小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

10万字前後の小説の書き方について (No: 1)

スレ主 七梨 投稿日時:

 最近になって気づきました。話が予定より長くなるのは、長編に対する苦手意識からくるものではないかと。
 最初に(連載以外で)10万字を目指して執筆したときは文章量が足りず、苦戦した記憶があります。そのときのインパクトが強くて、プロットを作り込みすぎてしまうのだと感じました。

 10作以上作った中で、10万以下と20万字で終わらせた話は合わせて5か4はあります。(プロットなしと雑に終わらせたパターンも含みますが)それを2分の1に削ったらいいのか、もしくはその削り方とはいかようなものなのか。
 単行本1冊で終わる物語の作る方が、いまいち分かりません。

 私の好きな系統は少年漫画の10年単位で連載する作品ばかりで、スケールを縮めると萎えるタイプです。メモに残したネタは全て、ストーリーにすると30万字は要ります。新たにプロットを立てようにも、自分はなにが書きたいのかイマイチ思い浮かびません。
 書き出すにはサイトで連載している作品を終わらせる必要もあります。少なくとも今年度中には完結しないため、どうしたものかと悩んでいます。

 もしくは苦手意識を取る方法を知りたいという感じでしょうか。小説自体、いまだに書くのに不安がありますし。

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

この質問に返信する!

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 2)

スレ主 七梨 : 9 No: 1の返信

投稿日時:

>そのときのインパクトが強くて、プロットを作り込みすぎてしまうのだと感じました。
 間違いではないけれど、正確にはストーリーを世界規模に設定してしまう、だと思います。

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 3)

投稿者 サタン : 2 No: 1の返信

投稿日時:

個人的な経験と他者の作品を見たり評価したりしてきた経験から言うと、話がより長くなるのは計画性がないためです。
もちろんこれはただの一例で、私個人の感覚でしかありませんが。

プロットを作ってるならプロット時点で規模はわかるし、規定内に収まらないならプロット時点で修正できるハズ。それが長引いてしまうのは最初の計画が甘いから。よって計画性がないため、という答えです。
例えば10年単位で連載してる少年漫画も、1年目に打ち切りだと言われたらその一年目で話を切り上げなきゃいけない。
打ち切りと言うと強引な終わり方をイメージするかもしれないけど、逆を言えば「じゃあその少年漫画の作者は最初から10年規模で構想してたの?」と聞いたらおそらく違いますよね?
打ち切りに備えてと言ったら変だけど、もともとは最小構成でいつでも物語を畳めるように考えてたんじゃないかな? それが意外と長生きして結果10年規模になったというだけで。
最初から10年連載規模のストーリーを構想するのではなく、本来一冊で終わる内容が結果的に10年の連載になった、というのが七梨さんが好む系統の正体でしょう?
個人的な意見としては、まずそこの認識で「話をふくらませることを前提にしてる」ために長くなってるんじゃないかなと思います。

こうした話題でたまに挙げるタイトルなんですが、「スレイヤーズ」というライトノベルは、要約すると「魔法使いの主人公が戦士を仲間にして魔王を倒す」というものです。
「主人公が仲間を得て魔王を倒す旅」と言うと、割と長い内容をイメージする人が多いでしょう。それこそ数年連載規模の大長編じゃないかな。
でも、スレイヤーズは新人賞の10万字の中だけでコレをやってます。
仲間と出会い、魔王の使徒っぽいのを倒し、魔王復活の阻止が叶わず魔王と対峙して倒してます。
ちなみに、スレイヤーズは16巻ほど出てますが、この16巻すべてを要約すると「魔法使いの主人公が仲間とともに魔王を倒す」という内容です。
1巻の内容をそのまま広げただけの内容です。
わかりますかね。逆を言えば、16巻分の内容を1巻に凝縮したのが、この作者のデビュー作です。
「主人公が魔王を倒す」という話は、無駄を削げば10年の連載なんて言わず一冊に収まるんですよ。

スレイヤーズの話で大事なのは「主人公が魔王を倒す」という事だけです。だからそれが書ければ問題ないんですよ。
これだけなら10万字どころか短編の4万字でも書けます。ていうか一行でまとめられてますしね。
そこに「作者が書きたいと思ってること」を優先順位の高い順に加えていって、プロット時点で規定を超えそうならそこで打ち止めです。
それ以上「書きたいこと」を追加するにはページが足りないので、もっとコンパクトに構想し直すかコンセプトから変更するか、それしか選択肢はないです。

最初に大きな規模を考えるんじゃなくて、最初に考えるのは最小構成。
大きな規模の話を削って規定に間に合わせるんじゃなくて、最小構成を規定に届くまで膨らませる。そのほうが面白くなります。
4・5作も書いてきたならこんなミスはしないと思うけど、大きな規模から削ると、例えば「幹部を倒したところで終わり」とか中途半端なことを考えたりするし、でなくともオチのラインを前倒しにしたりする。それじゃ面白くなくて当然だよ。
だって「魔王を倒す話」を書いてるのに「幹部を倒して終わり」じゃ話が成立してないもの。
「魔王を倒す話」というのは確定。この最小構成から、面白くなるように規定いっぱいに話を膨らませれば良いだけです。

10万字前後の小説の書き方についての返信の返信 (No: 6)

スレ主 七梨 : 1 No: 3の返信

投稿日時:

 いちおうプロットの時点で話の規模は分かりやします。
 とにかく10万字は越えなければならないと思ってプロットを立てるから、その時点で話が膨らみすぎるのですかね。加減が分からないといいますか。正直、何作書こうが初心者から抜けきれず、いつまで経っても慣れません。
 10万字を越えると悟った時点でなんとかするべきですね。私の場合は登場人物・設定を削る方向で調整するときがあります。それだと逆に量が増えるときもあるため、最小構成から計算したほうがいいでしょう。
 短編を書き慣れていないのも、問題かもしれません。

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 4)

投稿者 t : 1 No: 1の返信

投稿日時:

こんばんは、読んでいないので詳しいことは分からないのですが。
ストーリーではなくイベントを膨らませていると話が長くなる傾向にある、
と個人的に思っています。
なぜそうなるのか、理由を考えだすと手が止まってしまう可能性があります。

>>苦手意識を取る方法を知りたい
いまは諦めて趣味と割り切るか。
上達すること克服していくかの二択だと思います。

気を悪くされたら申し訳ないのですが。
もし私があなたの立場だったなら、15万字に圧縮した作品をどこかの新人賞に送り。
評価シートを手掛かりにしながら10万字前後の小説の書き方を考えたい。
今の流れを断ち切るようなやり方は避け。
いきなり10万字にすることを考えるのではなく、
現状を維持しつつ緩やなペースで変化を起こせる方法を取ります。

何かのお役に立てば幸いです。

10万字前後の小説の書き方についての返信の返信 (No: 7)

スレ主 七梨 : 0 No: 4の返信

投稿日時:

 私が10万字に納めたいと思うのは、単純にそのほうが楽だからです。連載のときは長く続けたいときもあるけれど、できればスパッと終わらせて、次へ移りたいタイプです。
 プロットは計算したところ、20万字の話で5000字でした。
 原因はなんとなく、サブプロットが多いからだろうなと感じます。キャラクターをかなり掘り下げるタイプで、過去をきちんと作り込むようにしています。総合すると、無駄が多いと感じます。
 型に当てはめてプロットを作っているのも、長くなる理由ですかね。起承転結だけならむしろ文章量が足りなくなります。暴論ですが、いっそプロットをなしで書いてしまえば短編に収まるでしょう。

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 5)

投稿者 あまくさ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

サタンさんのご意見に便乗させてもらって「主人公が旅の途中で戦士を仲間にして魔王を倒す話」というプロットを考えると、桃太郎がほぼそういうストーリーです。魔王と鬼の違いとかに目をつぶればですが、基本パターンは同じ。
まあ極論なのは承知ですが、書きようによってはあそこまで短くできてしまいます。

小説として成立する「書きよう」としては、スレイヤーズ1巻はたしかに参考になるかもしれません。
あれはギャグ・テイストなのにくわえ、世界観やキャラの背景は最小限に止め徹底してストーリー展開の面白さだけで勝負してるんですね。それがこれ以上は有り得ないというほどのテンポのよさにつながっています。
それと。
あの作品の魔王とのラストバトルは、世界の闇を統べるというほどの存在との最終決戦としてはショボイのは否めないと思います。
「かかるところに義経公。一間のうちより出で給い、さしたる用とてなかりせば、ふたたび奥に入り給う」という感じ。ちょいと復活してすぐに消えてしまう魔王の「さしたる用とてなかりせば」感がハンパありませんでした(笑
別にあの作品を中傷するわけではなく、全体のトーンの軽快さがあるから通用しているという話です。キャラの背景や読みごたえを重視するスタイルだったら、やはりあのプロットは1巻にはおさまらないでしょう。

何が言いたいかというと、長編の尺を決めるのはプロットとスタイルの組み合わせだということ。予定通りの長さにならないとしたら、そのどちらかに設計ミスがあるのだと思います。

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 8)

スレ主 七梨 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 私の場合は章を細かく分けて、章ごとの字数を決めてプロットを作っています。実際はその字数よりも多くなるため、合計すると二倍になっていることが、多々あります。
 書きたいことは一つに特化させたほうがいいような気もしますね。

追記 (No: 10)

投稿者 あまくさ : 0 No: 9の返信

投稿日時:

別に冗談を言っているわけではないですよ。
他の方への返信で、長くなる原因は、

1)サブプロットが多いのではないか

2)無駄が多いのではないか

と分析されていますよね?
こちらとしては七梨さんがどういうプロット、どういう作品を書かれているのかまったく分からないので、上記の自己分析から考えるほかありません。
で、無駄にサブプロットが多いのであれば、まずはそれを削ることから検討するべきでしょう。
また、そうではなくどう考えても削れるサブプロットが無いのだとしたら、それはそもそも10万字の向きのプロットになっていないことを意味します。
ですから私としては本来ならプロットの見直しから考えるべきなんじゃないかと思うのですが、

>私の場合は章を細かく分けて、章ごとの字数を決めてプロットを作っています。実際はその字数よりも多くなるため、合計すると二倍になっていることが、多々あります。

とのこと。内容ではなく字数の積み上げだけの話になってしまうのであれば、いっそ最初から5万字を想定してプロットを組めば結果として10万字くらいになるんじゃないですか? としか申し上げようがありません。

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 11)

スレ主 七梨 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 それ自体は最初から思いついていたことでして、単純に考えて5万字で組めばいいとは分かっていました。ただ、それをやった結果、合計で15万(主に起承転結の起のせいですが)になったため、いちおう頭から外しました。本当によい方法か分からなかったし、書き方によっては、余裕でその文字数を突破する可能性もあるため。
 私の場合は長めの型に肉付けする形で、プロットを決めています。そうでないと不安になるからです。ですが、正直、起承転結にサブプロットを一つ追加するだけでもいけるような気がするため、いっそ型から外れてみるのもありだと思います。

10万字前後の小説の書き方についての返信の返信 (No: 12)

投稿者 あまくさ : 0 No: 11の返信

投稿日時:

>最近になって気づきました。話が予定より長くなるのは、長編に対する苦手意識からくるものではないかと。
> 最初に(連載以外で)10万字を目指して執筆したときは文章量が足りず、苦戦した記憶があります。そのときのインパクトが強くて、プロットを作り込みすぎてしまうのだと感じました。

>私の場合は長めの型に肉付けする形で、プロットを決めています。そうでないと不安になるからです。

ということは、七梨さんのプロット感覚が逆に長編向きではないのでは?
素で考えて立てたストーリーが10万字にならなかったので闇雲にエピソードを追加する形で水増ししようとした結果、バランスを崩して収拾がつかなくなっているということではないでしょうか?(失礼な言い方で申し訳ありません)

>起承転結にサブプロットを一つ追加するだけでもいけるような気がするため、

起承転結+サブプロット一つ、ではなく、起承転結だけでプロットを立ててみることをお勧めします。
それだと、10万字になりませんか?
その場合は、

1)10万字相当のプロの作品をプロットに還元してみる。それを基にして、七梨さんの新たな型を作る。

2)起承転結ではなく、三幕構成をマスターする。

このどちらかを推奨します。
三幕構成というのは序破急と混同されている方がいらっしゃるようですが、まったく別物です。アメリカの映画屋さんが劇場映画1本(約120分)のストーリーを効率よく作ることを目的として考案したプロット作法で、各パートの尺のバランスが重視されています。内容的にも起承転結より精密な設計法なので、参考になるかもしれません。

10万字前後の小説の書き方についての返信 (No: 13)

スレ主 七梨 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 水増しかどうかは分からないのですよね。最初こそ水増しや文章稼ぎはしたものの、最近はそのあたりを削っても削っても仕方がないのが現状ですし。

 三幕構成についてはもう、やっています。正確には四つの章があるとして、その一つひとつに三幕構成を当てはめています。
 というより、今当てはめている型がもろにそれです。私は型に従って一話ごとに起承転結を決めているだけであるため、このあたりはなんともいえません。

 起承転結だけで書くやり方は途中で放り投げる可能性が高い上に、目も当てられない作品ができあがるため、不安です。推敲すればなんとかなるかもしれませんが。
 二回やって見事に失敗した結果、トラウマを背負ったレベルであるため、避けて通ってしまいます。
 明らかに情報量が足りない上に、途中でどのようにして描けばいいか分からなくなるため。

10万字前後の小説の書き方についての返信の返信 (No: 14)

投稿者 あまくさ : 0 No: 13の返信

投稿日時:

>起承転結だけで書くやり方は途中で放り投げる可能性が高い上に、目も当てられない作品ができあがるため、不安です。

ノン、ノン。
意味が違います。起承転結だけでは簡単すぎると仰っているのでしょう?
起承転結の内容は、やろうと思えばいくらでも詳しくできます(三幕構成の方が論理的なので考えが纏めやすいと思いますが、起承転結でもできます)。
言いたかったのはそうではなく、

>起承転結にサブプロットを一つ追加するだけでもいけるような気がするため、

の、「サブプロットを一つ追加する」をやめた方がいいということです。サブプロットが必要なストーリーなら承の中に織り込んでしまってください。プロットの段階でそういうことを済ませておけば、大して長くなりません。

追記 (No: 15)

投稿者 あまくさ : 0 No: 14の返信

投稿日時:

一つのメインプロットと複数のサブプロットがあるのは別に問題ないと思うんですね。この場合のメインプロットというのは物語の本筋という意味で、起承転結とは無関係です。メインプロットとサブプロットの集合体が起承転結(三幕構成でも同じ)なのであって、そこまで考えて作り込めば起承転結だけに基づいて組んだプロットでもけっこう複雑な構造を持つものになるはずですよ。

起承転結も三幕構成も、基本的には大枠としての入れ物でしかありません。ただし、物語に必要な要素はすべて(サブプロットでもキャラでも設定でも)その入れ物に入れてしまいます。
で、実際問題として何をどう組み合わせて入れるかですが、そこが曖昧なのが起承転結の欠点です。三幕構成はそういう部分が論理的に整備されている点で勝ると思うんですね。だって映画って企業ベースの共同作業で作るものですから、すぐに実践できて他のスタッフと共有できるものでなければ役に立たないわけです。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

BL等の作品をどのように解釈するべきなのか

投稿者 Co 回答数 : 5

投稿日時:

もしかしたらこのサイトの趣旨とはあまり関係のない話かもしれませんが、BL作品の「解釈」とはどのように行うべきモノでしょうか。それを知... 続きを読む >>

次の話が浮かばなくて困ってる。

投稿者 神シン丸 回答数 : 4

投稿日時:

なんとなくで小説書いてる者ですが、ジャンルは、妖怪や怪異と人間などが出て来てバトルしたりする作品です。 続きを読む >>

短編小説が書けません。どうすればいいですか?

投稿者 文太郎 回答数 : 11

投稿日時:

初めて質問する者です。 小説家として売れるようになるには、一作品に拘らず出来るだけ沢山書いて書いて数を熟して実績を積んでいくこ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:10万字前後の小説の書き方について 投稿者: 七梨

 最近になって気づきました。話が予定より長くなるのは、長編に対する苦手意識からくるものではないかと。
 最初に(連載以外で)10万字を目指して執筆したときは文章量が足りず、苦戦した記憶があります。そのときのインパクトが強くて、プロットを作り込みすぎてしまうのだと感じました。

 10作以上作った中で、10万以下と20万字で終わらせた話は合わせて5か4はあります。(プロットなしと雑に終わらせたパターンも含みますが)それを2分の1に削ったらいいのか、もしくはその削り方とはいかようなものなのか。
 単行本1冊で終わる物語の作る方が、いまいち分かりません。

 私の好きな系統は少年漫画の10年単位で連載する作品ばかりで、スケールを縮めると萎えるタイプです。メモに残したネタは全て、ストーリーにすると30万字は要ります。新たにプロットを立てようにも、自分はなにが書きたいのかイマイチ思い浮かびません。
 書き出すにはサイトで連載している作品を終わらせる必要もあります。少なくとも今年度中には完結しないため、どうしたものかと悩んでいます。

 もしくは苦手意識を取る方法を知りたいという感じでしょうか。小説自体、いまだに書くのに不安がありますし。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ