小説の書き方。「欠点がある=伸びしろがある!」プロ作家の共通点とは?

この記事は約3分で読めます。

プロ作家になれる人の共通点。アドバイスを素直に聞く! 欠点がある=伸びしろがある!

欠点を指摘されても心が折れないこと、諦めないこと。
そしてただ書き続けるのではなく、自分に必要な技術、足りない要素は何かを理解し、それを勉強して掴むことが小説家に必要な要素だと思います。

以上は第32回ファンタジア大賞で金賞を受賞した永松洸志さんの言葉です。

自分の好みを人気小説に染めていくことができれば最高!ラノベ作家・永松洸志さんに創作に関する18の質問
この度、第三十二回ファンタジア大賞にて『闇堕ちさせた姫騎士に魔王軍が掌握されました』という作品で幸運にも金賞+石踏一榮賞をいただいた永松洸志です。未熟が服を着て歩いているような自分ですが、よろしくお願いします。(AM...

【欠点がある=伸びしろがある】と考えるのが大事。

私の知り合いの編集者さんによると、プロになれる人の共通点とは「アドバイスを素直に聞くこと!」

スポンサーリンク

プロ作家になれる人の共通点。アドバイスを素直に聞く!欠点がある=伸びしろがある!

小説の書き方講座。「欠点がある=伸びしろがある!」プロ作家の共通点とは?

ラノベ作家の蛙田あめこさんは、以下のように語っています。

プロになれた理由をあえて挙げるなら、「素直だったこと」だと思います。

色々な方のアドバイスを、とにかく早くデビューしたいという気持ちで何でも取り入れました。

投稿サイト「小説家になろう」様を経由してのデビューですが、2年前に一念発起したときには、いわゆるなろう系を自分が書くなんて思っていませんでした。

実は、「なろうで書いてみては」というのも師匠や仲間からのアドバイスでした。

小説を書く上で大事なのは読者(自分も含む!)への「サービス精神」ラノベ作家、蛙田あめこさんに創作に関する18の質問
Q0:自己紹介をお願いいたします。蛙田あめこと申します。 2019年2月25日発売『女だから、とパーティを追放されたので伝説の魔女と最強タッグを組みました 』(オーバーラップノベルス)が、第5回オーバーラップWEB小説大賞で奨励賞...

他人にアドバイスを求める場合は、できれば、あなたより実力が高い人にお願いしましょう。

特に実力がある作家さんからアドバイスされた場合は、例え、あなたの価値観や常識に反していたとしても、受け入れたほうが良いです。

実際に、トップクラスの作家さんに教えを請い、そのアドバイスを素直に実践したことで、「小説家になろう」で1万3000ポイント以上を獲得した人を私は知っています。

その人は以前は、100ポイント程度しか獲得できなかったので、いきなり100倍近くもポイントが取れたことになります。

また役立つアドバイスとは、

●●の部分が悪い。
なぜならテンプレから外れているから。
これをやって次巻の売り上げが落ちた作品があるから。
これをやって書籍化された作品はないから。

など、しっかりとした根拠のある物です。

ダメな理由を言わないで、ただダメと言うアドバイスは役に立たないので無視してください。

アドバイスをお願いできるプロなんていないよ! という方は、ぜひ私が運営している小説家オンラインサロン「エンタメノベルラボ」に入ってください。
担当した作品の累計発行部数800万部超えの凄腕の編集者さんからアドバイスをしてもらえます。

良いアドバイスをもらうための2条件

  • アドバイスはあなたより実力が高い人に求める。
  • 理由を言わず、ただダメだと言う人のアドバイスは無視する。
    良いアドバイスとは、しっかりとした根拠のある物。
タイトルとURLをコピーしました