同じ作品を複数の賞に応募するデメリットとは?/新人賞下読みが回答

ラマ☆ダーンさんの質問2015/01/24

作品を複数の賞に応募することに、なにかデメリットはありますか?
あまりにもあちこちに使い回しをしすぎると審査員さんの心証が悪くなったりするものでしょうか。

●下読みジジさんの回答

先に投稿した賞の結果が出てからなら、規定的には問題ありません。

ただ、私もそうですが、下読みを何年も依頼されるような人間は、ほぼもれなく複数の賞で読んでいます。
そのため、使い回し作品は結構わかってしまうものですし、わかってしまえば二度め以降は通常審査に加えて「前回からどのように改善されているか?」も意識されるようになります。

当然、同じ賞に毎年送るようなことをすれば、編集者にも悪い意味で名前が知られてしまいますね。

同じ作品を、たとえ多少の改稿はあれ何度も使い回すのは、応募者にとってメリットが非常に少ない行為です。

実際、改稿というものは「受賞できなかっただけの弱点」を含む設定、キャラ、ストーリーラインを全部取り替える覚悟がなければ成功しません。表面上の穴を塞いだところで、根本的な問題はまったく解決していないからです。

それなら新作を書いたほうが早いですし、期待値も高いです。

賞との相性やそのときの状況が悪くて落選した可能性はありますので、使い回しは他の賞へ1度だけ! と決めて、何本でも新作を書くほうが、結局は得をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました