創作支援

コラム

小説の書き方講座:9つのアイディア発想法。人気作家の創作方法

上から効果的な順に並んでいます。 アイディアとは既存の知識の組み合わせから生まれる。たくさんの小説、漫画、映画、ゲームシナリオに触れて、ネタの引き出しを増やしておきましょう。 (インプットが最重要) 散歩しながらアイディアを練...
コラム

おもしろい小説を書くコツ。人気が出てもいい。出なくてもいい。と心の余裕を持つ

失敗してもOKと思うと成功率が高まる 企業研修講師の岸 英光さんによると、トップセールマンは共通した価値観を持っているそうです。それは「売れなくてもいい」「売れてもいい」というもの。つまりは、失敗を許容しているということです。 作家デビュ...
コラム

村上春樹は午前4時に起きて夜に仕事はしない。サーカディアンリズム。創造性が最も高まるのは午前中。

サーカディアンリズム。朝から昼にかけてが脳の活動のピーク 南オーストラリア大学のドルドーソン氏の研究によると、朝に行うと15分でできる作業が、昼にやると30分かかり、夜になると2時間もかかるそうです。 人間は原始時代、...
コラム

小説を書き続けるコツ。原稿を一行書けたらゲームを一時間して良いというルール。

発想の最大原動力は締め切り 甲賀忍法帖などで知られる作家の山田 風太郎は「発想の最大原動力は締め切りである」と語っています。 約束した以上は書かねばならないという切迫感から、アイディアが出てくるそうです。フリーランスは...
コラム

LINEのキャプチャ画像の無断転載は著作権侵害!小説にメール、LINEのやり取りを無断転載してはならない。

LINEやメールのやりとりを相手の許可無く、Twitterにアップしたり、小説の中で使用するのは著作権侵害となります。実際に、出版された小説の中に作家・三島由紀夫の手紙を無断で掲載したとして、訴えられた事例があります。 三島由紀夫...
コラム

小説を書く目的の重要性。欲しい物が明確な人は幸せ!

プロだから偉いということはない。創作の目的が異なるだけ。 趣味で楽しく小説を書きたいのか?プロになりたいのか? は、はっきり決めておいた方が良いです。プロ作家に対して劣等感を抱く人は多いですが、プロだから偉いということ...
コラム

型破りな発想をするための7つのエクササイズ

失敗を恐れない 作家デビューした人が一発屋で終わる原因の一つは、次に書く小説も必ず書籍化されなくてはならない、というプレッシャーがあるからです。 アメリカで行われた実験によると「人は成果を求める欲求が強まると、失敗を恐れて創...
コラム

一年生から原稿がお金になることを体験する驚きの仕組み。卒業生の合計出版点数が630冊突破したアミューズメントメディア総合学院の作家育成ノウハウ!

(注・AMGとのタイアップ記事です) アミューズメントメディア総合学院(AMG)の小説・シナリオ学科は、所属する学生の半数が5年以内に本を出しており、卒業生の合計出版点数が630冊突破したという実績を持つ、日本で一番の総合クリエーター学校...
コラム

読者が増える!小説の宣伝の重要ポイント2つ

人気のあるプロ作家は「おもしろいから見てね」と小説を宣伝します。アマチュアは「つまらないかも知れませんが見てください」と宣伝します。「読んでもらうという高いハードル」をクリアするためには、前者の方が効果的です。「自信がない=つまらない」と...
コラム

アイディアを生み出しやすい3つの場所。トイレ・風呂・ベット。ここにメモ帳を置こう!

古来より、人がアイディアを生み出しやすい場所が3つあると言われてきました。 トイレ風呂ベット の3つです。メンタリストDaiGoは精神が安定していてリラックス状態にある人は、良いアイディアを見つけやすいと語っています。これらの...
タイトルとURLをコピーしました