おもしろいストーリーを書くための最良の方法。名作映画100本を繰り返し何度も見る

この記事は約2分で読めます。

良いシナリオを書くための最良の方法。名作映画100本を繰り返し何度も見て、なぜおもしろいのか?各作品の共通点を調べて自分なりに分析すること

脚本家、尾崎 将也さんによると、良い脚本を書くための最良の方法は、

【名作映画100本を繰り返し何度も見て、なぜおもしろいのか? 各作品の共通点を調べて自分なりに分析すること】

  • 凡作を1万本見るよりも、名作だけに絞ること。
  • 繰り返し見ることで、頭にシナリオを完全に定着させること。
  • 分析することで、おもしろさの答えを言語化すること。

▼参考文献

スポンサーリンク

バイブル論。繰り返し何度も読むほど好きな小説がある人がプロになれる。

小説の書き方講座。おもしろいストーリーを書くための最良の方法。名作映画100本を繰り返し何度も見る

実は小説家にもバイブル論というのがあります。
繰り返し何度も読むほど大好きなバイブルとなる小説がある人が、プロになれるという説です。

繰り返し何度も読むことで、ストーリーを完全に暗記。
何度も想起し、なぜおもしろいのか? 考えることで、おもしろさの本質をそこから掴むことができるためです。

ラノベ作家の岩柄イズカさんは、プロになれた理由を「心から感動できる作品と出会えたから」だと答えています。

以下、岩柄イズカさんのインタビューより引用します。

Q18: 最後に、小説家を目指して頑張っている方達にアドバイスをいただけますか?

デビューしたての新人なのであまり偉そうなことは言えませんが、せっかくなので。
たぶん、小説家を目指している皆さんには、その原点とも言うべき作品があると思います。

その作品を読んだ時の感動は、ぜひとも大切にしてください。

精神論的な面でもそうですが、その作品に感動できたということはその作品の面白さをそれだけ理解できたということです。
それをじっくり解析していけば、きっとあなたの強力な武器になってくれることでしょう。

感動した小説をじっくり解析することが強力な武器になる!ラノベ作家、岩柄イズカさんに創作に関する18の質問
Q0:自己紹介をお願いいたします。 はじめまして。 第10回GA文庫大賞で優秀賞をいただきました、みならいセロリあらため岩柄イズカです。 受賞作執筆時は、こちらでプロットの相談にのってもらったりと大変お世話になりました。本当にありがと...

小説なり漫画なり映画なりを見ただけでは、おもしろい物語を書くためのインプットとしては不十分。

なぜなら、繰り返し見ないと忘れてしまうから。
なぜおもしろいのか? 自分の中で答えを見つけないとおもしろさを再現できないからです。

私が会ったトッププロの人は例外なく名作の分析をしてます。
あなたもぜひ、バイブルとなる小説、あるいは名作とされている映画を何度も見て、じっくり分析してみてください。

タイトルとURLをコピーしました