ラノベ新人賞は年を取った人に不利?/新人賞下読みが回答

えのちさんの質問2016/02/01

ジジさん、はじめまして。えのちと申します。

早速ですが、新人賞応募時に同封する作者プロフィールの、「生年月日」欄についてご意見を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

現在、四月締め切りの某新人賞に長編を応募しようと準備を進めているのですが、作者プロフィールの「生年月日」を真面目に書くか、それともあえて書かずに出してしまうか、どちらがよいかで迷っています。
実は私、かなり年がいっておりまして、書かずに済むのであれば、書きたくないのです。

こちらのコンテンツで(過去にジジさんが答えていらっしゃるやつかも?)、「年齢で落とされることはない」と書かれている記事をいくつか読んではいるのですが、それでも結構気にしています。

年齢不問といいつつ、プロフィールで問われているということは、そこに何か意図があるのではないか……と勘ぐってしまうのです。

実際問題、生年月日を書かずに出して、即失格になってしまうようなものなんでしょうか?

●下読みジジさんの回答

プロフィール欄に「年齢」を書けと求められているならば、これはかならず正直に記載してください。

首尾よく受賞を果たしたとして、20歳の男子が来るかと思いきや40歳の紳士が……となったら大問題です。
新人作家がまず見せなければならないものは「信用」です。信用できない人間と信用できる人間のどちらが愛されるか、これはもう考えるまでもありませんね。

そして現在のラノベ業界、賞でも30代や40代の応募者の方が増えてきています。業界が成立して20年以上経つわけですので、当然ですね。
なにひとつ恥じるようなことはありません。

また、私が関わっている複数の賞において、応募者の方の年齢は記載されていません。賞によってはペンネームすらもです。それだけの「先入観の排除」を実施している編集部が、年齢を理由に落とすでしょうか?

このあたりは語り出すと切りがないのですが、ともあれ年齢を恥じるよりも「今感のあるおもしろいネタ」をひねり出し、「今感のある文章」で勝負をかけていただければと思います。

ただ、

実際問題、生年月日を書かずに出して、即失格になってしまうようなものなんでしょうか?

第一は作品のおもしろさになりますので、それはありませんが、後々困ったことになるのは確実ですので思いとどまるべきです。