小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

日常と非日常の配分について (No: 1)

スレ主 おでぶ 投稿日時:

お初にお目にかかります。私おでぶは約半年前になろうを書き始めたのですが、ラノベのラの字くらいしか理解せずなろう描き始めた為、約5万字の黒い線で構成された駄作中の駄作しか作り上げられませんでした。漸く無知の無知を脱却しプロットやら設定やら色々考えて先日筆を持ったのですが、またもや約5万字の時点で私の前に壁が現れました。所謂日常パートと呼ばれる話が2話のみという、硬っ苦しく緊張の続いている文ばかり。手元にあるラノベを開いてみればどちらかというと日常パートの文量が多く、戦闘描写などのシーンはここぞと言う時のみ。
ここで質問したいのが、日常と非日常の割合、また1話の中で日常パートと非日常パートを混合させるのか?等の、執筆中に考えていることをお教え頂きたいです。

カテゴリー: 文章・描写

この質問に返信する!

人気回答!日常と非日常の配分についての返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 3 No: 1の返信

投稿日時:

まずは、日常パートという概念がおかしい。
そもそも「日常パート」なんて言い方が当てはまるのはアダルトゲームなどのゲームシナリオくらいなもので、ゲームシナリオというのは一人で制作することもあるけど基本的に商業ベースのものは複数人で書いていて文字通り「パート」ごとで分かれる。
つまり、選択肢によって展開が変わるのでプレイヤーの選択次第でその「シーン」が前後することがある。
このため、パートごとに管理するので「日常パート」などでまとめている。

小説の場合は、まあ小説でなくとも当たり前のことだけど、例えば戦闘をするにしても「どうして戦闘するに至ったか」という道筋を読者に提示しなきゃ戦ってる理由がわからないので、それを書く必要がある。
だから「戦闘前にそういう戦うまでの過程」が書かれているだけで、これを指して「日常パート」とは言わない。
こうしたシーンは「日常」を書けば良いわけではないから、「日常パート」などと考えているとまず間違えると思う。

>日常と非日常の割合、また1話の中で日常パートと非日常パートを混合させるのか?
完全に、物語次第です。
というのも、これは構成の話だと思うので、その物語のコンセプトに強く依存する話だと思います。
例えば、戦闘シーンをクライマックスに配置して非日常を盛り上げつつ日常からのシフトと敵を倒して日常へと戻る流れで一段落させるって形であれば、メインの戦闘は当たり前だけどクライマックスに一個置くだけです。
その「クライマックスの戦闘」に至るためにどうシフトしていくかってのを組み立てていきます。
これは割と王道な展開だと思うので、好きな作品を読み直してみて、今度は「メインの戦闘」を意識しながら序盤中盤の構造を紐解いてみてください。
ほぼほぼ「なぜ『メインの戦闘』をするに至ったか」という道筋が書かれている展開になっているはず。

で、おそらく、スレ主さんのお悩みは、その「なぜ戦闘するに至ったかの道筋」を「日常シーン」で書くべきか? という疑問に置き換えることもできると思う。
でも、これも完全に物語のコンセプト次第。
例えば「ヒロインと出会ったことで主人公の日常は非日常へと変わってゆく」みたいな帯がついてる漫画でもラノベでも読んだとして、実際その作品で「主人公の日常」が描かれてるのは最序盤だけで、あとは息をつく暇もない戦闘の連続っていう構成もある。
あるいは、例えば「正体がバレないように魔法少女をやって悪者をやっつけてます」って感じのストーリーであれば、基本的に各話毎回物語の半分くらいは「主人公たちの日常」が描かれている。

基本的には、スレ主さんが「日常パート」と思っているものの正体はこうした「戦闘するに至った理由、その道筋」であって、別にそれは「日常シーン」ではないんですよ。
また、一見して「戦闘するに至った理由」には思えないまさしく「日常シーン」らしい場面があったりもするけど、
それというのは、
例えば「楽しみにしていた文化祭に敵がやってきて台無しになってしまう」というお話を書く場合。
その敵との戦闘が始まる前に「文化祭をどれだけ楽しみにしていたか」「みんながどれだけ頑張ったか」「文化祭にどういった思いがあるのか」といった事を読者に伝えておかないと、「敵がやってきて台無しになった」という展開の「台無し」感が伝わらないですよね?
だから「主人公とヒロインは文化祭では問題事を起こさないと約束する」という日常シーンに見える場面を書いたり、「友人が転向することになって最後の文化祭だから、思い出に残る演劇をしようと張り切って練習する」という日常っぽいシーンを書いたり、その先にある展開のために「楽しみにしていた文化祭」っていう前提を強調しているわけです。

「強調する」ということは、そもそもその話で「書きたいこと」は何かってのを作者がよく把握してないと何を強調したらいいのかわからないと思うので、「日常パート」とか「日常シーン」とか漠然と曖昧に考えるのではなく、自分の作品でやりたいことを自分でしっかり理解し把握するってのが、大事です。

日常と非日常の配分についての返信 (No: 3)

投稿者 あまくさ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

物語にはなぜ「非日常」が求められるのか、考えてみたことがありますか?
答えは、読者には、

◎日常を忘れて物語を楽しみたい。

という欲求があるからです。読者は実はアニメや小説に「日常」なんて求めてないんですよ。たぶんスレ主様が読者になったときも、「工夫もなくダラダラ続く日常パート」なんて退屈なんじゃないですか?

で、ですね。こう書くと、「いや、日常パートが魅力的で人気の作品もあるし、日常系と言われる名作もいっぱいあるじゃないか?」という疑問がわくかもしれません。

答え。
そういうのは、物語として演出された「日常イベント」であって、現実の読者の日常ではないんです。
戦闘シーンや主人公が危機に陥るような事件が起こらなくても、普通の高校生が美少女と出会って同居生活をはじめたり、なぜか次々に女の子に好かれてハーレムになったりって、読者が現実に体験できる可能性はまずないでしょう?
すなわち、あれは「日常シーン」という名の非日常に他なりません。

いわゆる「日常パート」は、バトルものならプロットの一部として、伏線、緩急をつけるなどの目的で挿入することになります。
一方、「日常パート」そのものをウリとして作品全体を構成するタイプの話もあるわけで、そういう作品の場合は日常イベントだけでストーリーを盛り上げるテクニックが使われているはずです。そして、そういうことの上手い作者ならバトルものに挿入する場合もテクニックを応用できるので、結果的に戦闘シーンと日常シーンの両方に魅力がある作品も生み出されている、ということだと思います。

なので、いわゆる「日常パート」が魅力的な作品を読んで参考にするならば、量や配分だけでなく、そのシーンを魅力的にするためのどんなテクニックが使われているかにも注意して読んでみることをお勧めします。

日常と非日常の配分についての返信 (No: 4)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

あー・・・・・作品ジャンルによるかも。
謎解き要素がある作品は、伏線こそを日常パートに入れます。何気なく他愛なくスルーさせるためです。

ホラー要素の強いものだと、怖いまんまも多い。籠城戦とか鬼ごっことか、ピリピリしたまんまです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
日常パートには、いかに笑いを組み込めるか?伏線を仕込めるか?が勝負です。
日常パートが少ない物語は、伏線&意外性&どんでん返しが少ないかも。

日常は、【他の人が進まない道】への進行ルートの発生もありますね。
変な進行をする話ほど、日常でバランスを取らないと、読者置き去りですから。
【鬼滅の刃】【ドラゴンボール】【ブリーチ】なんかは「は?そういう展開来るのかよ!?」みたいな変なルートにばかり行ってしまいます。

変な展開に行く前に、前振りがあったり、終わってからの事後処理で日常パートじみた風景が来ます。日常パートでその理由や説明をいれないと繋がらないから。

 たぶん、ストーリー展開が「どっかで見た作品の劣化コピー」になってしまっていないかな?詳細説明しなくても分かるような道しか選べていない的な。

読んでみないと分かんないけどね。_(┐「ε:)_―

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

文字数が少ない

投稿者 どこにでもいる民 回答数 : 8

投稿日時:

小説を趣味で書いている者です。長編、いわば10万字を目指して書いているのですが、なかなかそこまで届きません。一シーンあたりの文字数が... 続きを読む >>

長編小説に加筆する際の注意点について

投稿者 サイド 回答数 : 15

投稿日時:

こんにちは、サイドです。 今、投稿用に十万文字ていどの長編小説を書いています。 ひとまず七万文字くらいでメインの起承転結が書き終... 続きを読む >>

悪役の働く悪事の限度

投稿者 バッキー 回答数 : 3

投稿日時:

基本的に私はただ愚かで邪悪なだけの悪役は作らないつもりでいましたが、一人例外的に絶対悪と言えるような悪役を考えています。 キャ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:日常と非日常の配分について 投稿者: おでぶ

お初にお目にかかります。私おでぶは約半年前になろうを書き始めたのですが、ラノベのラの字くらいしか理解せずなろう描き始めた為、約5万字の黒い線で構成された駄作中の駄作しか作り上げられませんでした。漸く無知の無知を脱却しプロットやら設定やら色々考えて先日筆を持ったのですが、またもや約5万字の時点で私の前に壁が現れました。所謂日常パートと呼ばれる話が2話のみという、硬っ苦しく緊張の続いている文ばかり。手元にあるラノベを開いてみればどちらかというと日常パートの文量が多く、戦闘描写などのシーンはここぞと言う時のみ。
ここで質問したいのが、日常と非日常の割合、また1話の中で日常パートと非日常パートを混合させるのか?等の、執筆中に考えていることをお教え頂きたいです。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ