小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

ストーリーとは、感情よりも「変化」ではないでしょうか。の返信の返信の返信の返信の返信の返信

元記事を読む

ストーリーとは、感情よりも「変化」ではないでしょうか。の返信の返信の返信の返信の返信(元記事)

作者の感情・登場人物の感情・読者の感情を区別した方がいいという提言には同意します。むしろ、それが当然でしょう。

>そのどちらにしても、作者は登場人物に感情移入するべきではないでしょう。
>するとしても、それは敵役のほうです。

このご指摘の1行目もわりと同意見。ただ、敵役には感情移入してもよいという見解が付随しているところが興味深いです。
論理的な説明が無いので若干「なんで?」と思わなくもありませんが、実践的にはうなづける点があります。
主人公は物語の軸を担う存在なので、そこに作者の想い入れが入りすぎると作品全体がグダグダになりかねません。
それに対して、敵役というポジションなら客観的な視点とのバランスが取りやすいのが一つ。
それともう一つは、あくまで経験則ですが敵役に魅力がある作品はヒットしやすい傾向があるようです。

作品中に盛り込む「感情」は取扱注意の危険物とは思いますが、うまくコントロールして使う分には大きな効果を発揮することもあるので、一概に排除するものではないと思います。

   *   *   *

なお、なろう的な「主人公にとって都合の良すぎるストーリー」がわりとお嫌いなのかなと見受けられますが。
あれは必ずしも作者が主人公に感情移入しすぎることによって起こる現象ではないので、注意は必要かと思います。そういう展開が読者受けしやすいと冷静に計算している作者も多いはずです。

エンタメの場合、計算の上に立って行い、効果が出ているのであれば、正しい方法なのだと思います。

ストーリーとは、感情よりも「変化」ではないでしょうか。の返信の返信の返信の返信の返信の返信

投稿者 あまくさ 投稿日時: : 0

少年マンガ的なストーリーの場合、主人公の背景はシンプルな方がいいんですね。主人公に複雑な背景を設定すると、読者が理解するのに時間がかかってしまうのでかえってマズイんです。
それでいて主人公を空気にもしないためには、本編ストーリーの中で活躍させればいいのだと思います。

それに対して敵役の背景は複雑な方がいい。
読者が敵役を理解したり同情したりするのはストーリーのラスト近くでもかまわないので。悪一辺倒に見えた敵役に同情すべき過去があったと明かされる流れは、うまく使えばかなり効果的みたいです。

あと、敵役に対しても「作者」はやはり感情移入しすぎない方がいいと思います。冷静な判断ができなくなるおそれがあるので。
「感情移入」というのは、あくまで読者にそれをうながすものです。

よって。

1)作者は、主人公にも敵役にも感情移入してはならない。

2)読者も、主人公に感情移入する必要はない(!)
  読者は、ストーリーを通して主人公の行動に乗れればよい。

3)読者には、敵役には感情移入させた方がよい。

これが、私としての結論になりますかね。
ただし繰り返しますが、あくまで少年マンガ的ストーリーの話です。
例えば少女マンガの読者には、主人公の微妙な心理の揺れに感情移入することを好む傾向が見受けられます。

カテゴリー : 創作論・評論 スレッド: ストーリーとは、感情よりも「変化」ではないでしょうか。

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「ストーリーとは、感情よりも「変化」ではないでしょうか。」の返信一覧

他の相談一覧

作者の情報が流出しないようにしたい

投稿者 回答数 : 3

投稿日時:

やや気の早い話ではあるかと思うのですが、例えば自分が死んだり、あるいは(何かやらかすつもりはありませんが)逮捕されたりした場合、自分... 続きを読む >>

第1章について

投稿者 雪夜刹莉 回答数 : 4

投稿日時:

第1章ってみなさん、どのくらい書きますか? 人によってそれぞれ違うと思うのですが、参考程度に聞きたいです。 私は未だ第1章をどれ... 続きを読む >>

セリフの中に地の文を入れるタイミング

投稿者 CC 回答数 : 3

投稿日時:

小説を書いているのですが、セリフとセリフの間に地の文をはさむタイミングがよくわかりません。(特に三人以上が入り乱れるとき) セリフ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ