小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です… (No: 1)

スレ主 もちも@小学生 投稿日時:

 12歳、女です

 小説家になろうと言うサイトで、1年、必死に書きまくって、
 100ポイント(評価のような感じ)の壁を越えて、
 ブックマークしてくださる方も、予想以上に120件を超えました。
 ただブックマークボタンを押すだけですが、それでも120人という数字に驚いて、
 感激して、毎日自分の評価でうっとりしてる私。

 私は、その作品の前に、ちょちょっと書いてすぐに捨ててしまった作品がありました。
 そのほとんどが、5000文字以内で。
 
 元々なんで小説家になろうに登録したのかと言えば、書籍化できるからとか、
 そんな叶わない夢。
 
 調子に乗ったんです、「このまま本になるんじゃないか」って。
 (自意識過剰です、そこは直さないと……)

 けれども、矛盾点をたくさん指摘され、挙句の果てにストーリーがループすると言う作品でした。

 それから、しばらく書かなくなりました。
 
 作品も、2カ月、3カ月と、放置。
 
 たくさんの、一度でも、いいと思ってブックマークしてくれた120人に対する
 申し訳なさがあったけど、

 もう矛盾点が多いし、8万文字を治していくのは面倒くさい、
 
 と、新たな作品を書いて捨てて書いて捨てて書いて捨てて
 
 アイデアは腐るほどあるんです、すぐに、ぱっと思いつく、
 けれどもそれを文章にして、物語にしてができない。

 今回、ライトノベル研究所にて、いろいろな記事を読み漁りました。
 そしたら、どんな作品でも書いてみる事が大切みたいなことが書いてありました。
 

 本当にそう思った、けれども、やはりできない。

 自分の中での黄金期が頭の中に残って、
 せっかく書いた新しい作品(もうただの文章)
 が人気にならないんじゃないかって……

 わかっているけど、できない
  
 それが本音。

 結局、なろうのアカウントも削除、1年間書いた作品もこの世に存在していません(削除した。)

 今では、やる気を出すために音楽かけて、イヤホンして、(耳に悪いのに)感情的になるようにする
 けれども、無理。

 やる気はあるのに、書いた途端に「ああ、無理」とやめてしまう
 読書はあまりしません、確かにそれも関係あるかも……

 けど、かつてのあの日の様に、無我夢中で一日中書いていたい。

 私は、どうしたらいいのでしょう
 聞きたいことは

・この異常なスランプから抜け出せるのか
・↑もし抜け出せるなら、どうすればいいか
・私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか
・アイデアが腐るほどあるのは皆さま同じなのか
・これから、作品は書いていっていいのか

 です

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

この質問に返信する!

人気回答!とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 4 No: 1の返信

投稿日時:

・この異常なスランプから抜け出せるのか
「なろう」に投稿をした理由は書かれていますが、小説を書こうと思った理由は書かれていません。
そっちのほうを探ってみると良いのではなかろうか。
ネタは思いついてるけど書けないもどかしさ、というのを私が経験した時には、まあ有り体に言って「なんかやる気がでない」というだけだった。
だから、明確な目標や目的を設定したり、執筆において意識改革を行うと、逆に何で書けなかったのか思い出せないくらいになった。
……つまり、もともと「書けない」に理由がなかったんだね。私の場合。
理由のないスランプだったので、単純に自身のやる気が強く影響していた。
ズブの初心者の頃は「書けるだけで面白い」ので、理由がなくても書いていたってだけだった。
多少成長するとそうではなくなるので、「書く」理由がそもそもないし、だから「書けない」というスランプにも理由なんかなかった。

・↑もし抜け出せるなら、どうすればいいか
人によるんじゃないかな。
意識改革とは書いたけど、目標を定めるのもその一環ではあるものの、やっぱ人によるでしょう。
私の場合は、根本から改めました。
根本というのは、まず食生活。睡眠時間、適度な運動。小説・創作以外の趣味を見つける。
とまあ、いろいろ。
これも人によると思うけど、いろいろ改めて思ったのは、意外と姿勢は大事ってこと。
猫背になると血の巡りが悪くなるし、若いとあんま気づかないと思うけど座ったまま身体を動かさないから姿勢が悪いと長時間の活動ができない。
そもそも人間って身体の構造が座るように出来てないからね。

その次に、なるべく短い作品を作るようにして、やる気があるうちになるべく手早く「完成品」を作るようにしました。
すると、まあ短編と言えどもモノによって執筆時間は長くなる事もあるわけで、「あと30分だけ」「あと1時間あれば書ききれる」と、だんだんコンディションが良くなるというか向上するというか、「書けない・やる気出ない」時期に比べて良くなったと思います。

・私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか
割と誰でもそう。
長編を一本も書いたこと無いってのに、「これで新人賞を取ってやるんだ!」と意気込んでる初心者はめっちゃ多いです。
はい。私もです。もうかなり昔の事ですが。

継続は力とは言ったもので、存外、こういうのは書き続けることが大事です。
ーーなんて言葉はどっかで誰かに聞いたでしょうが、多分、思い違いをしていることがあると思う。
「書き続ければ、技術が身について小説が上手くなる」という意味でもあるのだけど、
Webであろうと、なまじ連載しているともっと身近な言葉として実感できます。
たとえば毎日更新ないし週1更新を1年か2年か続ければ、必ず一定数の読者はつきます。
一方、同じくらいの技量の作家さんが気まぐれで適当に更新していたら、おそらくそんなに読者はつかないです。
継続は力なりって、単純に「続けることに意味があるし、その継続自体が力を持ってるんやで」という事なんで、正直、これまでの活動を消してしまったのは勿体ないでしょう。
作家たるもの「作品」に目が行きがちで、当然その評価に一喜一憂するものですが、読者としては安定供給してくれる安心感も大事なので、継続してくれる、書き続けてくれるだけで「書いてもなんにもならない」なんて事ないですよ。
なので、繰り返し、活動を消したのは勿体ないです。

・アイデアが腐るほどあるのは皆さま同じなのか
どうだろう。
人によると思うけど、傾向としては初心者ほどアイディアで溢れてると思う。
これは、アウトプットの速度の問題。つまり、執筆や創作自体の速さが違うし慣れればアイディアに見切りをつける取捨選択も出来るため、それらが鍛えられてない初心者は何でもかんでも抱え込んで形にならないネタで溢れかえってる。
と、そんな事を自身の体験談を自己分析して感じる。

・これから、作品は書いていっていいのか
どうぞどうぞ。
現在12なら、まだ最年少作家を狙える年齢だと思うので、頑張ってみましょう。

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 3)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

うーん・・・それって一般的には成長痛とかに分類されるものかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伸ばし時かも。
人間にはインプットとアウトプットがあります。
歌を聴くのがインプットなら歌ってみるのがアウトプットという感じ。

歌いたい曲はあるけれどのどのレベルが足りないから欲しい音階が出ない→歌いたい曲が歌えない、とかではないでしょうか?

トレーニングをして音階を増やしたり、逆に足りない音階で作り出せるものを探すのもあなた次第

聞くのもいいですが声にだして口ずさんでみては?歌詞なんてデタラメでいい、欲しい言葉を思い出して音階にのせてみたり、スキャットという意味のない旋律とかでいい、まずは体内から吐き出せるだけ吐き出してみては?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイデアのほとんどは忘れてしまうもの。昨日の晩に見た夢のようなです。
なのでネタ帳として忘れる前に書き出しておきましょう。
その際は分かりやすく、短めにかけると素敵。

くれぐれも
『その犬、箱が階段、日本人形とヌタウナギが、こたえはけものばらだからだよ?西に上る西にのぼる』とかみたいに・・・・当時の記憶がないと分かるか!!何やねんボケェ!!みたいな残しかたたはしない方がいいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書籍化は・・・・・好きな作家が超大手のラノベ出版から書籍化するも、絶句レベルの原作レイプ状態に改変されまくったうえで、売り上げは伸びず、捨てるように3冊で強制打ち切りくらったから・・・・(-_-;)

作家さん以降ノイローゼ状態で・・・・なんか書く新作が全部、改訂されまくった仕様のストーリー展開(ハーレムでチートでブさ面アゲアゲ、イケメンを下げ下げ、俺つぇぇぇ)量産機になってしまって・・・・。男性向けの可愛いピュア純愛もの作家だったのに・・・・(-_-;)

書籍化は一長一短です。まじで気を付けて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だいじょうぶ、大きくなれば否応なく書けなくなります。

うっかり18時間労働とかの職種に就職☆は、ざらにあるので、朝6時に起きて夜は12に就寝。月の休みは3日~1日とかで、でもホワイト労働形態な方です☆とかになると、たまの休みに「おっし趣味の小説を書こう!!」と思っても一文字も出てこないよ。

頭が「あと13時間後にまた朝6時が来る・・・・残りの業務が来る・・・・どう処理しよう」とかに脳みそリソース持っていかれて、執筆アプリが起動してくれないまま電源が落ちちゃうの。13時間後が来ちゃうの。

たかが120人のファン確保に動揺してしまうようでは、中学で厳しめの運動部に入るだけで、上記のような執筆不能モードになってしまえると思う。うん大丈夫。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うげ!?と思ったら今がんばって書きましょう。

社会人ラノベ作家はラノベ印税が年間で50万~200万程度が平均のようです。

一月だと4万~15万というところ。月4万だと貴方の塾代とスマホ代くらいしかないと思う。

しかも毎年コンスタントに売れるわけでない。出版後1年だけその印税が入り以降はガンガン減っていくか、ほぼ0円になるわけだ。

そんなんじゃあ食っていけないから本業は必須。ラノベで食っている人は6人くらいしかいません。

アニメの版権料金もイラスト著作権より低いから、思いのほか安いよ。

むしろマンガのアニメ化けしたらマンガ作者に結構な著作権使用料金を払わねばならないのが嫌だから、ラノベのアニメ化が流行っている面もあると思う。

なんなら原作より、挿絵やキャラデザ担当したイラストレーターの方が高給取りになる可能性も高い。

それを考えてみてね。

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 4)

投稿者 あまくさ : 2 No: 1の返信

投稿日時:

小説を書こうという人には2種類いて。

ある人は伝えたいこと表現したいことがあって、そのための手段として小説を選びます。
別のある人は漠然と小説を書きたいと思って、それから書くことを探します。

あなたはどちらですか?

……いや、

>元々なんで小説家になろうに登録したのかと言えば、書籍化できるから

と仰っているわけですが、本当にそれだけ?
有名になりたいだけならユーチューバーとか目指してもいいんじゃないかと思うんだけれど、小説を選んだのはどうしてですか?

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信の返信 (No: 6)

スレ主 もちも@小学生 : 1 No: 4の返信

投稿日時:

……昔、私は有名になりたいだとかそんな事を思っていました。
 ご名答、YouTubeも半年くらいやったんですよ。

 けど、やっぱり一番は自分の好きな物語を書く事じゃないのかって。

 何故書きたいか、私の場合前者です。

 手段って、マンガとかあるけれど、元々絵が壊滅的に下手だった。

 今も忘れてないのは、私が幼稚園の年長から小学校二年生くらいまで、
 徹夜しながら必死に原稿用紙に書きまくった長編小説(?)

 自分の頭の中のお話が文章になるのが面白くて面白くて。

 書籍化できるから=ちょっぴり有名になりたい気持ちと、自分のお話が本になること、2:8くらいの比で。

 

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信の返信の返信 (No: 7)

投稿者 あまくさ : 0 No: 6の返信

投稿日時:

>何故書きたいか、私の場合前者です。

なら、書き続ければいいんじゃないの。

人間だから、雑念はあってもいいんじゃないかと思います。
有名になりたいのは別に悪いことじゃないし、絵が下手だから漫画は諦めたというのはネガティブな理由ではあるけど、誰にだって得意なことと苦手なことがありますから普通でしょ?

>自分の頭の中のお話が文章になるのが面白くて面白くて。

そういう気持ちに今はなれないってことなのかな?
だとしたら、うん、それは立派なスランプです(笑
スランプに立派っていうのも変だけれど、王道の悩みだと思いますよ、そういうことなら。

じゃあ、あらためて。

>この異常なスランプから抜け出せるのか

「異常」というのが最初から気になったんだけれど、それは異常じゃあないと思います。

>↑もし抜け出せるなら、どうすればいいか

ここまでの情報だけだとまだスランプになったきっかけがはっきりは分からないので、何とも言えないところはありますが。
……やっぱり、なろうでの経験が影響してるのかなあ。

>私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか

好きで始めて、多少自信もついてきて、他人の評価を知ってギャップの大きさに愕然とする。
創作する人なら誰でも多かれ少なかれ通る道だと思いますが、12才だとそういうことを受け止めるにはちょっと早かったのかな。
でも三島由紀夫が最初の短編を書き上げた年が13才だったらしいですよ。12才で諦めるのは早いでしょう。

>アイデアが腐るほどあるのは皆さま同じなのか

腐るほどかどうかは分からないけど、まあ、それなりには有りますね。
でもアイデアって、言ってしまえばただの思いつきなんで。それを形にする道のりがけっこう長くて、その道のりの先に物語があるわけです。
で、どうやって形にするかと言うと、そこに将棋でいうところの「定跡」というやつがあるんですね。それを知らずに創作していると、どこかで壁にぶつかります。
最初の書き込みに、

>読書はあまりしません、確かにそれも関係あるかも……

とありましたけど、そのへんでインプットの幅が狭いのかもしれませんね。

と言っても。
定跡と書きましたけど、マニュアル本的なものを勧めるわけじゃないですよ。
物語――小説でもマンガでもアニメでも映画でもいいから、ストーリーのあるものに滅多矢鱈に触れてみるのがいいような気がします。

>これから、作品は書いていっていいのか

もちろん、いいです。
まだ先は長いから、焦らずにゆっくり進めばいいと思います。

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 5)

投稿者 TARO : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ちょっと思うところがあったのでひとつだけ回答します。

・私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか
書いた小説をどのように扱うのかはあなた自身が決めること。
目的がないのに小説を書いてもなんにもならないです。
別に目的を作れという話でもなくて、目的と手段が逆になっていないかという事です。
今一度、あなたが今、何をしたいのかを考えてみるとよかろうと思います。
その上で小説を書く目的を見失っているのであれば、一度筆を休める事はなんらおかしい事ではありません。

一つだけアドバイス出来るとすれば、あなたが将来的にもなんらかのクリエイティブな事を続けたいと思うのであれば、小説に限らず、創作関連の情報にはずっとアンテナを張っていた方がいいです。
一見畑違いに思えるジャンルでも別視点で見ると必ず創作に役立つ知識につながります。

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 8)

投稿者 ハイ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

もう一度好きなように書けるようになりたい、というのが質問者さんの希望、ということでよろしいでしょうか?

とりあえず書き込みを拝見した感じでは、

> 自分の中での黄金期が頭の中に残って、
> せっかく書いた新しい作品(もうただの文章)
> が人気にならないんじゃないかって……
> わかっているけど、できない 
> それが本音。

●このようにあるので、「過去の成功体験」に縛られているように思います。
以前のように上手く行かなかったらどうしよう、であるとか。
上手く書きたい、成功したい。あるいは書籍化出来ないような作品じゃなきゃ意味がない、と思っていらっしゃるのかもしれませんね。
(想像が外れていたらすいません)
そういった感覚は私にもちょっと覚えがあって、同じ作品をずっと直し続けていたり、あるいは乱雑に浮かんでくるアイディアで延々と書いてみては、読者が楽しめると思えなくて放棄した作品が山とあります。

実のところ、そういった向上心や功名心が逆に足を引くケースは多々あります。
なのでまずやってみることは、下手でも良いと思うこと、上手く行かないことを受け入れること、以前の成功はたまたま運が良かっただけだと思うこと、などこのあたりではないかと。
そうして、自分への過大な期待を捨てることから始めてみてはいかがでしょうか?

以下、質問に多少答えておきます。

>・この異常なスランプから抜け出せるのか

●まあ、ひとによりますね。
ただ、性根が変にひねくれていない限りは抜け出せるものと考えています。
ついでにですけど、それは異常ではなくて割とある悩みです。
一本目が意外に受けちゃって、二本目以降に尻込みするとか。

>・↑もし抜け出せるなら、どうすればいいか

●すでに書きましたが、開き直りが一つの手段です。
あるいはですが「様々な不安を吹き飛ばすほどの確固たる技術の習得」なんかも解決手段として有効だと考えています。あまくささんが言うようにインプットすることも効果的です。
ただこの回答例は、原因が「過去の成功体験」にとらわれている場合の話なので、原因が別にある場合はまた別の方法が必要になってきます。
ですので、まず原因がそこなのかどうかを確認してください。

私の場合だと、一定のクオリティをクリア出来ないのが理由だったので、単純に創作論の再考察と技術の底上げ、あるいは上手い人の上手い理由の観察と分析で解決しました。
要するに、自分の作品に満足できるように上手くなった、って感じですかね。
流れとしては。最初の頃はまず下手な自分を受け入れることから始めて、そこから徐々に何が駄目で下手なのかの分析を進めていって、その解決方法を探っていった、って感じです。参考になれば幸いです。

>・私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか

●それを決めるのはあなた自身です。
自業自得、という言葉があります。
私が好きな言葉です。
一般には「悪行が自身に害となって返ってくる」みたいな意味で使われますが、本来は「悪い行いは害となって、良い行いは幸運となって返ってくる」みたいな意味です。
何が良い行いで悪い行いかを学びながら色々やってみましょう。

>・アイデアが腐るほどあるのは皆さま同じなのか

●人によりますが、私もアイディアは腐るほどあります。
一部、実際に腐ってしまいました。
人の作品に触れるたびに、人と対話するたびに新しいアイディアが浮かんでくるので正直辛いぐらいです。
その割に書くのが好きじゃない……と言うか、満足の行くレベルに仕上げる労力を知っているだけに、あまり手を付けてはいません。
私の場合だと一本書き上げるのに3,4ヶ月欲しいところですけど1,2ヶ月で3,4本のアイディアが沸いて来るのでどうしようもありません。

>・これから、作品は書いていっていいのか

●突き放した言い方になりますが、それを決めるのはあなた自身ですね。
書きたいなら書くと良いですし、書きたくないと思っているなら書かなければいいだけのことです。

●最後に。
もしかすると別の場所でも言われているかもしれませんけど大人としてちょっと言わせてください。
YouTubeであれなんであれ、ネット上で年齢や性別を晒すことは非常に大きなリスクを背負うことになります。
特に女性は。子供であればなおのことです。
(まさかと思いますが、YouTubeで顔とか出してませんよね?)
こう言った場所で安易に情報を晒している点から見て、他の場所でも同様の行動をしている可能性を危惧しているのですが、子供で女性である時点でつけ入る隙は山ほどあります。あなたが思う以上に。
(確実にではないですが、画像一枚、映像のワンシーンから住所を特定する手段もあります)
特に私のようにあなたの心配しているような物言いで近づいてくる輩には細心の注意を払ってください。悪人は悪人らしい見た目や言動をしているとは限りませんから。
もちろん12歳女性が事実でないのならなんの問題ありませんが、一応ということで。

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 9)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは、
小説はあらゆる場面で文字を使います。本文を書くときはもちろんのこと、誰かに内容を説明するときも、プロットを書くときも、あらすじも文字で書きます、脳内で考えるときにも文字を使います。
ようはいつもいつも本文を書かなくても、頭で考え続けることでも、小説は上手くなっていきます。

小説を書きたくても書けない。程度にもよりますが、そのような精神状態で無理をしすぎると心の病気になります。もし私だったら、軽めの練習メニューに切り替えます。それはリラックスできる場所で小説のことを考える、ゆっくりのんびりと小説を味わう。たったこれだけです。

努力は推奨できません、ただ単純に、小説を書くのが面白いから続けます。
書くのが嫌いになりそうなら、書かない。
落ち着いて小説のことを考えることができる場所を見つけるところから始めて、定期的にそこに通うようにしましょう。ベンチ、公園、神社、学校の図書室、地域の図書館、街に住んでいるのなら高校生がわざわざ勉強しにくるような穴場の喫茶店だってあるかもしれません。

正直、小説なんて入り口でいいと思いますね。
小説はある日突然、簡単に書けなくなったりします。
だからこそ書くのが面白い楽しいという感覚を大切にしながら、それがなくならないように注意深く観察しつつ、書くのが楽しい面白いを広げていくイメージで、その延長で、ついでに欲張って結果もだす。
あなただけの楽しく書きながら読者数を増やす、スランプが苦にならなくなる仕組みを作りましょう。
これがあるのとないのでは雲泥の差です。

自分なりの勉強法が分かってこれが実践できるようになると、あなたは同じやり方で学校の勉強をするだけで、驚くほど簡単に成績が伸びることにも気付くはずです。
あなたが将来大人になって何かの資格を取るときも、仕事をするようになっても、人間関係や様々な悩みができても。スランプが苦にならなくなる仕組みがあることを知っていて、困ったときはリラックスしながら前向きに考える。成功している人はそれを実践しているだけ、というのを知っているだけで人生は違ったものになっていきます。

・この異常なスランプから抜け出せるのか
集中して考えることができる環境を作りましょう。
私は小説を考えるときに音楽は聞かないので、むしろ耳栓でもいいくらいです。
体調にあわせて練習メニューを考えます。
家が落ち着かないようなら一人になれる場所を探してみましょう。

例えば、なぜ書けないのかという悩みがあれば。ノートとペンを持っていって、ノートに書けない理由を箇条書きにまとめたら、後は時間をかけてゆっくりでいいので、どうすれば楽しく書けるようになるかを考えてみましょう。

人気作にならないから→
どうすれば人気作になるのか→
そもそも人気作ってなんだろう?→
人気とは何かが分からない→
調べよう→
(鬼滅の刃を読んで、全集中の呼吸を最近身につけた)
自分の書きたい作品に人気作の要素を足して書けば、面白くなるのではないか→
(全集中の呼吸をパクって、作中に登場させればいい)
この一滴で物語がどのように生まれ変わるか試してみよう。といった最初は単純な発想から。

悩みの対策を思いついたら、その案や自分がたったいま思いついたことをペンを使いながら、ノートに手で! 文字にしながら書いていきましょう。言葉は思考力に直結します、考えたことをちゃんと手書きで出力する作業は大切です。

・私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか
私が12才のころは毎日、大乱闘スマッシュブラザーズばかりやってました。あなたの方が将来有望です!

・アイデアが腐るほどあるのは皆さま同じなのか
現実があるだけなので答え辛い質問です。アイデアはありません、アイデアに対して人の数だけ個性・センスがあるだけです。個性・センスは無限の可能性を秘めています。

・これから、作品は書いていっていいのか
趣味と割り切るのもいいですし、もっと気楽に書けばいいのではと思います。
ただ、上達すればするほど小説は書けなくなっていく、そういうものなので、もうこればかりは諦めるしかありません。小説を書くのはきつくなっていくんだけど、最近ますます書くのが面白くて楽しくなっていく自分が怖い。
という頭のネジが一本抜けている仕組みを作らないと、いずれ長期療養が必要になるか、そのうち書けなくなると思いますというだけの話です。

何かの参考になれば幸いです。

とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です…の返信 (No: 10)

投稿者 ドラ猫 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

スランプになったのではなく現実を知ったのだと思いましょう。
読者の反応を通して客観的に自分の実力が認識でした、ということのはずです。
「書いてもどうせ人気が出ないからやる気が起きない」
「読者に酷評されるのが怖い」
多分このどちらか(あるいは両方)に心が囚われています。前者なら時間を置いてやる気が出るのを待つのがベストです。後者なら勇気を出して晒してみるのが一番です。まだ12歳の小学生では傑作なんて書けなくて当然ですので。こういうのは書いている内に勝手に悟って成長していくものです。

アイデアはいくらでも思いつきますが、それをストーリーに組み込むのが一番難しいです。ストーリーにそぐわなかったり、作品の雰囲気を壊したりすることもあります。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

カゲプロのパクリをしたい場合

投稿者 kanakana 回答数 : 10

投稿日時:

個人的な感想ですが、創作には4、5の要素があると思っています。間違ってたら教えてください。 1、設定 2、説明 3、目的 4... 続きを読む >>

執筆目標について

投稿者 マッサン 回答数 : 1

投稿日時:

皆様は小説を書く中で、1日の目標立てておりますか?何日までに書き上げる締切とは別に、書く中でどこまでやろうかのノルマについて尋ねます... 続きを読む >>

主人公の登場率

投稿者 文男 回答数 : 3

投稿日時:

文男です。 この度、SFバトル群像劇ものの小説を書き上げまして。そしてその作品をメフィスト賞もしくは幻冬舎の新人賞に応募しよう... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:とても変なスランプ(?)に陥っています、12歳です… 投稿者: もちも@小学生

 12歳、女です

 小説家になろうと言うサイトで、1年、必死に書きまくって、
 100ポイント(評価のような感じ)の壁を越えて、
 ブックマークしてくださる方も、予想以上に120件を超えました。
 ただブックマークボタンを押すだけですが、それでも120人という数字に驚いて、
 感激して、毎日自分の評価でうっとりしてる私。

 私は、その作品の前に、ちょちょっと書いてすぐに捨ててしまった作品がありました。
 そのほとんどが、5000文字以内で。
 
 元々なんで小説家になろうに登録したのかと言えば、書籍化できるからとか、
 そんな叶わない夢。
 
 調子に乗ったんです、「このまま本になるんじゃないか」って。
 (自意識過剰です、そこは直さないと……)

 けれども、矛盾点をたくさん指摘され、挙句の果てにストーリーがループすると言う作品でした。

 それから、しばらく書かなくなりました。
 
 作品も、2カ月、3カ月と、放置。
 
 たくさんの、一度でも、いいと思ってブックマークしてくれた120人に対する
 申し訳なさがあったけど、

 もう矛盾点が多いし、8万文字を治していくのは面倒くさい、
 
 と、新たな作品を書いて捨てて書いて捨てて書いて捨てて
 
 アイデアは腐るほどあるんです、すぐに、ぱっと思いつく、
 けれどもそれを文章にして、物語にしてができない。

 今回、ライトノベル研究所にて、いろいろな記事を読み漁りました。
 そしたら、どんな作品でも書いてみる事が大切みたいなことが書いてありました。
 

 本当にそう思った、けれども、やはりできない。

 自分の中での黄金期が頭の中に残って、
 せっかく書いた新しい作品(もうただの文章)
 が人気にならないんじゃないかって……

 わかっているけど、できない
  
 それが本音。

 結局、なろうのアカウントも削除、1年間書いた作品もこの世に存在していません(削除した。)

 今では、やる気を出すために音楽かけて、イヤホンして、(耳に悪いのに)感情的になるようにする
 けれども、無理。

 やる気はあるのに、書いた途端に「ああ、無理」とやめてしまう
 読書はあまりしません、確かにそれも関係あるかも……

 けど、かつてのあの日の様に、無我夢中で一日中書いていたい。

 私は、どうしたらいいのでしょう
 聞きたいことは

・この異常なスランプから抜け出せるのか
・↑もし抜け出せるなら、どうすればいいか
・私はそもそも、調子に乗っただけであって、これから書いてもなんにもならないのか
・アイデアが腐るほどあるのは皆さま同じなのか
・これから、作品は書いていっていいのか

 です

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ