ホラーはラノベ新人賞に受賞できない?/新人賞下読みが回答

2015/04/13(月曜) 23:08:23の質問

お世話になります。たかセカンド です。質問よろしいでしょうか?

自分はライトノベルではありませんが、鈴木光司さんの「リングシリーズ」や貴志祐介さんの作品が好きでよく読んでいます。ホラー物が好きで、そのほかにも大石圭さんのノベライスの「呪怨」なども面白く読ませていただきました。ゲームではかなり古いですが「弟切草」やPS2の「零シリーズ」などもかなり気にいっています。

その他、立ち入ってはいけない場所、心霊スポットや地図にはない村、各地に残っているいけにえなどの伝承……等々すこし胡散臭い話なども割と好きです。
(心霊スポットなど絶対にいけませんが……気が小さいので……)

さておき、ライトノベルの新人賞ではガチよりのホラー作品は投稿されてくるのでしょうか?

ライトノベル作品ではあまり見かけないジャンルでしたので、少し気になってしまいました。

ご回答いただけましたら嬉しく思います。

……自分がもし、ホラー物を書いたとして、後ろから肩をトントン叩かれたらどうしようと思ってしまうくらいヘタレです(笑い

●下読みジジさんの回答

おつかれさまです。

さておき、ライトノベルの新人賞ではガチよりのホラー作品は投稿されてくるのでしょうか?

まったくと言っていいほど見ないジャンルです。
これはホラーの現在の需要が、どちらかと言えば一般向けエンタテイメントにあるから。ということかと思います。
実際、ホラー系の新人賞もスマホ小説のサイトで募集していたりしますし。

ただ、それだけライバルの少ないジャンルですので、ラノベ的な仕掛け(グロ描写のぼかし、キャラ立て等)を心がければ武器になるものと考えています。

コメント募集!

あなたは『ホラーはラノベ新人賞に受賞できない?』という質問について、どう思いますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

コメント

  1. アバター うっぴー より:

    ホラーは重い、暗い、グロいものなので、楽しさ、爽快さ、萌えと親和性の高いライトノベルとは相性が悪いのでしょうね。
    ラノベは日常と非日常を対比させ、非日常のドキドキを大事にしますが、ホラーの非日常は、中高生的な妄想とは明らかに異質な「恐怖の日常空間への侵入」がテーマです。中二的な妄想とは相容れないホラーをラノベに取り込むのは、なかなか困難であると言えるでしょう。