小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。 (No: 1)

スレ主 大野知人 投稿日時:

 大野です。お久しぶりです。
 以前から相談していたロボットモノの再構成版・プロローグの相談です。
 用語とかは結構似通ってるんですけど、設定は色々変えました。作品としては『ポストアポカリプス世界での日常』みたいな感じですかね。『明るくて未来を信じられる感じの「人類は衰退しました」』を目指したい作品です。

以下、企画概要。

・舞台は魔術文明が栄えた後、次第に『生活に必要ない技術』を封印して行ったあとに大規模な戦争で『技術全部』を開封した挙句、両軍が壊滅するまで戦争したファンタジー異世界。その戦争の中心地で荒野となった『空白地帯』のとある難民キャンプ。戦後十年ってところ。

・主人公は戦時中の基地跡を盗掘してきて、売り払う仕事の十五歳の少女。同業者が街に何人もいて、彼らが拾ってきた素材をリメイクすることで、難民キャンプは徐々に復興してきている。

・世界観/設定や主人公の拾ってくるモノの中に、色々な謎を詰め込むんだけど主人公たちが謎解きをするわけでもなく、大半は『匂わせる程度』。ストーリーの基本は盗掘屋同士の人間関係だったり、『町』の軍人たちの回想だったり、行き違いで戦闘になったことをきっかけにする事件の解決だったりを繰り返す、あくまで日常。大規模な事件は起こらない。

・やりたいこと『ロボットアクションしつつ、SFっぽい世界で重い過去を持つ者同士に明るい人間関係を築かせる』

こんな感じの企画です。
形式としては短編連作になるかなと思っています。
以下、プロローグ。

大きな戦争が終わった。十年ほど前の話である。
 かつて魔法文明によって三千年の栄耀栄華を誇った大陸統一国家、パルム帝国を二分する内戦――俗に『壊滅戦争』なんて呼ばれるそれは大陸の中央に大規模な空白地帯を生み出した挙句、両軍の実に七割以上という損害を出して終結した。
 十五年にもわたって行われたその戦争の中で、両軍はかつて封印したはずの『兵器』としての魔道技術を持ち出してまだ争い、殺し合った。
 その残骸は、今なお数多くが空白地帯の荒野に埋まっている。

「今日はこんな所かなーッと!」
 ガサゴソと、巨大ロボットーーGG(ギア・ゴゥラム)と呼ばれる戦時中の二十メートル級人型魔導兵器を操縦しながら少女が声をあげる。
 彼女の名前はライカ。十五を少し超えたばかりの少女だが、学校なんて贅沢な物もない上、この空白地帯(ワイルドランド)では少なくない孤児とあって、もはやすでに一人前の仕事人である。
「このあたりの基地跡も漁りつくしたしなァ……。そろそろ狩場を変えるか……」
 ぶつくさ言いながらも操縦桿を動かし、GGにひもで結わえ付けた荷台にそこらから拾った鉄くずを投げ込んでいく。
「ケーッ! GGの一台、銃の一丁もないでやんの。しけてやがる」
 ぶつくさ言うと、彼女は機体のスラスタを吹かし基地跡を飛び出す。
 とは言ったって、ここ三カ月近くに渡って彼女が盗掘に来ていたのだから、残り物が無くても仕方ない。
「いじゃ、今までお世話になりました、ッと」
 軽く会釈するようにGGの上体を曲げる。もともと小規模な基地だったらしいとは言え、春先からこっちひたすら掘り起こし続けてきたお陰で、基地の基礎や外壁のコンクリぐらいしか残り物はない。
 貯水タンクや、基地内の食堂まで盗掘したライカに探し漏らしはなかった。
「にしても、ここの基地は稼げたよなァ……」
 この規模の基地にしては、という条件付きであるが。比較的状態のいいGGが三機に、指揮官室に残されていた徽章などの貴金属類、更にはまだ使える整備用の道具など。
 色々なものが残されていたお陰で、この三カ月食いつないでこれたのだ。戦って散ったものが居るというなら哀悼の一つも示すが、それ以上に『飯のタネ』としての感謝がでか
い。
「しっかし、どこもかしこも惨澹としちゃって……。ま、生まれた時からだけど」
 戦争が激しくなったころに生まれ、物心つく頃には空白地帯の難民キャンプにいたライカにとってはこの光景こそ日常である。『惨澹とした』なんて言えるのは義理の親である酒場のおばちゃんに読んでもらった絵本のお陰だ。
 よく見ると、地面のあちこちに民家の跡や畑があったであろう微かな灌漑の溝・破片だけになった木材が散らばっている。すでにその跡すら消えかかっているところが、戦争の規模を物語っているとも言えよう。
「……ハァ。明日から、どうしよ」
 いくらか貯えがあるとはいえ、半年もあれば使い切る。その前に次の『狩場』を見つけねばなるまい。ため息をついたところで、生まれ故郷の『町』が見えてきてライカはアクセルをもう一段踏み込む。

「ただーいまー!」
 『町』に着くなり、彼女が愛機を飛ばして向かうのは彼女が北側から見て裏手の大広場。昔軍で働いていたという数名の査定担当が、拾ってきた鉄くずを買い取ってくれるところがあるのだ。
「おっちゃん! 今日も査定を頼めるかい!」
 自分用のスペースとして決められたところにGGと荷台を止めるとコックピットを開いて声を張る。
「おいおい、また盗みかい?」
 叫びを聞きつけて寄ってきた男をGGのマニピュレータで掬い上げて荷台の上に乗せるとトホホと表情を崩された。
 彼の名はトーマス。ライカが最も世話になっている、そして『町』一番の博識の査定屋にして、顔役の一人でもある。ちなみに年のころは三十とちょっと、『オッサン』と呼ばれるのが地味に辛かったりする。
「『盗み』って言い方は良くないぜ、おっちゃん。『盗掘』であっても『盗賊』じゃねぇ。それがアタシのポリシーだ!」
 山と積まれた鉄くずの傍で胸を張って少女は言うが。
「『盗掘』だって盗みだよ……」
 まったくその通りである。
「とはいえ、お前(まい)さんがたが居るからこの町は成り立っているんだけどね。どれ、荷台を見せてみな?」
 『町』なんて呼んじゃあいるが、ここもかつての難民キャンプの一つ。
 それが『町』と呼べる規模にまでなっているのは、屑鉄を回収・分別して分配し、建物を建てたり、生活に必要な道具に作り替えるシステムのお陰である。故にこそ、この町における『盗掘屋』は無くてはならない存在であった。
 ここが激戦区跡に近いということもあって、この街の復興は『空白地帯』全体でも屈指のモノであった。それでもまだまだ裕福には程遠いが。
「ありゃ、正真正銘の鉄くずばっかじゃないか! 魔道具の一つもありやしない!」
 査定、と言ってもかなりの量の鉄くずである。ライカにもわかるような金目のものは湧けて持ってくるにしろ、そうでなければ今回のようにまとめて持ってきて『魔道具を選別する魔道具』で探し出すのがいつものやり様であった。
「あのライカちゃんも不調かい?」
 割合勘が良いライカはこの町の盗掘屋の中でも屈指の稼ぎを誇っていたが、ここ数日は大したものを持ってこない。そのことに不信を感じてトーマスは尋ねる。
「いやいや、ここのところ世話になっていた『狩場』が引き揚げ時でね。屑鉄ごっそりかき集めてきただけだよ」
 それなら確かに納得がいく、頷いてからトーマスはもう一つ質問をつなげた。
「なるほど、ちなみに次のアテは?」
「アタシのことバカにしてんだろ、それを教えちゃ食っていけないよ」
 万が一にも手癖の悪い他の盗掘屋に聞きつけられれば、横取りされてしまうかもしれない。着けて来るヤツに多少分けてやるのは構わないが、まとめて持っていかれちゃ敵わないのである。
「言う割に、俺のことは信頼してくれてるみたいだけど?」
 今だって現に愛機と自分の取り分を全部預けているのだ。GG操縦がうまかったり、多少戦闘の心得こそあるがライカは少女でトーマスは元正規軍人。強引に奪い取ろうと思えばできるだろう。
「アタシだって、大概のヤツは信用しているさ。どっちみち今の時代、ズルして儲けたってたかが知れてるしな」
 世界全体が戦争によって疲弊して、貧乏なのだ。
 大金があっても使い道はなく、盗賊に狙われるだけ。それならば皆で協力した方がいいし、他が協力している中で一人だけズルをしたって、周りから袋叩きに合うだけだ。それがこの町の、何よりライカ自身の気風だった。
「微妙に男前な性格、相変わらずだねぇ……」
「『先取りされちゃあ敵わない』なんて言ってる時点で、アタシも十分女々しいよ」
 言った頃合いで、トーマスの査定が終わる。
「今日の料金渡すから、中心街までついてきて!」
 町の顔役、ということもあって中心街に大きな事務所を持つ彼は、そこで査定料金を渡すことにしている。歩く分手間だとしても、お金を盗まれないようにやむを得ないことなのだ。
「ちょいと待ってな。今コクピットにロック掛けていくから」
 言うと、コクピットの魔道式ロックを閉じ、上からさらに南京錠をガチャリとかける。
 魔道式ロック自体、数年前にトーマスがライカ専用に設定してくれたものなので他人には開けられないが、『念には念を』と言う奴である。
「とりあえず今晩は、掘り尽くし祝いに盛大に食うかな!」
 呑気なことを呟きつつ、ライカはトーマスを追って駆け出した。

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 2 No: 1の返信

投稿日時:

よみにくい(´・ω・`)
好みうんぬんはありますが、「あ、これは面白い奴!」というノリはプロローグでけっこう出ます。
いきなり物語の説明を入れられると「あー・・・・はなしが面倒くさいヤツかコレェ・・・」ってなりかねないかも。

説明やるなら3行目か三段落後くらいから説明のほうがいいと思う。
=======================
「それ」は巨大なロボットじみた何かだった。

金属とも岩ともとれる武骨で無機質な形状、全長20メートルはありそうな巨体。
 だが、パーツの隙間を縦横無人に走る伝達物質の詰まった魔電動管はどこか有機的。2足歩行が可能らしい4肢の前足部分―———いわゆる『腕』には、まるで人間のような形状で五本の指がついている。
 サイズ感さえ目をつぶれば、奇妙な鎧を纏った騎士にも見えるかもしれない。

20メートルの体を持つ騎士は無造作かつ滑らかに歩を進め、1つの扉の前にしゃがみこんだ。5メートルほどの高さがある―————巨大な騎士からしたら、なかなかに小さなな格納庫と思われるものの扉だ。
 その小さな扉にあるオモチャのような取手部分を器用につまむと、騎士は力任せに引っ張った。

ごっぱぎゃん!!、世にも強烈な破壊音の後、無惨に引き壊された扉を放り出すと、巨大な騎士はぎこちなく体をおりたたみ、いそいそと頭と思しき部位を扉の奥に突っ込んで内部を覗き込んだ。めぼしいものは何もなかった。

「ケーッ!しけてやがるっ! GG(ギア・ゴゥラム)の一台、銃の一丁もないでやーんの。」

 コソ泥じみた真似をする、巨大な騎士ーーもとい人型魔導兵器GG(ギア・ゴゥラム)を操縦しながら少女はうめき声をあげた。

 彼女の名前はライカ。十五を少し超えたばかりの少女だが、学校なんて贅沢な物が存在しない、この空白地帯(ワイルドランド)で暮らす、いっぱしの仕事人―———『盗掘屋』である。

「このあたりの基地跡も漁りつくしたしなァ……。そろそろ狩場を変えるか……」

 ぶつくさ言いながらも操縦桿を動かし、GGにひもで結わえ付けた荷台にそこらから拾った鉄くずを投げ込んでいく。
 もともと小規模な基地跡だったとは言え、春先からこっちひたすら掘り起こし続けてきたお陰で、基地の基礎や外壁のコンクリぐらいしか残り物はない。
 貯水タンクや、基地内の食堂まで盗掘したライカに探し漏らしはなかった。

「いじゃ、今までお世話になりました、ッと」

軽く会釈するようにGGの上体を曲げ、機体のスラスタを吹かしたライカは基地跡を飛び出した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 戦争が終わり、仮初めの平和が成ったのは。ほんの10年ほど前の話である。

 かつて魔法文明によって3000年の栄耀栄華を誇っていた大陸統一国家【パルム帝国】を二分する内戦―——俗に言う『壊滅戦争』の勃発により、帝国は『A国』と『B国』完全に分裂し、対立した。

技術、文化、思想。ほとんど全てが同レベルで、いまいち勝敗が決まらない、泥沼みたいな小競り合いの中、とうとう両軍はパルム帝国が国家統一の折に完全封印したはずの『兵器』としての魔道技術―———人型魔導兵器GG(ギア・ゴゥラム)を持ち出して大規模な戦争に移行してしまった。
 その結果、かつての大陸の中央に大規模な空白地帯(ワイルドランド)を生み出した挙句、両国(ワイルドエリアも国と見なしたら3国?)の実に7割以上の人員と資産と築き上げてきた文明を失う・・・・という壊滅的な損害を出し、停戦せざるを得なくなったのである。
 
 その戦争の残骸は、今なお数多くが空白地帯の荒野に埋まっている。それをほじくり返しては冷戦状態にあるAB国に転売し、明日の飯代を稼ぐのがライカの仕事だ。

=============
とか。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信の返信 (No: 3)

スレ主 大野知人 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

なるほど、ありがとうございます。
『世界観を綺麗に見せる』と『キャラクターを丁寧に描写する』の間でいつも迷っているので、とても参考になります。
設定をキチンと解説しないと、どちらも整合性を持たせ辛いもので、設定臭い文章になりがちなところ、反省します。
今後とも意見をもらえれば幸いです。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信 (No: 4)

投稿者 あまくさ : 2 No: 1の返信

投稿日時:

文章も企画も、しっかりしているという意味では平均点は高いと思います。しかし、ラノベとしてはどうかということと、売りが有るかなどを考えると、物足りないかもしれないと感じました。
そこについては、読むせんさんのコメントの方が端的に分かりやすいですね。失礼して引用します。

>「あ、これは面白い奴!」というノリ

そうそう。そういうのをツカミと言うわけです。それは弱いかもしれません。

全体に地の文が説明っぽいです。
冒頭の背景説明は、あれはあれでどういう話なのか端的にわかるので、個人的には必ずしもダメではないような気もするのですが。しかし消極的に「必ずしもダメではない」ではなく、積極的に魅力を追求した方が公募などでは有利なんじゃないかなあ。

冒頭だけではなく、後の地の文も説明っぽいっです。例えば、

>巨大ロボットーーGG(ギア・ゴゥラム)と呼ばれる戦時中の二十メートル級人型魔導兵器

「と呼ばれる」と書いてしまうと、明らかに説明ですよね?
一人称ではなく三人称なのですが、そうであってもこういう小説の地の文には臨場感がほしいです。この世界の中の人間にとってはGGはGGであって、「と呼ばれる」なんていちいち思いも言いもしないはずです。じゃあ、誰が説明してるの?と考えると、作者が説明してるんじゃんとなってしまうんですね。読者としては、作者に説明されていると感じると興がそがれてしまうものです。

>パルム帝国を二分する内戦――俗に『壊滅戦争』なんて呼ばれるそれは

固めの文章の中にときどき「なんて」などのくだけた言葉をまぜていますが、ちょっと浮いている感じです。こういうのは上手くやれば読み味がなだらかになって効果的な場合もありますが、こなれていないと気になります。急にタメ口が飛び出したという感じ。地の文のタメ口も作者が読者に語りかけている印象を与えます。
ただ、いわゆる三人称一視点の場合は、地の文に視点人物の心の動きを織り込むのが上手い書き手もいるんですね。そのへんがすっと自然に読めるように書かれていれば、一人称風の三人称という高等技術になるわけですが難易度は高めかもしれません。御作は神視点寄りの三人称だと思うので、それにタメ口を入れるのは避けた方が無難かなと。

それと、読ませていただいた部分だけでは、「何か面白いことが起こりそうだ」という予感が弱いようです。状況そのものは面白そうなのですが、何か起こりそうという期待感はあまり感じられませんでした。

三幕構成の提唱者のシド・フィールドが、

キャラクターが銀行から出てくるシーンで、歩いて出てくるのか走って出てくるのかでまったく違うストーリーになる。

と書いています。銀行から駆け出して来るやつがいたら、それだけで何かやばいことが起こっている感じがしますよね?

私からはこれくらいです。ご健闘を祈ります。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信の返信 (No: 5)

スレ主 大野知人 : 0 No: 4の返信

投稿日時:

返信ありがとうございます。
今まで一人称視点でばかり書いてきていたので、三人称には不慣れで、そういったところの問題点を指摘していただけると本当にありがたいです。
地の文は、もう少し砕けた方に統一してみようかとも思っていたのですが、硬めで一度作ってみます。

全体的に言うと『ポストアポカリプス日常系』を目指しているので、『大事件の予感』みたいなのは薄れさせたのですが、『面白味』が欠けるというなら少し調整してみようかと思います。

ご意見ありがとうございました。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信の返信の返信 (No: 6)

投稿者 あまくさ : 0 No: 5の返信

投稿日時:

大事件の予感でなくても、小事件の予感でいいです。ほしいのは大事件ではなく、予感の方。
誰かが銀行から走って出てきたら、何かありそうだと思いますよね? それが別に銀行強盗とか大げさなことでなくてサザエさんみたいなオチでも、ちゃんとオチていれば読者は納得するし、興味を持ってくれるのだと思います。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信の返信の返信の返信 (No: 7)

スレ主 大野知人 : 0 No: 6の返信

投稿日時:

ああ、それは。
今回はガチで冒頭だけ書いてるので、少し後に『予感』的なのを書く予定です。
まとめ方がうまくなかったのは事実なので、『プロローグとして収まるように』作り直します。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信 (No: 8)

投稿者 ふ じ た に : 1 No: 1の返信

投稿日時:

以前他の方から日常系のプロットの相談を個人的に受けたとき、私は日常系に詳しくなかったので資料を探したんですけど、
そのときにラ研の中で二つ見つけたんですよね。

●物語の起伏、日常系を書くコツ
https://www.raitonoveru.jp/howto/h5/715l.html

日常物の緩急の付け方とは?/新人賞下読みが回答
https://www.raitonoveru.jp/cms2/2015/06/22/1764/

これを読むと、日常系で公募に応募するときは、個性的なキャラか設定で売りを作る必要があるみたいですね。
日常系(マンガですが)を自分が読むとき、キャラを気に入って読み続けていることが多いので、キャラも大事っていうその意見に私は同感でした。

ここにはキャラ設定がないのでプロローグからキャラを探したんですけど、
ライカ(15歳)とトーマス(30代)の二人がメインキャラという認識でよろしかったでしょうか?
あと、「重い過去を持つ者同士」っていうのは、二人のことでしょうか?
このキャラ設定や情報に曖昧さを感じて、よく分からなかったです。

あと、終末系で物を拾って生活という設定自体に私は個人的に目新しさを感じなかったので(ごめんなさい)、売りの部分は結構キャラにかかっているのでは?って思うのですが、現状ではキャラ情報が曖昧に感じるので、その点が私と認識が違うような気がしました。もちろん私が間違っている可能性もあるので、きちんとスレ主様のほうで考えがあるなら、スルーしてくださいね。
色々なやり方がありますしね!

他の気になった点は、他の方とかぶってますので、今回は特に触れません。
文明が今よりも発展した戦争後で、日々の暮らしが大変な世界観が、プロローグから伝わっていたと思います。

生活は大変でも、酒場のおばちゃんに育てられたとか、大概の奴を信頼しているとか、トーマスさんを信頼しているとか、日々助け合うような人情味を感じました。

ただ、そうなると、やりたいことに「重い過去を持つ者同士に明るい人間関係を築かせる」ってあるので、「重たい過去」は私を含めて現代の日本人にとっては世界観自体がそうかもしれませんが、主人公にとっては「当たり前の日常」のようにも考えられますし、「明るい人間関係を築かせる」って、冒頭から既にそうなっている気がしないでもないんですよね。もう和やかに助け合っているように感じてます。
なので、現在のプロローグと「重い過去を持つ者同士に明るい人間関係を築かせる」から、どういうラストを想定しているのか、ちょっと想像がつきにくかったです。

短編連作の構成の話になりますが、全体を通しての変化が必要だと思うので、ラストを想定して、「変化前」の冒頭を用意しないと、全体を通して読み終わった後にその変化が伝わりづらくなってしまうのでは?って思いました。
なので、やりたいことが「重い過去を持つ者同士に明るい人間関係を築かせる」なら、冒頭では逆に「暗い人間関係」が描かれている必要があるのでは?って思いました。
恋愛ものでよくあるのが、最初は両片思いだったけど、最後は両想いになってハッピーエンドですかね。
成長ものの短編連作なら、最初主人公は新人で、話数を重ねるごとに成長していく感じでしょうか。
これも私が知らないだけで短編連作でも色々な構成の型があるなら、全然スルーしてくださってかまいません!

ほのぼのした雰囲気は、私は好きでしたねー。主人公もトーマスさんも好感が持てますけど、そこまで強い個性を感じなかった気がします。なので、相棒キャラで個性的な子(人間でもいいし動物やアールツーみたいなメカでも)がいてもいいのでは?って思いました。

あくまで個人の意見なので、合わなければ流してくださってかまいません。
ではでは、失礼しました。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信の返信 (No: 9)

スレ主 大野知人 : 0 No: 8の返信

投稿日時:

 ご意見ありがとうございます。
 ウリが弱い、と言うのは自分でも認識しているのですが『オリジナリティを出そうとして風呂敷を広げすぎるタイプ』の自覚があるので、今回はオーソドックスな『終末系モノ』の設定でやっています。

 作品の基礎としては『ライカとトーマス+この後の第一話で登場予定の人物』の三人を中心としつつ、外から来た旅人の話を聞いたり、町の人の悩み事を解決していく感じにしたいと思っています。

 重い過去についてですが、ライカは一貫して『普通に良い子』で行きます。トーマスさんは設定面で色々用意して合って、徐々に明らかになっていく感じ。で、三人目のレギュラーキャラは最初っから不穏な空気を醸し出すんだけど、なんだかんだふざけていたり、ライカに感化されてしまう。同時に、他二人の事情を知っていく中でライカ自身も成長する。みたいな大筋の流れは考えています。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信 (No: 10)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんばんは、遅くなりましたが、藍崎企画おめでとうございます。
前に読んだ時。上司や同僚といった仲間達が魅力的に書けていて、台詞にリアリティを感じたことを覚えています。作品に勢いがありました。

前作の軍人も嫌いではないのですが、今回の盗掘屋は読者が知っていそうで知らない感じで、話をいくらでも広げられそうで、目の付け所がいいと思いました。
面白いか面白くないかでいえば、続きを読んでみないと分かりません。
書き直すにしても完結させた後で手直しした方が、おそらく別人かと思うくらい上達しているはずなので、作業効率もいいと思います。

この物語の世界でGGは何にでも使えて便利で重要なものと想像できます。
そのGGはどこが一番高く売れて、その理由はどこからくるのでしょう。
GG見つけた→すごい、とまでは読者として分かる止まり、で。
GGって何だろう。このあたりの深みが伝わってきません。

盗掘屋ならGGも例えば重量によって呼び方が違っていて。
ライト級なら〇〇くらいのお金。ヘビー級の△△タイプなら〇〇くらいのお金で、どれくらいの生活水準でどれくらい生活できる。××屋のお店で□□くらいの商品が買えて、GGのコアは高値で売れるけど、足の方は安いとか。このパーツは◇◇加工が施されて出来ている。
専門的な小難しいものを読みたいのではなく。
主人公が盗掘屋なら売ったらいくらになる、そういった計算が瞬時にできて当然ですよね、主人公はその物語の世界で実際に生きているのですから。
であれば主人公はそのような思考や行動を通すことで、読者もGGを外からではなく、もっと内側からGGについて知ることができるようになります。
トーマスとライカの会話や。
冒頭でライカが盗掘するシーンの演出などとして組み込むことで、藍崎企画のように勢いがある面白いものになるかもしれません。

すみません遅くなってしまいましたが、応援しています。

『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。の返信の返信 (No: 11)

スレ主 大野知人 : 0 No: 10の返信

投稿日時:

『『藍崎企画』おめでとうございます』ってのが良く判らないのですが……。ありがとうございます。

個人的には『文明崩壊後に再び立ち直る』みたいなのを、すごく小さな視点から見る。みたいなものを作りたい企画書です。
お金まわりのとかGGのチョイネタ的設定はいろいろ盛り込んでみようと思います。
ご意見ありがとうございました。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

異世界チート主人公あるあるを使った冒険者パーティー

投稿者 時風舞 回答数 : 9

投稿日時:

なろう系あるあると言えば最弱のスキルが実は最強だったとか、追放されたけどその先で伝説の剣を見つけた。みたいな奴らを設定にした冒険者パ... 続きを読む >>

スマホのことを作中で携帯と書くのはありですか?

投稿者 クロコダイン 回答数 : 5

投稿日時:

お聞かせください。 スマホは携帯の一種ですし、将来スマホという言葉が使われなくなるかもしれない可能性を考えて作中では携帯と表記して... 続きを読む >>

地の文の割合というか、タイミング

投稿者 時雨 回答数 : 4

投稿日時:

書いていてよく思うのですが、地の文を入れるタイミングはどうしたらいいのかなと。この辺はセンスと言いますか、人によって変わってくるとこ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:『プロローグ相談』の人口が少ないのでこちらで相談させてください、第二弾。 投稿者: 大野知人

 大野です。お久しぶりです。
 以前から相談していたロボットモノの再構成版・プロローグの相談です。
 用語とかは結構似通ってるんですけど、設定は色々変えました。作品としては『ポストアポカリプス世界での日常』みたいな感じですかね。『明るくて未来を信じられる感じの「人類は衰退しました」』を目指したい作品です。

以下、企画概要。

・舞台は魔術文明が栄えた後、次第に『生活に必要ない技術』を封印して行ったあとに大規模な戦争で『技術全部』を開封した挙句、両軍が壊滅するまで戦争したファンタジー異世界。その戦争の中心地で荒野となった『空白地帯』のとある難民キャンプ。戦後十年ってところ。

・主人公は戦時中の基地跡を盗掘してきて、売り払う仕事の十五歳の少女。同業者が街に何人もいて、彼らが拾ってきた素材をリメイクすることで、難民キャンプは徐々に復興してきている。

・世界観/設定や主人公の拾ってくるモノの中に、色々な謎を詰め込むんだけど主人公たちが謎解きをするわけでもなく、大半は『匂わせる程度』。ストーリーの基本は盗掘屋同士の人間関係だったり、『町』の軍人たちの回想だったり、行き違いで戦闘になったことをきっかけにする事件の解決だったりを繰り返す、あくまで日常。大規模な事件は起こらない。

・やりたいこと『ロボットアクションしつつ、SFっぽい世界で重い過去を持つ者同士に明るい人間関係を築かせる』

こんな感じの企画です。
形式としては短編連作になるかなと思っています。
以下、プロローグ。

大きな戦争が終わった。十年ほど前の話である。
 かつて魔法文明によって三千年の栄耀栄華を誇った大陸統一国家、パルム帝国を二分する内戦――俗に『壊滅戦争』なんて呼ばれるそれは大陸の中央に大規模な空白地帯を生み出した挙句、両軍の実に七割以上という損害を出して終結した。
 十五年にもわたって行われたその戦争の中で、両軍はかつて封印したはずの『兵器』としての魔道技術を持ち出してまだ争い、殺し合った。
 その残骸は、今なお数多くが空白地帯の荒野に埋まっている。

「今日はこんな所かなーッと!」
 ガサゴソと、巨大ロボットーーGG(ギア・ゴゥラム)と呼ばれる戦時中の二十メートル級人型魔導兵器を操縦しながら少女が声をあげる。
 彼女の名前はライカ。十五を少し超えたばかりの少女だが、学校なんて贅沢な物もない上、この空白地帯(ワイルドランド)では少なくない孤児とあって、もはやすでに一人前の仕事人である。
「このあたりの基地跡も漁りつくしたしなァ……。そろそろ狩場を変えるか……」
 ぶつくさ言いながらも操縦桿を動かし、GGにひもで結わえ付けた荷台にそこらから拾った鉄くずを投げ込んでいく。
「ケーッ! GGの一台、銃の一丁もないでやんの。しけてやがる」
 ぶつくさ言うと、彼女は機体のスラスタを吹かし基地跡を飛び出す。
 とは言ったって、ここ三カ月近くに渡って彼女が盗掘に来ていたのだから、残り物が無くても仕方ない。
「いじゃ、今までお世話になりました、ッと」
 軽く会釈するようにGGの上体を曲げる。もともと小規模な基地だったらしいとは言え、春先からこっちひたすら掘り起こし続けてきたお陰で、基地の基礎や外壁のコンクリぐらいしか残り物はない。
 貯水タンクや、基地内の食堂まで盗掘したライカに探し漏らしはなかった。
「にしても、ここの基地は稼げたよなァ……」
 この規模の基地にしては、という条件付きであるが。比較的状態のいいGGが三機に、指揮官室に残されていた徽章などの貴金属類、更にはまだ使える整備用の道具など。
 色々なものが残されていたお陰で、この三カ月食いつないでこれたのだ。戦って散ったものが居るというなら哀悼の一つも示すが、それ以上に『飯のタネ』としての感謝がでか
い。
「しっかし、どこもかしこも惨澹としちゃって……。ま、生まれた時からだけど」
 戦争が激しくなったころに生まれ、物心つく頃には空白地帯の難民キャンプにいたライカにとってはこの光景こそ日常である。『惨澹とした』なんて言えるのは義理の親である酒場のおばちゃんに読んでもらった絵本のお陰だ。
 よく見ると、地面のあちこちに民家の跡や畑があったであろう微かな灌漑の溝・破片だけになった木材が散らばっている。すでにその跡すら消えかかっているところが、戦争の規模を物語っているとも言えよう。
「……ハァ。明日から、どうしよ」
 いくらか貯えがあるとはいえ、半年もあれば使い切る。その前に次の『狩場』を見つけねばなるまい。ため息をついたところで、生まれ故郷の『町』が見えてきてライカはアクセルをもう一段踏み込む。

「ただーいまー!」
 『町』に着くなり、彼女が愛機を飛ばして向かうのは彼女が北側から見て裏手の大広場。昔軍で働いていたという数名の査定担当が、拾ってきた鉄くずを買い取ってくれるところがあるのだ。
「おっちゃん! 今日も査定を頼めるかい!」
 自分用のスペースとして決められたところにGGと荷台を止めるとコックピットを開いて声を張る。
「おいおい、また盗みかい?」
 叫びを聞きつけて寄ってきた男をGGのマニピュレータで掬い上げて荷台の上に乗せるとトホホと表情を崩された。
 彼の名はトーマス。ライカが最も世話になっている、そして『町』一番の博識の査定屋にして、顔役の一人でもある。ちなみに年のころは三十とちょっと、『オッサン』と呼ばれるのが地味に辛かったりする。
「『盗み』って言い方は良くないぜ、おっちゃん。『盗掘』であっても『盗賊』じゃねぇ。それがアタシのポリシーだ!」
 山と積まれた鉄くずの傍で胸を張って少女は言うが。
「『盗掘』だって盗みだよ……」
 まったくその通りである。
「とはいえ、お前(まい)さんがたが居るからこの町は成り立っているんだけどね。どれ、荷台を見せてみな?」
 『町』なんて呼んじゃあいるが、ここもかつての難民キャンプの一つ。
 それが『町』と呼べる規模にまでなっているのは、屑鉄を回収・分別して分配し、建物を建てたり、生活に必要な道具に作り替えるシステムのお陰である。故にこそ、この町における『盗掘屋』は無くてはならない存在であった。
 ここが激戦区跡に近いということもあって、この街の復興は『空白地帯』全体でも屈指のモノであった。それでもまだまだ裕福には程遠いが。
「ありゃ、正真正銘の鉄くずばっかじゃないか! 魔道具の一つもありやしない!」
 査定、と言ってもかなりの量の鉄くずである。ライカにもわかるような金目のものは湧けて持ってくるにしろ、そうでなければ今回のようにまとめて持ってきて『魔道具を選別する魔道具』で探し出すのがいつものやり様であった。
「あのライカちゃんも不調かい?」
 割合勘が良いライカはこの町の盗掘屋の中でも屈指の稼ぎを誇っていたが、ここ数日は大したものを持ってこない。そのことに不信を感じてトーマスは尋ねる。
「いやいや、ここのところ世話になっていた『狩場』が引き揚げ時でね。屑鉄ごっそりかき集めてきただけだよ」
 それなら確かに納得がいく、頷いてからトーマスはもう一つ質問をつなげた。
「なるほど、ちなみに次のアテは?」
「アタシのことバカにしてんだろ、それを教えちゃ食っていけないよ」
 万が一にも手癖の悪い他の盗掘屋に聞きつけられれば、横取りされてしまうかもしれない。着けて来るヤツに多少分けてやるのは構わないが、まとめて持っていかれちゃ敵わないのである。
「言う割に、俺のことは信頼してくれてるみたいだけど?」
 今だって現に愛機と自分の取り分を全部預けているのだ。GG操縦がうまかったり、多少戦闘の心得こそあるがライカは少女でトーマスは元正規軍人。強引に奪い取ろうと思えばできるだろう。
「アタシだって、大概のヤツは信用しているさ。どっちみち今の時代、ズルして儲けたってたかが知れてるしな」
 世界全体が戦争によって疲弊して、貧乏なのだ。
 大金があっても使い道はなく、盗賊に狙われるだけ。それならば皆で協力した方がいいし、他が協力している中で一人だけズルをしたって、周りから袋叩きに合うだけだ。それがこの町の、何よりライカ自身の気風だった。
「微妙に男前な性格、相変わらずだねぇ……」
「『先取りされちゃあ敵わない』なんて言ってる時点で、アタシも十分女々しいよ」
 言った頃合いで、トーマスの査定が終わる。
「今日の料金渡すから、中心街までついてきて!」
 町の顔役、ということもあって中心街に大きな事務所を持つ彼は、そこで査定料金を渡すことにしている。歩く分手間だとしても、お金を盗まれないようにやむを得ないことなのだ。
「ちょいと待ってな。今コクピットにロック掛けていくから」
 言うと、コクピットの魔道式ロックを閉じ、上からさらに南京錠をガチャリとかける。
 魔道式ロック自体、数年前にトーマスがライカ専用に設定してくれたものなので他人には開けられないが、『念には念を』と言う奴である。
「とりあえず今晩は、掘り尽くし祝いに盛大に食うかな!」
 呑気なことを呟きつつ、ライカはトーマスを追って駆け出した。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ