小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいです (No: 1)

スレ主 腐れ卍坊主 投稿日時:

最近なろうで小説投稿を考えています。
最初の敵キャラの話なのですが、私の小説家仲間と話していました。私の小説の最初の敵の話をしたら「この敵は殺さない方が絶対いい」と言われてしまいました。
かなりのゴミクズクソ野郎な性格にして、倒されるべき存在の設定にしたつもりなのですが、親友曰く「敵の少女キャラは仲間に入れた方がいい」と指摘を受けました。
しかし設定を変えると、一から小説を書く事になるので、極力変えたくないです。
どうすれば良いのでしょうか?
見た目はツインテールの緑黒色で、瞳が金色。服装は軍服っぽいです。性格は粗暴で自信過剰。頭は良くない。殺す事を遊びだと思っている真っ当な悪党。
何かアドバイスをお願いします。

カテゴリー: キャラクター

この質問に返信する!

人気回答!敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信 (No: 2)

投稿者 hexa : 3 No: 1の返信

投稿日時:

もう取り掛かっていて終わりが近いのであれば、そのまま終わらせちゃったほうがいいとは思いますが。

少女キャラだから、というのは別としても、最初に出てくる悪役キャラがそのまま悪役キャラってちょっともうひとひねり欲しい気分になったりしますが。
どっちかっていうとそういうキャラって長く付き合うと愛着が湧いて、後から出てきたラスボスを共闘して倒したり、もしくはラスボスの部下だったけど下剋上で真のラスボスとしてのし上がるとかそんな展開が私だとついつい思いついてしまいますが。

ただ、救いようがないほどの悪行を犯しているようでしたら、改心するような方向に持っていくとしても、それまで犯した罪を償わせる結末に持っていくべきじゃなかろうか、という気がしています。過去の悪行をすっかり忘れていい人ぶってるほうが気持ち悪いと思うので。

あと、書いてる間に気が変わるってこともありますよ。作者さん自ら「こいつ殺しそこねた」って言ってる方もいますし。
もうちょっと彼女のバックボーンを煮詰めてみてはどうでしょうか。どういう経緯で「殺すことを遊びだと思う」ようになったのか、などを。
もし、途中のエピソードで彼女がそこに疑問を持つような展開になったとしたら、それはそれで路線変更のチャンスだと思いますよ。

可能性はいろいろありますが、私ですと、そのままだと少々物足りなく感じるかな。
もちろん、ストーリーの「売り」が他の部分でちゃんと確保できているようだったら、それは作者さんの構想に任せたほうがいいかもと思うし。余裕のある範囲で考えてみてはどうでしょうか。

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信の返信 (No: 3)

スレ主 腐れ卍坊主 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

なるほど。
最初の敵に捻りを入れる事は考えていませんでした。役割的には噛ませだったので。できる限りの範囲で、物語の重要人物の一人にはしようと思います。

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信の返信の返信 (No: 8)

投稿者 ヘキサ : 1 No: 3の返信

投稿日時:

噛ませで考えていらしたんですか。それならそれでその方向で突き進んでもいいんですけれど、それにしてはキャラクターのヴィジュアル描写が少々凝っていますね。おそらく、友人さんはそれでちょっと期待してしまったのではないでしょうか(そして私も期待した、単なるザコ以上の扱いに違いないと)。

イメージでぱっと思い浮かんだのは「ガンダム00」に出ていた「ネーナ・トリニティ」ですかね。最後まで無邪気な殺人鬼でしたが、登場時期がやや遅いため、既に視聴者的には他に感情移入すべきキャラが多数できあがっていたため最後までヘイトを溜めまくって散っていったキャラでした。

「軍服」というのが非常に気になりますが、性格うんぬんの前にどこの組織の所属か、とかいった経歴を多少は考えておかないと、小説の場合は特に薄っぺらいキャラになりがちです。そのあたりの立場的なものをいちおう固めたうえで、改心の気配をチラ見せさせるなりさらにヘイトを稼ぐなり作者さんの納得のいく方向へ突き進んでいかれたほうがよろしいかと思われますが。

個人的には、実力に関係なく仕留めようとしてもなんでかしぶとく生き延びそうなイメージがあるんですけれど……そういう意味でも、ある意味すぐに殺すのは惜しい気がしています。

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信の返信の返信の返信 (No: 9)

スレ主 腐れ卍坊主 : 0 No: 8の返信

投稿日時:

噛ませではありますが、組織の幹部の一人なのでヴィジュアルは拘りを入れました。完全に自分の趣味です。……ハイ
軍服風の服装は、また違う幹部の一人が、自分の趣味で彼女に着させた。という設定になっています。深い意味はありませんでした。(なんかすいません)
一応組織の幹部の一人であり、幹部では最年少で古参。主人公が所属している組織の技術や重要資料などを盗み、組織の基盤を築いた諸悪の原因でもある。しかし実力は幹部内では最弱、性格上幹部連中(一人を除く)からも煙たがられている。という設定は一応あります。
ヘイトポイントかは分かりませんが、一応主人公の前で親友一人を殺し、ヒロインを瀕死にまで追い込んでいます。なので仲間にするには不自然かと思いました。
そして最期に瀕死のところを仲間の一人に殺されてしまう。という、組織の残忍さと恐ろしさを加える事にしました。
一応、彼女の閑話は書く次第です。後々の話でも、彼女を関連付けようとは思います。
アドバイスありがとうございます!

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信 (No: 4)

投稿者 すてどら : 1 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして、腐れ卍坊主さま。通りすがりの者です。
先にhexaさまの書かれた理由以外での可能性を幾つか挙げさせていただきます。
①見た目が少女なので殺すと弱いもの虐めに見える
②子供が無知なのは罪ではない
③登場タイミングや描写が(サブ)ヒロインっぽい
辺りが引っかかってしまった可能性があります。
特に③に関して、(美)少女というだけで仲良くなりたい!と読者が思ってしまうことがあります。

仮にそうしたキャラにヘイトを溜める方に持って行きたいのであれば、性格はそのままで年齢描写だけを上げる。もしくは彼女が、自分より見た目からして弱い女子供老人に対して攻撃する様を描くといいかなと思われます。
宜しければ参考程度にどうぞ。

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信 (No: 6)

投稿者 読むせん : 2 No: 1の返信

投稿日時:

好みだけでいえば【殺したせいで後々まで禍根を引きずる羽目になる】とかのが好き。

殺人鬼側はウザい蠅をプチッとやっただけのつもりが、ハードな虐待親とかを殺してもらった結果になった被虐児とかが彼女に感謝しており、殺人鬼の仇討のために主人公に歯向かう「まともな少女」が敵として現れるとか(笑)
============================

まずヒャッハー系殺人鬼キャラは純粋に人気が出やすい。

>性格は粗暴で自信過剰。頭は良くない。殺す事を遊びだと思っている真っ当な悪党。

こういうキャラって見ていて楽しくなってくるんですよ。

1、中途半端にえこひいきするのではなく、平等に殺す。

2、自信過剰なら卑屈こじらせて「みんな世間が悪いんやー」とか「この女は絶対ビッ●だから私は絶対悪くない!!悪くないもん!!」系のせこい言い訳をしなさそう。

3、本当に不快なのはペラい善意を押し売りしたり、上には媚びて下には横柄とか、権力を笠に着て身代わりをたてて来たりと『トラの威を借るキツネ』タイプだが【真っ当な悪党】はむしろそんなことしなさそう。
 ムカつく上司の命令は意地でも破りそうだし。協調性なさそうだからこそ、【失敗も自己責任】とか。

4,遊びだからこそ楽しさのために公平なルールや独特の美学を持っていそう

なんか小気味よくなりがち。
====================
ある意味男性が書きたいウザ系主人公の真逆の存在(笑)

恵まれたチートを授かって、かやの外からでしゃばってきて、正論を振りかざして引っ掻き回し責任は取らない。
男女差別きつい自己中、エロ根性丸出し。
卑屈だからこそ、なんにでも言い訳し、そのくせエゴのためなら人殺しだってする。

殺しといたりして「俺は殺したくないんだー」とか自分が被害者ぶる。繊細ぶる。代理性ミュンヒハウゼン臭がすごい。

ある意味そんなナチュラル外道キャラ(主人公)の対比や緩衝剤になりそう。
まぁ実際仲間になったら獅子身中の虫みたいな、主人公の足を引っ張りまくる最悪の敵ポジになりそう。おススメはしない(笑)

敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいですの返信 (No: 10)

投稿者 あまくさ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

その悪役(美?)少女を殺さない方がよいとの意見が出た理由が書かれていないので、いまいち判断がしずらいです。

>性格は粗暴で自信過剰。頭は良くない。殺す事を遊びだと思っている真っ当な悪党。

この性格付けから単純素朴に考えるかぎりでは、絶対に殺さない方がいいとも仲間に入れた方がいいとも私は感じません。しかし小説仲間の方がそう思われたのなら何か理由があるのでしょうから、そこがもう少し知りたいところです。
推測としては、

1)「ゴミクズクソ野郎」ではあっても、どこかに魅力が生じている。
2)「女性」「子供」は守られるべきだという倫理観への配慮。
3)ある種のストーリー上のお約束として、そのキャラが後に仲間に加わりそうなフラグが立ってしまっている。
4)その少女が美少女だとして、ラノベの場合は「美少女補正」によってヘイトが緩和されてしまう。
5)小説家仲間の方の特殊な嗜好ないし創作理論による。
6)その他。

そのキャラを仲間には入れず悪のまま殺してしまうという基本方針は変えないという前提なら、それはそれで有りだと思います。ただ、対処の仕方は1〜6で異なってくるでしょう。

1であれば、どこに魅力が生じているのか検討する必要があります。ただ、「ゴミクズクソ野郎」でありながら読者が殺してほしくないという感情を抱くとしたら、かなりおいしいキャラに仕上がっている可能性が有りますね。悪役というのは倫理性という束縛にとらわれずに自由奔放な行動を取らせることができるので、主人公を喰ってしまう下克上現象が起こることが有ります。そういう「キャラの立ちすぎた悪役」は主人公の仲間にまでしてしまうかどうかはともかく、簡単に退場させてしまうのも勿体無い気はします。
あるいは。
そういうことではなく、作者が気づかずに書いた小さなエピソードやセリフなどによって予期せぬ魅力が付与されてしまっているのかもしれません。その場合は作品そのものを読んでみないと他人からは何とも言えません。検証してみてください。

2の場合。「女性」はともかく、「子供」ということは大きかもしれませんね。そういうことが気になるなら、後味を良くする工夫で乗り切ることになります。
例としては、傲慢で残酷な性格は幼さからくる思慮の欠如ゆえとし、死の直前に適当なエピソードを作って改心の兆しを見せます。しかし、組織の非常な掟によって殺されてしまう、と。こんな感じなら「後味の悪さ」を「悲劇のカタルシス」に変換できるんじゃないかと。
(余談ですが、こういうことを書いていると自分が少し鬼畜に思えてきたりします)

3ならば、そういうフラグ・ポイントを見つけて取り除くか、死亡フラグを追加するか。

4ならば。ええと、そのキャラは美少女ということでいいですか? こういうキャラは美少女じゃないと映えないので、そこは維持した方がいいと思います。ただ、小説の場合は文章による描写なので、読者は気に入ったキャラが美少女かどうか勝手に想像してくれるもの。なので、ヒロインや主人公側の女性キャラの好感度が高ければそちらにより強い美少女イメージを抱いてくれると思うので、あまり問題はないかと。
逆に言えば、悪役少女の美少女感を読者が意識しすぎるとしたら、ヒロインの魅力が不足しているということかもしれません。

5・6は省略します。

P.S.
最初に示された悪役少女の説明のうち、

>頭は良くない。

これはけっこうポイントかもしれないと思いました。
悪役であっても頭のよいキャラというのは要所要所で深みのある言動や表情を見せやすいので、それが重なると読者の興味、ひいては好感度につながる可能性があります。
一方、傲慢さや残酷さが頭の悪さゆえというのはいかにもザコ臭が漂いますから、そのキャラを切り捨てやすい属性かなとは。
ただ、表現の仕方によっては頭の悪さが愛嬌になってしまうこともあります。「しょうがないヤツだなあ……」と苦笑しながら暖かく見守る感じ。それがあると幼いことも手伝って殺すに忍びなくなってしまうかもしれません。

追記 (No: 11)

投稿者 あまくさ : 1 No: 10の返信

投稿日時:

3)ある種のストーリー上のお約束として、そのキャラが後に仲間に加わりそうなフラグが立ってしまっている。
これについての補足です。

どういうフラグが立っているかは想像するしかありませんが、ちょっと思ったこととしては。
悪の組織の幹部。緑黒色のツインテールで金色の瞳、軍服っぽい服装をまとった少女。こう並べるとやはり美少女とイメージされやすい感じがするんですね。
で、美少女であるなら、敵組織にそういうキャラがいるという設定を有効利用してほしくはなります。そうしないと浮いた感じに悪目立ちしてしまい、一種の伏線と見做されてしまいかねません。意図しないで伏線っぽくなってしまった設定も、回収しないと中途半端な印象につながってマズイのです。
有効利用の方法としては、

A)主人公にデレる。(ハーレム型)

B)デレはしないが、主人公にハニー・トラップを仕掛ける。(ヒロインとの三角関係を演出)

C)主人公にはデレないが、組織の中にデレる相手がいる。

などのテンプレ・パターンが思い浮かびます。
この中で彼女が主人公側に寝返りそうな流れはもちろんAでしょうが、Bもそれをきっかけに主人公への本当の想いが生じてしまうという展開がわりと有りがちかなと。仮にストーリーのどこかに予期せずそういうフラグが立ってしまっているのなら、例えばCのような要素を追加することによって方向を変えてやるといいのではないかと思います。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

すぐに新しい作品を書きたくなる

投稿者 もりもり 回答数 : 6

投稿日時:

最近小説を書き始めたのですが、起承転結のうち「起」ぐらいを書いたところで書く気が低下し、新しい作品に移る……ということを繰り返してい... 続きを読む >>

主人公の実力はまずどのあたりで見せればよいか

投稿者 蛇鷲 回答数 : 5

投稿日時:

例えるならライダーの初変身です。 書籍の小説なら一巻(TVなら一話)中盤にそういったシーンを持ってくることが多いと思うのですが、ネ... 続きを読む >>

小説内における実在する出来事の扱い方について

投稿者 カナダガン 回答数 : 1

投稿日時:

実在する出来事を小説で扱う場合、どのように扱えばいいのかがわかりません。 私が教えてほしいのは、たとえば、過去に発生した戦争や事件... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:敵キャラ(少女)の場合の扱い方のアドバイスが欲しいです 投稿者: 腐れ卍坊主

最近なろうで小説投稿を考えています。
最初の敵キャラの話なのですが、私の小説家仲間と話していました。私の小説の最初の敵の話をしたら「この敵は殺さない方が絶対いい」と言われてしまいました。
かなりのゴミクズクソ野郎な性格にして、倒されるべき存在の設定にしたつもりなのですが、親友曰く「敵の少女キャラは仲間に入れた方がいい」と指摘を受けました。
しかし設定を変えると、一から小説を書く事になるので、極力変えたくないです。
どうすれば良いのでしょうか?
見た目はツインテールの緑黒色で、瞳が金色。服装は軍服っぽいです。性格は粗暴で自信過剰。頭は良くない。殺す事を遊びだと思っている真っ当な悪党。
何かアドバイスをお願いします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ