作品の矛盾点の洗い出し方とは?/新人賞下読みが回答

サイラスさんの質問2015/04/12

お久しぶりです。サイラスです。性懲りもなく質問させていただきます。
実は、小説投稿企画『バレンタイン企画2015』に投稿を行おうと作品を作っていたのですが、色々と問題があり、また、投稿を諦めました。それに関する質問です。

(1)作品の矛盾点の洗い出し方
今回の企画に投稿する作品を作る際、ジジさんのアドバイスどおり、自分の書きたいものを肉付けしながら、設定を編み、書いていったのですが、途中、主人公やヒロインのその場にいる動機や、必要な技量がないことに気づいてしまい、再び練り直そうにも、時間とモチベーションが保てなくなり、書くことを放棄してしまいました。

そこで、質問ですが、作品の矛盾点というのは、どういった場所に現れやすく、また、見つけ方というのがあったら教えてください。

●下読みジジさんの回答

物語の矛盾は通常の場合、ネタ設定かキャラ設定の片方ないし両方に表われます。

ネタの展開を第一に考えるあまり、キャラの性格や行動をそれが展開できるようにねじ曲げてしまったり、キャラを活躍させようとするあまりネタをないがしろにしてしまったり……ですね。

そして、

自分の書きたいものを肉付けしながら、設定を編み、書いていったのですが、途中、主人公やヒロインのその場にいる動機や、必要な技量がないことに気づいてしまい、再び練り直そうにも、時間とモチベーションが保てなくなり、書くことを放棄してしまいました。

という状況だったとのことですので、ネタを第一に考えすぎ、キャラ設定を練り込めなかったのが原因でしょうか?

個人的には、とにかく主人公が活躍するために都合の悪い状況や環境を設定し、世界観の中で生かせる設定を作りつつ、それをキャラが便利に物語中で使えないようにするのがよいかと思います。