ストーリー

コラム

小説の書き方講座。書きたいこと以外のことにも力を入れないと勝負にならない

好きなことを書きたくて小説を書いた場合、好きなこと以外の部分がおざなりになってしまう傾向があると思います。 戦闘シーンは凝っているのに、キャラはいい加減とか。 世界観がまったく練られていな...
コラム

なろう小説の書き方講座。価値のある人間からのアゲこそ最高。

「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 」のやり方。 アーリャさんがいかに素晴らしい美少女か、冒頭で描写、解説。 ↓ アーリャさんがイケメンにアプローチされるも、塩対応で拒絶。アーリャさんの価値を高める。 ↓...
コラム

なろう小説の書き方講座。創作上級者と初心者の違いはキャラの行動に納得感があるか

書籍化作家クラスの小説は、この場面でこのキャラなら、当然こういう行動を取るよね。という納得感がありつつ、テンプレに完全に沿っています。 キャラは生きた人間だと感じられないと魅力が出ないです。 なろうは主人公アゲが基本なのです...
コラム

なろう攻略。ランキング入りした後ポイントを失速させないためには?

これからドンドン楽しくなっていくという期待感が重要。スキル獲得などの成長要素。ざまぁを後にとっておく。 主人公は私怨晴らしをしない 主人公の目的を決めておく 章完結できれいに終わりすぎていると、そこでポイント獲...
コラム

小説の書き方講座。なろうにおける最強テンプレとは何か?

「最弱から始まって、どんどんスキルを獲得していく系統」だと思います。 総合ランキングトップに来る作品「世界最速のレベルアップ」「ヘルモード」「重騎士」「チートコード操作」など、この系統の作品が多いです。 なぜ、この系統がウケ...
コラム

小説の書き方講座。読者は善人が成功して幸せになるところが見たい

読者は善人が成功して幸せになるところが見たい。 嫌なヤツや悪人は自業自得でひどい目に合うところが見たい。 主人公は徹底的に善人に見えるような工夫が必要です。ヒロイン、主人公サイドの人間も同じ。 嫌なヤツ...
コラム

小説の書き方講座。オリジナリティは流行やテンプレと相反するものであってはならない

●重要度 流行 = テンプレ > オリジナリティ オリジナリティがテンプレを壊すようだと「斬新だけどおもしろくない」作品になります。 テンプレと流行を押さえているけど、オリジナリティがないと「陳...
コラム

なろう小説の1話の文字数。序盤は3000文字くらいが適正。更新速度よりも質を重視すべき

WEB小説投稿サイトの大手「小説家になろう」では、小説を更新すると読者が集まってきて、ポイントとブクマが入ります。 また大半の読者はスマホで小説を読んでおり、長文を読むのは苦手だと言われています。 最低でも毎日、更新しな...
コラム

小説の書き方講座。初心者の小説は余計なことを書いている。WEB小説における余計なこととは?

余計なこととは読者が喜ばない要素です。 不必要な描写、説明などです。 これらを削って読者が喜ぶ要素【無双、モテ、すげぇ、ざまぁ、成長、感動】をコンボさせる形で上手に入れ込んでいくのが上級者。 説明を入れ...
コラム

小説のおもしろさの秘訣はヘイトコントロール。ざまぁ対象はひどい目にあって当然と思わせる

こいつはひどい目に合って当然。こいつがひどい目に合うところが見たい、という感情を読者に起こさせてから、ざまぁしないと、ざまぁがおもしろくないです。 ざまぁはやり過ぎると、主人...
タイトルとURLをコピーしました