小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

念話で括弧を使うべきかの可否について (No: 1)

スレ主 エフ太郎 投稿日時:

現在、主人公1人称視点の小説を書いていてその中で人外のヒロインと至近距離でテレパシーを使って声を発さずに会話するシーンがあります。
この場合は双方とも普通の鉤括弧()でいいのでしょうか。

カテゴリー: 文章・描写

この質問に返信する!

念話で括弧を使うべきかの可否についての返信 (No: 2)

投稿者 大野知人 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

 うーんとね、『知らん。好きにしろ』ってのが本音なんだけど。

 基本的に、念話そのものを作中で説明しきれば何でもいいと思うよ。
 まあ要するに、普通の鍵括弧「」でも、二重鍵括弧『』でも、括弧()でも良いと思いますよ。
 あとはまあ、文頭に全角ハイフン――を入れても良いんじゃない?

念話で括弧を使うべきかの可否についての返信 (No: 3)

投稿者 ワルプルギス : 1 No: 1の返信

投稿日時:

普通の小説だと
声に出すセリフ→「」
声に出さずに思ってること→()
描写その他→地の文
ですね。
ここにテレパシーでの会話をどう入れていくかが今回の問題。

ひとつには「声に出さずに思ってることはすべてテレパシーとして発信される」設定にしてしまう事。これなら、声に出さずに思っていることとテレパシーの会話がイコールになるので、()で書いていい。
ただ、テレパス同士では隠し事が全然できなくなるのでストーリー的な問題は生じるかも。

別案として、主人公の一人称なら主人公が声に出さずに思っていることは地の文で書けるので、()書きをすべてテレパシーだけにあてることも可能。

もう一つとしては、何かしらの特殊な括弧、『』なり〈〉なり【】なりでテレパシーを他と区別できるようにすること。

まあ、どれで書いてもテレパシーはテレパシーだと分かるようにしておけば問題ないと思いますよ。

念話で括弧を使うべきかの可否についての返信 (No: 4)

投稿者 さがらき : 0 No: 1の返信

投稿日時:

強硬や、トリックが無い場合は…天才的発想だと思う。

心の声が、ツンテレと=「イゴール」でなく、それがエンジンや手間の中新でないなら、〈〈後で、いくらでも修正出来るし〉〉気にしなくて良いじゃないか…??

念話で括弧を使うべきかの可否についての返信 (No: 5)

投稿者 手塚満 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

本末転倒と申しますか、疑問の持ち方が間違っているようです。簡潔に申せば「それは作者の狙い次第で決まること」です。以下、少し説明してみます。

少し具体的に考えてみます。例えば、主人公がテレパシーで話しかけられた経験がない、あるいは予想しておらず、普通に耳で声を聞いたような気がした、というシーンを描くとしたらどうでしょうか。

特別な記法を工夫したら変なことになります。かえって、描写の狙いを外し、効果を削いでしまいます。なにせ「普通に声が聞こえた」というのが狙いですから。この場合は、少なくとも最初は通常の会話同様、「」を使うべきでしょう。

その後、声ではなくテレパシーだと気が付いたとします。その主人公の気持ちを相手が読み取って、またテレパシーで念を送ってくるとしましょう。そうなると、通常の会話の「」ではなく、別の記法を工夫することになります。

内心の声を表すのによく使われるのは、例えば『』でしょうか。()を使うこともありますね。行頭に――を置く記法もあります。例えば以下の感じ。

『誰だ、頭の中に話しかけてるのか?』
(誰だ、頭の中に話しかけてるのか?)
 ――誰だ、頭の中に話しかけてるのか?

どれでもいいでしょう。ですが、さらに注意が必要です。例えば、相手に話しかけない内心の声の表現(独白)もどうするか決めておく必要があるからです。『』をテレパスとの会話に使うなら、純粋に内心の独白は()にするとか、ですね。

どういう記法にするか決めただけではいけません。それは作者の心づもりにしか過ぎず、読者に伝わらないと意味がありません。「」は口に出した声という暗黙の了解があると思っていいですが、『』や()等は違います。どういう台詞に使われるかは未定義です。必ず読者に「この記号はこういう意味、用法ですよ」と伝える必要があります。

例えば以下の感じでしょうか。一人称主人公が太郎(男性)、テレパスが花子(女性)だとします。

――――――――――――――――
「ねえ、君って太郎くんだよね? 初めまして、わたしは花子」
「だ、誰だ!」
 耳元で囁かれた声に、俺は驚いた。が、見回してもそんな間近には誰もいない。
「きょろきょろしないで。声を出さなくていいの。思っただけで聞こえるよ」
 まただ。俺は思った。
(俺はおかしくなったのか? ゆうべ徹夜したから――)
「そうじゃない。思いが直接届いてるの」
(え? もしかして、これって……テレパシーってやつ?)
『そういうこと! 察しがよくて助かるよ』
 ようやく分かった。確かに普通に聞こえる声とは少し違う。耳元というより、頭の中に響く感じだ。
『太郎くんの声も、思っただけで聞こえてるからね』
 そういうことならと、俺は黙って目を閉じ、思考に集中してみる。
『なるほど、ね。えっと花子さんだっけ、あんたは何者? 何がしたいんだ?』
――――――――――――――――

念のため補足しますと、思ったと独白を明示しておいて()、声がテレパシーと主人公が思ってから『』を使っています。()と『』を入れ替えても問題ないです。どちらかを行頭の――にしてもいい。

どうしてもいいわけですが、繰り返しになりますが、どうするかを読者に明示しておくことだけは必須です。これも繰り返しになりますが、通常の声を表す「」以外の記号は、台詞的に定まった用法がないからです。だから作者の狙い次第ということです。

かつ、読者が作者の台詞記法に慣れてくれるまで、しばらくは記法のさりげない説明とセットで描写する必要があります。一度説明したくらいでは覚えられないのが普通です。序盤では、くどさを避けつつ、声の種類別の記法を紹介するつもりで書いたほうがいいように思います。

念話で括弧を使うべきかの可否についての返信 (No: 6)

投稿者 あまくさ : 2 No: 1の返信

投稿日時:

小説の書き方に決まりはありませんが、事実上の「ほぼ決まり」というのは有ります。

1)声に出すセリフ → 鉤括弧「 」 ……ほぼ決まり。

2)内心の声 → 括弧( ) ……決まりではないが、多用される。

ご質問のテレパシー会話は特殊なケースなので、作品ごとに様々に表現されているのが実情でしょう。
括弧( )も使われますが、上の2と紛らわしいので他の記号や表現に使い分ける作者もいます。わりとよく見かけるのは行頭に――をつける方法です。他の記号を選択してもかまいませんが、あまり見慣れない記号を使うと鬱陶しくなるかもしれません。

>この場合は双方とも普通の鉤括弧()でいいのでしょうか。

それでいいかという問題ではなく、作者のセンスで好きなように表現すればよいということになります。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

ストーリー・小説

投稿者 卵焼き 回答数 : 4

投稿日時:

まずはテーマや大筋を決めても細かくプロットを作る段階で何度も躓いてまたやり直すをよく繰り返しているのですが、ストーリーや小説を作る場... 続きを読む >>

皆様が小説家になるために練習してきたこと

投稿者 ジロー 回答数 : 4

投稿日時:

タイトルの通りですが、皆様が小説家になるために練習してきたこと、また見事に小説家としてデビューした方達の練習法を教えてください。 ... 続きを読む >>

作品内にライブ場面を出すような場合について

投稿者 稲七 回答数 : 6

投稿日時:

こんにちは。初めてこの掲示板に投稿させていただきます、稲七と申します。 書こうとしている小説の中で、ロックシンガーによるライブが行... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:念話で括弧を使うべきかの可否について 投稿者: エフ太郎

現在、主人公1人称視点の小説を書いていてその中で人外のヒロインと至近距離でテレパシーを使って声を発さずに会話するシーンがあります。
この場合は双方とも普通の鉤括弧()でいいのでしょうか。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ