創作で知識自慢をしてはいけない!/新人賞下読みが回答

ものとんさんの質問2016/02/07

現在、史実題材作品の二次創作活動中なのですが、風俗考証や時代感を追い過ぎて、レポートのようになってしまいます。

元々欠点として、自分は「ドラマ」が書けない、との自覚があります。
知識やうんちくを混ぜ込みつつドラマを作っていくことが難しく、上手くできません。史実知識や歴史うんちくてきなものはネタにしているだけなのですが、知識披露にしかなっていない気がします。

そうならないようにするために、なにか気をつけなければならないことはあるでしょうか?

●下読みジジさんの回答

史実をエンタメで扱う場合に意識していただきたいことは、「知識披露(知識自慢)をしない」。なによりもこれに尽きます。

たとえば司馬遼太郎氏レベルの書き込みは、まさにあの時代に生きた作家だからこそできたし許されたものですので。

エンタメ――特にラノベは「文化」や「説明」とは基本的に相容れない存在です。歴史という文化を説明しなければならないのであれば、それはエンタメ読者というガマンしてくれない人が付き合ってくれる様式を考えなければならないということになります。

これについては世界観の説明が不可欠な大河ファンタジーものが参考になるかと思います。