おもしろくない小説の特徴。伏線が細く、中盤が冗長!/新人賞下読みが回答

オラの名前さ言ってみてけろさんの質問2015/01/24

私は一般文芸をよく読むので、そちらへの公募を考えています。

ラノベですと、困難が立ちはだかり、主人公とヒロインでそれを打破する……。あるいは主人公が打破し、ヒロインと結ばれるという構成が多いかと思います。
つまりヤマがとてもシンプルでわかりやすいと考えております。
が、一般ですと必ずしもそうでは無いですよね?

一般においてのヤマの作り方、盛り上げ方で好ましいものなど教えてくださると嬉しいです。

●下読みジジさんの回答

方法論は物語によって異なるものですのでなんとも言えませんが、物語にふさわしいドラマチックな山場を用意し、それが起爆できるだけの伏線を必要数張ってください。そして物語の始まりと終わりをつなぐ中盤を盛り上げるエピソードを、プロット段階で猛烈に練り込んでください。

おもしろくない作品は総じて伏線が細く、中盤が冗長です。

一般はとにかく応募時点で要求される完成度が、伸びしろを重視するラノベとは段違いに高いです。