小説の書き方

キャラクター

小説の書き方講座。ラノベ主人公に必要な7つの要素。これでウケる!

ラノベ主人公に必要な7つの要素 共感性(欠点、読者と同じ要素) 憧れ(最強、天才など) 善人であること 苦悩しないこと 目的がブレないこと 物語の中心に常にいること 必ず勝利し成長し、プラス...
コラム

五感を使っての小説の描写方法。作家、餅月望先生よる良い文章のポイント

餅月望さんは、アミューズメントメディア総合学院(AMG)の小説・シナリオ学科で文章術を教えている作家さんです。 AMG卒業生の著作は700冊突破しています。 (AMGとのタイアップ記事です) 餅月先生に、五感を使っての...
コラム

小説の書き方講座。失敗作は無駄ではない。数を打てる人が最強

「書いた小説が落選したり評価されなくても、そこで得たアイディアやキャラなどは使い回しできるので、無駄ではありません」 私が運営するノベルラボでプロ作家さんから教わったことです。 失敗しても得た物は次に活かせます。 ちな...
コラム

小説の書き方講座。物語とは何を書かないかが重要。余計な要素は排除

恋愛小説には、爽やか系とドロドロ系があります。 ドロドロ系は、恋愛の負の部分も描いたものです。 不倫、浮気、略奪愛、DV、復讐など。恋愛によって、人が不幸になる様を描きます。 恋愛のポジティブな面だ...
コラム

小説の書き方講座。目線を下げて中学一年生でもわかるように書く

小説を書きたい人は、なまじ教養があったりするので、読者にとって難しく、わかりにくい小説を書きがちです。 しかし、ウケるのは【中学一年生でもわかるように書かれた物】です。 その証拠にSF作家、筒井 康隆の代...
コラム

すぐにプロ作家になろうと焦らない。皆7作品くらいでデビューしている

プロ作家になった人に話を聞くと、7作品くらい長編小説を書いてからデビューした人が多いです。 中には一発で新人賞に受賞した人もいますが、そういった人はインプットと経験が足らないので、次の作品がなかなか出せなく...
コラム

小説の書き方。大ヒット作をバカにする人は決してヒットを飛ばせない

『僕は「自分の業界のタイタニックを愛せない人は成功しない」と考えています』 引用:書籍「人生の勝率」の高め方 出版マーケティングコンサルタント、土井 英司さんの言葉。 人気作をバカにすることは、消費者心理に背を向けること。 ...
キャラクター

小説の書き方講座。セリフの5つのコツ。会話文だけ読む読者がいる

キャラの個性を反映させて書く 説明口調にならないようにする 長過ぎるセリフは嫌われる 良いセリフとは短くて情報量が多いもの 会話だけ読んでも物語がわかるようにする 小説の会話...
コラム

大ヒットラノベのたったひとつの共通点!小説の基本は主人公に気持ちよく自己投影させること

主人公が活躍し続ける 主人公がスゴイと、褒められる 主人公がおいしい思いをする 主人公視点での物語が続く 人気のラノベは必ずこれを守っています。読者は主人公になりきって、物語を楽しむからです。 ...
コラム

ラブコメ・ラノベテンプレ分析『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』

人気のあるラノベを書くためには、人気作の研究が欠かせません。 ここでは累計発行部数150万部以上のヒット作『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』(2014/4/10刊行)のヒット要因、どういったテンプレが使われているか詳し...
タイトルとURLをコピーしました