ラノベ市場の未来。漫画の原作供給源となる。誰でも小説をお金にできる

この記事は約2分で読めます。

ラノベは漫画の原作供給源となっていく

スポンサーリンク

ラノベは漫画の原作供給源となって残る

ラノベ市場の未来。漫画の原作供給源として残る。誰でも小説を書いてお金にできる

ラノベの市場は年々、縮小傾向にあります。
ただ、ラノベが消えることはありません。

漫画の原作供給源としての役割があるからです。

漫画は一作描くのにアシスタント代などで200万円ほどかかり失敗ができないのです。
そのため人気を博した原作を必要とします。

小説が漫画化されれば、原作者に毎月、権利料が入ります。これが実はかなり大きいです。

小説をマネタイズできる環境は整いつつある

カクヨムなどの大手小説投稿サイトでは作者に広告収入を還元しています。MAGNETでは投げ銭機能があります。
WEB小説をマネタイズする環境は整いつつあり、これらを合わせればむしろラノベ市場は拡大しつつあるとも言えます。

実際に私の知り合いの女性には、アルファポリスでBL小説を連載して月6000円の広告収入を得ている人がいます。
人気ジャンルを狙って極めれば、マネタイズ可能なのです。

好きな小説を書いて多少のお金を得ることは、誰でもできるようになりつつあると言えます。

クリエーターの才能がある人が動画制作などに流れている。競争率は落ちている。

ラノベ新人賞に応募されている小説の総数はあまり変わらないものの、その質は全体的に落ちてきているようです。

クリエーターの才能がある人が動画制作などに流れているためです。
デビューするための競争率は落ちており、努力すればプロになるのは実は昔より簡単になっています。

小説はカラオケ化しているとも言われます。
自分のためだけに書いている人が多いということです。
なろうなどでも、本気でランキング上位を狙っている人はおそらく3%くらいだと思われます。

無論、ランキングに入るのは難しいのですが、ライバルの数は思ったほど多くないと考えられます。

努力すればあなたも小説を書いてお金を得ることが確実にできます。

タイトルとURLをコピーしました