赤色の髪の毛、赤色の瞳、強靭な筋力などの神力を手に入れた、元人間です。(この他に、狼男とかもいるんですけど、狼男も私の小説では元人間で、そういう神力を得た存在としています)

神の怒らせ方としては、地の神アルティドという神様が作ったニンフを、サフィアがある帝国の人間の王様に変身して、「ニンフを殺せ!」っていう命令を出します。
人間たちがニンフを大量虐殺します。
地の神アルティドは人間に怒るって流れです。

ですが、当たり前ですがサフィアにも怒ります。
そこで目をつけられたのが、メアリなんです。
メアリはそのサフィアが地の神アルティドを怒らせる直前に、サフィアに恋をしています(助けられたので)。

地の神アルティドは、どうにかこうにかサフィアを殺してほしいと考えます。(神様が直接手を下すのは神様の暗黙のルール的にダメってことになってます)
そこで!
かつて昔に「人間に恋をした人魚は、人間の足が生え、殺すまで人魚に戻れない」という呪いがあったことを、地の神アルティドは思い出します。

実際は悪魔だけど、メアリはサフィアを人間だと誤解してるしいいやってことで、
メアリに呪いをかけます。
さらに、神力を渡します。
この神力を貰ったことで、本来不死身だった悪魔(サフィア含む)は、メアリによってのみ殺されることができるようになったんです。(悪魔は、人間以外の種族の、神力を持っている者のみに殺されるので)

サフィアは、メアリに会って早々、「サフィアを探している」と言われ、さらに「神力を持っている」ということも知り、
地の神アルティドがメアリを自分に差し向けたんだ
って気付きます。だから、恋に落として自分を殺さないようにさせようとしているわけです。

長くなりました。とりあえず、呪いがかけられた理由はこんな感じです。
だからラムズは最終的に、
「呪いが間違ってる!メアリは関係ないだろ!」
って神様に怒りにいくんです。

で、メアリは人魚に戻り、ラムズは彼女と最後まで幸せに暮らす(鱗が好きなので)──はずなんですが
寿命でメアリが死ぬと、メアリの鱗が水の泡になって消えます。
ラムズはそれが嫌だったので、最後の最後でメアリを殺して鱗を剥がして終わりになるんです。
メアリが、
「愛しているのに殺すの……?」
(=タイトルの、「愛した人を殺しますか?」)
ラムズはメアリを殺したあとに
「そもそもその問いが間違ってる。俺は初めからメアリのことなんて愛してない」
って言って終わるんです…………。

途中でラムズがサフィアだと分かり、悪魔だとわかったところで、
「悪魔がその大好きなもの以外に同情できない」
ってことは読者も知ります。でもラムズは、「そんなことない!メアリのことは、宝石としてじゃなくても好きなんだ!」って言い続けて、読者にも信じてもらうんです。

でも結局やっぱり好きじゃなかったよ、っていうオチです。

とりあえずこんな感じなのですが、どうでしょうか…………。
もしも何か思うところがあれば、
どんな展開にすればいいかとか、伏線をどのタイミングで出せばいいかとか、
この設定は甘いとか
そういうのがあればぜひコメントをください。
長々と読んでいただき、本当にありがとうございました……!!

カテゴリー : ストーリー スレッド: テーマを優先させる(葛藤を狙う)のか、どんでん返しを狙うのか

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「テーマを優先させる(葛藤を狙う)のか、どんでん返しを狙うのか」の返信一覧

他の相談一覧

初めて小説を書き上げました。まず何をするべきですか?

投稿者 文男 回答数 : 2

投稿日時:

文男です。 質問です。 友達が、初めて小説を書き上げたそうで、この後何をどうするべきか悩んでおり、こっそり質問させていた... 続きを読む >>

不死者の戦闘でどう緊張感を出すか

投稿者 ソラナキ 回答数 : 11

投稿日時:

不死身の主人公の戦闘の時、「こいつは死なないから」みたいな安心感でなく、命のやり取りをする戦闘特有の緊張感をどう出せばいいのか。どう... 続きを読む >>

面白い小説とつまらない小説の違い

投稿者 ぐーたろー 回答数 : 7

投稿日時:

質問です。 皆さんがそれぞれ読んでいて「面白いなー」と思う小説と「つまらないなー」と思う小説とではどんな違いがあると思いますか... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ