小説の書き方。新人賞受賞作は序盤に「キャラが焦っている」ことが多い

この記事は約2分で読めます。

。新人賞受賞作は序盤に「キャラが焦っている」ことが多い

  • 「やばいヒロインと知り合いになってしまった、どうしよう」
  • 「やばい奴から追いかけられている、どうしよう」
  • 「知ってはいけない事実を知ってしまった、どうしよう」

本題に入るのが早いのが上手い人の特徴です。

GA大賞を取った『ダンまち』なら、主人公のベルくんが、モンスターに追われて焦ってる。

同じく『処刑少女』なら、異世界に召喚されて無一文で橋の下で過ごし、途方に暮れている。

アニメ化された『六花の勇者』は、「主人公がヒロインから追われて殺されそうになっている」

スポンサーリンク

初心者の小説は「本題に入るのが遅い」

小説の書き方講座。新人賞受賞作は序盤に「キャラが焦っている」ことが多い。本題に早く入ることの重要性

最初の3ページを見ただけで、その小説がおもしろいか否か判断できる。
良い作品は最初から読者を楽しませようとしている

と、よくプロ作家や編集者が言うのですが「最初から読者を楽しませようとしている」とはどういう状態なのか?

答えは「本題に入るのが早い」ことです。

例えば、2015年8月に刊行されアニメ化されたヒット作品「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」。

なろうの第1話で、主人公は乙女ゲームの悪役令嬢に転生し、イケメンの王子から婚約を申し込まれます。

書籍化作品は、このように「本題に入るのが早い」です。

逆に初心者の小説は「本題に入るのが遅い」
何を楽しんでよいのかわからない。

思わせぶりなプロローグから、主人公とヒロインの長い自己紹介パートが続きます。
ようやく事件がおきても、物語の方向性が見えない(バトルがやりたいのか恋愛なのか謎解きなのか不明)といった傾向があります。

おそらく、どういった方向で読者を楽しませようとしているのか?
作者本人にもよくわかっていないから「本題に入るのが遅い」のではないかと思います。
このあたりは事前にしっかり考えておきましょう

プロローグの書き方で迷ったら、「キャラが焦っている状態にすること」。早く本題に入ることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました