小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

細かいストーリーが思い付かない時 (No: 1)

スレ主 ぼたん 投稿日時:

弟を助けるシーンを書きたいのですが、その助け方が永遠に思い付きません。
いろいろ書いてもどれも気に入らず消してしまいます。
こういう時、どうしていますか?

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

細かいストーリーが思い付かない時の返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 2 No: 1の返信

投稿日時:

もうちょい具体的に情報が欲しいかも。
「弟を助ける」と言っても「助ける」がどういう意味になるのか、精神的な支えか直接的に生命の危機を助けるのか。

質問に具体性がないので回答も抽象的になるけども、なんにしても「助ける・助けた」ことで何を表現したいのかってのが第一で、その表現に集中して、強調できるものを探す感じ。
例えば、そこで兄弟愛みたいなものを表現したいんだとすれば、お互いが信頼してる感じを出したいから、助けたつもりが助けられた、あるいは兄が弟を助けたあと弟の言葉に救われた兄という図を作るかな。

これはスレッドの主旨と少し違うけど、「助ける」に限定しなけりゃ兄弟喧嘩を書いてその喧嘩の理由の根本はお互いがお互いを気にかけた結果のすれ違いが原因でした、って感じにしても良いと思うから、
つまり「表現したいもの」を定義できればその手段は「助けるシーンを書く」に限定されないので、発想に幅ができる。

話を戻して、あるいは「助けた」ことで兄に対し信頼を寄せるようになった、という展開を書きたい場合は、当然のこと「信頼に足る出来事」を書けば良いわけで、では「どういう流れが信頼を強調できるか?」と考えることができる。
例えば王道で言うと、悪人だと思ってた人が実は良い人でしたとかそういう落差があると人は強い印象を得るので、
「兄に裏切られてると感じている」「弟をそそのかす人物」「兄に助けられる」「弟は兄を誤解していたと恥じ入る」
とか、「結果」に対して逆張りから入ると形になりやすい。

結局のとこ、「良いシーンを書こう!」と思うのではなくて、「表現したいことは表現できてるか?」で考えると良いと思う。
出来てると思うのであれば、次は「それは強調できてるか?」で見直してみると良い。
それらが出来ていてなお「納得できないシーンだ」と思うのであれば、それは展開自体に問題があって、シーン単体の問題ではないと思う。
例えば前フリがちゃんと出来てないからクライマックスで印象が薄いとか、そういう話ね。クライマックスのシーン単体の問題じゃない。
シーンの目的は「表現したいこと」をよりよい形で「表現すること」なので、表現出来ていて強調もできているのであれば、それは目的を果たしてるシーンは作れてるってこと。
ならば、「表現できてる」「強調も十分」と感じてて、そのうえで作者が納得できるかできないかってのはシーン単体の不備ではない。

>どうしていますか?
「書きたいこと」を明確にする。そしてそれが表現できてりゃOKと考える。

自分が初心者の頃によくやってしまっていた事は、
例えば「弟を助けるシーンを書く」と考えて「助けるシーン」を書いて、その出来上がった文章から「なんとなく、この助けるシーンはこういう場面」と考えたりする。
その場の流れとかでいい感じのセリフを言わせたりして、それっぽい感じにはなってるんだけど、そもそも最初に「これを書く」という明確なものがないので、ぶっちゃけ中身がないんですよね。こういうの。
だから、書こうと思えば「シーン」は書けるんだけど、言ってしまえば「なんとなく助けてるシーン」しか書けてないので、書いたものの自分で首をひねるって事はけっこうありました。

細かいストーリーが思い付かない時の返信の返信 (No: 3)

スレ主 ぼたん : 1 No: 2の返信

投稿日時:

解決方法をお聞きしようかなと思ったので詳しくは書きませんでした。

具体的には親戚をたらい流しにされていらない子として扱われてきた弟が主人公の家にきてその子を精神的に救うという話です。
弟は周りに言われた言葉を飲み、自分はいらない子として思っています。
このシーンが弟が姉である主人公を好きになる本当に重要なところなので大切に書きたいのですが、しっくりこなくて困っています。

そうなんです、なんとなくは書けるのですが結局はなんとなくでしかなくて消してしまうんですよね。

細かいストーリーが思い付かない時の返信の返信の返信 (No: 4)

投稿者 サタン : 0 No: 3の返信

投稿日時:

私が以前書いた似たような感じのシーンは、ネグレストの母親に育てられた双子の話ですね。
母親に無視され続けて学校でも奇抜な行動をしてイジメからのシカト状態になって、ついには母親が双子を捨てて蒸発する。残された双子は互いに依存しあって生きていくしかないって心理状態のなか、そんな家に空き巣に入った間抜けな主人公は双子の保護者に仕立て上げられ振り回されるって話なんだけど、
その話の中で双子が赤の他人で空き巣ドロの主人公を慕うようになった切っ掛けは、主人公が双子にただ一言なにげなく「おかえり」と言った、それだけでした。
でもこの物語の中でもすっごく大事なシーンで、今でもけっこうお気に入りのワンシーン。

というのも、その主人公の一言に、双子がそれまで欲しくてたまらなかったものが全て詰められてるからです。
だから「学校で奇抜な行動をしていた」という内容は、この「おかえり」のシーンの直前においた。
母親の興味を引きたかったからそんな行動をしていたんだ、と読者が気がつけるようにした。
他にも主人公の態度とかこのための布石とかいろいろ考えがあってのシーンで、
まあつまり、私のシーンの場合は、この「おかえり」を言うシーンにどんな意味が込められているのかって話ですね。

なので御作の場合、
>弟が姉である主人公を好きになる
これがどういう意味なのか、ってのを考えてみると良いと思う。
個人的な推察としては、
>自分はいらない子として思っています
とあるので、「あなたは必要とされてる」というメッセージがあればいいなと思う。
そうすると、これは妄想だけども、
「精神的に」ではなく「物理的に」のほうがいいかもなと思う。
主人公が女性なので、主人公の腕か脚に傷跡が残るくらいの事故から守ってくれた、となれば、まあちょっと嫌らしい言い方だけど罪悪感が愛情やらに変化しやすいですからね(つまり事故を理由に好きになったと表現しやすいってことね)。
事故は事故でも火傷とかのほうがシーンとして小回り利きそうか。
熱々の揚げ物油が入った鍋が弟の頭の上に落ちてくる、それをとっさに鍋の縁を鷲掴みして助ける主人公、みたいな。自分を傷つけてまで助けてくれるとは思ってなかった弟は、主人公の手に残った火傷の跡を見るたびに愛情を再確認する。
つまりその火傷は「弟が必要とされてる証」なので。
繰り返すけども、もちろんこれはただの妄想なので、要点は「主人公を好きになる」という部分に意味をもたせれば良いのではないかというところにあります。

弟が主人公を見て「必要とされてる」と感じられるだろうシーンを組めればほぼほぼそのシーンは役目は果たしてるし、そんな状態の弟にとっては「好きになる」と同義になる感情だから、「必要とされてる」が表現できれば十分なシーンかなと思います。
まあ、再三だけども、あくまで私の推察からのネタ起こしであって、「好きになる」のシーンの意味は「必要とされてる」でなくても良いと思います。

とまあ、こんな感じで「書きたいこと」を明確にして具体性をもたせていくと、シーンに意味を持たせやすいのではないかなと思います。

細かいストーリーが思い付かない時の返信の返信の返信の返信 (No: 7)

スレ主 ぼたん : 1 No: 4の返信

投稿日時:

ありがとうございます。

書きたいことを明確にして具体性をもたせていく、ですね。
もう少し自分の中で考え直して見ようと思います。

私も精神的により物理的には参考にさせていただきます。
しっくりくる必要とされている表現が見つかるようがんばりたいと思います。

細かいストーリーが思い付かない時の返信 (No: 5)

投稿者 あまくさ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

>弟を助けるシーンを書きたいのですが、その助け方が永遠に思い付きません。

永遠に思い付かないというのは、すごいですね。
具体的な内容に即した助言ではなく、大切なシーンがしっくりこなくて困ったときの一般的な対処法が聞きたい、ということでしょうか?
そういうことならば、

>このシーンが弟が姉である主人公を好きになる本当に重要なところなので大切に書きたいのですが、しっくりこなくて困っています。

その「本当に重要なところ」が、「ストーリー全体の中の位置づけとして、どう重要なのか?」という角度から考えてみるとよいかもしれません。

例えばそのシーンは、起承転結の中のどのあたりに置かれるエピソードですか?

1)起~承の始めくらい

2)転~結のクライマックスそのもの

3)その他

などになると思います。
仮に1だとすると、それによって生まれた主人公と弟の信頼関係を土台として、先のストーリーが展開するのだと考えられます。
で、その場合、続く承の後半~転にかけて重要な山場がいくつもあるはずですよね? ですから悩んでいらっしゃるシーンは、「本当に重要なところ」ではあるでしょうが、「ストーリー全体の中で最も重要なところ」ではないと言えます。

「最も重要」なシーンは終盤に置きたいはずです。そして、「序盤の重要なシーン」はクライマックスの最重要シーンを効果的にする準備と位置づけて考えれば、そのシーンだけにこだわってしまうという「呪縛」から解放されるのではないでしょうか?

あるいは。

2だとすると、物語の起承転結のすべてがそのシーンを目指して展開することになります。そのシーンだけが上手く書ければ良いというものではなく、1以上にプロット全体で考えなければいけません。

細かいストーリーが思い付かない時の返信の返信 (No: 8)

スレ主 ぼたん : 0 No: 5の返信

投稿日時:

永遠には盛りました。すみません。

そういうことです。

私の場合は1ですね。
ストーリーとして重要というより掴みですかね。
初めがうまくいかないと読む気をなくしてしまうので、ここで気が削げないようにぐっと引きつけたいのです。

イツドコは詩情が欲しい。 (No: 13)

投稿者 さがらき : 1 No: 8の返信

投稿日時:

そういうのは、後に回すニャ!
若いページから順々に書けるなら、誰もプロットなんて作らないニャニョ!!!

起床の繋ぎ目なんて、転結のフラグとラスト書いた後の作業ニャン!!

季前半➡象半ば➡ラスト➡エピローグ➡転➡省後半➡気後半➡床前半➡プロローグ…くらいの順番で書くニャン!!

気に入らなくとも、なんとなくでも、下書きは大事ニャン!!

プロットはパズルの枠で、ラノベをジグソーパズルにするニャ!!!
こういうのはパズルのピースを弄くっていると、突然ブレイクスルー出来るニャ!
そのトップギア時に一秒でも無駄に過ごさない為に没稿は必要ニャン!!
プロの平時なんて、トップギアの為に没稿重ねているようなものニャン二!!!

細かいストーリーが思い付かない時の返信 (No: 6)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

作者ですら困っているトラブルを、くわしくも無い、赤の他人が解決できるはずがないでしょう?
まずは弟をキレさせ心情をぶちまけさせましょう。

あくまでパターンだし、年齢にもよりますが男と女では鬱症状が違うっぽい。
男は攻撃的になり他人に当たる人が多いそうです。女は無気力とかの方が多い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんか脳の機能的な部分によるみたい。鬱の症状とかで新型鬱なんかは責任転嫁による逆キレとか多いそうです。

鬱病の人を救う覚悟がいると思うし、鬱は甘やかしても治らない飴と鞭と努力と時間と【自分の自覚】が必要です。

新型鬱に多いのは【依存しながら、攻撃する「幼児性」】といわれているみたい。

お前が助けてくれないのが悪い。僕ちゃんを甘やかして!!!みたいな心理で人に頼りながら文句を言いたくる。みたいな。
弟君は依存攻撃型なのか?自罰タイプなのか?いろいろ考えましょう。
自罰タイプは自傷とか異食症とかが出ることも多いです。

依存攻撃タイプはミュンヒハウゼン症候群の一環での自傷。傷つくのは基本嫌なので人やペットへの攻撃に転移しやすい感じが多いかな。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
どっちみち、糞面倒なのでザックリ陳腐に片づけていいと思います_(┐「ε:)_

細かいストーリーが思い付かない時の返信の返信の返信 (No: 11)

投稿者 読むせん : 0 No: 9の返信

投稿日時:

たらい回しの折に過剰に良い子になろうとしてしまうタイプか、はたまた『嫌われたって仕方ない』という理由を得るために不良化する子か?もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 知り合いのボランティアの人に訊いた話ですが、保護子なんかは過剰に人を試す行動を取るので大変だそうです
【これを許してくれるなら、私を愛してくれているんだろう?】みたいな。
 相手の大切な物を壊してみたり、わざわざ嫌がることをしてみたり、万引きしてみたり、人に暴力振るったり【愛してくれているなら、許してくれるんでしょう?】【一緒に連帯責任してくれるんでしょう?】って感じ。
 人の親切を疑いまくるし、八つ当たりするし、被害者意識が炸裂していて精神面でも肉体面でも抉りにくるため、育てるのが大層面倒で、その方はストレスに負けてノイローゼになってしまったので、保護子の預かりは諦めてしまったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとは明確に『仕事』を与えてみるとかですね。

ここにいていい理由と仕事は社会的な帰属を与えます。あとガチで忙しいと鬱っている暇はなくなる。
ジェイソンに全力ダッシュで追われたら、鬱のやつでも必死で走る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは大事なんですが『助けを求めない人間は救えない』ってのは大事。こっちがどれほど手を伸ばしても、その手を取ってくれないと助けられない。

何なら地獄に道連れにしてやるってタイプもいる。助けろこの愚図!!タイプもいる。
 救われるために頑張ろう「人に頼ろう、自分でも頑張ろう」と思わないと助けらんないからねー

普通の人が山登りなら、鬱の人はロッククライミングみたいなもの。友綱で結んで一緒に行こうってのは大変よーー。

細かいストーリーが思い付かない時の返信 (No: 10)

投稿者 ドラコン : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは、ドラコンです。

このご質問に対し、このサイトの管理人うっぴーさんがTwitterのほうで回答されましたので、リンクを貼っておきます。
https://twitter.com/ranokenn/status/1403140238944391171

細かいストーリーが思い付かない時の返信 (No: 12)

投稿者 サイド : 0 No: 1の返信

投稿日時:

そのシーンについてですが、文字数でどのくらいの尺を取っているのかが個人的に気になります。
殺し文句みたいなセリフがあるのか、感動的な行動(絵面)があるのか、そういうものはない作品なのか、ですね。

もしスレ主さんが、弟はずっとつらい境遇で生きて来たのに、あっさりと一つの「言葉や行動」で救われてしまうところに違和感、薄っぺらさを抱いていらっしゃるのであれば、長い尺を取ってみるのも手かなと思いまして。
言葉や行動ではない、時間の積み重ねから、信頼と愛情を育むみたいな。

マンガで例えるなら、殺し文句と笑顔の一コマで救済完了ではなく、じっくり一巻分くらいかけて、心を通わせるみたいなイメージでしょうか。
それを経てなら、単純に、

主人公 「大丈夫?」
弟   「うん」

という字面があっても、説得力が出ますし、カッコイイセリフや言い回しを生み出す必要もありません。

ただ、これが有効かどうかは、スレ主さんの考える物語が、ヒューマンドラマなのか、ミステリーなのか、はたまた異能バトルなのかで変わってきますので、参考ていどに、聞いていただければ幸いです。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

人数について

投稿者 雪夜刹莉 回答数 : 2

投稿日時:

私が書こうとしてる長編はどうも8人以上いってしまう傾向があります。 物語上、組織とか作らなきゃいけないときや前世も必要になってくる... 続きを読む >>

描写の特殊なテクニック

投稿者 林檎県 回答数 : 20

投稿日時:

小説を読んで地の文の描写や、イメージ描写でちょっと気になるものがあったので質問します。 ちょっと自分でもどう説明すればいいのか分か... 続きを読む >>

俺、ラノベ作家になりたいの前に

投稿者 オニキスダーク 回答数 : 4

投稿日時:

何から始めていいかわかりません、 小説ってものは何かからのスタートから、小説を出版社さんがやっている〇〇大賞みたいなの取りたくて!... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:細かいストーリーが思い付かない時 投稿者: ぼたん

弟を助けるシーンを書きたいのですが、その助け方が永遠に思い付きません。
いろいろ書いてもどれも気に入らず消してしまいます。
こういう時、どうしていますか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ