少女向け小説を書くのにただ1つ押さえるべき女性心理/新人賞下読みが回答

2015/10/04(日曜日)ゆいさんの質問

男主人公の少女向け小説についてお聞かせください。
最近はあまり目にすることがなくなったような気がしますが、やはりイマドキ男主人公ではラノベレーベルに負けてしまうのでしょうか。

それともジャンル細分化で台頭しているBLレーベルに流れているということでしょうか。
たぶんどっちもだろうなとは思うのですが、ジジ様としていかがお思いでしょう?
それとも純粋に読者の好み、需要の変化などに起因すると思われますか?

また、女主人公のトランスジェンダーモノ、少女向けの百合作品もBLなどとの間に挟まれて消えていくジャンルでしょうか。

もしこれらのジャンルをやるとして、成功するには何が求められるでしょう。
一般的な恋愛という要素が使えない、使いづらいジャンルですので、やはり女子読者への共感性の構築、これに尽きるでしょうか?

それともBLやラノベに寄せるべきでしょうか。

プロを目指す方だったら本来避けるべきジャンルというのはわかりますが、考えれば考えるほど私には避けられそうもないジャンルみたいで……。

●下読みジジさんの回答

最近はあまり目にすることがなくなったような気がしますが、やはりイマドキ男主人公ではラノベレーベルに負けてしまうのでしょうか。
それともジャンル細分化で台頭しているBLレーベルに流れているということでしょうか。

これはおっしゃるとおりかと思います。
ここでは(私の)混乱を避けるため、女性読者に限定してお返事しますが、読者が主人公に求めるものは「共感」になります。

以前からの繰り言にはなってしまうのですが、女性読者は「主人公になりたい」よりも「主人公を自分に置き換えたい」、つまり「主とするのはあくまでも自分自身」という傾向があります。

ですので、男性読者以上に「恋愛」、さらには男性読者がまず重視しない「結婚」という要素は重要になりますね。

さらに女性の「男性化への意識」というものもあります。
女性は生きているだけでさまざまな「生理的義務」を負いますし、「横の関係」という共感的関係を重視するだけに苦労が絶えません。ゆえに、生理的義務を負わず、「共感」に基づかない関係性を築く(ように見える)男性に、シンプルな憧れを抱くこともあるというわけです。

そしてこの「恋愛」と「憧れ」が合わさると……男になって男に愛される図式が生まれるのです(本当はもっと複雑な過程があるものと考えているのですが、異様に長くなるので割愛します)。

と。ここまで来てようやくお返事になるのですが、「女性読者は「自分」を主人公に置き換え、主人公が置かれてる状況を「自分」の目線で楽しみたい傾向がある」ことが基本であり、BLなどを好む方は「理想の男性像に「ちょっと嫌気が差している自分」を置き換え、本来の自分の恋愛対象である男性との恋愛を楽しみたい傾向がある」ものであると、私は考えています。

それとも純粋に読者の好み、需要の変化などに起因すると思われますか?

読者の変化というよりも、「男性主人公にできることは女性主人公でもできる=共感しやすい女性主人公で充分」であるということになります。……これだけのことを書くまでが長かったですね。申し訳ありません。

また、女主人公のトランスジェンダーモノ、少女向けの百合作品もBLなどとの間に挟まれて消えていくジャンルでしょうか。

トランスジェンダーはそもそもがアンダーグラウンドなものなのでなんとも言えない部分が大きいのですが、女性向け百合ものは大丈夫でしょう。

理由としては、百合が「何者にも犯されることなく、クローズアップされた恋愛という「感情」を楽しむ」ものだからです。

端から見れば恋愛というより依存関係になるのですが、男性という「性的強奪者」がいないことによる「安心感」がありますので、それだけ純粋に「感情の高まりや揺れ動き」が味わえるジャンルとなるのです(恋愛対象が同性という女性には当てはまりませんが)。

ですので、

一般的な恋愛という要素が使えない、使いづらいジャンルですので、やはり女子読者への共感性の構築、これに尽きるでしょうか?

その(疑似)恋愛に共感できるシチュエーションを作ることをまず考え、主人公の想いが募っていく過程をしっかり筋立てしてみてください。「女性読者は主人公の置かれた状況」を見るものですので。そして、

それともBLやラノベに寄せるべきでしょうか。

対象となる読者に合わせて変えるべきかと思います。
それが一般女子なら、スマホ小説(の書籍版)なども考えに入れるほうがよいでしょう。

プロを目指す方だったら本来避けるべきジャンルというのはわかりますが、考えれば考えるほど私には避けられそうもないジャンルみたいで……。

アマチュアの強みは自分を主として考えられることです。
ですので、心が強く惹かれるものを書くべきであると私も思います。

ただ、多くの読者に認められたい感情があるのであれば、「対象読者が読んでくれるだろう文章・設定・キャラづくり」は必須となります。