小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。 (No: 1)

スレ主 ヤンク 投稿日時:

異世界の設定を考えています。

もし、西洋文化のもたらされていない前近代的な地域(:=異世界)があったとして、その世界での人々の思想を考えたときに、無条件に我々の住む世界と同じ考え方や行動原理をしている訳ではないと思います。
ヌエル族が牛の尿で顔を洗う行為を一定数の日本人が「理解できない」と感じるように、異世界にも現代の日本人が「理解できない」文化があると考えます。

問題は、その文化の強制力が、近代的自我の概念がもたらされる以前には最大でどのくらいなのか、また、その世界をより「快適な」世界にするために、近代思想に代わる別の思想的変革、いわば「替わりの社会学」があるとしたらどのようなものか、ということです。

自分個人の勝手な考えですが、文化とは往々にして不自由で, 差別的で, 監視社会的であると思っています。
文化人類学的に母系社会があり得ても女権社会があり得ないことを考えれば、個人が文化という仕組みを(文化に対する反感が個人の感想だけにとどまることなく)集団として乗り越えるにはより強力な概念を手に入れる必要があり、それを手に入れるまでは人間が抗えない「何か」が人々にそうさせていると考えざるを得ません。
もし仮に異能の力をもって女性が社会的権力を持つような社会になったとしても、おそらくその「何か」はこんどは男性から権力を奪うかもしれないし、知的障碍者, 癩者, トランスセクシャルといった人々を、差別ないし「区別」するよう人間に仕組むかもしれません。

人類がその「何か」を乗り越えることができたのは思想の変革、すなわち近代的自我, 産業革命, 資本主義を経、さらには大きな物語から小さな物語への移行を経たためであると考えます。
しかしながら異世界という(特に条件がない限りは)全く西洋と無関係な世界に於いてそれほどまで我々の世界に似た思想が生まれるかどうかといえば疑問があります。

この問題を解決するには、
第一に、「異世界なのだから多少人間が暮らしにくくても仕方がないし、それ以上を望むのは傲慢だ」として諦めるか,
第二に、魔法や異能の関与を認め、そのようなものが存在する世界における混沌は予想できないものとして説明を放棄するか,
第三に、異世界に人間が存在することから我々の世界と異世界とが99%似ているとし、残りの1%が似ていないのは確率的に不自然だとして近代思想までもを人間に与えてしまうか,
第四に、ミームや情報の流れといった社会的要因に直接介入できるタイプの異能を登場させ、無理やり個人の力を強くするか,
第五に、異世界と我々の世界を交流させて近代思想をもたらすか,
第六に、近代思想に代わる「替わりの社会学」を考えるか

といったことが考えられます。
そして、自分としては第六の方法を採りたいところなので、a. 実際はどのような方法を採るのが「正しい」あるいは「創作として健全な」のか。b. 第六の方法を選んだとして、「替わりの社会学」がありえるとしたらどのようなものか。といったことが疑問に思われました。

a.の問題は一時的に保留にするとして、b.はどのようなものが考えられるでしょうか。教えてください。

なお、自分の想定している世界のスペックを載せておきます。

・「銃」は、存在していないか、広まっていない。
・西洋近代以前のあらゆる道具を使うことができる。
・西洋近代的な思想を持つ社会はその世界には現在にも過去にも存在しない。
・やむを得ずそうする時を除いて、文化は地球上のどの社会のそれからも借りない。
・ドラゴンクエストシリーズに登場する呪文のような用途/効果の「魔法」は存在する。それ以外の魔法は存在しないか、あまり知られていない。

これ以外の要素を後から加えるのは、避けたいですが可能です。また、第六の方法だけでは不可能であると判断される場合は、関与が最低限になるような経路でその他の方法を混ぜることも可能とします。

カテゴリー: 設定(世界観)

この質問に返信する!

近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。の返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

なにいってんのかわかんなーい\(^P^)/
=============================
もし、西洋文化(※1)のもたらされていない前近代的な地域(:=異世界)があったとしたら、その(:=異世界)で暮らす人々は、どんな思想をもっているのだろう?

そう考えたときに、質問主的には無条件に【我々の住む世界と同じ考え方や行動原理をしているはずは、無い!】と思ってしまいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たとえばエジプトあたりに暮らすヌエル族は洗顔の際に水ではなく牛の尿を使うそうです。(※2)

それを聞いたら、だいたいの西洋人&日本人は「理解不能」「獣相手のスカ〇ロ行為だと…‥!?」と感じるように、異世界にも現代の西洋人&日本人が「理解できない」文化があると考えます。(※3)

問題は、その【尿洗顔へのドン引き】みたいな【西洋人&日本人における近代的な文化概念】が、(:=異世界)では、どれくらいのシェアを占めている物なのか?

 そして(:=異世界)を、より「○○にとって快適な(※4)」世界にするため、西洋人&日本人における近代思想に代わる別の思想的変革、いわば「(:=異世界)仕様の、替わりの社会学」が発生するのではないか?
あるとしたらどのようなものか?

==================================
※1
まず、その西洋は「どこ?」
 イギリスは日本みたいな島国だし、地続き群生国家ヨーロッパはアラブやインカ帝国、ロシア、中国にもえっちらおっちら繰り出し、略奪したり、シルクロードという経路とかを辿り、クソ手間暇をかけながら、文化交流はしていましたよね?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※2
エジプトはナイル川とかがあって、水が比較的沢山ある国ですが、水にクソやばい寄生生物がいて、飲んだり触ったりで死んだりすると聞いたことがあります。

純粋に水が貴重なんだと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※3
西洋人なら「そもそも洗顔しなけりゃい一じゃん」ってなると思う。あっちも水が高価な地域が多いから。
 ハッキリ言って日本の綺麗で安全な水の量が潤沢すぎて異常なだけ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※4
ロシアじゃねーけど、独裁者以外の人間は、家畜以下の猿以下の生活送っているって珍しくないと思う。

現代社会ほどじゃなくても冷蔵庫がない時代でもアイスクリームを食えた王は、いる。

=======================
あと、しょせんホモサピエンスなんだから、異文化つってもサソリやイソギンチャクよりかは似たような文化や生態系つくるやん。

ホモサピエンスじゃなくても動物園のペンギンの群れの人間関係がほぼ昼ドラ!!とかも、なんかニュースになってましたよ?

何に悩んどるん?意味わからん。

近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。の返信 (No: 3)

投稿者 あまくさ : 2 No: 1の返信

投稿日時:

>近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。

結論から先に言えば不可能でしょう。ただし、それは「思想の自由」が近代的自我の産物だからではありません。「近代的自我」の方が西洋思想の産物だからです。よって非西洋的な世界に「近代的自我に支えられた思想の自由」に似たものが成立したとしても、それは似て非なる物と言わざるを得ません。

>もし、西洋文化のもたらされていない前近代的な地域(:=異世界)があったとして、その世界での人々の思想を考えたときに、無条件に我々の住む世界と同じ考え方や行動原理をしている訳ではないと思います。

>問題は、その文化の強制力が、近代的自我の概念がもたらされる以前には最大でどのくらいなのか、また、その世界をより「快適な」世界にするために、近代思想に代わる別の思想的変革、いわば「替わりの社会学」があるとしたらどのようなものか、ということです。

その点については手っ取り早い参考例として、古代ギリシャ哲学についてどうお考えですか?
プラトンの著作は、おそらく現代の欧米人や日本人が読んでも理解できるものです。論語もしかり。これだけ時代と文化が隔たっていても、人間の思考には論理的な共通点が生じうる証左と思えますが、どうお考えでしょうか?

>自分個人の勝手な考えですが、文化とは往々にして不自由で, 差別的で, 監視社会的であると思っています。

まあ、そういう考え方自体が西洋思想的ですけどね。

>人類がその「何か」を乗り越えることができたのは思想の変革、すなわち近代的自我, 産業革命, 資本主義を経、さらには大きな物語から小さな物語への移行を経たためであると考えます。

もう一度、古代ギリシャ・中国についてどう位置づけられているのかお聞きしてみます。
それと、近・現代社会に生きる人間がその「何か」を本当に乗り越えているのかどうか、一抹の疑問も感じます。

そもそも「小説」というジャンルも「近代的自我」の発生と進展に支えられている部分が大きいので、「近代的自我」と異質な思考をガチで扱うのは難しいと思います。まともにやろうとすると小説の脱構築になってしまいます。
「近代的自我」によって生きる主人公が非西洋的な文化と遭遇し、その異質性にカルチャーショックを受けるという形にするなら容易です。

>ヌエル族が牛の尿で顔を洗う行為を一定数の日本人が「理解できない」と感じるように、異世界にも現代の日本人が「理解できない」文化があると考えます。

そういう風習があるのは知りませんでしたが、そういう行為を見てびっくりするというエピソードを書くなら簡単でしょう?

ま、そういう問題があるから異世界転移・転生モノが流行ったんですよ。主人公が現代日本人の思考や価値観を持って物語を体験するという形は、すこぶる書きやすいんです。

ただ、スレ主様が書こうとされているのは、おそらく登場人物全員が異世界人のハイファンタジーですよね?
それは、本当の意味で論理的に取り組もうとすると、実は不可能に近いほど難しいんです。読者とは異質な思考を持つ主人公が、読者とは異質な世界を体験する状況を書くことになるので。先鋭的な純文学ならいざしらず、エンタメならどこか1点は読者の常識や日常感覚で理解できる軸をもうけないと成立しません。
よって、妥協が必要です。

>この問題を解決するには、
>第一に、(略)

第一~四には設定都合による妥協があり、そのうち第三は無理矢理論理的に見せかけようとしており、第一・二・四は描写や展開により矛盾を隠して押し切ってしまおうという方法かと思います。
第五は先述の異世界転移・転生ものに近く、第六は異文化の異質性をガチで描こうとする方法で、要するにスレ主様は一番難易度の高いことをやろうとされています。

>a. 実際はどのような方法を採るのが「正しい」あるいは「創作として健全な」のか。

これは、「正しい」とか「創作として健全」という問題ではないでしょう。繰り返しますが、「現実問題として妥協は必要」ということかと思います。どういう妥協になるのか具体的に言うならば、

◎完全異世界でありながら、読者にわかりやすい思考や常識を忍び込ませ、描写やストーリー展開で誤魔化してしまう。

これにつきます。
おそらく、これをまったくやっていないハイファンタジーは皆無だと思われます。

異世界を描く方法は、ざっくり分ければ次に三つ。

1)現実世界の文化・歴史・風習を模倣する。

2)先行作品の世界観を模倣する。

3)一から創造する。

3はきわめて難しい上に、類例のないものは読者にとっても難解になってしまうので、推奨できません。
1・2の方法はおそらくスレ主様にとっては不本意なのでしょうが、実際問題としてはこのどちらかしかないと思いますよ。1・2なら読者にもわかりやすく、3は難解になりやすいという点も重要です。

どうしても第六の方法にこだわりたいなら、第二・三などと組み合わせて、言葉は悪いですが都合の良いところだけ読者の常識を紛れ込ませてしまうしかないでしょう。
ファンタジーって、そういうものです。割り切ってください。

まあ、スレ主様の仰っているようなことを一切考えないで、いきなりナーロッパに走るのもどうかとは思わないでもありません。
あれこれ考えた上で、想定読者などのことも含めた大局観からバッサリ妥協するという方法が、けっこうお勧めだったりします。

近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。の返信 (No: 4)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

要するに、異世界の文化がどういうものか考えてる、地球とは違うからこれと同じというのは違和感があるためどのような形にするか助言が欲しい、ということなんだろうか。

まず大前提として、人間は自分が知ってること以外は想像できないので、まったく新しい形を想定するのは人間の限界を超えてるので無理。
なんらかのモデルを用意して、そこに手を加えていく形を取ったほうが良い。
>母系社会があり得ても女権社会があり得ないことを考えれば、
母系社会なら女性側に権利があると思うのだけど、社会的に男性側に権利が傾いてるのは単純に「力」で解決してきた古代や中世の、それこそ文化によるところでしょう。
であれば問題解決の手段を女性側が持つような世界観を作りゃ女性社会になると思うよ。
まあ、女性は子供を産めるし男性は産めないので、男性は家庭など内を守ることができず社会など外で守る事になるので、その外である社会で女性より男性のほうが立場が高くなるのは当たり前だし、日本でも確か平安頃は母系で相続してたりして家庭内での男性の立場は著しく低いってことなかったっけか。
でもそうなると内でも外でも女性が強いってことになるから、男いらね状態だと思うし、文化として成立しにくいんじゃないかな。

となると、あくまで男と女っていう性の観点から考えた答えだけど、社会的に女性の立場は低く男性が強いというのは異世界でも自然とそうなるだろうし、文化人類学はあくまで人類をベースに考えてるからこれをモデルにするなら人類の社会と大きく反れた思想は無理だと思うよ。

ではどうしたら「新しい社会思想」を考えられるかって考察すると、モデルを人類から動物や昆虫の社会にうつして考えりゃいい話。
例えば蟻や蜂は一個の社会を形成してると言えるよね。こういう虫を参考にしてみたら? どっちも「女王」でしょ。スレ主さんが言う女権社会が成立してる社会じゃないかな。
異世界の住人の姿が人間に近いとして、けれど女王蟻のように卵産みまくるってのも気持ち悪いから、女王のみが与えることのできる何か、を想定すりゃいいんじゃね。女王蟻の「卵」を別のなにか「能力」とか「権限」とかあるいは曖昧に「加護」とか。
神ではなく女王(女性)のみが与えられる加護によって、みたいな。
基本的には男性社会と同じで要職には男性が多いけど、そのトップは「加護」の理由で常に女性だし、女王という存在があるから相続なんかも基本的に母系になって、一見して男性社会のようではあるけど実情は社会的にも女性のほうが強い。

スレタイの に思想の自由を発達させることは可能か は、前提にある「近代的自我なしに」がわかんなくて、いまいち理解できない。
一概には言えないけど、西洋で思想の自由が妨げられたはどう考えても宗教のせいでしょ。
近代的な自我を持たなくても多神教の古代ギリシャとか一神教が根付く前のオリエント周辺とか普通に思想の自由があったと思うよ。

>近代的自我の概念がもたらされる以前には最大でどのくらいなのか
なのでコレは、宗教次第だと思う。
そもそも西洋の古代や中世は「宗教」=「常識」なとこあるし。
宗教がないとするとその「常識」を国レベルでまとめることが出来ないから、それこそ魔法やスキルやで解決するか、宗教にかわる「教え」を考える必要があるんじゃないかな。

>近代思想に代わる別の思想的変革、いわば「替わりの社会学」があるとしたらどのようなものか
人類をモデルにするなら人類の社会とさして変わらないはず。
確かに人類同士でも理解しえない文化の差はある。例えばキリスト圏ではキリストの復活伝説から死後の遺体は保存する習わしがある。だから遺体を燃やすなんてのはこの上ない不道徳なこと。でも、仏教圏では火葬するのが供養で遺体を放置するなんて事が不道徳なこと。
でも、これも結局はその物事の背景にあるものの違いであって、生物学的に違いがある思想ではない。
だから、そういう「人類の間でも文化の差はある」と同じように「異世界人の間でも文化の差はある」わけだから、異世界においても文化の差がある事自体が人類社会と変わらないはず。
そして、それを回避したいと思うのであれば虫や動物など別の、生物的にまったく違う行動を持つ生物の社会を参考にすると良い。

近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。の返信 (No: 5)

投稿者 通りすがり : 0 No: 1の返信

投稿日時:

a→どれを選んでもいいと思う。要は選んだもので面白い物が書けるかどうか。必要なのは正しさではなく面白さ。

b→現実において国ごとに社会システムが違うのは人類が有史以来いまだ皆が幸せになれる社会システムを見つけられないからだと思います。
だから既存にない全く新しくて理に叶った社会システムにはどんなのがありますか?と聞かれても答えられないですよね。
放射性物質の半減期を減らす方法ってどんなのが思いつきますか?って聞いてるようなものだと思います。
まぁそれでも何かとなったらまず「人権」や「身分」や「役割」が全く存在しない社会を考えてみるとか?

狩猟民族なしに思想の自由を発達させることは可能か。の返信 (No: 6)

投稿者 せがらき : 0 No: 1の返信

投稿日時:

似た問いとアプローチで性交したのが、書きせんさんが嘔吐が出るほど尊敬している深遊ラブのされど聖人は馬に乗るだと思います。

アニメは取っつきにくいですが、小説の方は読み易いですのでおすすめします!!

読んだら、生きる希望が湧く! そんな本です。

ですが、いえ…これは自分で気付くべき案件だと思いますので、最後まで言うべきではありませんね…

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

主人公と対等のライバルはありか?

投稿者 点眼爆薬炸裂大車輪 回答数 : 4

投稿日時:

はじめまして、点眼爆薬炸裂大車輪と申します 現在小説家になろう様に投稿しようと考えているのですが、作中最強クラスの実力を持つ主人公... 続きを読む >>

書きたいネタがあります

投稿者 灰野 真 回答数 : 1

投稿日時:

こんばんは。 源氏物語と妖刀の組み合わせって、アリだと思いますか? 時代設定は明治時代くらいの話にしたいです(スチームパンク的な)... 続きを読む >>

次に何が流行ると思いますか?

投稿者 読むせん 回答数 : 28

投稿日時:

単なるネタ質問です。スイマセン(;´∀`)気軽に考えていただけると幸いです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 最近【もう遅い... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:近代的自我なしに思想の自由を発達させることは可能か。 投稿者: ヤンク

異世界の設定を考えています。

もし、西洋文化のもたらされていない前近代的な地域(:=異世界)があったとして、その世界での人々の思想を考えたときに、無条件に我々の住む世界と同じ考え方や行動原理をしている訳ではないと思います。
ヌエル族が牛の尿で顔を洗う行為を一定数の日本人が「理解できない」と感じるように、異世界にも現代の日本人が「理解できない」文化があると考えます。

問題は、その文化の強制力が、近代的自我の概念がもたらされる以前には最大でどのくらいなのか、また、その世界をより「快適な」世界にするために、近代思想に代わる別の思想的変革、いわば「替わりの社会学」があるとしたらどのようなものか、ということです。

自分個人の勝手な考えですが、文化とは往々にして不自由で, 差別的で, 監視社会的であると思っています。
文化人類学的に母系社会があり得ても女権社会があり得ないことを考えれば、個人が文化という仕組みを(文化に対する反感が個人の感想だけにとどまることなく)集団として乗り越えるにはより強力な概念を手に入れる必要があり、それを手に入れるまでは人間が抗えない「何か」が人々にそうさせていると考えざるを得ません。
もし仮に異能の力をもって女性が社会的権力を持つような社会になったとしても、おそらくその「何か」はこんどは男性から権力を奪うかもしれないし、知的障碍者, 癩者, トランスセクシャルといった人々を、差別ないし「区別」するよう人間に仕組むかもしれません。

人類がその「何か」を乗り越えることができたのは思想の変革、すなわち近代的自我, 産業革命, 資本主義を経、さらには大きな物語から小さな物語への移行を経たためであると考えます。
しかしながら異世界という(特に条件がない限りは)全く西洋と無関係な世界に於いてそれほどまで我々の世界に似た思想が生まれるかどうかといえば疑問があります。

この問題を解決するには、
第一に、「異世界なのだから多少人間が暮らしにくくても仕方がないし、それ以上を望むのは傲慢だ」として諦めるか,
第二に、魔法や異能の関与を認め、そのようなものが存在する世界における混沌は予想できないものとして説明を放棄するか,
第三に、異世界に人間が存在することから我々の世界と異世界とが99%似ているとし、残りの1%が似ていないのは確率的に不自然だとして近代思想までもを人間に与えてしまうか,
第四に、ミームや情報の流れといった社会的要因に直接介入できるタイプの異能を登場させ、無理やり個人の力を強くするか,
第五に、異世界と我々の世界を交流させて近代思想をもたらすか,
第六に、近代思想に代わる「替わりの社会学」を考えるか

といったことが考えられます。
そして、自分としては第六の方法を採りたいところなので、a. 実際はどのような方法を採るのが「正しい」あるいは「創作として健全な」のか。b. 第六の方法を選んだとして、「替わりの社会学」がありえるとしたらどのようなものか。といったことが疑問に思われました。

a.の問題は一時的に保留にするとして、b.はどのようなものが考えられるでしょうか。教えてください。

なお、自分の想定している世界のスペックを載せておきます。

・「銃」は、存在していないか、広まっていない。
・西洋近代以前のあらゆる道具を使うことができる。
・西洋近代的な思想を持つ社会はその世界には現在にも過去にも存在しない。
・やむを得ずそうする時を除いて、文化は地球上のどの社会のそれからも借りない。
・ドラゴンクエストシリーズに登場する呪文のような用途/効果の「魔法」は存在する。それ以外の魔法は存在しないか、あまり知られていない。

これ以外の要素を後から加えるのは、避けたいですが可能です。また、第六の方法だけでは不可能であると判断される場合は、関与が最低限になるような経路でその他の方法を混ぜることも可能とします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ