小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

蛇鷲さんの返信一覧。最新の投稿順2ページ目

元記事:二次創作を作ってもらう方法

自分は最低限の技術力すら持っていないのでアレなんですけども、一応知っておきたいので質問します。自作を売るために二次創作を利用するやり方として最適な方法とはなんでしょうか。

例えば東方やガゲプロ、その他動画共有サイトで有名なコンテンツの隆盛を見るに、キャラのイラストや大まかな性格が先に示されてからストーリーを語った方が取っ掛かりとしては良いように思うのですが、いかがでしょうか。

正直なところ、絵と性格(というか絵柄とかが変わってもそのキャラと分かるような、キャラの本質みたいなもの?)を面白おかしく描いて全面に押し出しさえすれば、読者はそのキャラに関する説明を求めるわけで、ある程度自分の好みに合わなくても読んでくれるんじゃないかと思います。
 で、それはタイアラでやるよりもボカロTVみたいに動画でやった方が理想に近い結果が出るのでは。理想ですけど。
 つまりはまず大まかな特徴を動画などの媒体で提示してその補足情報という形で小説を出せば良い。もしその小説が斬新で重厚で芸術的価値があるものなら人気と価値が揃う。完璧。美しい。

そもそもこれをやってる人がそんなに居ない時点でとてもコストのかかる売り方だとはおもうのですが、個人的に感じた問題としては以前みたいにファン層が「ここでしか味わえないんだから自分たちが支えてあげなきゃダメだ」みたいな連帯感を持ってくれるようなコミュニティがまだどこかにあるのかというのと、そもそもそれができたとして導入部分に無駄に時間がかかりすぎて満を持して書かれた小説に熱量がこもってなければただ人を熱中させただけになってしまうことでしょうか。

上記の回答(二次創作を作ってもらう方法の返信)

投稿者 蛇鷲 : 0 投稿日時:

 まずはっきりさせておきたいのですが、投稿者様は
Step1.キャラクターのデザインや性格などの紹介動画ないしイラストを制作、発表する
Step2.そのキャラクターが人気となり二次創作が広まった段階で小説を発表し、一気に人気作の座をつかむ
ということを考えており、それを成功させるにはどうすればよいのか?
を質問している、という認識でよろしいでしょうか?

 二次創作している者の独断的な意見ですが、たぶんそのアイデアはしくじります。理由は以下の三つ。
理由1、そもそも元となる一次の部分に魅力がないと二次創作なんてされないし、よしんば作られたとしても見向きもされない
 これが一番大きな理由です。付随して
理由2、イラストならともかく、素人のオリジナルキャラ紹介動画が人気になる可能性は高くない
ということも挙げられます。それで人気が出たなら小説を書くよりも動画制作の方に才を活かすべきです。
 投稿者様は例として東方を上げられましたが、あれはもともとゲームや楽曲自体の人気があって二次創作が多く作られ、それがまた人を呼んで知名度が上がる、ということを繰り返して現在の状況になったのです。決してキャラの魅力だけで人気を得たわけではありません。

理由3、二次創作する方もみる方も元ネタに興味があるとは限らない
 二次創作してて痛感したことがこれです。人気キャラを原作通りの立場で出しても変だといわれたり、通常の誤字脱字はツッコミが来るのにキャラの名前が違っていても気づかれない。そんなことがわりかしありました。また当方自身も、元ネタは知らないけど流行ってるから動画を作ろう、で行動したことが何度もあります。
 投稿者様は自作のキャラが『流行っているから』というだけで設定など気にかけずにネタにする同人ゴロめいた連中にいじられても平気でいられますか?

 否定する理由を三つも挙げた後ですが、投稿者様の考えに近い発展を遂げた例を一つ上げます。「ブラック★ロックシューター」です。元は一枚のイラストだったのが曲が作られ、マンガやアニメ、ゲームにまでなりました。
 ただ、これは元の作者が手掛けたのはデザインのみで設定等は元々なく、媒体ごとにストーリー等は大きく異なることも追記します。

カテゴリー : 流行分析(なろう研究) スレッド: 二次創作を作ってもらう方法

この書き込みに返信する >>

元記事:「現実世界の石器時代の人間」が「現代風の異世界」に転移する話を描きたいんですが

「異世界に転移する人間=現代人」とか「異世界=現代ほど文明が発達していない中世ヨーロッパ風の剣と魔法ファンタジー世界」という固定観念を壊したくて、「現実世界の石器時代の人間」が「現代風の異世界」に転移する話を描きたいんですが、「現代風の異世界」ってどんな風に描けばいいんですか?「現代ほど文明が発達していない中世ヨーロッパ風の剣と魔法のファンタジー世界」ならそれこそ腐るほど例がありますが、「現代風の異世界」は見たことがないのでいまいちわかりません。特に異能・超常要素とかなくても、魔王とかわかりやすい人外の悪役がいなくても、架空の土地だけで話が展開すれば「ちゃんと『現代風の異世界』してるな」とか思ってもらえるんでしょうか?
あと「現代風の異世界」を描いている作品があったら教えてほしいです。なおこのスレで言う「現代風の異世界」というのは「現実世界から枝分かれしたIFの世界」とかじゃなくて、「現実世界とは最初からまったく関係ない架空の世界」という意味です。

上記の回答(「現実世界の石器時代の人間」が「現代風の異世界」に転移する話を描きたいんですがの返信)

投稿者 蛇鷲 : 0 投稿日時:

 マンガですが、ドラえもんのもしもボックスで作られた世界が『現代風の異世界』をよく表していると思います。一応「(ドラえもんの)現実世界から枝分かれしたIFの世界」ではありますが、むしろそのせいで建物などパッと見は現実そのまま、一方で魔法があったり鏡や音がなかったりなど現実とは全く違うことがすぐわかるようになっています。
 この「現実と違うことがすぐにわかる」部分が異世界を舞台とするにあたっては大事かと思います。ただ架空の土地が舞台なだけでは、それが水中や空中などありえない箇所にでもない限り異世界とは思われづらいかと。

 またドラえもんには「過去の人が現代に来る」という投稿者様が書こうと思われている話に似たものもあります。参考となるかはわかりませんが一応情報までに。

カテゴリー : 設定(世界観) スレッド: 「現実世界の石器時代の人間」が「現代風の異世界」に転移する話を描きたいんですが

この書き込みに返信する >>

元記事:主人公がやったら絶対ダメなことの返信

ジャンルを違える
面白くない
中途半端

演出の方針なら、どんどんやるべき!

ラノベの最大大手『電脳文章』なんか、そういった盲点や死角を突いた作品が好きですし、歴史ネタなんかはもっと好きでしょう!!

それと習作としても、その挑戦は身になると思います。
『電脳文章』でも、敵が作者や諸々のご都合に合わせるだけの"芯"のない矛盾したキャラになっているなんて優しい指摘はよく受けます。
全てのしわ寄せが来るんですよね、主人公って…
第一敲や、没設定がデウスエクスミラーでまんま敵やライバルの設定に流用され上のような失敗を回避したりするのです!

単純に、矛盾なく敵役を書く…これは凄いスキルですよ!!

上記の回答(主人公がやったら絶対ダメなことの返信の返信)

スレ主 蛇鷲 : 0 投稿日時:

返答ありがとうございます。
 竜頭蛇尾がまずいことは当方動画制作で身に染みたので、やるなら徹頭徹尾やるようにします。
 ジャンルですが、架空戦記の方はともかく、悪の組織物の方はどんなジャンルに当てはまるのか当方自身がわからないので何とも言えないです。
 面白くない・・・こればかりは精進してもどうしようもなさそうなので、受け入れてくれる人を見つけるしかなさそうです。

カテゴリー : キャラクター スレッド: 主人公がやったら絶対ダメなこと

この書き込みに返信する >>

元記事:主人公がやったら絶対ダメなことの返信

>主人公がやったら絶対ダメなこと

1)主人公の属性としてふさわしくない。

2)社会的に問題のある案件。

この二つはまったく別問題なので、わけて考える必要があります。

1の意味でなら、列記された項目は概ねすべて妥当だと思います。「倫理的にまずいことを嬉々としてやる主人公」という前提ですから。
一般的にラノベの主人公のほとんどは「正義感の強い、いいやつ」「ちょい悪気味ではあるけど、根はいいやつ」に設定されるので、あげられた項目はそういうキャラには相応しくないという話。つまり、コンセプトの問題に過ぎません。

ただし構想されている主人公が、本当はいいやつなのだけれど何らかの事情で「倫理的にまずいことを嬉々としてやる性格」になってしまっているという設定なら、多少制約は生じます。その場合、残虐な大量殺人などは案外許容範囲ですが、裏切り、差別、弱者への攻撃、卑怯な行為などは抑制する方がいいです。人格にそれなりの一貫性があり、いわゆる「悪に強い者は善にも強い」というフラグがあると、匙加減次第でむしろ読者に強く好感を持たれたりします。

創作論としてのみ考えるなら、結局のところその主人公を読者に愛してもらいたいのかどうかは、自分の胸によくよく聞いてみた方がいいですよ。
そもそも読者に嫌われる主人公が書きたいなら、列記された項目は当然すべてOKでしょう。思い切り振り切っちゃってください。

次。

2については、まったく別次元の話です。
現実にある差別や偏見などを助長しかねない表現などは、かなりの注意が必要です。
要するに蛇鷲さんの書かれた小説が原因で、誰かが殺されたり傷つけられたら責任がとれますか? という話ですから。
そういう意味では、

・差別色々
・薬物、銃器のばらまき
・ナチス礼賛
・ホロコースト、ユダヤ排斥

などは少なくとも慎重に扱う方がよいとは言えます。

上記の回答(主人公がやったら絶対ダメなことの返信の返信)

スレ主 蛇鷲 : 0 投稿日時:

返答ありがとうございます。
>>その主人公を読者に愛してもらいたいのかどうかは、自分の胸によくよく聞いてみた方がいいですよ
 当方万人受けなんてはなから考えておらず、某アニメよろしく「ついて来れる奴だけついて来い」なスタンスでいくつもりなので、そこのところは問題なさそうです。

>>要するに蛇鷲さんの書かれた小説が原因で、誰かが殺されたり傷つけられたら責任がとれますか?
 正直に言ってしまえば、知ったことではないですね。当方他人の不幸を喜ぶ小物なので。ただ自分に火の粉がかかるのは嫌なのでご指摘いただいた点はは慎重に扱うようにします。

カテゴリー : キャラクター スレッド: 主人公がやったら絶対ダメなこと

この書き込みに返信する >>

元記事:主人公がやったら絶対ダメなことの返信

例えば、少年誌にもエロはあるけど、直接的な性描写はNGでしょ。
でも、少し年齢層が上がると間接描写はあるし、でなくともこれ絶対やってるよねって場面はないこともないわけで。
つまり設定としてそれら非道徳的なことや避けるべきものがあったとしても、直接描写を避ければ問題ないことも多くあり、例えば薬物使用も使用してるところをねっとり書いたら駄目だろうと思うけど、薬物使用してる主人公を出すこと自体は問題ないと思う。

ようは「主人公はこういうことしちゃ駄目」じゃなくて、その表現の仕方の問題かなと。
読者層や媒介の色を考えて、また時代も関係してくるだろうし、その時々で表現のラインも変化していくので、「この場所でこういうテーマで狙いはこうで」とかなり限定して回答しないと正解にはたどり着かないと思う。

上記の回答(主人公がやったら絶対ダメなことの返信の返信)

スレ主 蛇鷲 : 1 投稿日時:

返答ありがとうございます
>>「この場所でこういうテーマで狙いはこうで」とかなり限定して
1)の方は舞台は一応現代日本で、テーマ?としては当方がやりたいこと、面白そうと思うことを代わりにやらせようという感じです。
2)は第二次世界大戦、主人公は武装SSです。兵器など架空の部分が多めなので、その分戦場生活はなるべくリアルにやろうと考えています。

カテゴリー : キャラクター スレッド: 主人公がやったら絶対ダメなこと

この書き込みに返信する >>

現在までに合計79件の投稿があります。 5件づつ表示中。現在全16ページ中の2ページ目。

ランダムにスレッドを表示

少女向けと少年向けの違い

投稿者 雪夜刹莉 回答数 : 5

投稿日時:

少年向けと少女向けの違いがよくわかりません。 設定からして少女向けだと言われました 少女向けと少年向けだとどこがどう違うんですか... 続きを読む >>

主人公と敬語

投稿者 柴犬 回答数 : 6

投稿日時:

主人公の言葉遣いについてお聞きします。 現実にはあまり親しくない相手に対して、相手が小さい子供でもない限り敬語で話しかけるのが普通... 続きを読む >>

現代日本での長編の書き方

投稿者 鬼の王無惨 回答数 : 12

投稿日時:

創作掲示板ではお久しぶりです。如月千怜と申します。 長らくこの掲示板では書き込みをしていませんでしたが、今回は久しぶりに今まで掲載... 続きを読む >>

ランダムに回答を表示

元記事:小説をイライラせずに読み、読ませる方法

自分は本をあまり読まないのですが、読もうとするとどれだけ内容が面白くても、途中で集中力が切れ、早く終わらないかとイライラしてきます。

文を書く時やツイッターの短文を読んでいるときにはそのようなことは起こらないのですが、これは恐らく、本を読むことが義務や勉強であるかのように感じている面があるからだと思っています。

もし、自分の勉強のために本を読む時に集中力が切れなくなる方法があれば教えてください。
また、自分の書いた小説で読者に同様の印象を持たれないようにする方法があれば教えてください。

上記の回答(小説をイライラせずに読み、読ませる方法の返信)

投稿者 ふじたにかなめ : 0

分かる気がします。
一日が終わった夜に自由時間があるけど、「あー、疲れた!」って集中しづらくて、買った本が積み本になっています。
むしろ書いていますね。だらーとツイッターを眺めたり。
ツイッターは色んな情報が流れてくるので、程よく刺激を楽しめますよね。

上記な感じで家では読書の気分が乗らなかったので、楽しみにしていたシリーズの新作が発売されたときは、家では絶対に読まないだろうと思って、家族の送迎の待ち時間に一か月くらいかけて本を読んだことがありました。

なので、自分の勉強のために本を読む時に集中力が切れなくなる方法ですが、
通勤や通学時間などがあれば、時間や場所を限定して読書を行う方法はいかがですか?
疲れる前に切り上げたほうが、「また疲れる作業をやるのか」って思わずに済むかなぁと思いました。

あと、自分が書いた小説で読者に同様の印象を持たれないようにする方法ですが、
テンポを速くすることでしょうか。

同じ時間読書をしていても、テンポの速い作品は、短い中でも色々と展開が起きていて、なんかいっぱい読んだ気がして、満足度が違ったんですよね。
逆にテンポの良い作品を読んだ後に、丁寧に描写されている作品を読むと、こんなに読んでいるのに全然話が進んでないって思ったりしました。
なので、スレ主さまの「早く終わらないかとイライラする」気分が分かる気がしたんですよね。

あくまで個人の意見ですが、何か参考になれば幸いです。
お互いに頑張りましょうね。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: 小説をイライラせずに読み、読ませる方法

この書き込みに返信する >>

投稿日時:

元記事:もう一度質問です。どうすれば、良い話し合いができたのか。また、自身の攻撃的な発言のダメ出しをお願いします。

まずは起きた経緯を説明させてください。

まず今回のことは如月さんの言うように僕が完全に悪いです。
他の人の批評を批判する行為に該当するからです。
この一点により僕のしたことはマナー違反に当たります。
またそれだけでなく、僕の発言により、藍色折紙さんはラケンを利用しないとおっしゃいました。
そして、そのあと投稿された私を揶揄する作品にて、ミライノノラという作品と、今は削除されましたが女子大生と、ラーメンと、悪い大人と。という作品に対して寄せられた評点に対する批判を行いました。
結果、その女子大生と、ラーメンと、悪い大人を書かれた作者も作品を削除し、「これからは、なるべく人目に触れないところでひっそり創作します」と去っていきました。
私の批判のせいで、二人もの鍛錬室を利用する人が去ってしまったわけです。

それにより、周囲の人間は怒り、悲しみ、私を非難するに至りました。
私としても、狙い通りに書いた作品に正当な評価を与えてほしいという気持ちで批判した結果、その作品の作者を傷つけてしまったことに強い責任を感じました。
すべては自分が批判したせいですし、そこはどんな言い訳をしても許されるものではないと思います。

しかし、私としては、
・ちゃんと実力のある人は評価してほしい。
・読み手も、批評する能力、感想を書く能力を向上させていく必要があること。
・それがこの鍛錬室のレベルや利用者の質に影響するということ。

ということを話し合いたかったのです。
現状、投稿室を利用している人が掲示板を利用することはありません。
場所としてはふさわしくなかったのは百も承知ですが、自分としてはこのラケンを愛する身として、これをどうしても利用者たちに求めたかったのです。

以上になります。

以下より、問題となった作品とそのコメント欄を載せたいと思います。
決して自分を擁護する目的ではなく、より良い話し合いを行うためのアドバイスをいただくことが目的です。
とはいえ、自分自身も納得できていない部分もありまして、そこをしっかりと掘り下げて今後の糧にしたいと考えています。

お手数をおかけしますが、よろしくおねがいします。
発端となった作品
https://ranove.sakura.ne.jp/3story_system/public_story/13818.shtml#res

上記の回答(もう一度質問です。どうすれば、良い話し合いができたのか。また、自身の攻撃的な発言のダメ出しをお願いします。の返信)

投稿者 たぶんギリで牡蠣 : 1

なんか見ててがまんできなかったんで。

・読者の感想は個々の心や気持ち。それが表に出る場所で、良いからとのたまって、タップダンス。踏みにじったと捉えていい発言のオンパレード。
踏みにじるつもりはなかったとか言われても、踏みにじった捉えるのは相手だろ。自己主張するんなら「良いことだから」といいながらタップダンス続けるようなものだ。食い違うのは当たり前。納得できないのは当たり前。
見えていない下を見ろ。そこにあるのはあんたが踏みつけてる人の心と気持ちだよ。
今なお残っている文章は、感想を書く場所でその心をふんで捻じ曲げた文章そのもの。自覚があるかどうかなんて関係ない。それがただの事実。

おそらく、作者はその状況見て嫌気がさしたんだろ。
心を踏んでるんだもんな。嫌な気持ちになるわな。
"一度は作者が受け入れた相手の感想を、心を、気持ちを、あんたが踏んでんだよ。"
さらにいえば
"鍛錬投稿室は作者も感想を書くんだ。あんたが踏んだ足には同時に作者もいるんだよ。"

>"…なら、鍛錬投稿室の意義なんてないっすよね。ほんと、馬鹿らしくなるので、カクヨムとかに投稿したほうが良いと思います。"

作者は鍛錬投稿室になにかしらの目的をもってきたんだろ?目的やなにかを達成できるかもという期待を経てきてんだろ。
それを、鍛錬投稿室にまともな感想を書く読者はいない。作者も読者であるということを踏まえないで、そんな読者連中が集まる場所なら意義はない。馬鹿らしいと全否定したあげく、出ていけと捉えられる文章。
全部ひっくるめて目の前で見せられたら、そら出ていくんじゃない?

感想爛には作品の感想以外書くな。
規約違反でも掲示板に来なければ感想爛で主張したい?するな。二度とするな。

感想を受ける場所は、作者が批判でもなんでもと受け入れるために前に踏み込んで、心を開き、耳を傾ける場所だ。剥きだしで心を守るものなんかない。
辛い感想が来れば、心が痛くなる傷がつく。すぐに治せる人もいれば、時間を得て治していく人もいる。そんな場所で読者を感想を、作者が受け入れた感想やその場所自体の批判すれば、作者の心がめちゃくちゃになる。
感想爛には作品の感想以外書くな。
読者は、作品が無ければ、成り立たないんだから。

って感じに思った。
いまんとこ、なんとなくの流れを読んでなんで、素っ頓狂なこと言ってると思うし完全に自分の思ったことなんで他人はこうは思わないと思うけど。
別に鍛錬投稿室をの向上したいって時点では間違ってないし、良いとは思うけどね。そのやり方と、相手を尊重してない文章がいまんとこのダメなとこかな。
とりあえずはダメなところをダメというのは下の下の手法。
相手を尊重しつつ、正解を相手がなるほどこうだったんだーと導き出すようにするのがうまいやり方だと思う。
辛口は必要だよ。それ以外の事をしなきゃね。

カテゴリー : その他 スレッド: もう一度質問です。どうすれば、良い話し合いができたのか。また、自身の攻撃的な発言のダメ出しをお願いします。

この書き込みに返信する >>

投稿日時:

元記事:題材が複数あり、一つの作品に集中できません

初めて投稿いたします、蛆上と申します。

数年忙しくて物を書けずにいたのですが、最近時間が取れるようになったので、久しぶりに書こうと思いました。
書けなかった期間に考えていた複数の題材の内の一つに取り組もうとしようとしたら、どの題材から書こうか悩んでしまいます。
「取り敢えず、これから手をつけよう」と思って書こうとしても、他の題材にも意識がいってしまい、集中出来ず中々手がつけられません。

結局、複数作品のアイディア出しで終わってしまい、どれもこれも本文を書くどころかプロットすら終わらない…なんて状況が続いています。

似たような状況から脱した方、何かアイディアがある方がいらっしゃったら、是非ともご教授願います。

上記の回答(題材が複数あり、一つの作品に集中できませんの返信)

投稿者 サタン : 1

鉄は熱いうちに叩く。
ネタをストックしとくことは私もやりますが、基本的にはストックしたネタを本筋にすることはないかな。
ストックのネタを使うにしても今の自分に合わせて作り直さんといけないからあくまで元ネタという形になるし、まったく別の話の中に入れてサブにする、みたいな感じ。
ストックのネタはもう冷めてるから、気分的な問題じゃなくて、思いついたときと今とで感性が違うというか、当時の流行の影響を知らず受けてたり当時の作者の心情が反映されてたりで、当時と今は違うわけで。
ネタ帳はあくまでネタのメモ書きというか。
参考の一つであって、引き出しを作ってるだけであって、書くもの自体のネタはそのときそのときで作った方がいい。

いやそうじゃなくて気になるんだよ気になって一個に集中できないんだよ、という話だとは思うんだけど、
ぶっちゃけ気になるのはどうしようもないので、一つも気にならないよりマシだと思う。
そんで、これは経験談でしかないけど、そういうネタに限って自分が執着してるだけで大したネタじゃないし書いても微妙だったりする。
だからもう、「良いの書くぞ、温めてたこのネタ面白いぞ」というような、入れた気合を抜いたほうがいいと思う。
「数年書いてないし、まずはリハビリ」と思って、適当に書いたらいいと思う。
自分自体が「創作をする脳に切り替わってない」とかそんな感じに考えたらいいんじゃないかな。
気になるものは気になるからしょうがないので、私ならリハビリで気になるものを片っ端から、同時進行でも形になりそうになくても、とにかくそのネタは「創作脳」に切り替えるための踏み台にするかな。
それで中途半端でもソコソコなものが出来てアイディアだけでもまとまってきたのなら、踏み台を参考に改めてプロットを作って書けばいい話だしさ。

カテゴリー : やる気・動機・スランプ スレッド: 題材が複数あり、一つの作品に集中できません

この書き込みに返信する >>

投稿日時:

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

トップページへ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ