入り込みミラーⅡは最悪のテロ兵器?/ドラえもんに対するツッコミ

2015/08/29(土曜日) 13:11:49 迷える狼さんの書き込み

「のび太と鉄人兵団」で使用された事で有名な「入り込みミラー」は、鏡像世界へ入れる道具です。

この道具で作った世界の中では、普通に生活する事が出来ます。文字や物体の配置(おそらく星座なども)こそ左右反転していますが、他は特に問題が無い様で、それ以外の上下や東西南北の方位も変化が無く、普通にこの世界にある物を飲食する事も出来ます。

ちなみに、「入り込みミラーⅡ」は後発の改良型ですが、はた迷惑な事に、この道具で創られた鏡像世界で起きた事は表面世界(オリジナルの世界)にも影響を与えます。

簡単に言うと、鏡像世界で壊れた物は、実際の世界でも壊れます。ジャイアンとスネ夫は、鏡像世界でポルシェを乗り回し、あちこちぶつけた上に最後はスクラップにしてしまいましたが、表面世界のポルシェも見事に廃車になっていました。

さて、この道具の場合に1つ問題があります。

「入り込みミラーⅡが複数あった場合」です。

複数の入り込みミラーⅡの鏡像世界で、それぞれの鏡像世界の別の場所に欠損があった場合、当然ですが表面世界は1つしか存在しない為、複数の場所の同時崩壊が起こります。

例えば、それぞれの入り込みミラーⅡの世界で、それぞれ全く別のどこかの家を1軒づつ破壊すれば、表面世界では4件の家が破壊されます。

これを悪用すると、重要施設の破壊テロを簡単に起こせます。

以前にも議論いたしましたが、過去世界には未来の秘密道具のプロテクトやセキュリティーが存在しない様ですので、過去で秘密道具を使用した犯罪は、簡単に起こせます。

だから、「のび太の日本誕生」における「ギガゾンビ」の様な存在も出て来る訳です。

改良ではなく改悪そのものの道具です。全く、何でわざわざ後発でこんな厄介なものをこさえるのやら・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。