小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのか (No: 1)

スレ主 求道者 投稿日時:

yahoo知恵袋にこんなことを言ってる人がいたんですが(全文はこの文章を切り取って検索すれば出てくるはずなので探してみてください)。

> でも、日々の劣等感とか自己嫌悪とか、世の中への恨みつらみとか、そうした鬱屈を、普遍的な人間ドラマやテーマ性といった「高み」へと昇華出来るのが、オトナのクリエイター。それが、世の中のおおぜいの心を打つ。スピルバーグもルーカスも藤子不二雄も、
そういう面が実によく見て取れる。探せばもっといるでしょう。
舞台は子供の世界でも、もっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込める、というやり方は十分に出来る。オトナ(←汗)の作風です。
が、未熟な作り手だと、普遍の高みなんざ知るか、ってなやり方で
十分商売が成り立ってしまい、そんなやり方でも「自ら何事か成し
遂げた」感、つまり「自己実現」をした感、が味わえてしまう。
オタ界隈の感性です。
そして重要なのは、「それ」である“身内”相手の、同族が作って
同族が消費する…ってな界隈では、それが全肯定されてしまう。
ヤレモテチートハレムが学園水着温泉…てな、要するに「例のアレ」「いつものアレ」とはつまり、そうやって成立した。

スピルバーグやルーカスや藤子不二雄みたいに舞台は子供の世界でも、もっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込めるには何を気をつければいいんでしょうか?
またそういうクリエイターと「普遍の高みなんざ知るか」って考えで作品を作る人の決定的な差ってなんなんでしょうか?
根本的な人間性ですか?だったら山籠りして毎日滝行でもして心と体を鍛え直せばいいんでしょうか?

カテゴリー: その他

この質問に返信する!

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのかの返信 (No: 2)

投稿者 大野知人 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

 A. 知らん。アポとって自力でプロにインタビューしてきなさい。

 と、切って捨てるのはあんまりなので細かく書きますが。
 凄く大雑把に言うと、『質問の仕方が悪い』と俺は思います。

 俺の思い違いかもしれませんが、スレ主さんの質問はかなり主観的な解釈が含まれているように思います。何が言いたいかと言えば、『そもそも質問の前提が理解できないので、何を疑問に思っているのかわからない』と言う所です。
 という訳で、以下は俺の勝手な解釈と推測を基に書きます。『なんか違うな~』と思ったら、無視していただいて構いません。

 『でも、日々の劣等感とか自己嫌悪とか、世の中への恨みつらみとか、そうした鬱屈を、普遍的な人間ドラマやテーマ性といった「高み」へと昇華出来るのが、オトナのクリエイター。』
 コレ、所謂リアリティって奴じゃないですかね。藤子不二雄やスピルバーグ、或いは富野監督でも良いですが、基本的にあの人たちは『作中における現実性』をちゃんと表現しようとしている人たちです。
 制作後のインタビューとかで、『自分にはこういう主観や思いがあって、それが作品にはこういう形で出た』と言ったり、評論家たちにそう言われることはあるでしょうが、それはあくまで結果論です。

 なんて言うんでしょうか。
『政治家が気に食わねぇから、政治を悪しざまに書く映画を作ってやれ!』
『悪政の中で必死にあがく男たちを描きたいから、対照的に政治家を悪く書こう!』
 って言う二つの違い、分かりますよね? そんな感じです。
 世の中の大勢の心を打つのは、描写力の高さやリアリティへの思い入れの在り方、後世の中の流行+ナニカです。

 成功している人たちを『高み』と思うのは構いませんが、『普遍的な人間ドラマやテーマ性』ってそんなに高尚な物じゃないと思いますよ。
 
 だって、『普遍的な人間ドラマ』なんて、結局『どこにでもいる普通の人間』をどこまで観察するかであって、芸術性ではなく観察・人間心理学・行動分析学と描写力の問題ですし。
 『テーマを決めて文章を書きなさい』なんてのは、そもそも小学校の作文の時点から言われている事でしょう。『エンタメとして安直でない』とか『作品が複雑化してテーマが埋没してしまう』とか言う事に否定的な表現をするとそうなるだけで、大体の物語には『テーマ』は有りますよ。

 『オトナの作風』と言うのも正直意味が分かりません。子供向けの物こそ、教育的な配慮や分かりやすい表現を考えねばならないので、より『オトナ』でないと作品が作りづらいです。
 一方で、大人向けの作品もまた『多彩な人生経験を積んだ色んな大人』が見る事を前提にするので、共感のしやすさとリアリティを兼ね備えねばならず、これもまた難しいでしょう。
 『オトナ』って何ですか?

 その上で、ですけど。
 例えば、『大衆受けする、エンタメ性の強い、安直で流行に乗った作品』なんてものを作るとして、それは簡単だと思いますか?

 言っておくと、オタクってのは基本的にみんな『拗らせた』人間です。生物多様性と同じような個性の多様性の中で、変な方向に偏っちゃった人達です。

 彼らを見つめ、流行を見極めるのは実はとても難しいです。
 なろうのランキングは当てになりません。ランキング上位に居るってことは、需要と供給が成り立っているということです。同じものを供給して、同じ需要が得られるとは限りません。既に信頼性のある供給元がある訳ですからね。

 例えば、もし今俺が起業して、『コカ・コーラ』と言う名前で、アメリカの『コカ・コーラ』と全く同じ商品を売ったとしても、売れるはずがありません。
 商標権的な問題はもちろんありますが、それ以前にアメリカの『コカ・コーラ』が既に存在して、一定以上の信頼を得ている訳ですから、わざわざ新規事業者から買う理由が無いわけです。
 当然ですが、『コカ・コーラ』以外の名前で売っても、色が同じであれば十中八九そこまで売れません。ペプシとかとも競合するハメになりますし、資本があったとしても勝ち目は薄いでしょう。
 流行を真似るって言うのは、既存の物をそのまま作るだけではいかんのです。ちゃんと、見極める必要が有りますし、オリジナリティも必要でしょう。
 簡単ですか?

 オタクに受ける、エンタメ性の強い作品を作るのは未熟な人に出来る事ですか?
 スレ主さんの言う通り、確かに『テンプレ』という物は有ります。ですが、上述の通り、既に存在する供給と全く同じことを後発の事業者が出すのは難しいでしょう。
 オリジナリティを出そうとすれば、設定のみならず展開の独自性なども重要になって来ますから、エンターテインメントの基礎構造やカタルシスの作り方、雰囲気の盛り上げ方、『読者に読ませる』書き方が出来ねば、エンタメとしては弱いでしょう。
 思想的なアレコレ以前に、技術的に高い壁がある訳です。

 で、未熟なクリエイターがなんだって?

 思想的に高みを見るのは良いでしょう。野望や高い理想を持つのも悪くない。
 高い芸術性がある作品を書きたい気持ちも分かります。

 ですが第一に、貴方の言う所の『普遍の高みなんざ知るか』って言うクリエイターたちがどれだけ技術的な努力をしているかを考えるべきですし、それを考えた上で言うのであればたった一言、『それが出来る技術があるなら、やりたいようにやれ』と言うことです。

 やりたいことが出来ないのは、思想でも人間性でもなく、努力と覚悟の問題です。

 やりたいことをするには技術と知識が必要です。どちらを得るにも、並ならない努力や観察、観察を基にした統計と、それをまとめ上げるセンスが必要です。
 『センスなんて才能じゃないか!』と仰るならば、才能がある人間を見つけて、そいつを観察して統計を取ればよろしい。百かそこらのデータを取れば、携行は割り出せます。
 『天才がそうそう身近にいてたまるか!』と仰るならば、例え百キロだろうが走り回ればよろしい。一千万人に一人の天才は、一千万人に話しかければ見つけることが出来ます。
 観察眼や創作の方法を教えてくれる先生もそう。見つからないなら、見つかるまで探せばいい。

 俺は昔ラブコメを書こうと思って、『失恋して川で叫ぶ人』ってガチで居るのかなと川に行った事が有ります。
 海に繋がる河口から山に向かって25キロほど歩いたところで、バードウォッチャーの群れに混ざってさめざめと泣いているニーサンが居ました。たった7時間で見つかります。そんなもん。
 探せば見つかります。見つかるまで探せばいいだけですから、簡単ですよね?

 やりたいことをするには取捨選択が必要です。取捨選択と言うのは、要するに『創作のためにどれだけ切り捨てられるか』ということで、要は覚悟です。
 自炊と作り置きを覚えれば、一か月の食費は結構馬鹿みたいに抑えられます。オンボロアパートで生活すれば、一日5時間しかバイトに入って居なくともかろうじて食つなぐことは出来るでしょう。
 両親を説得する度胸と、相手を納得させられる実績があれば、4~5年くらいなら引きこもって創作に時間を費やすことだってできます。
 そして、『クリエイターとして身を立てる事にオールベットする』だけの度胸があれば、(スレ主が今いくつかは知りませんが)今すぐ貯金を崩して受験勉強し、映像大学なり有名大学文芸部なりに入ることも可能です。

 俺の知る限り、この世界には天才と呼ぶべき連中が居ます。先天的にそういう才能を持っているのか、幼いころに特殊訓練を受けたのか、とても素晴らしい環境で育ったのか。ともあれ、結構そういうヤツはいます。
 ジャンル問わず、大雑把に『天才』と呼ぶだけなら、2~300人に一人くらいはいますし、人生経験長くないですが2~3人は直接の知り合いとして知っています。

 昔、クソみたいに数学の出来る天才に『どうやってやっているのか』聞きました。
 俺も理解に手間取ったので、すごく大雑把な骨子だけで説明しますが、要するに教科書の公式を超えるレベルで、メタ的に『問題の在り方と、それに対する答え』を把握しているヤツでした。『公式をガン無視して、問題に対応した特殊な数式を8000種類くらい脳内に用意して、それを暗記している』と言っても良いかも知れません。
 事実として言うと、そいつに頼んで数学の勉強を教わった俺は、ポイントを絞って対応したので、その時だけ80点を超える点数を出し、(当の天才が、凡ミスで96点を取るような意地悪問題でした)無事に留年を回避しました。赤点常連組だったんですけどね。
 天才は確かに天才ですが、粘り強く観察し、話を聞き、持っている感覚を理解出来れば疑似的に真似る事は可能です。

 またもう一つ重要なことは、『センスは技術で補える』ということです。
 知り合いにちょっと特殊な記憶能力をしてる奴が居て、多分脳内のラベル分けがすごく上手いからだと思うんだけど、『人と話した事』をどんなに下らない雑談でもしっかり覚えてるんですよ。ちなみに俺に惚れてた、とかいうオチではなく他の人相手でも似た様なものでした。
 本人が『そう』であることに無自覚だったので、二人でワイワイ言いながら色々調べたんですが、どうも『相手の喋り方の癖』や『話の内容と手や首の動きの対応』を無意識に暗記しているらしく、それをベースにして、『相手が昔したのと似た様な話をすると、反射的に昔聞いた話を思い出すことが出来る』体質だったみたいです。
 でもこれ、パブロフの犬の亜種みたいなもので、話の内容を『内容』以外の部分と並行して覚える事で、意識外の部分である程度記憶することが出来るようにしている訳で、レベルの高い『デジャヴ』のようなものな訳です。
 訓練次第で出来なくもない技術ですし、アイコンタクトとか『事故があって咄嗟に手ぶりをしたが、付き合いの長い友人には何故か言いたいことが通じた』とかと同じことなので、検証としてもほぼ間違いはないと思います。

 まあこれは少々特殊例ですが。
 天才以上に努力して、天才をしっかり観察すれば、追いつけますよ。
 クソみたいな努力量と、時間が必要なので、何らかの覚悟は必要ですけど。

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのかの返信 (No: 3)

投稿者 手塚満 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

手厳しいようですが、スレ主さんはネットに創作のやり方を学ばないほうがいい。ほとんどが断片で、仮にその断片が良質であっても、断片は断片。他の知見と合わせて組み上げないと使えない。組み上げるには一定以上の知識、経験が必要です。

結論を先に申し上げておくと、

「そんな無意味な文章は捨てましょう」
「たくさん読んで、たくさん書く以外にないです」

となります。以下、少し説明してみます。

1.基本ができないうちは応用に手を出すな

一人の著者が書いたハウ・ツー本が当たり前のことしか書いてないと思えないうちは、ネットに求めるべきではありません。守破離でいえば、「守」(1人の師、1つの流儀に学ぶ)ができないうちに「破」(他の流儀複数からも学ぶ)に手を出すと、必ず破綻するということです。個々の知識を組み上げる方法が分かってないから。仮名にせよ、仮にも求道者を名乗るなら、それくらいはご存じのはずです。

他の視点から申すと、断片的な情報源であるネットに学んではいけない理由は、質問文にはっきり表れています。意見を紹介するなり、そうするためにはどうしたらいいかとお尋ねです。その意見が正しいか、スレ主さんに適するかを考えた様子が一切ない。そんなことでは、その意見と相容れない、全く別の見解に接して感心したとき、どうするんですか。

2.無意味な情報に学ぶな

ご紹介の意見、本当に何らかの考えを述べてますか? 具体性が一切ありません。あるように見せかけているだけです。例えば、

> 普遍的な人間ドラマやテーマ性といった「高み」へと昇華出来るのが、オトナのクリエイター。

これ、何の情報量もないと気が付きませんか? 「普遍的な人間ドラマ」って、何ですか? そこが定義、説明できるとして、該当する作品は? 該当する作品があるとして、どこがどう「普遍的」なのか説明できるのか。

3.言葉の意味を理解せよ

実績ある有名クリエイターの名前を列挙したところで、何の意味も成しません。普遍って、どんな意味か分かってますか? この場合ですとおそらく「多くに当てはまる共通」とか「例外がないこと」くらいでしょう。だとすると「アホか」と思いませんか?

みんなに当てはまるなら、当たり前のことしかないんですよ。当たり前のこと書くのが創作でしょうか。違いますよね。誰も見たことがない、味わったことがない、経験したことがない物語こそ、我々が作りたいものじゃないんですか? 誰でも分かってること連ねて、オリジナリティがありますか? ないですよね。

4.普遍なんか物語作りに役立たない

例えば「生きとし生ける人間は生きていたいと思う」という当たり前のことを書いて、誰か感動するのか。それを物語中のキャラクターで具体化するとして、「普段は死なないようにしよう」「赤信号で飛び出さないようにしよう」という方針でキャラクター動かして、何か面白みが出るでしょうか。誰か「確かにそうだ!」とか感動してくれるでしょうか。

そんなわけない。目を引く物語ならば、逆でしょ? 海に飛び込んで死のうとする人こそ目を引く。赤信号で飛び出すからこそ面白さにつなげられる。誰でも当てはまる「普遍」から飛び出して、「特殊」や「異常」を作り出してこそ、面白がられるわけじゃないですか。

5.字面の雰囲気に惑わされるな

「普遍」みたいな、ちょっと小難しそうだからカッコいい、みたいな気分に流されては駄目です。きちんと意味を考えないと。例えば「普遍的な個性」って、字面はそれっぽいかもしれませんが、バカバカしくて話になりません。きちんと言葉の意味を考えたら、お示しの駄文がなぜ駄文か分かるはずです。転載元の全文含めて、ですよ。

元の文章が何言ってるか分かってないから、山籠もりだの滝行だの、奇妙なことを思いついてしまうんですよ。落ち着いて考えてください。滝行や山籠もりで名作や人気作生み出した作家って、いますか? 名の知られた作家はどうしてますか? たくさん読んで、たくさん書いてるだけでしょう? そういう常識が働かないでどうしますか。

6.たくさん読んで、たくさん書く以外は不要

とはいえ、そんなつまらないものに引きずられるようではいけない、とは申しません。誰でも最初は何も知らないですから。ですので、まず自分が書きたいジャンルの作品を多数読んでください。映像化されている、あるいは映像作品が原作なら見てみればいい。

上達する作者は「たくさん読んで、たくさん書く」を実行してます。神秘的な修行か何かで筆力を得たりはしていません。小説を書きたいんだから、小説をたくさん読んで、小説をたくさん書く。補助的に物語の設定などで必要な知識があれば、解説書を読む。小説の書き方自体がまずいと思ったら、やはり補助的にですが、ハウツー本も読んでみる。

やるべきことはそれだけです。念のためですが大事なことなので繰り返します。たくさん読んで、たくさん書いてください。それが基本中の基本です。今のスレ主さんには、それ以外は一切必要ありません。

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのかの返信 (No: 4)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ようわからんのだけど、スピルバーグやルーカスや藤子不二雄と、ヤレモテチートハーレムの作者とで、ランクをつけてどっちが高い低いって言ってるのはその人の感想でしょう?
スレ主さんはYahoo知恵袋にいた人のその人のためだけに作品を作ろうとしてんの?
オタ界隈の感性で自己実現(自己表現かな?)をした感を味わえてしまうからそこから先に行こうとしないんだ、というのはその人がそう思っただけだし、自己実現を味わえたら良しと考えてるに違いないと勝手に思い込んでの評価だと思うんだけど、
そもそもコイツはどこから物を言ってるんだろう。

ヤレモテチートハーレムってのは、いわゆる流行り物を指してるんだと思うけど、この「流行り」ってのは当たり前だけど日本の流行りだから基本的に海外は視野に入れてない、つまり日本国内の需要のみの市場がターゲットだから、そりゃそもそも製作規模が違うし方向性も違うし、そもそも土俵自体が違うんだけども。
日本のサブカルはもっと世界を目指すべきだっていう啓発のつもりなんかな。
残酷なこと言うよねえ。

>舞台は子供の世界でももっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込めるには何を気をつければいいんでしょうか?
スレ主さんは、スピルバーグのどのあたりが「舞台は子供」と思っていて、どのような部分で「人間社会を見据えている」と感じたんですか?
私はそのあたり共感できないので、できたら教えてほしいかな。
スレッドタイトルには「普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品」とあるから、このことを言ってるのかな。
ええと。
だとしたら、そりゃ貴方やYahooの回答者が「流行り物」の作品にあるテーマを読み取れてないだけですw

あのさ。
例えば社会問題とかをテーマに少子化とか年金とかゴリゴリにテーマを押してくるような作品が面白いと思うか、って聞いたらきっと面白くなさそうだって答えるよね。
じゃあ、それを面白くするにはどうしたらいいのか、と考えたら、これは大変なことだってわかるよね。
「流行り物」はもちろんそんな社会問題とかをテーマにしちゃいないし、あまり考えず妄想垂れ流しにしてるだけの作品もあるけどさ。
けど、基本的には10代の少年少女が見ても「面白い」と言ってもらえるように、テーマをあまり前に出さず、たとえ読者がテーマを読み取れなくても楽しめるように作ってんのよ。
「テーマ」も「人間ドラマ」もどの作品にもある。それを読み取れてないだけでしょ。
まずは、そのヤレモテチートハーレムとやらから人間ドラマやテーマを読み取る努力をしてみましょうか。

>またそういうクリエイターと「普遍の高みなんざ知るか」って考えで作品を作る人の決定的な差ってなんなんでしょうか?
むしろ「高みを目指してやる……!」と思ってるのは、そのせいで売れてないバカか、ほぼ書いたこと無い初心者くらいだと思うよ。
自己表現に高みもクソもあるわけないでしょ。

クリエイターとしての違いは無いんだけど、そこに気が付かない限りはどうしようもないと思うよ。

せっかくなので読んできました (No: 5)

投稿者 あまくさ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

せっかくなので引用元を読んできました。

まず。
一部を切り取って引用することに少し問題があります。
yahoo知恵袋回答者氏の意見にすべて同意はしませんが、前段から追記まで含めての流れには一貫性がありました。
それをこの場で詳述はできないので、以下、簡単に。

1)前段。
アニメのアンチスレについてyahoo知恵袋のスレ主さんが疑問を投げかけたところからスタートしています。

2)それに対して回答者氏は、

(引用はじめ)
私はその作品は存じませんので、一般論でおよろしければ。
(引用ここまで)

と、まず断っています。以下の文章でも「お尋ねのその作品がそうであるかどうかは、私には分かりませんが。」と繰り返しています。

3)回答の本文は、まあ、こちらに引用されたような内容に終始しています。しかしそれは、元々のアンチスレの書き込みが極端だったため、それを受けて論点が狭くなっているということもあるかと。

正直、yahoo知恵袋回答者氏の前のめり気味な長文には、辟易はしました。オタクコンテンツを罵倒する言辞が目立ちましたが、おそらくそれは素人ゆえに文章がコントロールできず、勢い余ったのだろうと推測します。しかし、言いたい主旨はそこではないと思われます。

4)この、回答には追記があり(「さらに返信を表示」に隠れて目立たないかもしれないので注意)、良い方の例として藤子不二雄やスピルバーグを持ち出した理由がある程度、説明されていました。ここは注目してください。

藤子不二雄を例にあげたのは、あの作者の作風が低年齢向けのスタイルを得意としているからでしょう。それでいて周到なキャラ配置やけっこう本格的なSF性など、さりげなくレベルの高い内容が盛り込まれている好例だと私も思います。
スピルバーグについては、初期作「未知との遭遇」と後年の「ET」に見られる変化に触れています。

>もっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込めるには何を気をつければいいんでしょうか?
>またそういうクリエイターと「普遍の高みなんざ知るか」って考えで作品を作る人の決定的な差ってなんなんでしょうか?

「広い人間社会を見据えた普遍」などの観念的な単語に惑わされず、yahoo知恵袋回答者氏の追記1・追記2をもう一度お読みください。ある程度、答えが書いてあります。少なくとも「根本的な人間性」「山籠りして毎日滝行」といったこととは無関係なのは、あちらを再読するだけでもわかるはずです。

それを踏まえた上でなお疑問があったら、あらためてこちらで質問してください。

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのかの返信 (No: 6)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

>>スピルバーグやルーカスや藤子不二雄みたいに舞台は子供の世界でも、もっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込めるには何を気をつければいいんでしょうか?
またそういうクリエイターと「普遍の高みなんざ知るか」って考えで作品を作る人の決定的な差ってなんなんでしょうか?

>>根本的な人間性ですか?だったら山籠りして毎日滝行でもして心と体を鍛え直せばいいんでしょうか?
======================
   天 与 の 才 能 。

第二第三のスピルバーグも藤子・F・不二雄チルドレンも出ていない。ギレルモはルーカスか誰かに【クロノス】見つけられて絶賛されたんじゃなかった?

彼らはたまたま掘り当てた、死の茨の奥に咲く奇跡のバラみたいなもの。
ザクザクいる人間じゃないし、いても誰も知らない所で生きて死んでいってる。
=========================
あと実は【読者の読解力】も必要。

最近ズッコケたんだけど、兄が押井守監督の【イノセンス】レンタルして観ていたから、ノリで一緒に観せてもらったんですが

兄は物語の意味をまるで理解しながら、雰囲気だけ吸っていた事を聞かされた_(┐「ε:)_マジかよ

【セクサロイド】の意味わからずに【イノセンス】観てもニュアンス理解くらいあるでしょ!?嘘でしょ!?正気!?
とめっちゃ騒ぎ、兄を盛大に拗ねさせてしまいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だって、私の兄貴、私よりテレビも映画もブルーレイも本もコミックも買っているんですもん。
 何なら私の部屋の本棚、溢(あふれ)れてしまった兄の本に乗っ取られていますもん。

お気にの映画も兄のアニメや映画の容量確保のために観る前に消されちゃうくらいなのに、それだけジャブジャブしながら、何も魂に染みていなかったの?

 あまりの情報量に表面張力的な力が働いて一切染みずに、心の表層だけを通過させてきたの?マジかよ・・・・ってなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
理解できない事は、仕方ない。

 でも物語って沢山、いろいろ読めば内容のリンクとかで、関連ワードや思想が網目状の物になって、漠然と理解できていくやん?

 分からないなりに分からないキーワードや漢字をメモっておいて、ある日に読んだ別作品で「あ、あの作品のキーワード!!」って連鎖するもんやん?
ーーーーーーーーーーー
最近の子って「それ」が無いみたい。

自分で「言葉にできない」それを探して本棚の森や、文字の獣道で道草を食わないんですよね。
「言葉」を「結果」を性急に求め手に入れた気になって満足して死蔵する。

 インターネットによる高速化もあると思うんですが、幼少期からクラスメイトに「それ」を感じていたので、ちょっと分かる。

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのかの返信の返信 (No: 7)

投稿者 読むせん : 0 No: 6の返信

投稿日時:

誤字ってるー!!クッソ恥ずい(;´Д`)

>>兄は物語の意味をまるで理解しながら、雰囲気だけ吸っていた事を聞かされた_(┐「ε:)_マジかよ
>>兄は物語の意味をまるで理解【しておらず】、雰囲気だけ吸っていた事を聞かされた_(┐「ε:)_マジかよ

あとの誤字は誤差でいいや。
=========================
あまくささんの回答を見て、検索してきました
【東京喰種のアニメ版のアンチスレにこんな書き込みがあったんですが543】
における、匿名アンチさんの【嫌いな理由】を理解できない『質問の出題者』さんが

Q.1
なぜ、匿名アンチ氏は、【東京喰種】にスクールカーストや学生生活がどうのこうのという話をダブらせているのか?『質問の出題者』には【東京喰種】は学校を題材にした話じゃないと感じるので、匿名アンチ氏の感性が理解できない

Q.2:
匿名アンチ氏の指摘する「努力もなしに都合よく与えらた特別な力」というのは、【東京喰種】作中において「誰」のQ.3:「どういう力」のことを具体的に揶揄しているのか?

Q.4:
匿名アンチ氏の考える「努力もなしに都合よく与えらた特別な力で強者に復讐することを夢想するいつもの『意気地なしのいじめられっ子が鬱憤を晴らすための漫画作品』」とは具体的な作品としては何になりそうなのか?

Q.5:
そもそも、俺の好きな【東京喰種】を叩く匿名アンチ氏はゴミカス糞野郎だから、晒し者にして叩くべきだよね?

その4つが理解できず、誰か教えて欲しい。と出題していますねー。
=====================================
それに対する回答として
A.1:
【東京喰種】の読者層は学生ORかつて学生だった層。なんなら主人公も学生。
学生社会において、そういう感覚とのオーバーラップやダブらせは、どうやったって出てしまいます。
アキラメロ
A.2、3:
たぶん【平凡な一学生】でしかなかった主人公が【喰種】と化してしまった部分
A.4:
【平凡な一学生】でしかなかった主人公=『意気地なしのいじめられっ子』
【喰種化】             =『努力もなしに都合よく与えらた特別な力』
【戦い】=強者に復讐する=鬱憤晴らしでヒャッハー!!系

ニュアンス的に相当大量の作品が該当しちゃうと思うよ。近年ドはやりしている『なろう』系なんかは、モロそれやん。まあ回答者的には【まあ 知 ら ん け ど 】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ただし、回答者である私は【東京喰種】好きちゃうねん(´・ω・`)
回答者は、スピルバーグもルーカスも藤子不二雄も好きやけど、【東京喰種】は『凡作』って気がしちゃう

それが悪いんとちゃうねんけど、所詮こんなん描く側も読む側も正直m9(^Д^)プギャーって感じ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A.5:
匿名アンチ氏も感性ゴミカスだと思うけど、そんな『アンチ・スレに隠れている個人』の『転載不可な感想』をyahoo知恵袋という『公共の場』に晒し上げて、自分の手は汚さず他人に血祭りに上げさせようとするテメェの人間性も、同じくらいに最悪なゲロカス糞野郎・・・・かな?
==================================
って感じに「読むせん」は読みました。

あなたは、どう読みますか?

ちなみに

「曲解も楽しけりゃいいし、同じ物を読んでいても感想が違うの楽しいね!!その【感性の誤差】が面白い作品作りの起爆剤になるのよ、頑張ってー」と言っておきます。

普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのかの返信 (No: 8)

投稿者 半額オソーザイ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

うーん、単純に「売れているか、めちゃくちゃ売れているかの違い」じゃないですかね……めちゃくちゃ売れて、世の中に影響を与えるぐらいにまでなると、そう言われるようになるだけじゃないかなぁと。
ヒットした! 社会現象になった! って言われれば言われるほど、作品の深みを掘り下げてくる人は増えてくるので。

まぁ少なくとも、プロとしてデビューして印税を貰っている段階にすら達していない私なんかが考えたところで、答えが出る案件ではないなーと感じました。

とりあえず作品の構想を練って、どうすれば面白くなるのか、売れる要素をどのように面白さに落とし込むか……そのあたりに気をつけて書き続ければいいと思います。社会現象になるような作品を書く人って、社会現象になるような作品を書こうとして書いているわけでもないでしょうし。やっていることは私たちと大して変わらないと思いますよ。試行回数や方法、運などの要素が違うだけで。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

物語の終わり方と受けるか否かについて

投稿者 雨降り 回答数 : 6

投稿日時:

はじめまして、雨降りと申します。 私は今現在SF要素(未来や過去、並行世界など)を混ぜ込んだラブコメを書いているのですが、物語の終... 続きを読む >>

小説の書き方

投稿者 黒々 回答数 : 8

投稿日時:

自分はキノの旅やしにがみのバラッドのような短編の小説を書きたいなと思っています。どうしても長編は苦手なので 特にしにがみのバラッド... 続きを読む >>

電撃一次発表!!

投稿者 差レンジャー 回答数 : 0

投稿日時:

タイトルどおりです ななんとおどろきの190作ww 通過率4ぱーせんんとという地獄ww 何があった電撃!! スレでは... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:普遍的な人間ドラマやテーマ性のある作品を描くには何を気を付けたらいいのか 投稿者: 求道者

yahoo知恵袋にこんなことを言ってる人がいたんですが(全文はこの文章を切り取って検索すれば出てくるはずなので探してみてください)。

> でも、日々の劣等感とか自己嫌悪とか、世の中への恨みつらみとか、そうした鬱屈を、普遍的な人間ドラマやテーマ性といった「高み」へと昇華出来るのが、オトナのクリエイター。それが、世の中のおおぜいの心を打つ。スピルバーグもルーカスも藤子不二雄も、
そういう面が実によく見て取れる。探せばもっといるでしょう。
舞台は子供の世界でも、もっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込める、というやり方は十分に出来る。オトナ(←汗)の作風です。
が、未熟な作り手だと、普遍の高みなんざ知るか、ってなやり方で
十分商売が成り立ってしまい、そんなやり方でも「自ら何事か成し
遂げた」感、つまり「自己実現」をした感、が味わえてしまう。
オタ界隈の感性です。
そして重要なのは、「それ」である“身内”相手の、同族が作って
同族が消費する…ってな界隈では、それが全肯定されてしまう。
ヤレモテチートハレムが学園水着温泉…てな、要するに「例のアレ」「いつものアレ」とはつまり、そうやって成立した。

スピルバーグやルーカスや藤子不二雄みたいに舞台は子供の世界でも、もっと広い人間社会を見据えた普遍の所を作品に込めるには何を気をつければいいんでしょうか?
またそういうクリエイターと「普遍の高みなんざ知るか」って考えで作品を作る人の決定的な差ってなんなんでしょうか?
根本的な人間性ですか?だったら山籠りして毎日滝行でもして心と体を鍛え直せばいいんでしょうか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ