読者に受ける流行ネタばかり書いて嫌になる。答え。並行して書きたい小説も書く

小間さんの質問 2017/10/13

読者に受けるネタをリサーチし続け、キャッチーなものを執筆し続けると、実力が落ちるのでしょうか?

こういったものを書き続けている自分が、工場の機械のように思えてしまい、私の小説が読みたいのではなく好きなネタがあるから読みに来ているという気になります。

読者の好みや思考を把握してそれに沿ったものを作り続けていると、どうも創作をしている手ごたえを感じません。

勿論テンプレート通に自分の嗜好や、やりたいことを流し込んでいるんですが、どうもその辺りの要素をスルーされている気がします。
結果として似たようなものを量産することになりますし、創作能力を問われていない気もしますし、むしろ少しづつ落ちていく気がしています。

下読みジジさんの回答

これも考え方ではありますが、読者のニーズに応えることは、創作制作関わらず重要かと。そしてそれは筆力以前の問題で、「まず読んでもらう」ための第一歩にすぎません。

ただ、それをして書くことが苦痛になるのであれば、他者の目を振り切って、本当に書きたいと思えるものだけを書くべきですね。もちろん、それによって評価が得られなくなる危険は承知しておかなければなりませんが。

もう少し無難なところで収めるなら、評価を受けているジャンルと並行して他ジャンルの作品を書く――になります。