脳をリラックスさせるとアイディアが湧く。瞑想と休息のすすめ

この記事は約2分で読めます。
脳をリラックスさせるとアイディアが湧く。瞑想と休息のすすめ
エンタメノベルラボ・チャンネル
スポンサーリンク

瞑想をすると良いアイディアが湧くようになる!

メンタリストDaiGoは精神が安定していてリラックス状態にある人は、良いアイディアを見つけやすいと語っています。

映画監督のデヴィッド・リンチは朝と夕方に必ず瞑想を行っているそうです。
彼は瞑想の効果について「第一にアイディアをとらえる能力が高まった。第二に不安や恐れ、怒りや緊張することが減り、人生が楽しいものになった」と語っています。

瞑想とは、雑念を捨てて脳をリラックスさせる行為です。
精神が安定して、仕事の生産性も上がることから、Googleも採用しているマインドフルネスの技法として取り入れられています。

仕事をしたら思いっきり遊ぶ、休むことも重要!

文豪ヘミングウェイは作品作りの合間に旅行などの大きな遊びをしていました。
「武器よさらば」の執筆後にはワイオミングに行き、『老人と海』を書いたらアフリカ旅行をしています。『日はまた昇る』は、旅行先のイタリア、スペインを舞台にしています。

このように思い切った息抜きは、心身の緊張を解いて、良いアイディアを生みます。

重要なのは常に良い作品を作ろうと緊張状態で創作に向かうのではなく、時には遊んだり瞑想したりして、心身をリラックスさせてあげることです。
こうすることで良いアイディアを閃きやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました