小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

冒頭が思い浮かばない (No: 1)

スレ主 海月堂 投稿日時:

初めまして、お早うございます。
わたしは昔から冒頭シーンを書くのが苦手で、現在も新たな小説を執筆しているのですが、案の定冒頭でまた迷ってしまい手が進みません。
そこで皆様の力をお借りしたいのです。
大まかなあらすじを書くので、一緒に冒頭シーンを考えてくださいませんか?

大学受験に失敗し浪人生として冴えない日々を送っていた主人公(女・19歳)は、ある日兄(28歳)の提案で、兄の友人が経営するバイクカフェで働くことに。
快活な店長と、そこへやって来る個性豊かなバイカーたちに刺激を与えられ、主人公は徐々に成長していく…

拙い文章、言葉足らずですが、どうぞ宜しくお願いします。

カテゴリー: 文章・描写

この質問に返信する!

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 2)

投稿者 とある書籍化作家 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして。
厳しいですが、吉田さんが冒頭を書くのを苦手にしているのはすぐわかりました。
なぜなら冒頭(というより小説)を書くのに必要な情報が全くないからです。
これでは何も書けないでしょう。
もっと明確な情報がなければ一行たりとも書けません。

・作中の場所はどこですか?
東京? 沖縄? ドイツ? アラスカ?
・作中の時間はいつですか?
今現在? 5年前? 50年前?  100年後?
・兄の友人は?
70歳の老紳士? 16歳の少女?
・バイクカフェ?
上場企業の店? 個人経営? もう潰れる? それとも開店したばかり?
・個性豊かなバイカー?
個人資産10億円以上の富豪達? それとも刑務所帰りばっかり? どんな風に個性が豊か?

見てわかる通り、上記の組み合わせ次第で話が大きく変化するのがわかるでしょう。
この穴を埋めるのは作者しかできません。
他人に頼るのはこの穴を埋めてからです。

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 3)

投稿者 サタン : 2 No: 1の返信

投稿日時:

あくまで「物語の構造」として最適解を求めると、
これは主人公が成長する物語で、「成長」がポイントになる。
概要を読む限りでは物語の最後は「成長した」で終わるので、物語の最初は「成長前の状態」である事が理解しやすいシーンが望ましい。

ここでこの作品における成長の定義を考えてみると、概要から読み取れる範囲で勝手に考えてしましますが、「大学に合格する」という事だとしましょう。
つまり、再び受験を目指しはじめ、大学に入ることがゴールで、受験に合格すれば「主人公は成長した」と言える。という状態。

こう考えると話は簡単で、冒頭は「主人公が受験に失敗し、合格発表の前で青い顔をしてる」というシーンから始まるのが適切でしょう。
それが終盤で「合格した」に変化する、その過程が「成長」なのだから。

受験は「成長」に関係ないって事なら、成長の定義付けから考えを修正してけばいい。
ラストが「合格する」から冒頭は「落ちた」で始まるってだけなので、「最終的に物語をどういう形に持っていきたいか」というコレがしっかり把握できていれば、その真逆のシーンを考えれば、それが冒頭になります。
まあ、落差を考えれば「真逆」でなくても良いのだけど、思いつかないのなら真逆で考えるのが思いつきやすいでしょう。
要はラスト、というか「物語の全体像」が把握できれば最適解は導けるので、
>主人公は徐々に成長していく…
と、中途半端なところで説明を終えるのではなく、ちゃんと最後まで「こうなって終わりです」というところまで考えましょう。

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 4)

投稿者 甘粕 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

厳しい意見になりますが、その物語で何をしたいのか、何を伝えたいのかまったく分かりません。物語にする必要性を感じられないのです。
バイカーというと、ほとんどは荒くれ者。アメリカでは刑務所帰りのギャング達が殆どです。
あらすじが本当に大まかすぎて、本当に物語を作りたい人なのかな? と思ってしまいます

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 5)

投稿者 玄翁 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

初めまして。

書き出しって得意不得意に関わらず書けない時はとことん書けなかったりしますよね?

本当はある程度終着点から計算して書き出せればいいのでしょうが、ずっと書き出せずに止まってしまうくらいなら気軽に書いちゃった方がいいかもしれませんね。

これはあらすじを読んで思いついたものですが

・窓の外ではたくさんの人や乗り物がひっきりなしに行きかっている。

・主人公はその光景を沈んだ気持ちで窓から眺めている。

・主人公は働いているバイクカフェの窓から外を眺めていてそこから過去に何があったか、現在に至るまでの経緯が語られる。←このシーンなんかは眺めているところを店長に呼び止められて現実に引き戻されるところから物語が動き始めるように私だったら描くでしょうか。

とまあ冒頭部分だけを無責任に好き勝手考えてみましたが通りすがりの人間の一意見として受け止めてもらえれば幸いです。

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 6)

投稿者 のん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは、のんです。
上げて下さった粗筋からぱっと思い付いた冒頭を箇条書きさせて頂きますね。

・大学に落ちてふらふらしていた主人公が気分展開にショッピングへ
・気分よく帰路につくも引ったくりにあう
・後ろから来たバイクが犯人を確保
・奇妙な気分で帰宅すれば兄にバイクカフェを紹介される
・運命を感じて行ってみる
・↑のバイクの人と出会う

こんな感じです。
登校途中の角でぶつかったイケメンが転校生でどうのこうのを改変しただけなんですけどね…。

最近は急展開な冒頭(いきなりトラック転生、いきなり婚約破棄、いきなりパーティー追放など)が多いので、合格発表の帰りによったカフェで働くことに。くらい急でもいいと思いますよ。
冒頭は何かと説明的になりやすいですから、心持ちやり過ぎなくらい動きをつけましょう。
参考になりましたら幸いです。

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 7)

投稿者 あまくさ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして。
バイクカフェというのがどういう場所で、バイカーというのがどういう人間たちなのかよくは知りません。
しかし、提示された粗筋の文中にけっこう分かりやすいキーワードがあります。まとめると、

1)大学受験 ― 失敗 ― 浪人生 ― 冴えない日々

2)快活な店長 ― 個性豊かなバイカーたち ― 刺激を与えられ ― 成長

1については大学受験に失敗したから「冴えない日々」なのでしょうが、2を経験した後の主人公にとっては大学受験そのものが「冴えない」と感じられるのではないでしょうか? おそらくそれがこの物語の重要なビフォーアフター。主人公にとっては成長の証しになるのだと思います。
つまり、受験勉強・進学という狭い人生しか見えていなかった主人公が、まったく価値観の違う世界と出会うことによって成長しはじめるという物語なんですね。

だったら、冒頭のシーンには「受験失敗」と「バイク」を同時に出しちゃいましょう。それが分かりやすいと思います。バイクがらみの情景、またはバイカーの一人と偶然出会わせてしまうんです。
一つ教えてほしいのですが、考えていらっしゃるストーリーには恋愛要素がありますか? あるとしたら、十中八九「個性豊かなバイカーたち」のうちの一人が相手役になると考えられます。その場合は冒頭シーンを受験会場か合格発表の会場にして、主人公が何らかのトラブルで遅刻しそうになり、偶然出会った相手役(この段階では当然初対面)のバイクに乗せてもらうとか。
ちょっとベタベタな気もしますが、まあ一例としてはです。
読者は、その物語がどんなタイプの話なのかということと、キャラクターのうち誰と誰に肩入れすればいいのかをできるだけ早めに知りたがるものですから。

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 10)

投稿者 三文山而 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 「質問し直します」と言っているのに回答するのも申し訳ないですが今の時点で思ったことを2つ言わさせてください。

 まずバイカーが“ほとんど荒くれ者”と言われているのは少々偏見が入っていますがバイク乗りはバイクを購入し燃料を消費してバイクを運転し遠出するという趣味である以上、精神的にも金銭的にも体力的にも相応の余裕が必要になります。
 浪人生が新たに関わる気晴らしとしてふさわしいか非常に疑問です。

 そして、他の方も触れてますが、浪人生になっている時点で「冴えない日々」になどなっていません。思考力記憶力体力気力の相当量が翌年の受験に注がれているべき状況であり、新たにバイトを紹介されて受験勉強とかけ離れた環境で新しい人間関係を築き上げて新しい仕事を覚えるなどという行為は浪人生という状況に全くそぐわない展開です。

 変えるとすれば
1.受験には失敗したが浪人生にはならず志望校と別の学校に入って冴えない日々を送るとか。そういった人は世の中に一定数いますし新しく入った学校に不満や挫折感を持っているでしょう。バイトで様々な人と出会い、今の学校に不満を表しながらただ日々を過ごすのではなく、今の環境を受け入れてそこから新しい挑戦などを始めていく、とすれば主人公の成長もわかりやすいのでは。
 あるいは
2.受験に失敗した後進学せず、浪人生にもならずフリーターやニートになってしまうとか。そして最終的にはバイトで様々な人と接する中でもう一度受験に挑むのか、あるいは資格や就職を目指すのか自分の将来の進路を考え決断する、という流れはどうでしょう。

 なんにせよ、「浪人生」という部分だけは変えるべきだと思います。

冒頭が思い浮かばないの返信 (No: 11)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

あくまで「シーン」でいいの?
===================

唐突だが、こんなコピー&ペーストの文章を知っているだろうか?

168 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:04/01/17 10:43 ID:X7vkUwRR
いよいよ明日がセンター試験本番ですよ!

むっちゃドキドキしてきた…。

受験生の皆さん、今日くらいは勉強は休んで明日に備えますよね?

169 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:04/01/17 10:57 ID:zUQVRYG7
>>168
今日と明日だよ
来年こそはがんばってよ
シーズン開幕からこんなことになるなんて

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
笑える人は笑えるだろうが、このコピペに笑えない人間は少なくないと思う。

だってそうだろ?
こういうのが笑えるのは受験が他人事だってやつに決まっているし、もうちょっと行ってしまうと無事に合格できたやつだけだ。

受験真っただ中のやつ、さらには不合格だった奴にとってはリアルな悪夢・・・・夢で当て欲しいレベルの恐怖でしかないし、笑えるわけがない。

・・・・・と言うわけで、俺○○○○は大学に見事、落ちました。
合格判定システム的には太鼓判まで押されていたのに・・・・・。

=========================-

とか、こんなかんじ?

まず不合格からはじめては?

どうしても志望校に行きたくて、あるいは学校に近いいい部屋を早めに契約できてしまったとかで、そこに残り来年にかけるも惰性に苦しむとか。逆に滑り止めに惰性で通い、そこでバイクに出合うとか、ここから分岐すればいいやん。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

キャラクターの心理描写関係の質問

投稿者 鬼の王の墓標 回答数 : 13

投稿日時:

どうもこんにちは。自制するとか言った次の日にはまた書き込みしていますが長い付き合いの知り合いの方から「早まりすぎだ」という指摘を受け... 続きを読む >>

小説を書くときの脳内イメージは?

投稿者 千歳 回答数 : 5

投稿日時:

皆さんは小説を書くとき、脳内でどんなイメージを思い描いて、文字に起こしていますか? ちなみに私は脳内イメージが「アニメ」なので、地... 続きを読む >>

「異世界転移・転生」を殆ど知らない人物がどう外国と納得するか

投稿者 桂香 回答数 : 9

投稿日時:

 結構身もフタもない話なんですけど、トラック轢死⇒「すてーたす・おーぷん」とか言うとウィンドウが出てくる系が異世界のテンプレ的イメー... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:冒頭が思い浮かばない 投稿者: 海月堂

初めまして、お早うございます。
わたしは昔から冒頭シーンを書くのが苦手で、現在も新たな小説を執筆しているのですが、案の定冒頭でまた迷ってしまい手が進みません。
そこで皆様の力をお借りしたいのです。
大まかなあらすじを書くので、一緒に冒頭シーンを考えてくださいませんか?

大学受験に失敗し浪人生として冴えない日々を送っていた主人公(女・19歳)は、ある日兄(28歳)の提案で、兄の友人が経営するバイクカフェで働くことに。
快活な店長と、そこへやって来る個性豊かなバイカーたちに刺激を与えられ、主人公は徐々に成長していく…

拙い文章、言葉足らずですが、どうぞ宜しくお願いします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ