小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関して (No: 1)

スレ主 雲鈍 投稿日時:

初めましてこんにちは。
はじめてこちらの掲示板を利用させていただきます。
さて今回の相談なのですが、プロの方の作品と自分の作品を比べるとどうも「ひねり」が全体的に足りないように感じます。キャラクターにも、ストーリーにも、会話にもひねりが足りてないと思います。つまり、読んでいても読者の想像上であり、吸引力がないというか、「次が読みたい」と思わせる力が弱いと思うのです。
そこで、このひねりというか独自の発想力をつける方法を教えていただけないでしょうか?
また、独自のトレーニングをしている方などが居たら、教えてください。

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信 (No: 2)

投稿者 黒鐘 黒ぅ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

「ひねりが足りない」という考え自体は間違っていないのですが、どちらかというと、「オリジナリティを出すべき」と言ったほうが正しいでしょう。
意味としてはほとんど同じなのですが、「ひねりが必要」という事にこだわりすぎると、少々良からぬ結果を招く可能性があります。

そもそも、ひねりとは「工夫」の事です。質問者様の仰る通り、ひねり(工夫)って非常に大事なんですよ。
しかし、工夫しただけで作品が良くなるのか? というと、そうではありません。
工夫といっても色々なものがあり、「ひねりを意識した挙句、変な方向に独特さが増し、よくわからない作品になってしまった」という結果になる事だって有り得ます。実際、そのような作品はいくつか見てきました。
つまりこれは、「読者の想像上」と反対で、「作者の想像上」という事です。
「ひねり」だけにこだわり過ぎると、工夫が暴走して、「読者の事を考慮せず、基本から逸れまくる」という事になってしまうかもしれません。

そこで、必要な工夫についてですが、最も大切なのは「オリジナリティを出すこと」だと思います。
オリジナリティとは、「他の作品には無い、自分の作品ならではの強み」の事です。
質問者様がプロの方々の作品を見て感じた「ひねり」とは、この「オリジナリティ」だったのではないでしょうか。
ご自身のプロットを「ありきたり」と感じたのも、独自性、つまりオリジナリティが足りなかったが故だと思います。

もちろん、オリジナリティが全てという訳ではござませんが、この質問での「ひねり」というものが、オリジナリティの事を指しているのではないかと思いましたので、少しでも明確にしたいと考えました。

>このひねりというか独自の発想力をつける方法を教えていただけないでしょうか?

とにかく色んな世界観に触れて、何が王道で何が邪道なのかを理解する事ですかね。
「自分なりの発想をすればオリジナリティが生まれる」という訳ではなく、王道と邪道を使い分ける事で、オリジナリティを生み出せるようになるのだと思います。
「独特な発想力を身につける」というより、「オリジナリティを狙って創作する」という事の方が、大事ではないかと。前者だと、オリジナリティが勝手に生まれてくる的なニュアンスですが、そんなに素晴らしい事は滅多にありません。
ですので、オリジナリティが何なのかを、他作品から学んでみる事をお奨めします。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信の返信 (No: 5)

スレ主 雲鈍 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

黒鐘 黒ぅ様
コメントどうもありがとうございます。
ひねりだけではなく、オリジナリティが大事であるとの考え方、あるかもしれません。
たしかにひねるだけひねって、独創的になれば面白いかと聞かれれば疑問符がつきますよね。
オリジナリティを出せるために、様々な世界に触れるのが重要であると思わされました。
ありがとうございました。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信 (No: 3)

投稿者 t : 2 No: 1の返信

投稿日時:

偉い人達がひねるという言葉を使うとき、相手に『吸引力がないというか、「次が読みたい」と思わせる力が弱い』と思わせてしまう書き方をしているものですが。ひねるよりも、素材を使い切るの方が正解に近いと私は考えています。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信の返信 (No: 6)

スレ主 雲鈍 : 0 No: 3の返信

投稿日時:

ひねるという言葉を使う時、「素材を使い切る」のほうが正解に近いのでしょうか。
少し理解が追い付かないため、もっと自分の中で咀嚼して考えてみようと思います。
t様コメントありがとうございました(以前長編の間で感想を頂いた方と同一であれば、重ね重ねありがとうございます)。

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信 (No: 4)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

tさんの言葉が全てかなと。
使い切ればヒネるもなにもないのは道理ですから。
「ありきたり」=「ド直球で王道な話」でも面白い作品は面白いです。

あえてコツのようなものを提示するなら、「変化」を考えることです。
新しい変化があると、その変化が気になるのは人として当然と言っていい事で、その変化に対し興味があればなおさら気になるものです。
だから理想的には常に変化を用意しておくのが良いですが、意識してやるとけっこうしんどくセンスが問われるなと感じもします。
変化には、環境の変化、心情の変化、能力の変化や人間関係の変化もろもろ考えれば考えるだけ多くあるので、なにかしらを変化させていくと引きが良くなります。

また、漠然と「読者の興味があれば」と言うと「それってどうやって読者に興味を持たせりゃいいの?」となりますが、これは考えないほうが良いです。
何故なら、興味がなけりゃ初めから読んでないからです。
そして、読んでる以上は「話題の中心になってること」が最も興味があるものだ、話題から離れるほどに興味は薄くなっていく、と認識すりゃ間違ってないと思います。
例えば「本編よりもキャラAの話のほうが気になる」などといった場合もありますが、こういうのは読者個人個人で違うものだし、そういう個人差まで考慮に入れたらキリがないので。

もっとも、「自分が作ったからそれほど魅力を感じない」という事も考えられるので、第三者に意見を求めたほうが良いでしょう。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信の返信 (No: 7)

スレ主 雲鈍 : 1 No: 4の返信

投稿日時:

サタン様 返信ありがとうございます。
t様の意見が全てとありますが、私自身の理解力が不足しているため、
かみ砕いて説明していただき、大変ありがたいコメントです。

>そして、読んでる以上は「話題の中心になってること」が最も興味があるものだ、話題から離れるほどに興味は薄くなっていく、と認識すりゃ間違ってないと思います。

のコメントにはっとさせられました。おっしゃられる通りだと思います。
少し迷っていたようです。
ありがとうございました。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信 (No: 8)

投稿者 【本人から削除依頼】 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 ご質問が要は「面白いアイデアを出す方法は何か?」みたいなことで、そう言われても「そんなことに具体的な方法論があるんなら、こっちが聞きたい」ような気がしてしまい、なかなか手が出せませんでした。

「ひねり」というのが、興味を持たせるとお考えで、その線ではtさんからサタンさんのご解説で、素材を使い切る(勝手に意訳すれば、素材が内包するひねりも自然と含まれて来る)、黒鐘さんからは自分の作品のオリジナリティ(他の作品にないものを作れば、他の作品と比べてひねりがある)ということから、一応の方向性を見出されたようですね。

 辞書で「ひねり」(ひねる)を調べるといくつか語義があり、その一つが「深く考える」。素材を使い切るためには、素材について考え抜かないとできませんよね。あるいは「普通と違う物にする」という意味もあって、オリジナリティの一面を言い当てているような気がします。

 ともかく、一段落したようですから、ちょっと小手先の話を少し。雲鈍さんは「ひねり」に「次を読みたい」と思わせる力を求めてお出でですね。次を読みたくなる要素の一つとして、疑問を解消したいというものがあります。

 読んでいて生じる「これ(←ここ、割と大事)、なんだろう?」ですね。ただ、あれもこれも分からないようでは、かえって「これ、なんだろう?」は生じません。疑問は理解の中の欠けたピースですから。全体が疑問だらけなのは、意味不明であって、興味を失わせるだけです。

 ですので、八割がた分かって、残り二割が分からないようにすることが必要です。そうできれば、せっかく八割分かったんですから、二割を知りたくなります(好奇心だけでなかう、経済学でいうサンクコストがいい形で作動している)。

 ちょっと、シーン例を考えてみます。

「主人公が水のない荒野をさまよい、ようやく井戸を見つけた。時刻は夜で、井戸をのぞき込んでも中がよく見えない。そこで主人公は傍らにあった小石を拾って井戸に落としてみる。
 しかし期待した、ポチャンという水音は返ってこない。小石が硬い底に落ちたカランという音もしない。小石が落下し続けて速度を増したらしく、ヒューという風切り音が聞こえたが、やがてそれも遠ざかって聞こえなくなった。」

 こうすると、自然と井戸がどうなっているか、知りたくなってきます。

(実は上記は星新一氏のショートショートをちょっと改変。原作だと、底なしの穴らしいと思われて、国中の面倒な廃棄物がその穴に捨てられるようになり、廃棄物問題が解決したと喜んでいたら、数年して、最初に穴に投げ込んだ石が空から落ちて来た、で終わる作品です(その後、大量の廃棄物が空から落ちてくると暗示)。)

 ただし、このまま井戸の底を放置してはいけません。とりあえず、井戸の底がどうなっているかは次のシーン(あるいは節、章)で一応の解決をしておきます(例えば、なぜか石が跳ね返って来た→後述する新たな疑問の伏線でもある)。

 ひとまず読者は、井戸の底について何らかの納得をする。しかし、その一応の解決の中に、あらたな疑問(これもやはり全体の二割程度)を生じさせる段取りにします(例えば、井戸から「痛えな、こん畜生!」という声がした→誰だ?)。

 もちろん、続きを読ませたくなる要素はいろいろあるわけですが、個人的には最も使いやすいのが「疑問を少し残す」なもので、これ一つだけ取り上げて説明申し上げてみました。

設定、プロットがありきたりになってしまうことに関しての返信の返信 (No: 9)

スレ主 雲鈍 : 1 No: 8の返信

投稿日時:

ブルース・クリーンさま
コメントしていただき、ありがとうございます。

> ご質問が要は「面白いアイデアを出す方法は何か?」みたいなことで、
有り体にいってしまえばその一言に集約されてしまうかもしれません(苦笑)。
仰る通り、そんな方法があれば他人に話す前より自分で実践しますよね。

> ですので、八割がた分かって、残り二割が分からないようにすることが必要です。そうできれば、せっかく八割分かったんですから、二割を知りたくなります(好奇心だけでなかう、経済学でいうサンクコストがいい形で作動している)。

とのコメントがあり、執筆に即活かせそうだと思いました。つまり、謎だらけ or 既知のことをダラダラと説明する、
というシーンの連続だと読み手にとっては辛いわけですね。少しの謎をエッセンスにして、それを解決させるように物語を運び、最終的にはテーマに集約されるように話をまとめる。言葉にするとそんな感じでしょうか。
それを実践するとなると難しそうですね。なにより、自分の実力不足を痛感いたします。ただひたすら書くのみでしょうか。

お時間を割いていただき、コメント本当にありがとうございました。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

トランスジェンダー(性同一性障害)の女の子×普通の女の子の百合について

投稿者 藍川 回答数 : 2

投稿日時:

はじめまして。藍川です。 小説を描き始めて1ヶ月とたたないにわかです。 タイトルの通り、トランスジェンダー(FtM)の女の子と普... 続きを読む >>

三人称視点 三人称一元視点

投稿者 ルイ 回答数 : 2

投稿日時:

それぞれのメリット・デメリット。教えてください。 三人称一元視点(主人公)で、違う人間、組織を三人称で書いてしまうと、混乱しますか? 続きを読む >>

過去の成功体験を忘れるには

投稿者 bdvxa 回答数 : 3

投稿日時:

数年前ネット場に創作物を上げさせていただいたことがありました。未熟な腕でしたが面白いと言ってくださる心優しい方々もいて嬉しかった記憶... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:設定、プロットがありきたりになってしまうことに関して 投稿者: 雲鈍

初めましてこんにちは。
はじめてこちらの掲示板を利用させていただきます。
さて今回の相談なのですが、プロの方の作品と自分の作品を比べるとどうも「ひねり」が全体的に足りないように感じます。キャラクターにも、ストーリーにも、会話にもひねりが足りてないと思います。つまり、読んでいても読者の想像上であり、吸引力がないというか、「次が読みたい」と思わせる力が弱いと思うのです。
そこで、このひねりというか独自の発想力をつける方法を教えていただけないでしょうか?
また、独自のトレーニングをしている方などが居たら、教えてください。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ