小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

どうやってるんだろう? (No: 1)

スレ主 迷える狼 投稿日時:

かなり前からなのですが、VRを舞台にしたものに対する疑問があります。
それは、

「感覚をどうやって再現しているのか」

という事です。

例えば、「S.A.O」(ソードアートオンライン)や「防ふり」(痛いのは嫌なので、防御力に全振りしました)では、空腹を感じたり、食事をするシーンがあります。その時に、味を感じたり満腹になったりします。

また、「防ふり」では、ゲーム中にキャラクターがリアルでその場で寝落ちします。

VRは、あくまでも臨場感を体験出来るのみで、五感は再現出来ないはずです。
それなのに、キャラクターが食事をすると、味を感じるのみならず、なぜかプレイヤーが満腹になったりしますし、「防ふり」では、タイトルの通り、攻撃を受けると痛みを感じたりします。それに、前述の通りキャラクターが本当に眠ります。

あくまでも、VRではプレイヤーが寝落ちしても、キャラクターはその場で動きを止めるだけのはずです。

お腹が減ったら食事をして、味を感じたり満腹になったりし、眠たくなったら同じ様に眠る。

そもそも、VRのシステムでは、プレイヤーとキャラクターがシンクロする事は有り得ないと思いますし、ゲームの中で現実と同じ様に生活するという事は出来無いはずです。
「防ふり」では、VRゴーグルをかけるだけで、キャラクターが本当に生きているかの様に、プレイヤーと感覚を共有しています。っと言うか、キャラクターが受けた感覚を、プレイヤーがダイレクトに感じていますが、絶対無理なんじゃないでしょうか。

「S.A.O」では、ログアウトが不可能という設定になっていましたが、プレイヤーの肉体は生きているのだから、いずれ餓死はまぬがれなかっただろうし、例え生命維持の為に栄養の補給が外部からされたとしても、いくらゲームの中で食事したって、プレイヤーの空腹は満たされる事が無いはずです(血糖値の変化で、満腹中枢や空腹中枢が刺激を受けたとしても、胃の中は空っぽのまま)。

「防ふり」の場合、プレイヤーは自由にログアウト出来るのだから、そもそもゲーム中にキャラクターが眠る必要が無いです。
また、プレイヤーが寝落ちすれば、キャラクターもゲームの中で同時に寝落ちするというシンクロ状態が起きています。

そもそも、本来ゲームでは実際に食事や睡眠を取るといった行為は、全く必要がありません。
大体、ゲーム中でそれを行う為には、そういったプログラムが必要になります。食事をするなら、食事をするグラフィックが必要になります。プレイヤーとキャラクターの動作を同じにしようと思ったら、モーションキャプチャーを導入しなければなりませんが、もちろんそんな大掛かりなシステムは、個人の家にたやすく設置する事は出来ません。
少なくとも、ゴーグル1つでどうにかなるもんじゃないと思います。

そして、これまでの事は、作中で一切何の説明や記述がありません(「S.A.O」は、こういう理由で死ぬとは言われているが、他の説明が無い)。
余りにも不自然というより、いい加減じゃないでしょうか。

私の疑問は、以下の通りです。

①VR系のものは、どうやってプレイヤーとキャラクターの感覚を共有させているのか。
②また、どういうシステムならそれが可能か。
③その場合の問題点など。

です。

仮に、薬品などで血糖値をコントロールするならば、それは医療法に触れますし、実際にプレイヤーの肉体に針やチューブを刺す事になれば、傷害罪の適応も有り得ます。
当然ながら、ゲームをプレイする度に素人がそんな事をすれば、事故になって最悪死人が出る事にもなりかねません。
脳にシステムを埋め込む、「攻殻機動隊」の様なスタイルの可能性もあります。
しかし、ゲ-ムをプレイするという理由だけで、そんな危険な行為をするでしょうか。

ちなみに、微弱な電流を神経に流し、感覚を再現するという事も聞いた事がありますが、「S.A.O」の様な大掛かりなシステムを使用するならともかく、「防ふり」の様に、ゴーグル1つでそこまで出来るとは考えにくいです。

一応ですが、「S.A.O」も「防ふり」も、普通にゲームのソフトやプレイするシステムは市販されていました。こう言っては何ですが、「不可能」だと思います。

皆さんは、どうお考えになりますか。ご意見を伺いたく思います。

※「ログホライズン」や「くまクマ熊ベア-」の様に、ゲームだか現実だかはっきりしないものは、対象から除外します。

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

どうやってるんだろう?の返信 (No: 2)

投稿者 サイド : 0 No: 1の返信

投稿日時:

フルメタルパニックというラノベのあとがきで著者の方が、

「ガン〇ムなんかだとモビル〇ーツの操縦をレバーを引っ張ったり、丸いコントローラーみたいなのをグリグリするするだけで動いているけど、どうなってんの、アレ? 操縦方法を突き詰めたらどうなるの?」

みたいな説明を何ページにも渡って書いていたことがありました。(うろ覚えなので、違っていたらツッコミをお願いします

それを読む人のリアクションはみんな違っていて、
「すげー! こんな風に書かれたら説得力ある!」
って人もいれば、
「動いてる感じがしてれば、それでいいじゃん。俺はストーリーの方が気になる」
という人もいました。

僕は後者で、「演出として、それっぽく見える……つまり、寝落ちとかさせられれば人間っぽく感情移入できる」ができれば、細かい設定は要らないと思います。
端的に、
「電気が身体を通るので、痛みを感じることがあります。ただ、どの神経を通るかで気持ち良くもなります。なので、どうとでもできます」
ていどの説明があれば、それで充分って感じですね。

最近アニメにもなった「86」という作品では、感覚を共有させ、通信手段とする「パラレイド」という機器がありました。
意識を共有することで話さなくても意思疎通ができるという便利アイテムですが、説明としては、「集合体無意識」を通じて繋がっているというていどで、深い言及はありません。
その技術は現実的にどうなの? 物理機器を通じて無意識に繋げられるってどういうこと? というツッコミを始めたらキリはありませんが、物語の主題はそこではないので、批判は出ないんだなって感じです。

もちろん、設定の考察は楽しいのでどんどんやってもいいと思うんですが、上げていらっしゃる、
①VR系のものは、どうやってプレイヤーとキャラクターの感覚を共有させているのか。
②また、どういうシステムならそれが可能か。
という、課題をクリアして、どういうストーリーを描きたいのが気になるところです。

もし可能であるのなら、フルメタルパニックのあとがきかはググれば出て来ると思うので、何かで買い、実際に読むことで、そもそもそこまで練り込む必要があるのかどうかを客観的に考えてみてもいいと思います。

どうやってるんだろう?の返信 (No: 3)

投稿者 あまくさ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

防ふりは未読なので知りませんが、SAOはそんなにおかしいですか? だいぶ前に読んだので実際に作中でどう説明していたか覚えていませんが、特に矛盾は感じなかったのは覚えています。

>VRは、あくまでも臨場感を体験出来るのみで、五感は再現出来ないはずです。

理論的にはできるでしょう。五感はすべて脳に伝達されるものですから、脳に働きかけて誤作動を起こさせれば擬似的に五感は再現可能です。本来それが真の「仮想現実」なのであって、現実世界の技術がまだそこまで到達していないだけです。しかしフィクションで現実に実現していない技術を書けないのであれば、タイムマシンとか恒星間航行する宇宙船も書けないことになります。

>それなのに、キャラクターが食事をすると、味を感じるのみならず、なぜかプレイヤーが満腹になったりしますし、

あれはね、満腹になったと「錯覚」させているだけなんですよ。
ですから、その状態で長期間放置したら、プレイヤーはもちろん餓死します。SAOはそういう設定になっていたと思いますよ。
SAOでは、平常な状態のプレイヤーは時々ログアウトしてピザとか食べていませんでしたか? (うろ覚えですが、「ピザが冷めるから、そろそろ一度ログアウトしよう」みたいなことを言っていたと思います)
平常時のプレイヤーが餓死しないのは、ログインしている時間がそんなに長くはないからです。しかし強制的にログアウトできない状態に追い込まれたプレイヤーは、現実世界側では病床で救命処置を施されていなかったですか? 別に仮想世界で食事をすることによって現実世界の肉体の空腹が満たされるとは書いてなかったはずです。

>キャラクターが受けた感覚を、プレイヤーがダイレクトに感じていますが、絶対無理なんじゃないでしょうか。

できますよ。キャラクターが受けた感覚をデジタル・データとしてプレイヤーの脳に伝え、錯覚させるシステムが実装されている。そういう設定になっているだけです。おそらくこれは現実世界でも、将来的には実現可能な技術だと思いますよ。少なくともタイムマシンや「どこでもドア」よりは遙かに可能性があります。

どうやってるんだろう?の返信 (No: 4)

投稿者 サタン : 0 No: 1の返信

投稿日時:

①VR系のものは、どうやってプレイヤーとキャラクターの感覚を共有させているのか。
どうとでも……
例えば、メットから特定の電波を出して脳を一時的に睡眠状態にして、手を動かそうと思ったら手が動いたという情報をメットから脳に与える。
要するに人工的な金縛り状態ね。そこで自由な映像を見せてる。
SAOがどうなのか知らんけど、どうとでも解釈できるし何て説明されても物語に変化があるわけじゃないから、そんな必要な情報かな?

②また、どういうシステムならそれが可能か。
個人的には人間の脳を一種のコンピュータに見立てて、ヘルメットなど装着するものは脳とクラウドサーバを繋ぐインターフェイスでしかない、というのが現実的かなぁと思う。
1の話と同じだけど、要するに人間の精神が仮想現実に入り込んでるんじゃなくて、脳ミソの中でそういうリアルな映像を見てるだけ、夢を見てるだけ、という状態ね。

金縛りって科学的解釈で言うと単なる睡眠障害で、身体が動かない不可思議な状態を脳が勝手に「何者かが自分の身体に覆いかぶさっている」と考えてしまって、「自分に覆いかぶさってる何か」という幽霊を見せてる。
これがすっごいリアルで、身体が動かないという不安の化身だからすっごい怖いんだよね。
すごく苦しいし、触られると触られた感触があるし、脳の誤認識だから五感だけじゃなく六感も冴え渡って誰かの視線もハッキリ感じる。
でもこれはオカルトな話じゃなく睡眠障害、ようは睡眠中に意識がハッキリしてるとここまでリアルに幻想を見れるってことで……えーっと、金縛り中って身体動かないし目も開かないんだけど、自分としては目を開いて部屋の中を見渡してるのよ。つまり「自分の部屋の中」っていうリアルな幻覚を見てる状態。それくらいリアル。
なので、この状態を機械でコントロールすることが出来れば、SAOや攻殻機動隊みたいなフルダイブは可能だろうなって思うよ。

③その場合の問題点など。
私の仮想科学の場合、睡眠障害を利用してるから単純にそのまま本当に睡眠障害になって眠れなくなるかもしれんね。
でも、金縛りって脳は起きてて身体は寝てる状態だから、この技術での仮想現実では仮想現実内での睡眠は有効だろうね。脳も身体も寝てる状態を作れるから。普通に寝てるのと変わらないハズ。
あとは、所詮は個人の夢なので、それぞれのユーザーが見るゲームキャラが違って見えるだろうね。「背の高いハンサム」と聞いてイメージする姿が違うように、細かく設定しても細部で人それぞれ別の形に感じると思う。

どうやってるんだろう?の返信 (No: 5)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

_(┐「ε:)_ヤバい兆候やね。
自分が近くできる範囲での【粗探し】癖がついてくると、自分アゲのために全世界サゲになるよ?

批判にしても『ゲーム世界のトイレ』事情みたいな問題で、どこまで作り込むかはクリエイターの匙加減です。鑑賞者がぐちゃぐちゃ言っても始まらんのよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
あと、今『みたらし』で暴れまくっている人が、前に使っていたハンネだと私が判断している『壱番合戦』さんも似たような事考えて、持論ぶちまけていました。

VRにおける結婚と性交について?だっけな?システマチックな部分についてアレコレと。睡眠欲、性欲、食欲。
 狼さん持論とまぜたら『VRにおける三大欲求コンプ』になるね。

狼さんは、今、彼と同類になる一歩手前にいると思う。ちょい覚悟した方が良い

どうやってるんだろう?の返信 (No: 6)

スレ主 迷える狼 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

皆さん、ありがとうございます。

実現するには、

①外部からの電気刺激などで、擬似感覚を与える。
②視覚などから、そうなった様に思わせる(錯覚させる)。

と、言う事を考えてみたいと思います。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

途中での意図的な人称変更は問題ない?

投稿者 ばかむすこ 回答数 : 7

投稿日時:

小説を書き始めて今日で丁度8ヶ月の初心者です。素人クサイ質問でしょうが、皆様よろしくお願いいたします。 処女作がやっと電撃規格... 続きを読む >>

三人称複数視点の小説においてプロローグだけ一人称にすることについて

投稿者 三上 亮 回答数 : 5

投稿日時:

はじめまして 三上と申します。 人称について質問させてください。よろしくお願いします。 私は一人称の短編しか書いた経験があり... 続きを読む >>

古流剣術

投稿者 世羽天師 回答数 : 1

投稿日時:

久しぶりに投稿しました。世羽天師です。今回は剣術の流派の名前と剣技の名前についてのアドバイスがあれば幸いです。 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:どうやってるんだろう? 投稿者: 迷える狼

かなり前からなのですが、VRを舞台にしたものに対する疑問があります。
それは、

「感覚をどうやって再現しているのか」

という事です。

例えば、「S.A.O」(ソードアートオンライン)や「防ふり」(痛いのは嫌なので、防御力に全振りしました)では、空腹を感じたり、食事をするシーンがあります。その時に、味を感じたり満腹になったりします。

また、「防ふり」では、ゲーム中にキャラクターがリアルでその場で寝落ちします。

VRは、あくまでも臨場感を体験出来るのみで、五感は再現出来ないはずです。
それなのに、キャラクターが食事をすると、味を感じるのみならず、なぜかプレイヤーが満腹になったりしますし、「防ふり」では、タイトルの通り、攻撃を受けると痛みを感じたりします。それに、前述の通りキャラクターが本当に眠ります。

あくまでも、VRではプレイヤーが寝落ちしても、キャラクターはその場で動きを止めるだけのはずです。

お腹が減ったら食事をして、味を感じたり満腹になったりし、眠たくなったら同じ様に眠る。

そもそも、VRのシステムでは、プレイヤーとキャラクターがシンクロする事は有り得ないと思いますし、ゲームの中で現実と同じ様に生活するという事は出来無いはずです。
「防ふり」では、VRゴーグルをかけるだけで、キャラクターが本当に生きているかの様に、プレイヤーと感覚を共有しています。っと言うか、キャラクターが受けた感覚を、プレイヤーがダイレクトに感じていますが、絶対無理なんじゃないでしょうか。

「S.A.O」では、ログアウトが不可能という設定になっていましたが、プレイヤーの肉体は生きているのだから、いずれ餓死はまぬがれなかっただろうし、例え生命維持の為に栄養の補給が外部からされたとしても、いくらゲームの中で食事したって、プレイヤーの空腹は満たされる事が無いはずです(血糖値の変化で、満腹中枢や空腹中枢が刺激を受けたとしても、胃の中は空っぽのまま)。

「防ふり」の場合、プレイヤーは自由にログアウト出来るのだから、そもそもゲーム中にキャラクターが眠る必要が無いです。
また、プレイヤーが寝落ちすれば、キャラクターもゲームの中で同時に寝落ちするというシンクロ状態が起きています。

そもそも、本来ゲームでは実際に食事や睡眠を取るといった行為は、全く必要がありません。
大体、ゲーム中でそれを行う為には、そういったプログラムが必要になります。食事をするなら、食事をするグラフィックが必要になります。プレイヤーとキャラクターの動作を同じにしようと思ったら、モーションキャプチャーを導入しなければなりませんが、もちろんそんな大掛かりなシステムは、個人の家にたやすく設置する事は出来ません。
少なくとも、ゴーグル1つでどうにかなるもんじゃないと思います。

そして、これまでの事は、作中で一切何の説明や記述がありません(「S.A.O」は、こういう理由で死ぬとは言われているが、他の説明が無い)。
余りにも不自然というより、いい加減じゃないでしょうか。

私の疑問は、以下の通りです。

①VR系のものは、どうやってプレイヤーとキャラクターの感覚を共有させているのか。
②また、どういうシステムならそれが可能か。
③その場合の問題点など。

です。

仮に、薬品などで血糖値をコントロールするならば、それは医療法に触れますし、実際にプレイヤーの肉体に針やチューブを刺す事になれば、傷害罪の適応も有り得ます。
当然ながら、ゲームをプレイする度に素人がそんな事をすれば、事故になって最悪死人が出る事にもなりかねません。
脳にシステムを埋め込む、「攻殻機動隊」の様なスタイルの可能性もあります。
しかし、ゲ-ムをプレイするという理由だけで、そんな危険な行為をするでしょうか。

ちなみに、微弱な電流を神経に流し、感覚を再現するという事も聞いた事がありますが、「S.A.O」の様な大掛かりなシステムを使用するならともかく、「防ふり」の様に、ゴーグル1つでそこまで出来るとは考えにくいです。

一応ですが、「S.A.O」も「防ふり」も、普通にゲームのソフトやプレイするシステムは市販されていました。こう言っては何ですが、「不可能」だと思います。

皆さんは、どうお考えになりますか。ご意見を伺いたく思います。

※「ログホライズン」や「くまクマ熊ベア-」の様に、ゲームだか現実だかはっきりしないものは、対象から除外します。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ