小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

能力バトルの筈が脳筋になりがちの返信

元記事を読む

能力バトルの筈が脳筋になりがち(元記事)

一応は能力バトルを書いていた筈が、どうも自分が優遇しがちなキャラというのがどの作品でも似通ってしまっている事に気付きました。
「そういう作風」と言えばそれまでですが、その対象のキャラクターが「理屈抜きのフィジカル特化タイプ」または「格闘主体のマッチョ」である事が多々あり、我ながらワンパターンにも見えてしまって少し気にしています。

例えば以前のスレッドで話題にした転生者vs転移者においては、転移陣営で魔法少女の次に存在感を持たせていたのが(魔法少女よりはまともという事情もあって)刃牙やケンガンアシュラの文脈の格闘漫画らしき世界から来た格闘家の男で、さらに彼には転生陣営に「攻撃力チートによって下手な魔法や武器が必要ない武闘家の男」という専用のライバル枠を用意し、この二人がガッツリ雌雄を決する回まで設けた位です。

この上で小説家になろうでやろうとしている話の主人公でありその世界の「隠しボス」とした人物の能力も、スキルは全て耐性のみで魔法の類は波動拳のような小技しか使わない、話の進行に合わせてちょっとずつリミッターを外していく格闘メインのキャラという造形でした。
彼に関しては豪鬼や神咒神威神楽の第六天波旬がイメージソースだったのも大きい要因ではあります。

他、過去に書いた物にもあと三作くらいは「力こそパワー」がコンセプトの範馬勇次郎もどきを最強格に添えた事が多々あります。

逆にこういうアプローチにならなかった「最強キャラ」というのが『「Sanチェック」が必要か』で話題に出した全能の神というそもそも規格外の存在か、それ抜きでも同作ヒロインの姉(マイクロブラックホールの出現や隕石の召喚を行う)くらいでした。

ひとえに範馬勇次郎や第六天波旬の「誰にも負けないフィジカルがあれば小難しい技や能力は不要」「どんな能力もゴリ押しがすれば無問題」というコンセプトに感銘を受けたのが発端で、大抵この手のキャラを使う時は絡め手を使う敵を正面突破するカタルシスを心がけてはいます。
ただちょっと使いすぎていい加減この思想から脱却した方がいい気がしています。
何か違う角度から強さを演出できないでしょうか。

能力バトルの筈が脳筋になりがちの返信

投稿者 あまくさ 投稿日時: : 0

バッキーさんは、筋肉ゴリ押し型のキャラが好きなんだろうと思います。
それを押さえた上で、「そのキャラは読者にも受けていますか?」とまず質問してみます。

A)受けている
作者が好きで読者にも受けているなら、それはバッキーさんにとって強力な武器と言えます。ワンパターンになっているのではないかという懸念は正しい問題意識ですが、変化をつけることによって武器の威力を弱めてしまうこともあるので、注意が必要です。
なので、この場合は迷わず貫く方がよいのではという意見になりますが、それでも変化をつけたいということなら、後述する(A-1)に進んでください。

B)まったく受けていない。
この場合は残念ながら単なる独りよがりになってしまっている可能性が大です。なぜなら、同じパターンで受けている既成作品があるわけなので、それとどこかが違っていることになります。原因として考えられるのは、

B-1)作者の技術不足

B-2)作者がそのタイプのキャラの魅力について、何らかの勘違いをしている。

B-3)作者の技術や方針は間違っていないが、残念ながら時代に合っていない。

(B-3)の可能性もあるので、簡単に諦めてほしくはありません。しかし、そうにしても受けている既成作と何かが違うことは明らかで、かつ(B-1)(B-2)との区別もつきにくいので、既成作との違いがどこにあるのかを分析して熟慮することをお勧めします。

C)まったくではないが、いまいち思ったように受けない。
十分ではなくてもある程度は受けているとしたら、基本的な方針は間違っていないのだと思われます。考えられる原因はBと重なるでしょうが、

C-1)他の要素との組み合わせが悪く、魅力が中途半端、または埋没して伝わりにくくなっている。

なども考えられます。
例えば筋肉ゴリ押しチートキャラがいる一方、頭脳派キャラもいて、ストーリー的にどちら推しなのか分かりにくい場合などです。対極的なキャラが居ること自体は問題ありませんが、位置付けがはっきりしないと問題。
解決する方法としては、思い切って一方を引き立て役にしてしまうか、対極キャラをガチでぶつけて優劣はいかに?をテーマそのもにするか、など。コンセプトをしぼり、何を目指す物語なのかを明確にすると良いと思います。

A-1)
繰り返しますが、Aであれば基本的には問題ないわけですよね。
作者が好きなことを書くのは勢いと魅力につながるので、悪いことではありません。注意点は独りよがりの回避ですが、読者に受けているならそういう問題も薄いと言えます。
しかし、そればかりだといつか行き詰まるから変化をつけたい、ということもあるかと。
その場合の考えられる方策をいくつかあげるなら、

A-1-a)能力に制限をつけて、時には苦戦させる。
この策はチートキャラを使ってストーリーを盛り上げる定番かとは思いますが、バッキーさんのキャラは問答無用で何でも強引に突破してしまう爽快感そのものが肝なのでしょうから、弱点をつくるという常道があまり有効でないことも有り得ます。ヘタするともっとも大事な魅力の核心を殺してしまう可能性があります。

A-1-b)キャラの役どころを変えてみる
そのチートキャラを脇役にして、普通の困難克服型キャラを主人公に据えてみるのも一手かなと。この場合、主人公が脇役のチートキャラに食われてしまわないように十分に活躍させる工夫は必要です。
例えば悪役が極端に卑劣な罠を仕掛けてくるなど、主人公独力では切り抜けられないと読者を納得させられるような大ピンチを作り、そういう場面で手助けしてくれる役割をチートキャラに託します。そしてストーリーの最終的なクライマックスシーンでは、主人公自らに難局を突破させるようにします。
好例としては、劇場版『銀河鉄道999』の宇宙海賊キャプテン・ハーロック。無敵級のチートキャラですが、最後は主人公がもう一人のチートキャラ・メーテルも助けて活躍する素晴らしい脚本でした。

カテゴリー : キャラクター スレッド: 能力バトルの筈が脳筋になりがち

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「能力バトルの筈が脳筋になりがち」の返信一覧

他の相談一覧

出番を引っ張れる悪役の所作

投稿者 パクトボー 回答数 : 8

投稿日時:

前提として、いわゆる「チート主人公」ものの話です。 派手に戦ってスカっと爽やかな気分を提供するこういった作品において、「とどめをさ... 続きを読む >>

戦記物を読んで思うのですが

投稿者 読専 回答数 : 7

投稿日時:

私は戦術や戦略を練って実行する描写が好きなのですが、なろう系統における戦記物の流行りを読んでいるとチートを使って無双したり、付け焼刃... 続きを読む >>

設定を盛り込みすぎました。

投稿者 おちょこ 回答数 : 13

投稿日時:

今2つプロットを作っているのですが、設定盛りすぎかなぁと迷っています。 キャラクターのことなど込々で色々質問してしまうのですが、一... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ