太宰治に学ぶ小説新人賞の最低限のマナー。ルールを守らない人は落選します

この記事は約2分で読めます。
太宰治に学ぶ小説新人賞の最低限のマナー。ルールを守らない人は落選します。
エンタメノベルラボ・チャンネル

川端康成は、太宰治からの批判に対して、

「太宰氏は委員会の様子など知らぬというかも知れない。知らないならばなおさら根も葉もない妄想や邪推はせぬがよい」
と大人の対応していますが、彼を始めたとした芥川賞の選考委員全員が、太宰治に対して悪印象を抱いたことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

ルールを守らない応募者、社会常識のない人とは一緒に仕事ができないため、落選させられます。

一般の出版社が行っている小説新人賞は、ビジネスパートナーとして、この作家さんと付き合っていけるか? という観点からも選考されます。あまりにもマナーの悪い人、ルールを守らない人、社会常識のない人とは、一緒に仕事をやっていくのは無理だと判断され、落選させられます。

小説新人賞の応募要項に定められたルールや最低限のマナーは守って、応募してください。
間違っても太宰治先生のようなことをしてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました