小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

簡単に出来ません。 (No: 1)

スレ主 迷える狼 投稿日時:

最近(?)、主人公がラノベ作家(あるいはもどき)という設定のラノベ原作のアニメが放送されたのですが、私的に許せない事があります。

それは、文字通りライトノベルが軽く見られる様な描写がある事です。

例えば、劇中で10話分くらいを一気に投稿サイトにあげて、「いつ書いたの?」「今書いた」とか、「33話NEW!」「34話NEW!」「35話NEW!」みたいに、もの凄い勢いでアップし続けたり、分厚い原稿の束の新作1本を一から書いてたった一晩で仕上げる様な事をしたりという、「この人(原作者)は本当に作家なのか?」と思える様な事を平気でする事です。

小説って、そんな簡単にホイホイ書ける様なもんじゃありません!」

一体、この作中のキャラクターは、どれくらいの速度で原稿(作品)を書いているんですかと。

私は、賞の応募をするのに締め切りに迫られて、1日で最高(応募規定のA4で)27枚書いた事がありますが、それだって火事場の馬鹿力みたいなものであり、こんな無茶がいつも出来る訳ではもちろんありません。

それを、いとも簡単に次々と書き上げて行く作中のキャラクター達には、とても腹が立ちます。
原稿をまるで、判で押すみたいに量産していく様は、ラノベ自体が簡単に出来るかの様な誤解を招きかねないと危惧します。
今は乱発によって、ただでさえラノベ自体が軽く見られているのに、何も知らない人からみたら、

「な~んだ、やっぱりラノベって簡単に出来るんだ」

などと誤解されて、軽蔑というか侮蔑の目で見られかねないと思います。

そんなに簡単にオリジナルで面白い作品が書けたら、苦労しません。
こういう、自分で自分の首を絞めるというか、自らラノベを貶(おとし)める様な、誤解を招く内容で作る事は、プロならやめて欲しいと思いますが、いかがでしょう。

私は、「小説ってそんなに簡単に書けるもんじゃないんだよ」と言う事が、ラノベやアニメのファンの方々に言いたいだけなのですが、考え過ぎでしょうか。

カテゴリー: 流行分析(なろう研究)

この質問に返信する!

簡単に出来ません。の返信 (No: 2)

投稿者 読専 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

もしかすると、とあるシリーズの鎌池和馬先生をモデルにしたのかもしれませんよ。あの御方はかなりの速筆らしく、wikiに多くの逸話が上記されていますので見てみると良いです。

簡単に出来ません。の返信 (No: 3)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

>「小説って、そんな簡単にホイホイ書ける様なもんじゃありません!」
それを簡単にやってのけるくらい凄い主人公なんです、という描写でしょ?
一種の誇張表現ですから、そう目くじらを立てるようなものではありません。

「凄腕剣士が100人斬りをする」というのと同じ話です。
そんなん普通出来ませんし、血で切れ味鈍るのでせいぜい数人しか切れません。
でもそんな理屈を叩き壊すほど強くて凄い主人公なんです、という表現なので、「じゃあ何人くらいまでが現実的?」って話ではないんですよ。
「有り得ないくらいの、インパクトある事」である必要があっての事なので……。

我々は「一作書き上げるだけの苦労」を知ってますから、そう感じるのもわかりますが、「ラノベ作家が主役」でなくても、同じ話は「凄腕剣士」の例のようにそこいら中である話ですし、誇張表現による主人公ないしキャラクターのアピールは普通に創作の技術であって、ラノベや漫画では特に強調されやすい部分です。
それを「自分に理解できる分野の事だから」とこの部分だけを切り取って、そこを責めるのはハッキリ言って「揚げ足」にすらなってないです。
正当な表現方法だし、普通によくある事を「ラノベ作家」でやってるだけ。表現方法としてはベタだけど上手く王道に乗っけてるしむしろ褒めるべきシーンですよ。
それを我々が「気に入るか」「気に入らないか」は別としてね。

簡単に出来ません。の返信 (No: 4)

投稿者 手塚満 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

「けいおん!」アニメ1期なんて凄かったですよ。特に誰も批判してないですけど。
何が凄いって、まず唯。あっという間にギターが弾けてます。多少、家などで練習している描写はある。(スティール弦)ギター弾きによくある、始めてから遭遇する指先の傷もあった。

だけど、弾いたこともなかったギターがあっという間に上級者レベルに達している。それだけじゃない。一度聞いたギター演奏を即座に自分でも弾けるようになってしまう。恐るべき耳コピ能力です。弾けなくて詰まるのは、チョーキングなどの技術的なことを知らなかった場合だけ(それも教わるや否やできるようになる)。

唯の妹はもしかするともっと凄い。姉の唯がギター弾いているのを見ただけ、姉に一度ギターを触らせてもらっただけ、なのに姉に匹敵するレベルでギターが弾けてしまう。

全部、楽器を真面目にやった人、やろうとした人ならほとんどが、「嘘だろ」「あり得ない」と言いたくなる話です。だけど、誰も文句は言わない。努力がテーマの作品ではないですからね。

高校時代の部活が楽しかったという話ですから、楽しい部分を強調したに過ぎない。観ていても面白かった。だから文句を言う必要を感じない。1期終了前から、唯が持っていたギブソンのギターが大量に売れました。非常に高価なギターなのに、生産能力を超えてしまい、2年も予約待ちになるほどでした。

じゃあ、簡単にギターが弾けて、あんな楽しい生活を送れると思ってしまった人が大量に出たのか。そんなことはないはずです。ギターに限定せずに楽器ということなら、ほとんどの人が経験してますよね。小中学校でハーモニカ、リコーダーくらいはやっている。楽器が簡単に演奏できないことくらいは知っている。簡単にできないとは知りつつ、上手い人がやっていることは自分もしたくなるという、ごく普通に起こる気持ちゆえです。

やはり音楽ですが、歴史上、物凄い速筆の作曲はいます。ヴィヴァルディ、シューベルトなんかも凄かったそうです。モーツァルトも凄くて、20年で700曲。モーツァルトの凄い点は曲数だけでなく、曲想の多彩さにもあります。4小節ごとで曲想が変わる。聞くところによると、メロディ、伴奏が非常に素早く浮かんできて、楽譜に書くのが追い付かない様子だったとのことです。

天才ですからそんな人もいる、とだけ考えたくなりますが、ウィキペディアにも収録されているモーツァルトの言で、「長年にわたって、僕ほど作曲に長い時間と膨大な思考を注いできた人は他には一人もいません。有名な巨匠の作品はすべて念入りに研究しました。作曲家であるということは精力的な思考と何時間にも及ぶ努力を意味するのです」というのがあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88#%E6%99%A9%E5%B9%B4

作曲は速いけど、その裏付けとなるインプットがあるんだということですね。でも、モーツァルトは短命したし、作曲以外で多忙でもあった。上記のようなことを言えるほど、時間を割いていないはずだ、と考えたくなるかもしれません(実際、自分が陥った誤謬であり反省でもあります)。

モーツァルトは天才です。しかし、自分定義ですが達人の面を持っています。自分定義の達人なんですが、特長の1つに「何もしていないように見えるし、本人も何も考えていないつもりなんだけど、無意識、潜在意識では常に最善の努力が払われている」があります。

私が直接的、間接的に教わった方々の多くがそうでした。教わってみて、自分でも必死に勉強してみる。だけど差が開いて行くんです(←自分の理解が進んだことにより、彼我の差がよく見えてくる効果を補正しても)。相手は努力している様子はなく、自分は必死にやっている。なぜ差が開くんだと思いました。

何人もの市井の達人に教わってみて、だんだん分かってきました。まず、自分がやるようなレベルの勉強はもう頭に完全に入ってしまっていることがあります。だけど、それだけなら勉学を積んで差を縮めることができるはず。そうではないのは、頭に完全に入った基礎を使って、常に頭を働かせているからだと気が付きました。

達人ですと、飯食っているときに以前に考えた問題の答えがふっと浮かんできたりします。寝ていて、夢の中で答えを知ることもあります。自分ですと、意識的に勉学し、意識的に問題を考えているとき出ないと、答が出てくることはありません。勉強するときだけ、頭を使っているわけです。

達人はそれが24時間休みなくです。だから差が開くわけです。追いつけるわけありません。差が開かないようになるときは、いずれ来ます。自分でも無意識に常に頭を使えるようになったときです。

よく、「1万時間やってみろ」「該当ジャンルを千冊読んでみろ」といったコツが言われます。おそらく、それくらいやっていると常に頭を使うような習慣が身に着くのだと思います。執筆していないときでも文章を練ったり、キャラ設定を詰めたり、プロットを進めたりできる境地ですね。作業的にやっていると、それでも身に着かないかもしれませんが。

批判してお出での作品について申し上げれば、モーツァルトのようなラノベ作家はあり得ませんか? ご自身ができないという理由が不可能の論証になりますか?

言葉は生まれてこの方使ってるわけですよね。思考も言葉頼りが多いですよね。多少複雑なことだと、言葉抜きの直感だけで片付けるのは難しいはずです。宿題やるの忘れるなどして言い訳考えたりなんて、しょっちゅうありますよね。やろうとしていることが、やってみたらどうなるか考えますよね。その他もろもろ、日常茶飯事のはずです。どれも物語作りと密接につながっています。

実際に「タイプライターに向かったら、流れるように物語が書ける」なんて天才がいたらいけませんか? それとも、フィクションには天才、異才、奇才がいたらいけませんか? むしろ逆ですよね。めったにいない、あるいは、絶対にいそうもない人のほうが好まれてませんか?

フィクション通りに自分もできるなんて勘違いする人はごく少ないはずです。スーパーマン見て、空を飛ぶ練習をする人はいません(実は、試みて不可能を知った人はいたりしたけれどw)。フィクションではない、現実にあるんだと言って、騙される人はいます。超能力なんかもありましたよね。だけど、フィクションとリアルを混同して間違う人はめったにいません。

刑事ドラマでも、そんな刑事はいないと知っている人は多い。警察関係者だと特に作中の嘘が目につくそうですが、それでも楽しんでいる人が多いと聞いています。刑事ドラマで警察官に憧れて、警察を志望する人とて現実は知っています。

それでも、アニメを見てライトノベルが簡単に書けると思って、バカにされるのは嫌かもしれません。でも、自分でやるつもりのない人なんて、アニメを見なくたってそう思ってる人が多いんです。自分がやる見込みがないものには無責任になりやすいですから。

全く他のジャンルですが、例えば筋トレする人も頻繁にバカにされます。重いもの持ってちょっと上げ下げすればムキムキになるんでしょ、とか。何度正しく説明しても(1日に得られる筋肉はどんなに頑張っても7g以下で、計画的に太ったりダイエットしたりして等々、小一時間分の説明)、無駄、あるいは聞いてくれません。

そんなもんです。迷える狼さんとて、例外ではないんじゃないでしょうか。詳しくは(旧掲示板も無くなったこともあり)控えますが、ずいぶんと思い込みであれこれ駄目出しなさっていたと思いますよ。

仰ることがいかに間違いであるか、他にもいろいろ理由を挙げて説明できます。例えば「俺TUEE」なんてジャンルと言っていいほどあるわけじゃないですか。ラノベ作家主人公で「俺TUEE」やって、何かいけないんでしょうか。

素人さんが誤解するから(←かなり、いわゆる上から目線の物言い)という理由で、非現実的なことを抑制していいってもんじゃないと思います。特に非現実的の基準が自分基準であればなおさらです。

簡単に出来ません。の返信 (No: 5)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

1、そもそも原作を知らないんですが、そのタイトルなに?

2、執筆タイムは、ほんと人それぞれじゃないの?

読書時間とかそうやん?同じ文章を12時間かけて四苦八苦読む人もいれば、30分で熟読しちゃう人もいるよ。

3、低クオリティーなのならいけんじゃね?

で、どない?
=========================

舐められる云々はいいじゃん。としか・・・・イラストとか、ほんと値段えぐいで?
ソシャゲ―とかで力作を買い叩かれて、とか未だにザラに聞きます。

危険視したって見下す人は見下すし、「なろう」なんか今や編集部に媚びまくったソープ嬢の屠殺場みたいな感じになってきちゃったし。【あそこに投稿しているだけで編集に舐められる!!】って注意喚起がそろそろ出るで?たぶん(笑)

買い叩かれない努力は自分でするしかないですよ。

簡単に出来ません。の返信 (No: 6)

投稿者 バッキー : 0 No: 1の返信

投稿日時:

個人的には(この場合漫画家キャラですが)ジョジョの岸辺露伴やバクマン。の新妻エイジの尋常でない仕事の速さと似たようなものではないかと。

前者はファンタジーのキャラであり(速筆とは関係ないとはいえ)露伴自身がスタンド使いという事情こそありますが、どちらも漫画を描くという行為のなんたるかを熟知している週刊少年ジャンプの作家が作ったキャラクターであり、決して漫画家や漫画の製作を舐めているわけはないのです。

件の作品がどのようなトーンで描写を行なっているのか分からないのですが、少なくともこれらをリアルだと思い鵜呑みにする人はそうそう居ないと思われます。

純粋に業界や舞台裏を描くという目的であるのなら、それが「ラノベ」という体裁で世に出されることは無いんじゃないかと思います、大なり小なりそこには書き手の理想や空想はあって然るべきではありませんかね。

簡単に出来ません。の返信 (No: 8)

投稿者 高野豆腐 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

私のような者の意見が参考になるかは分かりませんが、正直なんでもあり、ならば
その「軽々しさ」がライトノベルのライトたる所以、なのではないでしょうか?
軽々しさを、概ね具体性に欠けていようが飛躍なり(責任を一旦脇に置いた)自由と
捉えてみる事に怪しからんと思うのは、多分いつの時代でも起きたことだと思います
私が趣味で読むファンタジィ自体も、大昔からボコボコにされています

私がたまに腹立たしく思うのは、その設定の枠を守らずに言葉を軽々しく、または
それに反するように口先のみで重々しく、或いは誇大に「作外で」語る行為なので、
フィクションとしての誇張の枠組みに収まり続ける限りは、その出鱈目ぶりは愛すべきものなのではないか、と思っています
そうではないと、おそらく表現の自由が侵害される、ということになります
昨今皆さん大変なようですが

ただ、私のところに来る人も、その辺を妙な悩み方をしていて私の所にライトノベル
を持ち込んできており、また私にここを紹介したのも、似たようなことを口走っていたので、結局趣味で勉強に来ています
ただ、それは「やれば分かる」系の代物なので、あなた自身は黙して語らずを行けば
よいのではないでしょうか
私の領域も、やらない者には分からない専門性のあるものです

創作というか、それを生む自分の心自体は半分は自分自身のものなので、その延長
上にある創作も、自分の心に沿う以外のことをしている暇があるのでしょうか?と
逆にお聞きします
誰かを許さずにいて、そのことやその時間を計測し続けることは、あなたが偽りなく
自分の創作のために欲するものであると、断言することが出来ますか?
私から聞きたいのは、フィクションどうこうではなく、専門家としてあなた自身は
どうされていますか?どうしていきますか?という事です
更に迷わせて済みません

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

あれもこれもやりたい

投稿者 気楽子 回答数 : 6

投稿日時:

こんにちは、初めて相談します。 私には小説を書くことの他に、動画サイトの閲覧やスマホゲーム、ダンス、歌、絵を描くなど様々趣味があり... 続きを読む >>

可愛いヒロインの描写

投稿者 ふわー 回答数 : 14

投稿日時:

ヒロインを始めとした女性キャラの可愛い台詞や可愛い描写や可愛くなる展開がイマイチ思いつきません。 パッと思いつくのが ・ヤキモチ... 続きを読む >>

プロローグについて

投稿者 ポコポコ 回答数 : 4

投稿日時:

プロローグは、かならずいるものでしょうか? 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:簡単に出来ません。 投稿者: 迷える狼

最近(?)、主人公がラノベ作家(あるいはもどき)という設定のラノベ原作のアニメが放送されたのですが、私的に許せない事があります。

それは、文字通りライトノベルが軽く見られる様な描写がある事です。

例えば、劇中で10話分くらいを一気に投稿サイトにあげて、「いつ書いたの?」「今書いた」とか、「33話NEW!」「34話NEW!」「35話NEW!」みたいに、もの凄い勢いでアップし続けたり、分厚い原稿の束の新作1本を一から書いてたった一晩で仕上げる様な事をしたりという、「この人(原作者)は本当に作家なのか?」と思える様な事を平気でする事です。

「小説って、そんな簡単にホイホイ書ける様なもんじゃありません!」

一体、この作中のキャラクターは、どれくらいの速度で原稿(作品)を書いているんですかと。

私は、賞の応募をするのに締め切りに迫られて、1日で最高(応募規定のA4で)27枚書いた事がありますが、それだって火事場の馬鹿力みたいなものであり、こんな無茶がいつも出来る訳ではもちろんありません。

それを、いとも簡単に次々と書き上げて行く作中のキャラクター達には、とても腹が立ちます。
原稿をまるで、判で押すみたいに量産していく様は、ラノベ自体が簡単に出来るかの様な誤解を招きかねないと危惧します。
今は乱発によって、ただでさえラノベ自体が軽く見られているのに、何も知らない人からみたら、

「な~んだ、やっぱりラノベって簡単に出来るんだ」

などと誤解されて、軽蔑というか侮蔑の目で見られかねないと思います。

そんなに簡単にオリジナルで面白い作品が書けたら、苦労しません。
こういう、自分で自分の首を絞めるというか、自らラノベを貶(おとし)める様な、誤解を招く内容で作る事は、プロならやめて欲しいと思いますが、いかがでしょう。

私は、「小説ってそんなに簡単に書けるもんじゃないんだよ」と言う事が、ラノベやアニメのファンの方々に言いたいだけなのですが、考え過ぎでしょうか。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ