創作支援

ストーリー

小説の書き方。他人の意見を聞かない作者は成長しにくい。意見をもらおう!

『頑固な人は伸び悩みますね。 (中略) 「そうじゃないですよ」と教えても思い入れが強い人は「そこを直すと自分の作品じゃなくなる」といった主張をします』 by脚本家 加藤正人 書籍『脚本家という仕事』より引用 プロになれたのは...
コラム

創作講座。パクリ叩きの9割は嫉妬!盗作と創作活動の違いとは?

スルーして良い2つの批判 オリジナリティがない パクリ 実はこの世のすべての作品に言えることです。他の何かを参考にしていない物語は存在しません。 なので根拠のない叩きによく使われます。...
コラム

小説投稿サイトの攻略方法5つのコツ。読者は新着とランキングしか見ない

新着一覧に小説が掲載されている間に、おいしさが一言で伝わるタイトルで読者をひきつけます。 冒頭で、そのおいしさをすぐに提供し、繰り返し同じおいしさを読者に提供することでランキングを駆け上がることが、大勢の人...
コラム

ラノベ市場の未来。漫画の原作供給源となる。誰でも小説をお金にできる

ラノベは漫画の原作供給源となって残る ラノベの市場は年々、縮小傾向にあります。 ただ、ラノベが消えることはありません。 漫画の原作供給源としての役割があるからです。 漫画は一作描くのにアシスタ...
コラム

小説の書き方講座。小説が書けない場合の9つの対処法

●小説が書けない場合の9つの対処法 名作に触れて感動する 書きたいシーンを先に書いてつなぎ合わせる 褒めてもらう ファミレスで書く(場所を変える) 一日一行を目標にする。習慣化 うまく書こうとしな...
コラム

小説の書き方。2万文字を書いた時点で挫折するのを防ぐ3つのコツ

創作初心者に話を聞くと、2万文字ほど小説を書いた時点で、おもしろいのかどうか自信がなくなり挫折するというパターンが多いです。 ●対策 2万文字を書いた時点で自分より実力の高い人に読んでもらう。おもしろいと言われれば自...
コラム

小説を書く時間を作るプロ作家の方法!通勤電車でスマホで初稿を書く

会社員として働きながら、年間、3,4冊も小説を出版している兼業作家さんに、どうやって小説を書く時間を捻出しているのか聞いたところ、 通勤電車の中でスマホで書いています 荒くスマホで初稿を書いて...
コラム

なろう小説を書くと鬱が治る!作者が得る快感は読者の10倍。なろう小説セラピー

なろう主人公を自分だと思って投影し、周りのキャラからすごい、すごい、と褒めさせ続けると、鬱になりにくくなります。また鬱が治ります という話を聞きました。 これ本当だと思います。 作者...
コラム

怪談小説の書き方。人が恐怖を感じるのはどんな時?AMG小説・シナリオ学科文芸小説専攻を取材しました。

(AMGとのタイアップ記事です) 児童向け小説ってどうやって書くの? 怪談小説ってどうやって書くの? 文芸小説の書き方をちゃんとした先生に教えてもらいたいのだけど、どこに行けば良いの...
コラム

小説の書き方。なぜ1作品にこだわる人は作家デビューに失敗するのか?

【次回作こそ最高傑作と自分を信じられる人が成功する!】 「あなたの最高傑作を教えて下さい」 「次の作品ですよ」 映画監督チャップリンの84歳時のセリフ プロ作家デビューが早いのは、次々に新作を書く人です。 逆に1つの作品にこだわって、何...
タイトルとURLをコピーしました