小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

賞に応募する場合の、作品の書き方。 (No: 1)

スレ主 迷える狼 投稿日時:

未だに一次予選すら通らない私ですが、今更ながらの応募作品についての質問です。

応募作品というのは、基本的に読み切りですので、必ず完結させる必要があります。
賞にもよりますが、大体40文字×30行で80~150Pくらいの容量にまとめる必要があります。
その中で起承転結させなければならないのですが、

①導入部分 プロローグ~始まり。
異世界転生ものなら、主人公がその状況に至るまでの過程。主人公が異世界に行くきっかけが必要だと思いますが、それをどうするか。
②目的の探し方。
「ドラゴンクエスト」みたいに、いきなり召喚した本人が居て、「お前は世界を救う勇者だから、魔王を倒して参れ」などと言われれば簡単ですが、最近流行のスローライフ系だと、いきなりどこかの野原に放り出されて、「さて、一体これからどうすればいいんだ?」となる事が多いです。そんな主人公に、異世界での生き方をどう見つけさせるか。
③目的に向かっての過程。
目的を見つけた主人公に、どうやってその目的を達成させるか。
④ラスト~エピローグ
目的を達成してからの終わり方。

実は、以前の応募作で、「導入部分が長い」という指摘を受けた事があるので、話の本編に入るまで、どれくらいのボリュームにまとめるべきか、良く考えます。

それと、私は1つの応募作を書くのに、大体100P前後のボリュームで書いているのですが、少ないときは90Pくらいで、長くても110Pちょっとです。規定最低文字数に引っかからない様に、余裕を持って書いていますが、やはりボリュームが多い作品は受賞しやすいのでしょうか。そういう事についても、ご享受願えると助かります。

カテゴリー: その他

この質問に返信する!

賞に応募する場合の、作品の書き方。の返信 (No: 2)

投稿者 大野知人 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

 相変わらず、要領を得ない質問なので確認するのですが。
 
 『ボリューム/文量が多い作品』の方が受賞しやすい傾向にあるか? という質問ですよね。

 である前提で答えるなら、『一概にそうは言えない』というのが答えです。

 『今日は急いでいて長い手紙になってしまい、ごめんなさい』などと言う言葉がある通り、長いというのは要するに『纏められていない』という事です。
 勿論、どの要素も魅力的であり、かつそれを多数詰め込めているのなら良いのですが、『必要の無い要素』が沢山あれば、それだけ本筋のストーリーを阻害することになってしまい、却って評価を下げる結果になってしまうでしょう。
 また、文章の量が増えれば増えるほど、冗長に感じやすくなるので、良いとは言えません。

 一方で、短い文章が良いかと言われると、それはそうではありません。
 短い事のデメリットは、スレ主さんも分かっておられると思いますが……。
 一部キャラの心理描写が不十分であるとか、シーン内でのキャラの動きが大味になっていてのめり込みづらいとか、そもそも設定にいくつも謎が残ってしまうとか……etc
 説明不足・中身不足を中心に問題が結構発生します。

 じゃあ、どうすりゃいいのよ! って思うかもしれませんが。

 一個は、迷える狼さんの文章を我々が読むことです。出来上がったブツを見れば『これは多い/少ない方に偏ってるから、こういう部分を足したり、削ればいいんじゃないの?』という事が出来ますが、叩き台が無ければ我々に出来る事はないですからね。

 もう一個の方法としては、『ごはん』をイメージすると良いでしょう。riceの意味ではなく、『飯』という事です。
 一般的に『美食』と呼ばれるものの条件は何でしょうか。
 まず、大味な物は好まれないでしょう。複雑な風味や、あるいは素材の味が求められます。
 一方で、まとまりのない物も嫌われます。テーマを作り、そこに収束するように作ると良いでしょう。
 また、満足できるからと言って、山盛りで出されたらどうでしょうか。量にも気を使う必要がありますね。

 で、この場合の量なんですが……。料理による、というのが事実でしょう。
 牛肉が一枚しか乗ってない牛丼を食べたい奴はいないし(ステーキ丼ではありません。勿論、ステーキ丼を作っても良いですが)、焼き鮭が美味しくても一尾の単位で食べる奴はいません。
 フランス料理を満漢全席並みの量で出されても困るし、アメリカンなハンバーグでパテが30gだったらソースがジューシーでも意味はない。

 答えを言うのであれば、『質問が間違っている』と思います。
 『今こういう作品を作っていて、こういうプロットで、こんなキャラクターが居るんだけど……』と、もっと具体的に言うのであれば、意見を言うことも出来ます。

賞に応募する場合の、作品の書き方。の返信 (No: 3)

投稿者 サタン : 2 No: 1の返信

投稿日時:

導入はそのページ換算で言ったら1~5pくらいで終わらせないときついかな。
異世界スローライフは例に上げただけだろうけど、新人賞でそのジャンルはおそらくよほど秀逸なアイディアがない限りは2次にも行かないと思う。
というか、目的の探し方から始めるのはちょっとゆっくりしすぎ。書くモノにもよるけど、そういうのは導入で終わらせておかないと話が始まらない。つまりコレ含めて最初の5p程度でまとめるって考えも持ったほうが良い。

いや、というか、2はなんかおかしいな。
>そんな主人公に、異世界での生き方をどう見つけさせるか。
逆ですね、これ。
そもそも作者としては「主人公がどういう生き方をしていくか」という設計は執筆前にしてなきゃいけなくて、場当たり的に主人公を行動させて結果的に「主人公はこういう生き方を見つけた」となるわけではない。
それは先の展開を知らない読者側の思考。
執筆前から展開を考えてる作者側の思考としては、「どう見つけさせるか」は書く前・物語を作る段階・物語の発想段階で考えておけよ、って話になると思う。
そこから逆算逆算で展開を考えていくんですよ。

3の「目的に向かっての過程」は、一番大事な部分なんですが、というか1~2はほぼほぼ設定についての話で、3でようやく本編が始まるって形になってる。
このテーマで言うと「目的の達成」がオチになるので、つまり「目的への過程」が物語本編ってことになる。
だから、この3が物語そのもので、そしてそのオチになる4も含めて1~2より圧倒的に少ない文章量というのが、申し訳ないけど「話を作れない人」と思わせます。

1と2については、正直なんでもいいんで、慣れるとどうとでも入れ替えできます。
考えるべきは3の「目的への過程」これを起承転結にしなけりゃならない。

かなり意訳が含まれるけど、具体的には、
起 主人公は「目的」にどのように接触したか
承 「目的」とはどういうもの・ことか、それにまつわることは何か。
転 「目的」に近づく方向性が示され、すべきことが明確になる。
結 「目的」を達成したかかどうか、その結果どうなったか。
こんな感じ。
コッチが「物語」であって、1~2は、ぶっちゃけただの設定。

導入部分はほんと短くて良くて、というか多分短くしようと思っても長く書いてしまうと思うんだけど、それを短くまとめるのが腕でもあるので、可能な限り短くしましょう。
そんで具体的にと書いた「起承転結」の例は、ほんとに今とっさに噛み砕いて考え出したもので、ほぼ適当。
本当は、私はそもそも起承転結で考えないけど、起の部分だけでも効率的な説明の仕方とか目的に対して切っ掛けの提示をするとか、いろいろある。
でも、そういうのはあくまで知識であって、別にルールではないのだけど……
うーん……。
ごめん、はっきり言う。
スレ主さんって結構このラ研で長い人だし、口だけじゃなくちゃんと書いているようだし、でも、その、かなり言葉がキツイけど、それで未だにこの認識か、と思っちゃう。
本当に失礼な言葉でショッキングかもしれんけど、スレ主さんには新人賞で入賞を狙うのは早いと思う。掌編か短編を書いて「物語というのはどういうものか」を知ってからのほうが、かえって近道ではないかと思える。

なので、
>やはりボリュームが多い作品は受賞しやすいのでしょうか。
そういう問題じゃないかなと。
規定の範囲内であればページの多寡に貴賤はないです。
量より質が問題。

賞に応募する場合の、作品の書き方。の返信 (No: 4)

投稿者 ふじたにかなめ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

レーベルによって一次選考の基準は違うと思いますけど、
文章に何も問題がない前提なら、エンタメとして話が書かれていて、既存作と似通っていない斬新な作品なら、一次選考通過する確率は高くなると思いました。

あとすみません。「大体40文字×30行で80~150Pくらい」の文字数の感覚が分からないので、○○Pくらいだよって答えられなくて申し訳ないんですけど、
だいたい10万字~13万字くらいの作品なら、一万字くらいまでに冒頭で話の趣旨を伝える必要があるのでは?と思いました。
冒頭の基準が厳しいレーベルなら、5千字くらいで物語が始まっていたほうがいい場合もあります。

とある公募の座談会で書かれていたんですけど、エンタメは分かりやすさが大事なので、冒頭で「これはどんな話なのか」を伝える必要があるそうです。
なので、冒頭から主人公の背景や世界観の設定を書いてしまい話がいつまでも始まらないと、「話が始まるまでが長い」などの指摘を書かれる恐れがあると思いました。

あと、スレ主様が書かれた①導入部分ですけど、
>①導入部分 プロローグ~始まり。
>異世界転生ものなら、主人公がその状況に至るまでの過程。主人公が異世界に>行くきっかけが必要だと思いますが、それをどうするか。

異世界転生・転移ものが流行っているので、上記みたいな既存と同じような展開から始まると、かなり選考で印象が悪くなると思いました。
なので、何か工夫をして転生や転移後に始まる斬新な話を早々に読者に察してもらうか、既に転生・転移させて物語を始めている必要があると思いました。

>②目的の探し方。

はじめから目的がない主人公なら、追放後に間を置かず「否応なしに何かに巻き込まれていく」「困っている人を登場させて助けていく」感じで、物語を展開させていくことが多いと思いましたよ。
あと、主人公に目的がない前提で話をされていますけど、主人公に何か目的があって、ぐいぐい引っ張っていく作品もありだと思いますよ?

>「ドラゴンクエスト」みたいに、いきなり召喚した本人が居て、「お前は世界を救う勇者だから、魔王を倒して参れ」などと言われれば簡単ですが、

こういうサクサクとテンポよく進む話もあるので、別に無理ではないと思いますよ。

>やはりボリュームが多い作品は受賞しやすいのでしょうか。
レーベルによると思いました。
ただ、「80~150P」と応募要項に書かれているなら、長編として一冊の本に収まるサイズだと思うので、作品の完成度で選考に残りやすくなるのでは?って思いました。
一方で、一万字以上から応募できる公募もあると思いますけど、
文字数の少ない作品ほどより高い完成度や過去の経歴が求められそうな気がします。書籍化する際に加筆や改稿が求められると思うので、作者さんの技量が求められると思うからです。

あくまで個人の意見ですので合わない場合は流してくださいね。
何か参考になれば幸いです。
ではでは失礼しました。

賞に応募する場合の、作品の書き方。の返信 (No: 5)

投稿者 t : 1 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは
①は学生なら通学中に異世界に行ったとか。
②は異世界召喚なら勝ち組を目指すとか。
③は舞台を掘り下げるとか。
④は予想と期待でねじってみるとか。

90P~110Pがあったら(起承転結、起承転結)で読み切りが終わる。
もしくは(起承転結、起承転結、起承転結)で終わるような、方法があるかもしれませんね。
①~④を今のような”目的”で統一された考え方にあてはまめるなら。
①②は起承転結の起で、③④が承転結にあたります。
目的を提示させた後で舞台を掘り下げるという行動を通して、目的を表現させることはできないかと探してみるのもいいかもしれません。

ボリュームの件はシンプルに作品の面白さだとは思いますが。
関係者ではないので詳しいことは分かりません。
何かの参考になれば幸いです。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

冒頭のテンポと分かりにくさについて

投稿者 黒鐘 黒ぅ 回答数 : 6

投稿日時:

僕は現在、主人公が死後の世界で活躍する物語を書いています。 試作段階ですが、ある程度書き進めました。しかし、未だ冒頭のテンポと分か... 続きを読む >>

飽きっぽいんです・・。

投稿者 臍餅 回答数 : 4

投稿日時:

皆さんどうも始めまして、Pixivにて小説を投稿している臍餅と申します。 小説のジャンルは所謂ケモホモ・・・と申しますか、まぁ、そ... 続きを読む >>

世界観と地の文について

投稿者 匿名 回答数 : 6

投稿日時:

率直に申し上げますと、私は今スランプに陥っています。 世界観が上手く作れず、地の文を書いていても発送がありきたりな部分に陥ってしま... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:賞に応募する場合の、作品の書き方。 投稿者: 迷える狼

未だに一次予選すら通らない私ですが、今更ながらの応募作品についての質問です。

応募作品というのは、基本的に読み切りですので、必ず完結させる必要があります。
賞にもよりますが、大体40文字×30行で80~150Pくらいの容量にまとめる必要があります。
その中で起承転結させなければならないのですが、

①導入部分 プロローグ~始まり。
異世界転生ものなら、主人公がその状況に至るまでの過程。主人公が異世界に行くきっかけが必要だと思いますが、それをどうするか。
②目的の探し方。
「ドラゴンクエスト」みたいに、いきなり召喚した本人が居て、「お前は世界を救う勇者だから、魔王を倒して参れ」などと言われれば簡単ですが、最近流行のスローライフ系だと、いきなりどこかの野原に放り出されて、「さて、一体これからどうすればいいんだ?」となる事が多いです。そんな主人公に、異世界での生き方をどう見つけさせるか。
③目的に向かっての過程。
目的を見つけた主人公に、どうやってその目的を達成させるか。
④ラスト~エピローグ
目的を達成してからの終わり方。

実は、以前の応募作で、「導入部分が長い」という指摘を受けた事があるので、話の本編に入るまで、どれくらいのボリュームにまとめるべきか、良く考えます。

それと、私は1つの応募作を書くのに、大体100P前後のボリュームで書いているのですが、少ないときは90Pくらいで、長くても110Pちょっとです。規定最低文字数に引っかからない様に、余裕を持って書いていますが、やはりボリュームが多い作品は受賞しやすいのでしょうか。そういう事についても、ご享受願えると助かります。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ