新人賞を受賞するための読書法とは?/ラノベ新人賞下読みが回答

2015/04/12(Sun) 22:52:19の質問

お疲れ様です。ティアラミスですわ。早速、質問、よろしいでしょうか?
この前、第21回電撃小説大賞大賞受賞作『ひとつ海のパラスアテナ』(2015/2/10刊行)を読んで、思ったのですが、新人作家の作品とベテラン作家の作品を読むうえで、気を付けたほうがいいことって、何なんでしょうか?

私は、新人作家の作品は、ちょっと読みにくいことが多いのですが、ネタの発想や着眼点、あと伏線を残さないというのが、特徴で、一方の、ベテラン作家は、文章はしっかりしているのですが、ネタが少々ありきたりなうえ、次巻への伏線があり、これを、新人賞でやるのは、という点に注意して、読んでいけば、力になっていく気がしますがどうでしょうか?

●下読みジジさんの回答

おつかれさまです。

>  この前、電撃の「ひとつ海のパラスアテネ」を読んで、思ったのですが、新人作家の作品とベテラン作家の作品を読むうえで、気を付けたほうがいいことって、何なんでしょうか?

もっともたる注意点は、「受賞作は元が応募作なので1冊完結」で作られたものであり、「既存作は続編前提」で作られたものだというところでしょうね。

>  私は、新人作家の作品は、ちょっと読みにくいことが多いのですが、ネタの発想や着眼点、あと伏線を残さないというのが、特徴で、

この部分はそのとおりかと思います。
ただ、

> 一方の、ベテラン作家は、文章はしっかりしているのですが、ネタが少々ありきたりなうえ、次巻への伏線があり、

ネタがありがちなのは、プロ作家が「結果がすべて」だからこそですね。作品で売り上げを出すことこそ、プロがプロでいられる唯一の方法です。そのためにはなんでもしますし、それがゆるされるのもまたプロがプロだからこそです。

そしてほぼすべての既存作は続けられることを前提に書かれます。その作家の一冊完結作が無事売れたとしても、次作が同じように売れる保障はないからです。結果的に売れたものを確実に繋いでいくことは、作家の寿命を延ばすことにもつながります。

その点を考えれば、既存作から物語展開を学ぼうとするのは少々危険かもしれません。
新人賞のことだけを考えれば、各レーベルの過去5年ほどの受賞作を読み、傾向とオリジナリティの取り方を考えるのがよいかと思います。

ティアラミスさんの返信

お返事有難うございます。

> 新人賞のことだけを考えれば、各レーベルの過去5年ほどの受賞作を読み、傾向とオリジナリティの取り方を考えるのがよいかと思います。

確かに、この点は、中川右介氏の『出版社社長兼編集者兼作家の購書術ー本には買い方があったー』(2015/2/7刊行)を読んでも、そう思いました。

また、この本を読んでいると、既存作が売り上げを保つもの。新人賞作は、新しいブームや需要を作り出すための物といった感があり、王道やマーケティングに従うのは、プロになってからであって、応募者は、それに拘束される必要はないのかもしれませんね。

コメント募集!

画面の前のあなたは『新人賞を受賞するための読書法』について、どう思いますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

コメント

  1. アバター 通りすがり より:

    「涼宮ハルヒ」は新人賞受賞作ですが、1巻目からものすごい数の伏線が張り巡らされていて全く回収されていません。これは例外と思ったほうがいいのでしょうか?

  2. アバター うっぴー より:

    通りすがりさん、こんにちは。
    新人賞受賞作品は、出版するにあたって改稿されることが多いようです。
    おそらく涼宮ハルヒは、シリーズ化するために改稿されて刊行されたのではないでしょうか?
    また、「涼宮ハルヒの憂鬱」は1巻で物語そのものは完結しています。
    超能力者、未来人、宇宙人のバックグランドがさわり程度にしか説明されていないので、彼らのことをもっと知りたい、という欲求を掻き立てられ、これが伏線として機能しているのだと思われます。

  3. アバター 通りすがり より:

    うっぴーさん、お返事ありがとうございます。
    物語として完結しているかどうかという点が大事なんですね。
    その点に注意しながらこれから読んでいきたいと思います。