小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

心が浮ついて手につかない (No: 1)

スレ主 パクトボー 投稿日時:

どこかで「人はそのときその瞬間の人生に必要なものにハマり、必要なくなったとき自然と離れる」と聞いたことがあります。それでいくと今の自分にとって長文の執筆というのは「耐えがたいほどに煮え滾って今にも弾けそうに昂った欲望」というレベルの魅力は既にないのでしょう。
書く習慣をつけるべく一週間くらい無理やり書いてみましたがちょぼちょぼと一日30分程度が限界でした。それもここ数日は手をつけてすらいません。
それでも賞をとってお金が欲しいのです。お金のことを考えれば一時的にやる気は出ますが、家に帰れば飯食って寝るような底辺テンションに戻っていて、我が事ながら参ります。
どうにかしてやる気というか、モチベーションを高める手段はありませんか?

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

この質問に返信する!

心が浮ついて手につかないの返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ラノベではないが、作家の宮部みゆきはゲーム「ICO」のノベライズを書いたりオンラインゲーム大航海時代のシナリオを監修したりと、一般文芸の作家にしては割と珍しくゲーム好きです。
それはもう、担当から「オンラインゲーム禁止」と言われるほどで、禁止を徹底しないと彼女は小説執筆よりもゲームプレイを優先してしまい、まったく書かないんだそうです。

まあ、よく言われますが、ネット回線を切りましょう。
漫画やゲームなど誘惑にかられないよう、図書館やファミレスなどへ行きましょう。スマホは電源を切って家に置いていきましょう。
結局のところ、執筆よりも優先してしまう事があるだけで、執筆よりもベッドでゴロゴロしたいからそうしちゃってるだけ。
だから手っ取り早い方法は、執筆以外なにも出来ない環境に自らを置くこと。
モチベーションの問題じゃない。

どこのお坊さんだったか忘れたけど、寺で修行をするのは雑念を振り払うためで、悟りを開こうとすれば自宅だろうと遊郭だろうと本人の意思次第で出来るハズ、あえて出家する必要なんかどこにもない。
それでも修行のため出家しなくてはならないのは、人間は本当に大事なことがあってもちょっとした誘惑にすら勝てない弱い存在だからだ、というようなことを言ってました。
まずは修行できる環境に身を置くことが大事だ、という話です。
自宅で執筆が出来るのは、漫画よりもゲームよりも怠惰に時間を過ごすことよりも執筆することが何より好きだという人だけ。

心が浮ついて手につかないの返信 (No: 3)

投稿者 にわとり : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 あえて時間が30分程度しか取れないときに執筆する。推敲は後回しにして、なるべく文章を吐き出す気持ちで書くのがよい。筆が走ったり書きすぎたところは後から削ればいいので気にしない気にしない。
 時間が制限されてるから書き急ぐのだけれど、焦ったところで30分程度だと筆がノッてきたところでタイムリミットが来ます。あー、せっかく調子出てきたのに、って思えれば成功。人間、おあずけを食らうと逆に執着が増すようにできているので、こういう体験を繰り返しているとモチベが戻ってきます。
 30分じゃ時間が余って手が止まるというなら15分でもいい。とにかく"調子が出てきたところでずらせない予定によって執筆を中断せざるを得なくなる"という状況づくりが大事。単にタイマーで30分計るとかだとぐずぐずになりがちなので、通勤通学前だとか、これから人と待ち合わせするときなど、動かせない予定を用意したうえでやるのがおすすめ。

心が浮ついて手につかないの返信 (No: 4)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

>>賞をとってお金が欲しい
働きたくはないが金は欲しい、
努力はしたくないが優位に立ちたい。
偉業も献身もしたくはないがチヤホヤされたい。

賞と金、どっちが優位にあるの?
金なら普通に働いた方が絶対もうかる。
賞なら金を稼ぐ気持ちを捨てないと入り口にも立てない。

好きなことで食っていきたいなら、好きだったものを嫌いになる覚悟がいるで?

根っこが単に称賛されたいだけなら、別ジャンルのがいい

心が浮ついて手につかないの返信の返信 (No: 6)

投稿者 読むせん : 1 No: 4の返信

投稿日時:

ただ・・・家に帰れば飯食って寝るような底辺テンションには覚えがあります。

週一、休みの日の夜でいいから、自転車とかで爆走してみては?筋肉が衰えているんだと思う。

疲れやすくなるし、ふくらはぎの筋肉が劣化すると脳に血液が送られる力が弱くなるんだそうです。

親に自転車捨てられて以降どっと【疲れ癖】が付き、趣味の全てが面倒になり、休みはひたすら寝るだけになって軽く寝た切りになった事あるよ。
テレビとか未だ視聴むりですが(-_-;)動画みると脳内処理が追っつかなくなるんで、疲れちゃうんです。

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

心が浮ついて手につかないの返信 (No: 5)

投稿者 ハイ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

ラノベ作家はお金を稼ぐには不適当です。
これは期待値の観点や実際のデータなどから容易に論破できます。

お金が目的なら、別の何かを探しましょう。探せばより楽でより稼げるものはいくらでもあります。

心が浮ついて手につかないの返信 (No: 8)

スレ主 パクトボー : 0 No: 1の返信

投稿日時:

みなさんありがとうございます。
「環境を閉じて一時的に世間との繋がりを断つ」と「切羽詰まったタイムリミットがあるときにやる」はすぐにでもやれそうですね。「運動」も試してみます。

お金に関しては「分の悪い宝くじ」くらいに考えておくべきですね…そこは考えを改めようと思います。すみませんでした。よく考えたら、今の時代はまだラノベ作家というのも家族に胸を張って名乗れるようなものでもないでしょうし…。

心が浮ついて手につかないの返信の返信 (No: 9)

投稿者 読むせん : 1 No: 8の返信

投稿日時:

サタンさんが言う宮部みゆきさんは、わりと近年まで小学校の教師の「副業小説家」。
純文学とかミステリー作家、文学作家も基本は公務員とか大学教授とか芸人の「副業」。

ラノベも同様できほん小説家は『副業じゃないと食っていけない』職種。

小説で食べていた人種は、毎週どころか毎日締め切りで書きまくっていたタイプで同時に20連載とかしたりしていた人。マンガでも売れっ子以外はそうみたい。

>>ラノベ作家というのも家族に胸を張って名乗れるようなものでもない

ではなく、作家自体がきほん胸を張れない職種です!!安心していいよ
知り合いの友人の先生の先輩(ほぼ他人)は芥川賞取ったけど、長年インドでホームレスした過去とか、狂気的で胸糞な作風も相まって、普通にガチ変質者っぽいよ★

心が浮ついて手につかないの返信の返信の返信 (No: 10)

投稿者 サタン : 0 No: 9の返信

投稿日時:

>わりと近年まで小学校の教師の「副業小説家」
宮部みゆきは最終学歴が高卒だからたぶん別の人かと。確か、専門を出て法律事務所に勤め、新人賞を取ってから仕事やめてバイトしつつ次回作を書いて、軌道に乗り始めた頃からずっと専業だったと思う。
でも、そういう「専業作家」はごく少数で作家は副業としてやってくもの、というのは事実だと思う。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

主人公の成長

投稿者 ポコポコ 回答数 : 6

投稿日時:

久しぶり投稿します。 主人公が成長するために考えていました。 試合での勝ち負け、ライバルの出現、後輩ができる、など考えていざ書こ... 続きを読む >>

『第10回ネット小説大賞』と『HJ小説大賞2021後期』の重複応募は駄目ですか?

投稿者 クロコダイン 回答数 : 6

投稿日時:

こんばんは、失礼します。 以下転載。 第10回コンテストにつきましては、基本的に『小説家になろう』内で開催している他コンテス... 続きを読む >>

推理小説物の書き方について

投稿者 雪夜刹莉 回答数 : 4

投稿日時:

推理小説を書いてみたいんですが、トリックの書き方がよくわかりません。 トリックを考える時ってどうしたらいいんですか? また推... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:心が浮ついて手につかない 投稿者: パクトボー

どこかで「人はそのときその瞬間の人生に必要なものにハマり、必要なくなったとき自然と離れる」と聞いたことがあります。それでいくと今の自分にとって長文の執筆というのは「耐えがたいほどに煮え滾って今にも弾けそうに昂った欲望」というレベルの魅力は既にないのでしょう。
書く習慣をつけるべく一週間くらい無理やり書いてみましたがちょぼちょぼと一日30分程度が限界でした。それもここ数日は手をつけてすらいません。
それでも賞をとってお金が欲しいのです。お金のことを考えれば一時的にやる気は出ますが、家に帰れば飯食って寝るような底辺テンションに戻っていて、我が事ながら参ります。
どうにかしてやる気というか、モチベーションを高める手段はありませんか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ