小説投稿サイトでの人付き合いのデメリット/新人賞下読みが回答

サイラスさんの質問2016/02/07

こんばんは、サイラスです。『小説投稿サイトで人気を得るための「人付き合い」とは?』、の回答ありがとうございます。

自作の宣伝のため他の書き手の作品へ積極的に感想を書き、ご近所づきあいに勤しんだり、自作についたコメントにこまめな返信をしたり――作品を書くだけではないコミュニケーション作業が必要です。ということになります。

それは、分かります。ただ、最近は、グループを形成して、傷を舐めあうような褒めあいをしているところが多かったり、以前からあるデスり合いも多く、少しヒいてしまいましたので、無理かな……
そういった作品の面白い以外のことが作用してしまうのは、やっぱりネットも実社会なんだなぁーと痛感します。

●下読みジジさんの回答

ネット社会での他人との交流は、相手との距離感が測れず、発言のニュアンスが伝わらないだけに難しい気がします。

ただ、実世界でも誰かに自分が発信する言葉なり作品なりを受信してもらうためには、笑顔と妥協によるコミュニケーションが必要です。

それを考えれば、「書くだけ」でやっていけるのはほんの一握りの天才だけということになります……。

●うっぴーの意見

●人付き合いのデメリット

1・炎上したり、ネガティブ発言をぶつけられたりして、小説を書く気持ちそのものを壊される危険性がある。

2・ネットのコミュニケーションに時間を割くと、肝心の執筆時間や勉強時間が減る。

1への対策として、ネガティブなコメントに反応しない。他の作者をけなさない、感想を書いてくれた読者にはお礼のコメントを返す、などしてトラブルに巻き込まれないように自衛するのが良いです。

2への対策として、他の作者と仲良くなってTwitterで宣伝し合うなど、確実にメリットが得られる交流に絞って活動するのが良いです。過度な交流や、交流への依存は肝心の執筆の妨害になるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。