小説を書くのが楽しくなるプロットの作り方/新人賞下読みが回答

サイラスさんの質問2015/01/20

プロットって、どこから作っていけば物語が、破たんせずに作れるのでしょうか?
私は、よく自分の書きたいものから肉付けという形をやっているのですが、最近、あまりいいやり口ではないのかなと迷っています。

●下読みジジさんの回答

プロットの作り方は人によってやりやすい・やりにくいが変わるものですので、正解はないものと思います。
私の場合は、

私は、よく自分の書きたいものから肉付けという形をやっているのですが、最近、あまりいいやり口ではないのかなと迷っています。

まさにこの方式で作ることが多いですね。

1.閃いたすばらしい(と自分では思う)シーンをとにかく書く

2.そのシーンを生かすための世界設定や状況設定を考え、ストーリーラインを敷き、必要数の伏線を植える

というふうに逆算していきます。
この方式のメリットは、自身にとって最高のシーンが先に存在し、それを盛り上げるために準備していくことになるのでモチベーションがしぼみにくいことです。