小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

添削お願いしたいです (No: 1)

スレ主 暇菜仁(ひまなひと) 投稿日時:

長編小説の三話目の部分です。自分でもなにか違うな〜と思うのですが、具体的にどこを変えればよいかわからず。
シチュエーションは主人公四人が「サンソ」というキャラの家に泊まりに来て昼食を食べ終えたところです。

サンソのお父さんは僕たちに向かって言った。
「六時に夕飯にしようと思うんだけど、何がいい?」
「オム……いやなんでも」
由乃が何かを言いかけて、恥ずかしそうに撤回した。絶対に、オムライスって言いかけたな、由乃。俺が肘で由乃を小突くと、由乃はその腕を顔を真っ赤にしながら払い除けた。
「みんなでカップラーメン祭りにしようぜ」
サンソが唐突にそう提案した。
「うちにいっぱいあるでしょ、お父さん」
「ええ……みんながそれでいいなら止めないけど」
サンソと父さんが会話している間、僕たちはその提案について話し合った。
結論はすぐに出た。僕は賛成だったのだが、他の二人は拒否の姿勢をとったのだ。特に、由乃はかなり嫌そうな顔をしていた。多数決で決めるにしても、これでは決着がつかない。俺たちが悩んでいると、サンソはもうカップラーメンを大量に持ってこっちに来ていた。
「え、嫌なのお前ら」
サンソは由乃の態度を見て心底びっくりしたように言う。
「俺は賛成だけど」
「私、辛いの食べれない」
「辛くないのいっぱいあるよ」
「じゃあ賛成」
「……」
話の流れを察してしまったのか、由乃は反論しなかった。結局、俺たちの総意としてカップラーメンで良いということになった。
「由乃?」
「……何」
サンソが由乃に声をかけると、由乃は吐き捨てるように答えている。明らかに機嫌が悪い。俺はそのとき、いいことを思いついた。俺は小声でサンソに耳打ちする。
「サンソ、サンソ」
「なぁにぃ?」
「うわきっしょ」
「ひどい泣いちゃうぞ」
俺たちは、そんな風に静かに騒ぐ。俺はサンソに廊下に出るように促した。そこで初めて、俺は大声で話した。
「カレー一人分作れる?」
「何急に」
「いいから」
サンソはうーん、という顔をした後、OKサインを作った。作れるということだろう。俺はしれっとリビングに戻ると、カップラーメンを三つだけ残してあとを自分の後ろに隠した。
「あれ、サンソ、カップラーメン三つしかないよ」
「ええっ?さっき大量にあった……」
俺は全力でサンソをにらみつける。サンソはその視線に一瞬ひるんだが、本当に空気が読めないらしく再び口を開こうとした。それを察した赤城がすかさずサンソのすねを蹴り、黙らせた。
「あっそっかー、じゃあカレーでも作ってもらうー?」
そして(棒読みながらも)助け舟を出してくれる赤城。察したのか地獄耳なのか、「じゃあカレー一人分ねーわかったー」とカレーを作り始めるサンソのお父さん。そしてすね蹴りが異様に効いたらしく無言で悶えているサンソ。こうした人々の協力もあって、僕らの夕食のメニューが決定した。
そのあとの展開を簡単に言ってしまうと、
トランプゲームはサンソの勝利で終わり、夕食では思ったより辛いラーメンを押し付けられた俺が悶絶し、再び開始したトランプに参戦した赤城がルールがわからないはずなのに完全な運で無双した……ということになる。俺はまったく得をしなかった。癪に障るので、そこの部分は飛ばしてしまうことにする。
トランプも赤城が無双するばかりで面白くなくなったので、赤城を除く三人の全会一致でやめることになった。四人で何をするのか話し合う。別のトランプゲーム、人生ゲーム、読書。様々な意見が出る中で、俺はふと時計が目に止まった。
短い針は八時を指していた。もうこんな時間か、となんだか物寂しさを覚える。窓の外を見ると、真っ暗で、星がたくさん瞬いていた。夜空を見上げながら、今年の夏はどんな夏になるだろうか、と考えた。
楽しい夏になるだろうか。この合宿が終わっても、まだたくさんの楽しみが残っている。そんなことを考えた。それでも、ずっと心ののしかかっている憂鬱は消えない。
夏休みは一ヶ月。長いと見るか、短いと見るか。この友人たちと過ごす、最後の時間としては短すぎる。どんどんと気持ちが重くなっていく。
「あっ」
赤城の声で俺は目が覚めた。この楽しい二泊三日の合宿で、こんなことは考えたくない。忘れてしまおう。そう心に誓った。
「もう八時だよ」
そういえばそうだった。
結局みんなが納得する案が出ることもなく、俺たちは風呂に入って布団を敷いて、パジャマに着替えた状態でだらだらとテレビを見始めた。今はあまり頭を使いたくない気分だ。九時になったら、枕投げを提案しよう。俺はそう考えて、リモコン争奪戦に加わるために布団の上を転がっていった。

カテゴリー: 小説の批評依頼

この質問に返信する!

添削お願いしたいですの返信 (No: 2)

投稿者 通りすがり : 1 No: 1の返信

投稿日時:

添削しても納得されるかどうかは分かりませんが添削します。

主人公4人+サンソ+サンソの父でこの場には6人居るわけですよね。

>サンソと父さん……この場合はサンソとおじさんがいいかな。

>結論はすぐに出た~これでは決着がつかない……決着がついてないんだから、すぐに結論は出てないですよ。

>僕は賛成だったのだが、他の2人は~……僕+他の2人だと3人になります。主人公4人だから1人足りません。

>心底びっくりしたように言う……なぜそこまで驚いたのか知りたいです。

>俺は賛成→A
 私、辛いの~→B
 辛くないの~→多分サンソ
 じゃあ賛成→多分B
 ……→多分由乃        やっぱり1人足りない。

>俺たちの総意……総意じゃなくて多数決です。そして1人称が僕だったり俺だったりとブレています。

>カレー1人分作れる?……なぜカレーなのか?話の流れ的にはオムライスじゃないか?

>カレーを作り始めるサンソのお父さん……これお昼食べ終わった直後の話なんですよね?お昼食べた直後にお父さんもうカレーを作り始めたんですか?しかも一人分。

>そして(棒読みながらも)……()必要?

>再び開始したトランプに参戦した赤城……これはもしかして1回目はルールが分からないから赤城は不参加で横で見てて、2回目から参加したって事ですかね?もしそうならばもうちょっと説明した方がいいかも。

>赤城を除く三人の全会一致で……だから多数決です。そしてやはり1人足りない。

>夜空を見上げながら……外に出るか、窓を開けて顔を出したほうが臨場感が出るかも?

>長いとみるか、短いとみるか……時間の感覚は人それぞれと言いたいのならば、"僕にとっては短すぎる"と限定した方が分かりやすいかな。

>赤城の声で俺は目が覚めた……寝てたわけじゃないから、我に返ったのほうが自然かな。

>納得する案が出ることもなく、俺たちは風呂に~……ちょっと流れが雑。やることがなくて風呂に入ったのか、入浴時間が決まっていたのか。そもそも合宿なんだから何か目的があってみんな集まってるはず。その目的を果たす行動をすればいいのだからやる事がないって不自然かな。てか、合宿の目的には全く触れてないんですよね。

と、まぁ粗探しをしてみましたがお役に立つかは不明です。

添削お願いしたいですの返信の返信 (No: 3)

スレ主 暇菜仁(ひまなひと) : 0 No: 2の返信

投稿日時:

すごく参考になる意見ばかりでありがたいです。

>話の流れ的にはオムライスじゃないか?
状況説明が甘かったのですが、これは第三話で、第二話の時点で、昼食で四人はもうオムライスを食べているんですよね。そのオムライスが美味しくて、おじさんの問いに思わず由乃はオムライスと言いかける感じです。
>……これはもしかして1回目はルールが分からないから赤城は不参加で横で見てて、2回目から参加したって事ですかね?もしそうならばもうちょっと説明した方がいいかも。
第三話の後半のみの文章なので説明がないですが、前半で赤城が一回目に「ルールが分からない」と言って読書をしている描写をいれてあります。
>>納得する案が出ることもなく、俺たちは風呂に~……ちょっと流れが雑。やることがなくて風呂に入ったのか、入浴時間が決まっていたのか。そもそも合宿なんだから何か目的があってみんな集まってるはず。その目的を果たす行動をすればいいのだからやる事がないって不自然かな。てか、合宿の目的には全く触れてないんですよね。
実はただのお泊まり会なんですけど、語り手の性格的にお泊まり会という言葉は使わないかなとちょっと悩んでしまいまして……
流れが雑なのに関しては、この小説全体を見ると合宿がメインなのではなく、このあと眠りについたところから夏休み終わりまでが本番になるはずだったんです。でも導入が長いかなと感じて慌てて描写を削ったんですけど、やっぱり不自然ですかね。
>僕は賛成だったのだが、他の2人は~……僕+他の2人だと3人になります。主人公4人だから1人足りません。
俺は賛成→A
 私、辛いの~→B
 辛くないの~→多分サンソ
 じゃあ賛成→多分B
 ……→多分由乃        やっぱり1人足りない。
サンソは提案した側なので、数には数えてなかったんですが不自然でしょうか。

添削お願いしたいですの返信 (No: 4)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

4(酸素)+酸素パパの5人?

セリフが誰のセリフか分からん

1,赤城、2,俺、3、由乃、4、酸素、5、酸素パパ、
ーーーーーーーーーーーーー
今さらかもやけど
セリフが誰のか分からんし、なんとなく間が悪い気がするわ。
===============

「六時に夕飯にしようと思うんだけど、何がいい?材料とか準備したいからさ」

サンソのお父さんは僕たちに向かって言った。

「オム……なんでもいいです」
由乃が何かを言いかけて、恥ずかしそうに撤回した。絶対に、オムライスって言いかけたな、由乃。俺が肘で由乃を小突くと、由乃は顔を真っ赤にしながら払い除けた。

「じゃあさ!みんなでカップラーメン祭りにしようぜ!激辛カップラーメン祭り!!」

俺や由乃に気付いていないらしいサンソが唐突にそう提案した。

「うちにいっぱいあるでしょ、お父さん」
「ええ?……あるけど…みんながそれでいいなら止めないけど」

サンソとサンソ父さんが会話している間、僕たち3人はその提案について急いで話し合った。
結論はすぐに出た。2対1でカップラーメンは拒否。

 僕は賛成だったのだが、赤城と由乃は拒否の姿勢をとったのだ。特に、由乃はかなり嫌そうな顔をしていた。サンソは賛成側なのは明らなので、多数決で決めるにしても、これでは決着がつかない。
俺たちが悩んでいると、サンソはもうカップラーメンを大量に持ってこっちに来ていた。二人の周りの空気的なものが一気に悪くなる。

「え、嫌なの?お前ら」

サンソは由乃達の態度を見て。心底びっくりしたように言う。

「あー、俺は賛成だけど」
「‥‥‥私、辛いの食べれない」
「オレも」

由乃達の言葉に、サンソの目がきらりと光った。どうしてもカップラーメンが食べたいらしい。

「えー、でも辛くないのも、いっぱいあるよ?」
「ホント?じゃあ俺やっぱり賛成で」
「……」

話の流れを察してしまったのか、由乃は反論しなかった。結局、俺たちの総意としてカップラーメンで良いということになった。

「どうかした?由乃」
「……べつに」

サンソが由乃に声をかけると、由乃は吐き捨てるように答えている。明らかに機嫌が悪い。ものすごーく、悪い。
俺はそのとき、いいことを思いついた。俺は小声でサンソに耳打ちする。

「な、サンソ、サンソ」
「なぁにぃ?」
「うわきっしょ」
「ひどい泣いちゃうぞ」
「いいから、こっち来て」

妙なシナを作るサンソに笑いそうになるけど、ぐっと耐えて、俺はサンソに廊下に出るように促した。そこで初めて、俺は普通めの声量でサンソに尋ねた。

「な、サンソ。お前のお父さん、オムライス一人分って作れない?」
「なによ急に」
「いいから、頼むよサンソ」

サンソはうーん、という顔をした後、サンソ父さんの所に走っていった。そしてOKサイン。作れるということだろう。
 俺はサンソにありがとうを伝えると、しれっとリビングに戻り、サンソが持ち込んだカップラーメンを三つだけ残してあとを自分の後ろの棚に隠した。
あとでサンソ父さんに隠した場所を伝えておこう。

「あれ、サンソ、なんかカップラーメン、三つしかないよ」
「ええっ?さっき大量に持ってきたはず……」

俺は全力でサンソをにらみつける。サンソはその視線に一瞬ひるんだが、本当に空気が読めないらしく眉を跳ね上げて再び口を開こうとした。
それを察した赤城が、すかさずサンソのすねを蹴りあげ黙らせる。

「そっかー、4人分ないのか―、じゃあ一人分だけ、別のゴハン頼めないかな?あればオムライスとか嬉しいなー」
「まかせてー、卵だけ買ってくるねー」

サンソを尻目に(棒読みながらも)大きめの声をだす俺。そして察したのか地獄耳なのか、階段の下からオムライスの用意を始めてくれたらしいサンソのお父さんの声。
 そしてすね蹴りが異様に効いたらしく無言で悶えているサンソ。

こうした人々の協力もあって、僕らの夕食のメニューが決定した。
そのあとの展開を簡単に言ってしまうと、

 サンソ提案のトランプゲーム( ババ抜き)は一回目はサンソの勝利で終わり次は神経衰弱で由乃の勝利。三戦目前に夕食の時間になったから、夕食は由乃以外がラーメン。
 俺は思ったより辛いラーメンを押し付けられて悶絶し、再び開始したトランプ(今度はポーカー)に、赤城がルールがわからないくせに参戦、そして完全な運で無双した……ということになる。

 今日の俺は、まったく得をしなかった。癪に障るので、そこの部分は飛ばしてしまうことにする。

==============
とかちゃう?

添削お願いしたいですの返信 (No: 5)

投稿者 通りすがり : 1 No: 1の返信

投稿日時:

登場人物の人数がよく分からないのですよ。

これは主人公四人+サンソの5人なのか。
それとも主人公4人の中にサンソが含まれているのか?
前提の説明ではサンソを入れて5人だと判断しましたが、
そうすると僕(俺)、赤城、由乃以外にもう1人がどうしても分からないんですよ。
逆に4人ならば前提の説明の仕方がおかしくなります。
登場人物の名前を一旦全部書き出した方がいいかもですね。

流れが雑に関しては私もうまく伝えられてなかったと思います。すみません。
えと、エピソードが足りなくて雑と言ったのではなく
案出しするも案が出ない→風呂に入る→布団を敷く→着替える→だらだらとテレビを観る
これだけの流れが1文で一気に書かれていて、ぶつ切り感が強かったんです。例えば、

結局何をするか決められずにいるうちに風呂に入る時間になってしまったので、俺たちは一旦話を打ち切って順番に風呂に入ることにした。
風呂待ちしている間に布団を敷き、先に入った奴からパジャマ姿でゴロゴロと布団の上で寝転がりながらテレビを見始める。

くらいの文量だったら違和感なく読めたかなと思います。

添削お願いしたいですの返信 (No: 6)

投稿者 カイト : 1 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして、カイトと申します。

提示されたシーンの前後や、お話の全体の流れがわからないので、言いにくいところもありますが……

①学生生活がテーマでしょうか。その閑話休題を狙っているのなら、ゆるい感じの会話や雰囲気が奏功していると思います。
②短い文章ながら、それぞれの個性も大体把握できました。
主人公ーー周囲に配慮できるしっかり者だが、やや考え込みやすい
サンソーーお調子者で空気が読めない
由乃ーー少しわがまま。感情を抑えようとしても隠せない。
赤城ーーフォロー役、なんでもそつなくこなすタイプ?
『主人公四人が「サンソ」というキャラの家に泊まりに来て〜』
という説明だと、「サンソ」が主人公グループとは別の友人だともとれます。そう読み取ってしまうと、その後の文章がよくわからない(一人足りない)ことになってしまうかと。
③閑話休題としてはいいと思うのですが、「合宿中に随分悠長な… ていうかなんの合宿?」という疑念が。合宿という名のお泊まり会かな?
④細かいところですが、「カレー一人分つくれる?」って、かなーり失礼でめんどくさいセリフです。しかも、友達のお父さんに。一言「レトルトでいいから」があると、全然違います。

以上です。
創作活動応援しています。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

セリフと情景描写(?)

投稿者 ヲモカゲ 回答数 : 3

投稿日時:

文章において 「(台詞)」(描写)「(台詞)」 という形で台詞と台詞の間に「〜する」といった描写を挟む表現があると思うのですが、... 続きを読む >>

『惚れたヒロインのために頑張る主人公』は今日び受けないでしょうか?

投稿者 大野知人 回答数 : 24

投稿日時:

 大野です。  ついこの間までやっていた原稿が仕上がり、それの推敲を進めつつも、『次なに書こうかな』なんて考えていた所で、最近はや... 続きを読む >>

プロローグを入れる、入れない場合

投稿者 やとう 回答数 : 18

投稿日時:

いつも大変お世話になっております。 まだ終わりそうにない長編小説を続けております、やとうと申します。 相変わらずコロナの感染では... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:添削お願いしたいです 投稿者: 暇菜仁(ひまなひと)

長編小説の三話目の部分です。自分でもなにか違うな〜と思うのですが、具体的にどこを変えればよいかわからず。
シチュエーションは主人公四人が「サンソ」というキャラの家に泊まりに来て昼食を食べ終えたところです。

サンソのお父さんは僕たちに向かって言った。
「六時に夕飯にしようと思うんだけど、何がいい?」
「オム……いやなんでも」
由乃が何かを言いかけて、恥ずかしそうに撤回した。絶対に、オムライスって言いかけたな、由乃。俺が肘で由乃を小突くと、由乃はその腕を顔を真っ赤にしながら払い除けた。
「みんなでカップラーメン祭りにしようぜ」
サンソが唐突にそう提案した。
「うちにいっぱいあるでしょ、お父さん」
「ええ……みんながそれでいいなら止めないけど」
サンソと父さんが会話している間、僕たちはその提案について話し合った。
結論はすぐに出た。僕は賛成だったのだが、他の二人は拒否の姿勢をとったのだ。特に、由乃はかなり嫌そうな顔をしていた。多数決で決めるにしても、これでは決着がつかない。俺たちが悩んでいると、サンソはもうカップラーメンを大量に持ってこっちに来ていた。
「え、嫌なのお前ら」
サンソは由乃の態度を見て心底びっくりしたように言う。
「俺は賛成だけど」
「私、辛いの食べれない」
「辛くないのいっぱいあるよ」
「じゃあ賛成」
「……」
話の流れを察してしまったのか、由乃は反論しなかった。結局、俺たちの総意としてカップラーメンで良いということになった。
「由乃?」
「……何」
サンソが由乃に声をかけると、由乃は吐き捨てるように答えている。明らかに機嫌が悪い。俺はそのとき、いいことを思いついた。俺は小声でサンソに耳打ちする。
「サンソ、サンソ」
「なぁにぃ?」
「うわきっしょ」
「ひどい泣いちゃうぞ」
俺たちは、そんな風に静かに騒ぐ。俺はサンソに廊下に出るように促した。そこで初めて、俺は大声で話した。
「カレー一人分作れる?」
「何急に」
「いいから」
サンソはうーん、という顔をした後、OKサインを作った。作れるということだろう。俺はしれっとリビングに戻ると、カップラーメンを三つだけ残してあとを自分の後ろに隠した。
「あれ、サンソ、カップラーメン三つしかないよ」
「ええっ?さっき大量にあった……」
俺は全力でサンソをにらみつける。サンソはその視線に一瞬ひるんだが、本当に空気が読めないらしく再び口を開こうとした。それを察した赤城がすかさずサンソのすねを蹴り、黙らせた。
「あっそっかー、じゃあカレーでも作ってもらうー?」
そして(棒読みながらも)助け舟を出してくれる赤城。察したのか地獄耳なのか、「じゃあカレー一人分ねーわかったー」とカレーを作り始めるサンソのお父さん。そしてすね蹴りが異様に効いたらしく無言で悶えているサンソ。こうした人々の協力もあって、僕らの夕食のメニューが決定した。
そのあとの展開を簡単に言ってしまうと、
トランプゲームはサンソの勝利で終わり、夕食では思ったより辛いラーメンを押し付けられた俺が悶絶し、再び開始したトランプに参戦した赤城がルールがわからないはずなのに完全な運で無双した……ということになる。俺はまったく得をしなかった。癪に障るので、そこの部分は飛ばしてしまうことにする。
トランプも赤城が無双するばかりで面白くなくなったので、赤城を除く三人の全会一致でやめることになった。四人で何をするのか話し合う。別のトランプゲーム、人生ゲーム、読書。様々な意見が出る中で、俺はふと時計が目に止まった。
短い針は八時を指していた。もうこんな時間か、となんだか物寂しさを覚える。窓の外を見ると、真っ暗で、星がたくさん瞬いていた。夜空を見上げながら、今年の夏はどんな夏になるだろうか、と考えた。
楽しい夏になるだろうか。この合宿が終わっても、まだたくさんの楽しみが残っている。そんなことを考えた。それでも、ずっと心ののしかかっている憂鬱は消えない。
夏休みは一ヶ月。長いと見るか、短いと見るか。この友人たちと過ごす、最後の時間としては短すぎる。どんどんと気持ちが重くなっていく。
「あっ」
赤城の声で俺は目が覚めた。この楽しい二泊三日の合宿で、こんなことは考えたくない。忘れてしまおう。そう心に誓った。
「もう八時だよ」
そういえばそうだった。
結局みんなが納得する案が出ることもなく、俺たちは風呂に入って布団を敷いて、パジャマに着替えた状態でだらだらとテレビを見始めた。今はあまり頭を使いたくない気分だ。九時になったら、枕投げを提案しよう。俺はそう考えて、リモコン争奪戦に加わるために布団の上を転がっていった。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ