読む気がなくなる文章の特徴とは俺様表現!/新人賞下読みが回答

2015/07/09(木曜日) 00:07:04

こんばんわ、ティアラミスですわ。質問よろしいでしょうか?

最近、ラノベを読んでいると、面白い作品に当たるときもあれば、最初、数ページ読んだだけで、耐えられない、または、最初は、面白いのに、だんだん読めなくなる作品もあります。

具体的には、冒頭で、造語や専門用語の連発、いつまでもわがままなメインヒーローに、ヒロイン。ゴリ押しによる主人公側の勝利など、最初、途中問わず、読む気が無くなる作品があります。

そこで、ジジさんに、質問なのですが、読む気がなえてくるような作品というのは、何だとお考えでしょうか?
また、プロ、アマと問わず、良く見かける読む気が無くなる文章の特徴とは、なんなでしょうか?

●下読みジジさんの回答

読む気がなえてくるような作品というのは、何だとお考えでしょうか?

設定やキャラ立てはもう「時流」や「編集」というものがありますのでなんとも言えない部分が大きいのですが、

また、プロ、アマと問わず、良く見かける読む気が無くなる文章の特徴とは、なんなでしょうか?

問題はこちらですね。

読みにくい作品には、うまく雰囲気を再現できないのですが「魔道の手管(わざ)によって塗り描かれし陣、その端から中央までの距離半ばに○○はすらりと踏み入った」のような、「その作者が魂を込めて生み出した俺表現」がそこそこ以上に混ざっていることが多々あります。

そこまで行かずとも、読者が理解しやすい文章を考えていない作品は普通に読み気をそそられないものです。

コメント募集!

あなたは『読み気がなくなる文章の特徴とは俺様表現!』という問題に対して、どう考えますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

コメント

  1. アバター 兵藤晴佳 より:

     兵藤と申します。よろしくお願いいたします。

     「俺様表現」とは、「テクニック自慢」と解釈してよろしいでしょうか。

     修辞法、ミスリードや叙述トリック、人称がどうの視点のぶれがどうのという……。
     名作と言われる作品を残した作家は、たぶんそんなことは意識していなかったと思います。
     新美南吉『ごんぎつね』を小学校で扱うときは、幕切れの視点が一か所だけ揺れていることに必ず触れられているようですが、作者はそんな効果は気にしないで、自分の心の目に見えるものを書いていたはずです。

     そうそう、『美味しんぼ』でしばしば山岡士郎の批判や自戒に使われる言葉がありましたね。
     
     「材料自慢、腕自慢」。

     どんな分野でも、気をつけたいものです。

  2. アバター ティアラミス より:

    こんばんは、ティアラミスですわ。

    ジジさんが、どう意図で返信したかは、私にも測りかねますが、
    ただ、この後のスレで、私が同意した時には、言い回し自慢や、語彙自慢を連想しました。普通の単語や読みを当てればいいのに、下手に当て字にしたり、意訳したりで、俺(あるいは、あたし)は、こう意味や言葉を知っていて、こう表現するんだぞ!と自慢しているような感じです。
    ただ、読む側としては、えっ!?、普通はこう読まない?、訳さない?と頭の中がこんがらがり、読んでいくうちにアーアーこういう意味ね、と分かるのが遅かったり、何回も出てくる度に、頭の中で訳して、変換しているということをやっていると、疲れてきて、読んでいられません!!こんなの!!という感じです。意味が分かるまで、注意して読んだないといけない、脳内変換で、文章が、ブチブチちぎれていく様、楽しめません。
    ジジさんも、そういった表現があると、物語を楽しむことへの気が散漫した経験がるから、このように答えたのかもしません。