キャラクター

キャラクター

魅力的なキャラクターの作り方。キャラがブレるのはストーリーが破綻するよりも悪い。

キャラがブレるのはストーリーが破綻するよりも悪いこと 創作において「キャラがブレるのはストーリーが破綻するよりも悪い」と言われます。なぜかというとキャラを好きになってもらえなくなるからです。 これには科学的な証拠があります。 カナダのウィ...
キャラクター

小説の書き方講座。キャラクターはギャップで魅せる。○○なのに□□なキャラ

キャラクターの作り方。あり得ないギャップがキャラの魅力となる 例えば、500万部万部以上を売り上げた人気作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(2008/8/ 刊行)のヒロイン、高坂桐乃は、美少女なのに妹物のエロゲーが大好きです。 ...
キャラクター

小説の書き方講座。既存のキャラをモチーフにオリジナルキャラを作る方法

キャラクターは既存のキャラをモチーフに作る キャラクターを作る際は、既存のキャラをモチーフにするのが良いです。 生い立ちの設定を変えたり、新しい要素(妹、魔王、奴隷)などを追加したり削除したり、物語に合わせて性格や口調を変えれば、まった...
キャラクター

小説の書き方講座。キャラ設定はストーリーとリンクさせる

キャラ設定とストーリーはリンクさせる! キャラ設定はストーリーとリンクさせるようにしましょう。 累計発行部数150万部の大ヒット作『エロマンガ先生』(2013/12 刊行)を例にあげて解説します。 主人公は、高校生のライトノベ...
キャラクター

ラノベのハーレムテンプレ。絶対に自分を裏切らない立場(配下、奴隷、妹)の女性に囲まれる

0年代のハーレムと10年代のハーレムの変化 0年代のラノベハーレム。 ・美少女大好き。ハアハア。萌え! 10年代のラノベハーレム ・絶対に自分を裏切らない配下。奴隷。好き! ハーレムの目的が性欲から、承認に切り替わっています。 ...
キャラクター

ラノベと漫画の主人公の違い。漫画は理想的な英雄を描く。 ラノベは理想的な自分を描く。

・漫画は理想的な英雄(主人公)を描き。 ・ラノベは理想的な自分(主人公)を描く。 ラノベ読者は、主人公になりきって物語を楽しみます。 そこで描かれるのは、読者の体験したい理想的な自分の物語です。 ラノベ主人公とは「陰キャラのま...
キャラクター

黒歴史は宝の山!人気作家は初心者時代の作品からキャラのアイディアを拾っている

250万部突破のヒット作『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』(2014年7月刊行)の作者、羊太郎さんは3巻のあとがきで、主人公グレンを、母親が倉庫から探し出してきた黒歴史ノートから見つけたと語っています。 この『ロクでなし』の主人公の...
キャラクター

ラノベで絶対やってはいけない3つのタブー!

やるとマズイ順に 1・読者の心を傷つけてはならない(承認欲求)2・キャラクターがブレてはならない(キャラクター性)3・難しい言葉や表現を使ってはならない(読みやすさ) 読者の承認欲求を満たす、キャラクター性重視の読みやすい小...
キャラクター

小説家にとって重要なのは性癖を全開にしても平気な鈍感さ!

作家、餅月望さんのインタビューより。小説家になるためには、どんな能力が一番必要だと思われますか? ≪面白さのためならば恥ずかしさを捨てることができる、ある種の鈍感さ≫が大事なんじゃないかと思います。 自分が面白いと感じるなら臆...
キャラクター

創作で最もしてはいけないのは「キャラがブレること!」良いキャラとは首尾一貫した存在

ストーリーが破綻するよりも悪い創作で最もしてはいけないことは、キャラがブレること。なぜかというと、人間の脳は首尾一貫した性質の物を好む傾向があるからです。ドラゴンボールの孫悟空が修行をやめて就職活動を始めたりしたら、それはもう悟空ではない...
タイトルとURLをコピーしました