小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか? (No: 1)

スレ主 おとうふらいたー 投稿日時:

学校で嫌がらせをしてきている人の名前を悪役として登場させて、殺そうと思っています!(^^)
名前の読みを同じにして漢字を変えようと思っているんですが、アリだと思いますか?

カテゴリー: その他

この質問に返信する!

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信の返信 (No: 11)

投稿者 サタン : 0 No: 3の返信

投稿日時:

大野さんのレスを読んで確かになと思ったので、ちょっと追伸。
私が軽く「やったらいい」と回答したのは、キャラに感情移入するではなく作者が感情を乗せてキャラを書くというのも何かしらの発見があって良いだろうと思ったため。
ただ、悪感情は正直書いてて楽しくないししんどいから、やったところで次もまたやろうとは思わないハズ。

でも一方で「悪い事・嫌な事」というのは進んで想像したくないもので、嫌いな人を登場させそのキャラの嫌な人物像を描写するとき、スレ主さんは「新しく嫌な事」を想像せずに「自分の経験」から嫌なエピソードを引き出すと思う。
自分の経験をエピソードにするってのは、不思議なもので「楽しかったこと・好きな事」の場合は自分の趣味を赤裸々に白状してるようで恥ずかしいと考える人が多く、創作で自分をさらけ出すことがなかなかできなかったりする。
ところが「嫌な事」だと前述したように新しく想像したくないのでスルッと出てきて書けちゃったりする。
この「自分の体験をエピソードにする」って感覚はとても大事なもので、一度書ければ自分の人生の時間分のネタが使えるようになるから、一度くらいはやってみたほうがいい。
その糸口として「嫌いな人物を小説に出す」というのは悪くないと思うし、これくらいの事には役立ってもらおう。

ただ、最初に書いたけども大野さんの言葉ももっともだし、嫌いな人の本名まんまでやる必要性はないだろうなと思う。

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信の返信の返信 (No: 15)

スレ主 おとうふらいたー : 1 No: 11の返信

投稿日時:

ありがとうございます! 確かに、スムーズに発想できるようになりそうですよね。
個人的には、嫌な人をリアリティーを伴って表現するためにネタとして昇華しようと思っています。名前は結局、良いアナグラムを見つけたのでそれで書くことにしました!
私は今、書いてて楽しいです。なぜなら、「調子乗ってるけど、コイツボコボコにされるんだよなぁw」と思いながら書けるからです(^^)

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信 (No: 5)

投稿者 大野知人 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

 作品としてはともかく、人間的にはオススメしない。

 人にもよるけど、『小説で具体的な方法・描写を書いた』分だけ、その相手への憎しみと害意が増える事になるから。

 相手が同じクラスの相手じゃなくて、簡単に縁を切れるネット上の相手なら構わないけど、同じクラス・学年である以上『やむを得ない関わり』が続くんだから、害意を無意味に増やさない方が良い。
 一回やってみて、さっぱり満足するならいいけどね。

 やらかすことはないと思うけど、『やらかしたいのに、小説の中なら好きにできるのに』って自分の中で強迫観念が出来ちゃうこともあるから、一回やって満足できなかったらそこでやめといた方が良いよ。

 後はまあ、めっちゃ消耗するから無理にとは言わんけども、リアルの方で対処しなさい。

 ナニ学校か知らんけども、二十代前半までに出てくる嫌がらせは『なんとなく嫌がらせがしたくてやってる』だけだから、良くも悪くも主義主張がない。
 そういうものがない人間は、ごく合理的な対応にクッソ弱い。つまり、大人や保護者が出て来るアレだ。

 『いじめっ子からの復讐が怖い』という件については、実は大部分これで解決する。結局のところ、『まあ怒られないだろう』というで『コスパの良い娯楽』として嫌がらせをしているので、『そこそこの痛手を負う』と損得が釣り合わなくなるのでイジメなくなるのだ。
 そうじゃ無い場合、そいつらはマジでヤバい人間なので親や教師に無理を言ってでも距離を取れ。でもって、マジでヤバい人間の場合放置してもどうせエスカレートするから、一回反撃しときなさい。

 その②。学校でいじめを見逃す大人の大半は『責任』というわけのわからない物にクッソ弱いし、校内で立場の違う複数の教員(担任・教務・教頭あたり)を巻き込めば、『足並み揃えてそっぽを向く』事が難しくなって対処せざるをえなくなる。(つまり、誰か一人でもまともに対応した時、自分に責任のしわ寄せがくる、と危惧するわけだ)

 最後に、『大人を巻き込んだら、その後の周囲からハブられそうで怖い』とか『そもそも仲の良い教員がいない』という事について。

 めっちゃわかる。

 ただまず言っておくと、『せんせーに言い付けやがったー』程度の事でハブってくる奴らはロクな人間ではない(現時点では。将来に期待)
 でもって、そこそこ大っぴらに嫌がらせをしてくる人間は最終的にクラス全体を巻き込んでイジメに来るし、そうなると周囲の人もまあ委縮して黙るから、結果的にはそう変わらん。
 そして、クラス規模のイジメになるまで黙ってるような連中は、いじめっ子が叱られて静かになった場合、多分そんなに気にしない。だって関心がないから。君にも、いじめっ子にも。

 仲の良い教員がいない問題についてだが。これについては頑張れとしか言いようがない。ただ、教師だろうが人間なので話せば案外通じたりする。
 個人的な独断と偏見を言えば、『スーツの上から何か羽織っている、社会・国語の教師』を狙うといい。
 社会科・国語科の多くは『なんかやりたかった気がするけど、専門分野で職を掴めなくてとりあえず教師になった』人間で、大半が趣味人か善人だ。
 多少話を聞きつつ、こっちの目的を言えば案外通る。

 最後に、いじめがエスカレートするとどうなるかについて語ると、『昼休憩が始まるとすぐに体格のいい運動部数人に捕まれて教室の外に投げ出され、ついでに鍵を掛けられる』『それを予測して弁当箱だけひっつかんで逃げようとすると、追いかけられ、小銭や消しゴムを投げつけられる』『旧校舎や便所飯は効果ナシ。変な所ですわって飯を食う羽目になるから、仇名が「地蔵」になる』『当然だが、五時限目ギリギリに帰ると、机が荒れている』辺りまで行くぞ。

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信の返信 (No: 6)

スレ主 おとうふらいたー : 0 No: 5の返信

投稿日時:

不思議なんですが、そのままの名前ではなくアナグラムで並び替えた名前の方がすっきりした気持ちで小説を書けることに気づきました!
小説の中で苦痛の限りを味わわせようと思います(^^)

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信の返信 (No: 16)

スレ主 おとうふらいたー : 0 No: 5の返信

投稿日時:

ありがとうございます!私はそういう目に遭ったことはないんですが、アドバイスにはどこか懐かしさを感じました(笑)
まぁ大学院生なのでそういうエスカレートの仕方はしないと思います。

嫌がらせをしてくる人の小説を書いていて不快に感じたことはないですね。多分「アイツは俺が裏で小説のネタにされてるとは思いもしないだろう」という優越感と、「コイツ、調子乗ってるけどめちゃくちゃにkoroされるんだよなぁw」という期待感が勝るからだと思います(笑)

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信 (No: 7)

投稿者 奥 義 得 人 素人 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

やめとおきなさい
そんな八つ当たりで作品内で嫌いな奴を殺しても現実に反映しない無意味な行為
自分が書く作品のために高めた力を汚す行為ですし
書くなら自分の中の正当性に後ろめたさも力の無駄遣いもない作品が書いていて気分がいい
自分高めた作品を憂さ晴らしに使って何度嫌いな奴を殺しも現実の嫌いな相手は死ぬわけないんだから書けば書くほどむなしくなんで現実の奴はここまで作品で殺して死なないんだという気持ちにしかならないですし
そんなこと続ければ作品を書く面白さだって現実に反映なんてするわけないし心の底でいやというほど理解して作品を書く楽しさたって減らしかねませんよ
作品を書く力は自分の中に作品としての面白さに正当性に後ろめたさのない内容と敵味方の作品の対象とうキャラを作りかくから書いていて敵と主人公がどんな目にあっても書いていた楽しいのです
そこに憎いやつを登場させてコロス憂さ晴らしなんてもちこんだら本当の意味で面白く作品か書き続けられませんよ
プロになりたいとかプロとして長く書きたいなら私なら冗談でもそんなことはお勧めしませんよ
力は自分の中の正当性に後ろめたくなく気分よく使うそれは作品の力も同じ
気分よくかけたほうが趣味にせよプロを目指すにせよ長く続ける可能性は高まる
まあこれから趣味として長く書かないとかプロを目指していないならやればいいですが
せっかく作品を書くなら評価されなくてもプロになれなくても最後まで気分よく楽しく書けた方が筆をおく折ったとき書いていたいい思い出になりますよ
仮に嫌いな奴を作品で殺した思い出なんて恨みさえ返せていない不毛な無意味で思い出すことにいやなことしかない黒歴史の思い出筆頭です
多くの人は書いてどうなろうと昔作品を書いたことをいい思い出にしたほうが絶対いいですね
こういっては誠ながら悪いと思いますが仮にもプロの人が冗談でも進めるようなことではありません
文章のプロが軽々しく自分の仕事を他人とはいえ軽々しく文章を汚するもの進めたものお互いに得もない不毛な思い出の生産に後押しなんてするものかね
まあ素人の私が言うことでもないけど
私とは違う理念の物書きなのですね

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信の返信 (No: 8)

スレ主 おとうふらいたー : 0 No: 7の返信

投稿日時:

長文のコメントありがとうございます!
私は、作り込まれたキャラクターには魂が宿ると思っています。私に嫌がらせをしてくる人のことは嫌いですが、その人にも事情があると思うんです。
だからそういう事情を想像して、キャラに落とし込んで魂を与えています。
確かに執筆中は嫌な気分になることもあるかもしれませんが、実際に主人公は私よりもっと嫌な気分を味わっているはずです。
私は、登場人物たちの感情を受け止めながら執筆しようと思います。

問えば性格や性格 (No: 9)

投稿者 奥 義 得 人 素人 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

作家として嫌いな相手にその行為を返したいと思うならそんなあからさまでなくその性格をキャラにつけたりやられたことと同じようなことを状況と設定を変えて完全に自分の作品の一部にして殺すなり苦しめるなりしないと
不毛もいいところです
これならある意味きらいなあいてを作品内で気兼ねなくいのままに操り不幸に合わせる作家としての面白さの正当性に後ろめたさのない作家としての恨みの返し方ですし書いていて気分よく不毛ではない
それに名前ややられたことをその本人に容易くわかる程度の変換で作品にすればばれてさらに悪化する危険性もあるのでそんなことをするなら徹底消臭は当然ですよ
つまり自分作品でそいつではないと思わせる内容にしろということです
それでその作品を本人に見られても本人に気付かれないなら作家力でそいつを欺き作品内でそいつをもとにしたキャラをぞんぶんに苦しめた作家としての勝利といえます
まあしかしあえて見せろというわけではありませんのであえて見せないようにこれは仮に見せた時の一つの可能性の話しですよ
きづかれる可能性も大いにあります
あからさまな変換は作家としての勉強にも大してなりませんしそれではたたせ不毛な黒歴史になる可能性が高いです
恨みさえ作家力に変えるのがプロアマ問わず作家としてあるへき姿勢と私は考えています

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信 (No: 12)

投稿者 奥 義 得 人 素人 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ですので
作家として作家の領分の世界で上に立ち作品内恨みを返すほうがただそうありたいといやな気分を感じながら報復という意図の作品を作り自分でも大きな意味を感じられないという不毛な作品になるよりも書く側にプラスがありますよ
作り込まれたキャラクターには魂が宿るというならその創造主に不毛なものしか残せないとなるような作品だけは魂の宿ったキャラクターもかわいそうですよ
ですからそのようなことをするならせめて書く創造主が確かなプラスを拾わないと魂の宿ったキャラクターはただの私怨で作り出されひどい目にあわされただけなにも誰しも救えとは言いませんが作品一部キャラクターとして作品としての役割の本文面白くすることに貢献するか今後のその生み出す面白さの糧とならないとその不幸は浮かばれず創造主も魂の宿ったキャラクターもたいした得はない両損の不毛なことなのでここをよく理解して書かないなら最悪かいて書き終わってろくなことが残らないかマイナスしか残りませんよ
出発点が恨みなのでそうなる可能性も大いにあることですよ
恨みを忘れて作品を書けという聖人めいたことは言いません
恨みがあるならプロアマ問わず作家なのだからその筆に恨みを載せ恨みを御しきり意図的にその感情の上に立ち筆に乗せて作品を書きそのうえで作品の中で恨みを返すべきなのです
恨みながされて作品を書いても引っ張られて気分良く書けやしませんからね
せっかく作品を書き作品内で恨みを晴らすなら気分よく書いて作品内で完全勝利すれば現実の相手に何も起こらなくても作品内で完全勝利できたと作品での本当の意味の憂さ晴らしができますよ
そこに恨みに流されていたら気分よくかけず作品内は私怨に引っ張られた内容となり作品内で完全勝利などできやしませんよ

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信 (No: 13)

投稿者 奥 義 得 人 素人 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

失礼しました
確かにそういわれても
作嫌いな相手なら品内でそういうことはしたくなりまよね
言葉が過ぎましたね
ではこれ以上は言いません
私は書いていて損のないことを言いたかったのですが少し言葉が足りなかったようですね
そのような行為も選択の一つですね
今後は選択の幅を津布武さないようしないと反感を持たれそうですね
また一つ学べましたありがとうございます

嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか?の返信 (No: 14)

投稿者 奥 義 得 人 素人 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

これ以上返信しないととましたか方法論も示さないままこの質問からさるもの無責任なのてうらみを作品で晴らしつつ私怨にひっぱれす作品を書く一つの私なりの一つの方法を提示します
今作ったノープランの即興の内容なので参考程度ですが
例えばいじめている相手が嫌いで作品中で殺すなら作品としての面白さの演出展開にあてはめまずその立場からの転落とそのあとのそれまでの悪行が自分に返ってくる展開を用意してストーリーに組こみ絡める
そして転落してひどい目にあってとんでもない事件を起こし作者を重ね合わせたキャラがそれを解決しにくい相手は皆からさげすまれ嫌われ作者を重ね合わせたキャラは人気者に早変わり立場が逆転したどころか恨み倍返しののち作者を重ね合わせたキャラは倍の利益
たちばを完全に失った嫌い相手は今までの報復で恨まれている奴に殺されるラスト
だれもそれをかわいそうとも思わない嫌いな相手の最後を与える
こんな感じの構図をイメージしてストーリに絡め作品として面白さを成立せせればいいのです
恨みはこのラストの構図につなげる書く原動力にすればいい
書いているときは作品内で確実に成功する嫌いな相手への最上級の報復と思えば恨みたって作品を書く力には変わるでしょう
後世界観とか設定で嫌いな相手の転落凶行を大きくすればさらにそれは光る
例えば嫌いな相手を模したキャラが転落してひどい目にあいその逆恨みの憎しみで魔王を復活させ取り込まれてしまう
危機に落ちつぃた世界に作者を重ね合わせたキャラが立ち上がり仲間とともに魔王と化した嫌いな相手を倒す
嫌いな相手は世界の憎むべき敵と歴史に名を刻み作者を重ね合わせたキャラは世界を救った英雄と歴史に名を刻み伝説して長く語り継がれたたえられ今までの苦労が何十倍何百倍で報われるその苦労に見合てうふさわしい結果となる
そして嫌いな相手が隠していた全ての悪行が白日の下明かされ嫌いな相手の家はつぶされ嫌いな相手は知人親戚両親兄弟からも憎悪される結末
ここまでやれば流石作品で憂さ晴らしはできるでしょう
最初に恨みをはらす前提だと作品としての面白さより恨みを晴らすことが優先され魂の宿ったキャラクターが作品内の面白くするという役割が存分にはたせず
作品として面白さは二の次という魂の宿ったキャラクターがそれに巻き込まれ不幸苦労のし損となりかねませんからね
せっかくキャラに自分を重ねて嫌いな相手を殺すことつなげげるなら最高のシュチレーション状況演出展開でそれまでに盛り上げて立場逆転して嫌いな相手を劇的に追い詰めて殺すほうが作品としても書いている作者としても確実に面白いでしょうね
こっちのほうが憂さ晴らしてとしても上といえますし
そこに作品としての山あり谷ありの苦労や見せ場活躍というその系統の作品としての恨みの報復以外の面白さのある展開演出を適度に絡める
つまり嫌い相手への報復展開を作品という面白さの演出展開の一部として考えてはめるのです
これなら恨みがあって書いても作品としての面白さの基本の形と面白さは追及できる
では本当にこれで返信は終わりにします
これは一つの方法なので参考程度に長々と説教失礼しました
でわさようなら
まあ当たり前すぎたらすいません
私の力不足として目をつぶってもらえると幸いです

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

ゲームシナリオの一人物に転生するタイプの物語を書いている人に質問したいです。

投稿者 ソラナキ 回答数 : 1

投稿日時:

そういうのを書くときは、元のゲームシナリオも詳細に作るのでしょうか? 自分は今、現代日本人が古代中華もののギャルゲーの主人公の弟に... 続きを読む >>

中華風ファンタジーでの「タイムリープ」ネタについて

投稿者 ドラコン 回答数 : 5

投稿日時:

 ドラコンです。    下記スレッドで質問した、「皇帝と皇后が御召列車で、想定チベットの聖地巡拝する話」の追加質問となります。な... 続きを読む >>

物語の終わり方と受けるか否かについて

投稿者 雨降り 回答数 : 6

投稿日時:

はじめまして、雨降りと申します。 私は今現在SF要素(未来や過去、並行世界など)を混ぜ込んだラブコメを書いているのですが、物語の終... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:嫌いな奴を小説に登場させて殺すのってありですか? 投稿者: おとうふらいたー

学校で嫌がらせをしてきている人の名前を悪役として登場させて、殺そうと思っています!(^^)
名前の読みを同じにして漢字を変えようと思っているんですが、アリだと思いますか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ