小説新人賞に昨年落選した改稿作を応募しても受賞できる可能性はほぼ無い

ヤイロさんの質問 2017/10/13

①ペンネームについて(前回おうかがいした内容の続きです)

先年の応募作を改稿して送られているのでなければ……

こちらなのですが、改稿作であれば同じペンネームを使ったほうがよい、ということでしょうか。
実は、これまでは新作のみを応募してきたのですが、来年は新作と改稿作をあわせて送りたいと考えております。
改稿作でペンネームを変えないほうがいい理由について、是非教えて下さい。

②改稿作の応募について

高次落ち(最終選考の手前)の作品を改稿し、同じ賞に応募したところで、あまり期待は出来ないという話をよく耳にします。
私自身、一度は編集の方の目に触れた落選作を改稿したところで、(下読みさんを通過して編集部まで届いた場合ですが)「これ去年も見たな……」と飽きられてしまう予感がしております。

実際のところ、改稿作を送るくらいならば、新作だけで勝負したほうがよいのでしょうか?

下読みジジさんの回答

 ①ペンネームについて(前回おうかがいした内容の続きです)
こちらなのですが、改稿作であれば同じペンネームを使ったほうがよい、ということでしょうか。

改稿作を送る場合はじペンネームを使った方が良いです。

ただ、これにつきましては大きな理由があるわけではなく、単純に同じ作品でペンネームが変わるよりは微量印象がいいだろうという程度のことです。審査に影響するものではありません。

改稿作の応募について

私は改稿作を上に上げられた経験がありません。改稿作は他の作品ばかりでなく、「去年送られた改稿前の作品」とも比べられることになるからです。

ですので、他人に読ませて確実に去年よりもおもしろい、他作品をぶっちぎっている。そう言わせるだけの自信がないのであれば、新作で勝負することをお勧めします。