一流芸能人がやっている ウケる会話術―場を盛り上げ相手を楽しませる話し方/レビュー

[ 著者名 ] 難波義行
[ 出版社 ] こう書房
[ 発売日 ] 2009/4/1

ラノベの王女様の書評

島田紳助や明石家さんまのトークを分析し、「どうすればウケる話し方ができるのか」を解説してるわ。

ここで概要をうだうだ述べてもつまんないだろうから、「ライトノベル業界初、キャラクターが“執筆活動”する新レーベル創刊」を題材に、このあたしが直々にウケるトークを作ってみたわよ。

あんたたちさ、「ノベライドル」って知ってる? 英語で書くとNOVELiDOL。
ボーカロイドの小説家版みたいなイメージかしらね。

ほら、初音ミクっていろんな曲歌ったり、時にはキレの良いダンスであたしたちを魅了するじゃない?

そんな感じで、アイドルで小説家でもある文野はじめちゃんっていう女の子が、実際に作品を執筆したり、時には歌ったりするんですって。竹達彩奈がCV担当してるのよ! 桐乃よ桐乃! 今年の夏コミでは、コミケ限定でCDまで売ったみたい!

でね、少し興味が出てきたから、公式サイトで彼女のプロフィールを調べてみたの。
なになに……ニックネームはふみのん、出身地は京都、一九九六年一月一日生まれだからJCでもJKでもなくて、AB型の身長一五〇センチ、イメージカラーは黄色、読書と食事と散歩とコロッケが趣味? コロッケは趣味なの?

最後に、好きな作家は…………………………夏目漱石と星新一?
いやいやいやいや! ラノベ作家じゃないし! 明らかにおかしいでしょ!

そこは鎌池和馬とか川原礫とか、あるいは竹達彩奈繋がりで伏見つかさとかあわむら赤光とかが来なきゃ変よ!
ラノベ書いてるのにラノベへのリスペクトゼロじゃん! 「源氏物語はラノベ」「一般文芸でラノベの公募に殴り込めば勝てる」とかほざいてるバカワナビと同レベルだし!

宣伝の文言もおかしいのよ!
「架空のキャラクターが作家デビュー」とか「究極のフィクション設定」とか「まるで実在する人間のように」とか、それって一番言っちゃいけないことじゃん!

美少女が書くから意味があるのに、公式で「実は書いたのはオッサンなんです」って明かしてどうすんのよ! 何が楽しくてネカマにお金払わなきゃいけないのよ!
ショックだわー。ディズニーランドを満喫中に「ミッキーは実在しない」って言われるくらいショックだわー。

『化物語』やのような掛け合いが面白い作品を作りたいのであれば、買ってみてもいいんじゃない?

この本の欠点、残念なところはどこですか?

理論と実践は別物だから、これを読んでもすぐには読者を笑わせられるとは限らないことね。

『一流芸能人がやっている ウケる会話術』のご注文はコチラから >>>

創作ハウツー本の書評