顔文字や文字装飾などはマイナス評価になる?/新人賞下読みが回答

雷切さんの質問2015/01/21

新人賞に投稿する誰もが、出来るならば目立ちたい。違った感じを出したい――そんな風に思っているのではないでしょうか。

ですが、目新しい事や奇抜な事をやれば評価をされるわけでもないでしょうし、逆にマイナスの評価をされてしまう可能性の方が高そうに思えます。
そこで質問です。

・強調したい時(叫ぶ時など)に、大きいフォントで書く
・文字を組み合わせて、顔文字や絵を作る
・章の合間に、世界観を説明する「設定帳」や「クイズ」などを挿れる

上記のものは、全て実売されているライトノベルに存在した表現です。
これらを新人賞で用いた場合、どんな評価になるのでしょうか。

●下読みジジさんの回答

「強調したい時(叫ぶ時など)に、大きいフォントで書く」のは大丈夫かと思いますが、基本的にはプラス評価はされないものと考えてください。

クラッシックのコンテストで、楽譜の指示を無視して演奏してしまうのと同じことですので。

地の文章とセリフで、魅力的な設定やキャラ、ストーリーという作者の「地力」を見せるのが応募作です。
もちろん、そのような表現を審査側が思いつかない斬新さで生かした傑作なら気にする必要はないのですが、「すでにその表現が既存のものである」以上、必要以上の完成度が問われますので、それだけでも避けたほうがよい理由になるかと。

コメント

  1. サイラス より:

     個人的には、ハードルを上げるような行為なので、避けるかな。

     ひとつは、下読みさんや編集者に、自分のレイアウトセンスを評価して、それが良かったら、上げてくれ!!と言っているようなもので、状況に合ったフォントや文字サイズになっていれば、問題ないのです。
     しかし、実際はそれを多用して効果が薄れていたり、縦書きなのに顔文字を使って、見にくくなったり、文字が離れすぎたり、近すぎたりして読みづらい等、うまく使えていない方が多いようです。
     また、下読み経験のある野村美月氏も、著書の『下読み男子と投稿女子~優しい空が見た、内気な海の話~』で、その点について書いていますので、そちらを参考に……

     ふたつめは、上記とリンクしますが、レイアウトまで見ないといけないため、手間が掛かるという点があることです。
     ただでさえ、設定等など一から作って、整合性を取ってから、締切に間に合うように執筆しなきゃいけないのに、その後、印刷等をして、レイアウトを確認して、ダメで、大幅に直さないといけなくなると、もう地獄でしょうね。執筆まで掛けた時間が水の泡となるし、実際に連載になったら、締切が、レイアウト確認まで含めて、十分な時間をくれる保証はないでしょうし、そういったチェック項目を増やすのは、避けたいです。

     最後は、編集者が嫌がるような気がします。
     レイアウトについては、編集者の領分だと思われるので、そこに口を出す作家とは、衝突する確率も上がるだろうし、文章を直すまでに時間や労力が掛かる作家とは、博打の要素が高すぎて、よほど作品の質や可能性が良くない限り、組みたくないように思えます。

     以上のことから、顔文字や文字装飾は、締切までに、確実に作品を作り上げる点や、編集者を安心させる上では、新人賞では、避けた方がいいような気がします。
     

  2. うなうな より:

    ライトノベルではないですが、編集の経験はあります。
    結論からいうと基本的にはやめたほうがいいと思います。
    レイアウトは実際に本の形にした時にかなり印象が変わる可能性がたかいからです。
    なので、自分の書いたものがちゃんと本になって「ああ、ここはこういう風になるんだ」とわかってからそういうものにチャレンジしたほうがいいとおもいます。
    読みやすさも印刷した原稿を本の形におって実際にめくってみて確かめたほうがよいと思います。