エンタメノベルラボの文芸&キャラ文芸勉強会。終わった後に焼き肉をしました!

この記事は約2分で読めます。

2021年3月21日(日)に私が主催するエンタメノベルラボで開かれたミステリー作家、梶永正史先生の文芸&キャラ文芸勉強会。終わった後、ラボメンバーが貸してくれた事務所で、6人で焼き肉をしました。

参加費、割り勘で600円で肉をたくさん食べました。

小説講座、小説を読み合っての批評会。最後に焼き肉と中身の濃い一日でした。

焼き肉

焼き肉

焼き肉

ライトノベル作法研究所うっぴー - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン
webからの書籍化&新人賞受賞者、続々出現!小説で飯を喰っていくことを目指すサロン。プロの講座、ガチ批評会、人気作の分析会など、初心者でも安心して上達できる環境を整えています。小説投稿サイトで月1~3万円稼ぐメンバー多数

エンタメノベルラボでは毎月、新人賞を受賞するため、Webから書籍化されるために、お互いの小説を本気で批評し合う勉強会を開いています。
オンラインで行われることが多いですが、会議室を借りてリアルで行うこともあります。

勉強会

ラノベ新人賞だけでなく、文芸系の新人賞を狙うための文芸勉強会も開催しています。

文芸とラノベは、まったく違うと言われるのですが。
キャラを立てる、すぐに事件を起こす、最後に感動させて終わらせるなど共通点が多いですね。

基本原則は同じで、読者が好みとする題材が違うだけ、という感じがします。
事実、キャラ文芸を書いている人が、なろうランキングでも上位を取ったりします

時代小説とラノベも、実はかなり共通点が多いです。
売れている時代小説は

  • 主人公が最強の剣士(無双)
  • 兄弟が悪いことをしたので葛藤しつつ倒す(兄弟ざまぁ)
  • 部下からすごいすごいと褒められる(主人公アゲ)。
  • 女の子からモテモテ
  • 悪者を倒して感謝される

ラノベとほぼ同じです。
ひとつのジャンルを極めると、応用で別の小説ジャンルも書けるようになりますね。

勉強会に参加されたい方は、ぜひ、エンタメノベルラボに入ってください。

タイトルとURLをコピーしました