小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

小説を一作も完結させられない (No: 1)

スレ主 冬李 投稿日時:

私は今まで一つも小説を書き上げたことがありません。
なんとか小説を最後まで書けるようになりたいです。
叱咤激励の言葉やアドバイスがほしいです。

今も書きたい小説があり、それの起承転結を考えているのですが、転と結が気に入らなくてプロット自体を二転三転させています。
しかも、そうやって変えてもやっぱり盛り上がりに欠ける気がして、まったく違う話を書きたくなってきました。

全く別の話でも完結できれば私は満足ですが、別の話を考え始めても今回のように諦めることになりそうです。

私は理想が高すぎるんだと思います。最初から傑作を書こうとしてはいけないといくら言われても、傑作を求めてしまいます。

小説を完結させるにはどうしたらいいですか?

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

人気回答!小説を一作も完結させられないの返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 5 No: 1の返信

投稿日時:

妥協を知ることです。
といっても、手を抜けとか諦めろとかそういう事じゃなくて。
より良い作品を作るためには、妥協が必要なんですよ。

例えば序盤って説明することがいっぱいあって、キャラ紹介から世界観から設定からいろいろ書くことがありますよね。
でも、それらを「完璧に理想通りに」全部序盤で書いてしまったら、序盤以降で書くことが無くなるのは道理でしょ?
キャラ紹介は「どういう人物か」ってのがフワッと読者に伝わる程度でいいし、世界観も設定も「こんな感じ」と何となく伝わればそれでいいんですよ。
つまり、「ここまでやればいい」「あとで書けばいい」「現状はこれで十分」そういう妥協を知ることが大事ってことです。

まあ、正確にはこれって妥協とは言わないんだけど、作者としてはすごい妥協。
本当はもっと情報を詰め込みたいし、序盤でやるべきことはいっぱいあるし、ここで説明しておかないと後々の展開が、という事が多くある。
時には身を切る思いでそれらを切り捨てるわけですから、作者としては妥協。

でも、妥協を知ることで展開に情報を詰め込みすぎるということがなくなるので、読み手側には必要な情報のみシンプルに伝わるようになる。
そうすると読みやすくなって、作品がより良くなる。
だから妥協が必要ってことです。

小説を一作も完結させられないの返信 (No: 3)

投稿者 ふ じ た に : 2 No: 1の返信

投稿日時:

スレ主様の完結できない理由を質問文から探してみると、

1、転と結が気に入らなくてプロット自体を二転三転させている。
→話がまとまらないから最後まで書けない。(技術的な問題?)

2、まったく違う話を書きたくなる。
→途中で飽きる。(個人の問題?)

1の原因は、他の人に相談したほうが良い気がします。
あと、話の作り方は、最初に「結」を決めないと、上手くまとまらない気がするんですけど、これは私だけでしょうか…?

2の原因は技量とか関係なくて、ただ単に目新しいものに興味が移っただけだと思うので、自己コントロールでなんとかするしかないと思います。
何かで書かれていたけど、特に若い人は興味が移りやすいみたいですよ。

ちなみに、私はネットで投稿を始めたとき、完結させるために、途中で他の作品を書かないなど、ルールを作ってましたね。
書いたとしても、すぐに終わる短編とかでしょうか。

あくまで個人の意見ですが、何か参考になれば幸いです。

小説を一作も完結させられないの返信 (No: 4)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

めっちゃ短くしちゃう。
ホラー好きなので【一行怪談】とか推しちゃう。
傑作には大量の文字数が必要になります。一行では傑作になりえないんですよね。
俳句ではありませんが必要ない要素を極限までそぎ落とし最短で整える練習をしてみるといいかも。

一行怪談とかは数で勝負です。たくさん作って一番いいのを選び出す。

人気回答!小説を一作も完結させられないの返信 (No: 5)

投稿者 朝行灯 : 4 No: 1の返信

投稿日時:

 そのお気持ち、とてもよくわかります。
 私の場合、思いついたらとにかく書きます。でもやっぱり書けなくなることが多いです。そんな時は、そこで書くのを止めて保存します。で、また何か思いついたら、それを書きます。例えばこういうラストを書きたいな、と思ったらそのラストをとりあえず書きます。あんなふうな台詞を言わせたいな、ちょっと緊迫した戦闘シーンをやってみようかな、と思ったら、とりあえず書きます。キャラや設定はあえて決めません。矛盾しても良いので書きます。プロット思いついたー!と思ったら、あらすじでも何でもメモして保存します。
 あるいは、途中で書けなくなったけれど、展開を思いついて続きを書きたくなった、さらには書いた作品をちょっと変えたい、なんてことも起こります。それも書きます。ここで注意すべきことは、元になった作品も、その都度保存しておくことです。後でやっぱり最初に書いた設定や二番目に書いた設定を使いたい、と思うこともあるので、その時に消してしまっていると使えないので……。
 そういう事をしているうちに、作り掛けのものがいっぱい溜まるのですが、ある日それらを眺めていると、「あれ、これとこれをくっつけたら面白いんじゃね?」とか「このキャラをあの書きかけの登場人物にしたら良いかも」なんてことが起こる場合があります。そうなったら、それを実際に書いてみます。つなげる前のものも保存し、合体させたものも保存します。
 上手いこといけば、起承転結、それぞれ別々の作品からアイディアをちょっとずつ拝借して、つぎはぎだらけでも一本の作品になることがあります。そこまでくれば、しめたもの。後は設定に無理はないか、キャラは一貫しているか、辻褄はあっているか等、読んで気になる矛盾や問題点を直していきます。
 これで一つ、作品が出来てしまいました。しかもストックが豊富で、次の作品のヒントとなる財産も出来ています。
 話を戻しますが、お気持ちはとてもよくわかります。傑作を求める気持ちも、書けないもどかしさもわかります。それはそれで良いと、私は思います。理想は高いほうが良いです。だから、それも良いと思います。
 途中まででも良いので、書けるところまで書いてみてはいかがでしょうか。たとえ全部かけなくても、そこまで書けた自分を褒めてあげても良いと思います。書けなくなっても、作品を寝かせている時間も含めて、創作時間ですから。最初から完璧に書ける人なんて、世の中にはひとりもいません。私は今のまま、続けていけば良いと思います。
 長くなりましたが、もしこれが何かの参考になれば幸いです。自分のペースで気楽にやっていきましょう。

小説を一作も完結させられないの返信 (No: 6)

投稿者 こうなご : 1 No: 1の返信

投稿日時:

じゃあちょっと視点を変えて、一応の満足に至っている起承の部分を投稿室で晒して、その出来の評価をしてもらってはいかがでしょうか。そしてそこからの転結に助言を求めれば、そこまでの起承に妥当な展開が見つかるのではないかと思います。

小説を一作も完結させられないの返信 (No: 7)

投稿者 霜月 一三 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

お気持ちよくわかります!
私も、新しいネタを思いついたらすぐ書きはじめちゃう悪癖があって、個人サイトとかでもどんどん長編連載を増やしていってしまいます。
このままではいけないと思ったので、最近は短編小説を書く練習をしています。
まずお題を決めて、Twitterと連携している「文庫ページメーカー」を使い、4ページ以内で話を完結させる、みたいな訓練をしています。ついでに文庫ページメーカーで書いたものをTwitterに上げて反応を見たりもします(笑)。
とにかく、「書きたいことをまとめて最後まで書ききること」に慣れるというのも一つの手ではないでしょうか。
あまり参考にならないかもしれないのが申し訳ないです。ただ、書ききった時の快感は、きっと創作の原動力になると思います。
お互い頑張りましょう!

小説を一作も完結させられないの返信 (No: 8)

投稿者 少年A : 0 No: 1の返信

投稿日時:

最初から完結を目指すのなら1話毎に話に『意味』をしっかりと持たせる事が1番手っ取り早いと思います。但しこれは自分の中で物語の終わりがしっかりと定まっている場合に限りますのでご注意ください。
例えば ゲームの小説で 調合 や 鍛冶 をやっている時がたまにありますよね。調合ならポーションを作ったとします。これに意味を持たせると戦闘に使うため、もしくは攻略する為の装備のお金稼ぎ、となるわけです。
他にもモンスターと戦闘する回だって意味があります。ゲームだったらレベル上げや攻略がそれに当たります。

こういう風に1話毎にしっかり意味を持たせて終わりに導けると完結は早くなると思います。
新しい作品がよりいいものになることを願っています。

あとがき
どんな作品を書いているか分かりませんが先に大雑把でも終わり方を見つけておくことも大事です。

恋愛→恋が結ばれるのか、失恋するのか
ゲーム→ボスを倒すのか、倒せずに終わるのか
異世界転生→ボスを倒すのか、王の悪政を止めるのか、王になるのか
ローファンタジー→元の世界に戻るのか、主人公が抗っている途中で終わるのか
など本当にたくさんの終わり方があります。終わり方が決まると自ずと物語の流れも決まってきたりします。王が悪政をひいている異世界ものなら、それをどう止めるかなどですね。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

オチや書きたいことが決まったら

投稿者 モータ 回答数 : 8

投稿日時:

オチや書きたいことが決まったら次にすべきことはなんでしょうか? 今自分が構成している物語では、キャラが成長して〇〇のような感じにな... 続きを読む >>

小説家になろうを引退しようか考えている

投稿者 風呂桶 回答数 : 17

投稿日時:

※解答に困るかもしれませんが、売名行為にならないよう&初質問で自信が無いので、作者名は差し替えて、作品名は伏せます。申し訳ご... 続きを読む >>

バトルものにおける人称について

投稿者 Salt 回答数 : 4

投稿日時:

戦闘シーンのあるラノベを書こうと思うのですが、一人称と三人称どちらの方がよいか迷っています。意見をお聞かせください。 ・一人称視点... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:小説を一作も完結させられない 投稿者: 冬李

私は今まで一つも小説を書き上げたことがありません。
なんとか小説を最後まで書けるようになりたいです。
叱咤激励の言葉やアドバイスがほしいです。

今も書きたい小説があり、それの起承転結を考えているのですが、転と結が気に入らなくてプロット自体を二転三転させています。
しかも、そうやって変えてもやっぱり盛り上がりに欠ける気がして、まったく違う話を書きたくなってきました。

全く別の話でも完結できれば私は満足ですが、別の話を考え始めても今回のように諦めることになりそうです。

私は理想が高すぎるんだと思います。最初から傑作を書こうとしてはいけないといくら言われても、傑作を求めてしまいます。

小説を完結させるにはどうしたらいいですか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ